[スポンサーリンク]

 

浜崎あゆみさんが音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長との出会いから別れまでを暴露した小説「M 愛すべき人がいて」が発売されました。

 

なぜいまさら、誰も興味ないというコメントも見受けられる一方で、ワイドショーでも取り上げられ話題になっていますが、その内容をよく見ると、浜崎さんが長瀬智也さんと松浦さんに二股かけていたのではないかという疑惑が…

 

 

※1998年の歌手デビューからトップスターにのぼりつめるまでの2年間

 

 

浜崎あゆみは松浦勝人と長瀬智也を二股してた?

 

[以下引用]

さらに、色々と辻褄が合わないことを疑問視する声もあがっているという。

 

「松浦さんとの恋愛を歌ったシングル曲『M』をリリースした2000年12月といえば、浜崎さんはTOKIOの長瀬智也さんと熱愛中だったはず。そう思うと、時代考証や設定に首をひねってしまう人が出てきてもおかしくはない。ファンからも『どうせなら、長瀬との交際秘話を教えて欲しかった』という声が続出しています」(芸能事務所関係者)

[エンタメガ]

 

 

長瀬智也さんとの交際は、2001年8月のCM発表会で浜崎さんが左薬指に指輪について「彼にいただきました」と恋人の存在を明かし、スポーツ紙がふたりのペアリングをスクープして発覚。同年9月にふたり揃って直筆ファックスで交際宣言をし公認カップルとなっています。

 

出会い自体は1993年、二人が14歳の頃に共演したドラマ『ツインズ教師』だったというので、確かに2000年には付き合っていた可能性もありますが、実際がどうだったのかははっきりしませんね。

 

しかし本の表紙に「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」とまで書いておきながら二股だったんだとしたらちょっと…。

 

まあその後の奔放な男性関係を思うに驚きはしませんが。

 

◆出会ったころ、14歳のふたり

え、浜崎さん?→ geinou ranking geinou reading

え、浜崎さん?→ geinou reading geinou ranking

 

 

長瀬智也は別れ際も二股かけられていた!

 

浜崎さんは長瀬さんとの別れ際にも二股疑惑があります。

 

2001年に交際宣言した二人は2006年9月にFLASHにより同棲発覚、同年10月にはロスでレコーディングしていた浜崎さんを長瀬さんがわざわざ1泊3日の強行日程で迎えに行き、手つなぎ帰国したところを複数のスポーツ紙が報じて「結婚間近」と噂されました。

 

しかし2007年7月に浜崎さんがブログで「恋人とお別れしましたっ」と報告し、あんなに仲良しだったのになぜと、その後の浜崎さんの没落ぶりが話題になると今でも一部では長瀬さんと交際してればよかったのに、結婚すればよかったのにという声も見られます。

 

しかし実際には、そんな結婚できるような関係ではなかったよう。

 

2005年12月、週刊文春は浜崎さんの婚約を報じました。

 

お相手は長年の交際相手である長瀬さんではなく、アメリカ人デザイナーのティム・マックガー氏。

 

※スノボブランドBURTONのデザイナーです

[amazon]

 

浜崎さんは年下の外国人が大好きで、ニューヨークで400万円もの婚約指輪を購入したと、かなり具体的な内容でした。

 

しかし報道をきっかけに浜崎さんはティムさんをポイ捨てし、長瀬さんとの順調な交際を続けていた風でしたが、実は成田のラブラブ手つなぎ帰国の前週、週刊文春は浜崎さんが未だティムさんとハワイやロスで密会していると報じています。

 

時系列をざっくり整理すると、

2001年9月:交際宣言

2005年12月:ティム氏と婚約報道→すぐにポイ捨て報道

2006年9月:長瀬と同棲報道

2006年10月:ティム氏と密会報道→翌週長瀬とラブラブ帰国

 

そのため、ラブラブ帰国はティム氏との二股疑惑を打ち消すためのことだったと、当時故・梨元勝さんが指摘しています。

 

その客観的根拠として、極秘帰国なはずなのに空港には芸能マスコミが多く待ち受けていた、つまり浜崎さんサイドからリークがあったこと。また、「ラブラブ帰国」「結婚間近」という割に、関係者は口を揃えて二人の結婚の可能性を否定したことをあげていました。

 

なんでわざわざ長瀬さんがそんな茶番に付き合うのかとも思いますが、ジャニーズからしても、長瀬さんに「二股された男」というイメージがついても得はなく、エイベックスに貸しを作るつもりで協力したと、そういうことのようでした。

 

 

[スポンサーリンク]

 

浜崎あゆみ、実は二股どころじゃなく結婚していた

 

浜崎さんはその後2度外国人男性と結婚していますが、2016年に二度目の離婚を匂わせたときに、元文春記者の中村竜太郎さんが「実は2005年にもですねえ、僕が取材をした時に、年下の白人男性のティム・マックガーっていう人と、結婚してたんですよ」と明かしています。

 

[以下引用]

浜崎といえば、05年にスノボブランドBURTONのデザイナーである当時22歳のティムと、米・NYで婚約指輪と結婚指輪を購入したと「文春」がスクープ。当時、ティムはアメリカの公的書類である「結婚許可書」を周囲に見せびらかしており、ティムの父親も結婚について「もちろん知っていますよ」と即答していたという。

 

この頃、世間的には、01年に交際宣言したTOKIO・長瀬智也と同棲していると思われていたため、浜崎に2股交際疑惑が浮上。さらに、この報道が長瀬との破局原因ともウワサされた。

[日刊サイゾー]

 

 

これは「結婚手続きはしてたんですけど、戸籍上は未婚」というオーストラリア人男性との結婚・離婚のときと同じだったそう。

 

未だに長瀬さんと浜崎さんの復縁を望む声も聞こえることはありますが、まあ長瀬さんも、もしも交際開始時も交際終了時も二股だったんだとしたら、そりゃ復縁はナシ、でしょうね。

 

 

どこまでも海外セレブのマネをしたい浜崎あゆみ

 

今回の松浦さんとの「恋愛」暴露は第一弾で、そのうち長瀬さんや歴代の結婚相手・交際相手に及ぶんじゃないかとも言われています。

 

が、内山麿我さんは内山さんを悪役に仕立てやすいですけど、長瀬さんとのことは、ちょっと暴露するにはドロドロ過ぎるしジャニーズも怖いし美談にするのも難しいかも。

 

ダメ男決定!浜崎あゆみの熱愛相手・内山麿我は現在離婚裁判中かつ愛人との間に子どもあり…

 

加えて、この本の相手が松浦氏との恋愛小説でなければならなかった理由があるそう。

 

[以下引用]

ある関係者は断言する。

 

「業界内では、この本を映画化するというプロジェクトが水面下で進んでいるのでは、という噂でもっぱらです。なぜかというと、この浜崎さんの本は、昨年ヒットしたレディーガガの映画『アリー/スター誕生』にそっくり。浜崎さんが曲やライブで稼げなくなってきているので、その分の穴埋めのために映画化して二番煎じを狙おうとしているのでは、と言われているのです。エイベックスは主題歌をエイベックス所属にすることで映画に出資したことがありますからね」(音楽事務所勤務)

[エンタメガ]

 

 

『M 愛すべき人がいて』の出版元は幻冬舎。松浦氏と仲の良い見城徹氏のいるところです。

 

暴露本といえば幻冬舎、という気もするので松浦さん関係ない気もしますが、まあ怪しいですよね。

 

なんせ浜崎さんは海外の歌姫大好きで、真似できるところは真似しよう精神はこれまでも各所で発揮されています。

 

だいたいそういう狙いもなく一応「すべてが事実ではない」と言いながら、松浦さんは当時結婚しており、基本は不倫ですからね。いくら公然の秘密状態だったとはいえ、こんなことを本にする意味がわかりません。

 

要するに、日本の歌姫誕生秘話、ワタシはその主人公、みたいな。

 

携帯小説のような内容と不倫暴露で、ファン離れが加速しないといいですね。

 

◆浜崎あゆみの華麗なるパクリの歴史

外見編→ geinou ranking geinou reading

外見編→ geinou reading geinou ranking

 

※浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング