銀座にある公立の泰明小学校が標準服としてアルマーニデザインの制服を取り入れたことが話題になっています。

 

この件につき、二児の母である石田ひかりさんがインスタグラムに意見を書いたところ、その言葉遣いが酷いと指摘されています。

 

※豪華です[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あすなろ白書 DVD-BOX [ 石田ひかり ]

価格:19245円(税込、送料無料) (2018/2/9時点)



 

泰明小学校と標準服

 

銀座の数寄屋橋公園と隣接する泰明小学校は公立ながらその立地と歴史で人気の小学校で、かつてのエリートは泰明小学校→麻布中学→日比谷高校→東京大学と進むことで知られていたとか。

 

そんな泰明小学校は中央区にありますが、2009年に区外の子供も進学できる特認校に指定されました。

 

学校自体、銀座のど真ん中にありますから、本来の学区の子だけでは生徒数は減る一方だったと思いますが、この特認校のお陰で千葉県から通う子もいるそうで。

 

今回泰明小学校の校長が導入を発表したアルマーニ製「標準服」は、上着、ズボン・スカート、シャツ・ブラウス、帽子の一式を揃えると約4万円、そのほか任意のバックや靴下など全て揃えると約8万円となります。

 

泰明小学校は現在も公立ながら着用を推奨する「標準服」があり多くの子供が身につけているといいますが、新「標準服」は現行の4倍近い価格ということで、保護者以外でも大きな話題になっています。

 

今回のことは校長先生が3年前から計画をし、複数のブランドにアプローチした中で答えてくれたのがアルマーニだった、途中で反対意見が出ても、ここで止めるとアルマーニに違約金を払わなければいけないとして突っ走ったと報じられています。

 

 

 

石田ひかりの「ぢゃない!!!!」が強烈過ぎて…

 

[以下引用]

各方面で様々な議論がなされる中、2人の子供をもつ石田は「はちまんえん、という価格ばかりが議論されてますが 論点まったくずれてると思います 某大臣まで、にやにやしながら 一人だけ買えないとなると、それはまた問題かなと思いますがとかなんとかおっしゃっていて本当にたまげました そーゆーことぢゃないよね!!!!!!!!」と意見。

 

泰明小学校の和田利次校長が、今回の標準服導入について「服育」という重要な教育の一貫と説明していることを受け、「『泰明らしく』あることに、相当な誇りとこだわりをお持ちのようでした わたしには『泰明らしさ』が何なのか興味もありませんがこれを押し付けられる子どもたちはたまったものではないな、というのが感想です」とし、「『服育』という言葉を初めて聞きましたがそれなら、ひとつのブランドに絞らずいろんなものを着せる方が『服育』になるのではないでしょうか」とつづった。

[モデルプレス]

 

石田さんの「そーゆーことぢゃないよね!!!!!!!!」が強烈過ぎて中身が入ってきませんでしたが、言っていることはまっとうだと思います。

 

でも45才の2児の母がこれって…。

 

ちなみに長女は2003年5月生まれの14才、次女は2005年1月生まれの13才です。

 

ネットでは「せっかく良いこと言ってもこれじゃ…」「頭が悪そうに思える」「姉妹揃って出すぎ。喋りすぎ」「コメンテーターやりたいの?」等々。

 

せっかく良いイメージがあり良いことを言っても残念ですね。

 

校長は標準服を身につけることが泰明としての一体感になる、「服育」というのは校長の造語で、標準服をきちんと装う事の大切さを感じることも国際感覚の醸成になるとかなんとか。「銀座の中で育てられてきた学校。銀座に誇りを持ち、きずなを感じられる標準服にしたかった」とのこと。

 

公立だけど私立のようなのが泰明小学校ですが、それでも公立なのに、何か勘違いしちゃったのでしょうか。

 

いずれにしても9月に新入生説明会のときに価格をきっちり提示していなかったのは良くなかったですね。

 

◆老化とは無縁な女性芸能人9人に共通すること

ふむふむ→ ranking reading

ふむふむ→ reading ranking

 

※お姉さんも最近ちょっと…[Amazon]

http://amzn.to/2EdneQn

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石田ひかりさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング