7月16日から放送予定の石原さとみさん主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の撮影現場で、ちょっとしたトラブルが発生しているといいます。

 

コロナウイルスの影響によるロケ地の変更に続き、主要キャストで出演予定だった清原翔さんが脳出血による緊急手術で緊急降板。

 

そのため、現場は対応で大わらわになっており、石原さんもかなりピリピリしているようで…

 

※コロナウイルスはドラマ撮影現場にも大きな影響を与えています。

 

 

 共演者へ厳しい一言を言い放った石原さとみ

 

 

[以下引用]

「政府から外出自粛要請が出たことで、その病院でもロケができなくなったんです。もともとメインの薬剤部のシーンはセットでの撮影だったため、薬剤部のシーンを増やしたり、病院内のシーンも極力、テレビ局内の施設で対応することになりました。本来は病院の外観が映り込む屋外でのシーンもありましたが、そこは台本を書き直して、不自然にならないように対応しています」(フジテレビ関係者)

 

降板した清原の代わりを務めることになったのは、彼がモデルを務めるファッション誌『メンズノンノ』の同期で、友人でもある成田凌。

 

「清原さんは、石原さん演じる主人公が働く病院の近くにあるドラッグストアに勤務する薬剤師という役どころでした。すでに撮り終えていた部分には登場シーンが少なかったこともあり、清原さんのシーンはすべて成田さんで撮り直すことになりました」(前同)

 

そのため、7月上旬の段階では第1話も完成していないというバタバタなスケジュールの中、座長の石原は少しでもよい作品にしようと集中して撮影に臨んでいるという。

 

「石原さんは、明確な演技プランを持って撮影に臨むタイプ。また出演者の変更などもあり、スケジュールにも余裕がない状況です。そのため共演者がアドリブを入れてくると、“完璧に演じたいので、台本どおりにやっていただけると嬉しいです”とお願いをするほど、役に入り込んでいますよ」(前出・芸能プロ関係者)

 

[週刊女性プライム]

 

ということですが、石原さんも大変ですよね。

 

ロケ地変更、キャスト変更に伴って台本も大幅に書き換えられたわけですから、セリフや演技をイチから覚え直さなくてはならず、精神的にも余裕がなくなっていたのでしょう。

 

「こんな大変な時にカッコつけてアドリブなんていれてこないで!ホント、迷惑よ…」

 

こんな気持ちになるのも分かる気がします。

 

 アドリブ入れた犯人は誰?

 

[スポンサーリンク]

 

さて、こんな石原さんの行動に対し、ネットでは

 

「医療系で単語が難解だし、妙なアドリブ入れられたら覚えたセリフ飛びそう」

「ピリピリしてる時に佐藤二朗みたいなアドリブ入れらたらムカつくよね」

 

といった同情の声と

 

「役に入り込んでるならアドリブにも臨機応変に対応出来るはずですけど?」

「もともと下手だからアドリブに反応できないんでしょ」

 

といったイヤミの声が半々といったところですが、それよりも話題になっているのが「アドリブしそうな俳優って誰?」ということ。

 

大方の予想では田中圭さんの名前が挙がっていますけど、確かに空気の読めない、テンション高めのアドリブを入れてきそうな感じ。

 

まあ、彼も同時に3本ものドラマ撮影が立て込んでいて、セリフを忘れて仕方なく?アドリブで誤魔化そうとしただけなのかもしれません。

 

許してあげてくださいな、石原さん。。

 

◆監督からするとウザいだけの存在とも

 アドリブ俳優ランキング→ geinou reading geinou ranking

 アドリブ俳優ランキング→ geinou ranking geinou reading

 

※コレは画期的!いろいろ触りたくない方に…

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石原さとみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング