デヴィ夫人が生放送中に不妊治療の保険適用拡大についての話題になったとき、原因を中絶が9割と断言し炎上しています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【10/26 9:59まで!★週末限定激安SALE】アグ DAKOTA UGG ...

価格:8900円(税込、送料別) (2020/10/25時点)


楽天で購入

 

 デヴィ夫人が断言「不妊の99%は堕胎が原因」

 

デヴィ夫人が出演した『胸いっぱいサミット』で不妊治療の保険適用拡大が話題になったとき、次のような展開になりました。

 

[以下引用]

北斗晶「私の友人も不妊治療受けた人がいるんですけど、お金が凄いかかるっていうんで、精神的な苦痛も伴ってくるじゃないですか。せめてお金だけは補助してもらいたいなと思いますね」

デヴィ夫人「それもすごく大事だと思うんです。不妊治療高いから。でもそれよりも前に、日本の女性たちに掻爬(ソウハ)をさせないことが一番良い」

北斗晶「……んんっ!? 何?」

デヴィ夫人「不妊になる一番の理由は、妊娠して子どもを生みたくないっていって、……掻爬のことなんていう?」

そのまんま東「堕胎、つまりおろすことですね」

デヴィ夫人「堕胎する。あれを絶対に禁じりゃいいんですよ。皆さん知らないけれど、不妊になるのはあの堕胎が原因です。掻爬といって子宮の中を掻くわけですよ。だから先生によっては傷をつけちゃう子宮内に。そうすると絶対にちゃくしょうしないんですよ」

女子アナ「一部そういった考え方もありますよね」

デヴィ夫人「わたくし絶対正しいです! 絶対正しいです!」

[バズプラスニュース]

 

この後、他のコメンテーターがごく一部にそういう方がいるかも、とか、中絶していなくても不妊の人がいる、という話をしても、「でもそれは嘘です! 前に付き合っていた男の人とそういうことにあって、堕胎しましたということを言えないじゃないですか。女性は隠してますよ! 全員が!」「本当に不妊の方いるかもしれない。でもほとんどの原因、九割九分は堕胎です。全員堕胎です」等々、全否定。

 

さらに、アナウンサーがその発言を「事実と異なる発言がございました」と訂正しても、「事実と異ならないです」「数字が違っていたかもしれません! それは謝らせて頂きます」と、最後まで強固な姿勢を見せていました。

 

 

不妊と堕胎の関係について 

 

[スポンサーリンク]

 

Googleで「不妊 堕胎」と検索すると、産婦人科のホームページで専門医が見解を示しているページがあります。

 

それによると、「まれですがあり得ることなのです」「しばしば遭遇するのも事実です」等々、堕胎が不妊の原因になりうることは多くの医者が認めています。特に、何度も繰り返したり、下手な医者にかかって炎症を起こしたりすると可能性があるようですね。

 

一方で、「不妊 原因」で検索すると、「女性の不妊症の原因には、排卵因子(排卵障害)、卵管因子(閉塞、狭窄、癒着)、子宮因子(一部の子宮筋腫や子宮内膜ポリープなど)、頸管因子(子宮頸管炎、子宮頸管からの粘液分泌異常など)、免疫因子(抗精子抗体など)などがあります。このうち排卵因子、卵管因子に男性不因子を加えた3つは頻度が高く、不妊症の3大原因と言われています。」とあります。

 

デヴィ夫人が主張する不妊の原因は9割9分堕胎が事実なら、3大原因どころか唯一無二の原因として堕胎があげられていてもおかしくないですが、そんなことはありませんでした。

 

つまり、デヴィ夫人は間違っていたわけです。

 

ただ、デヴィ夫人は現在80歳です。

 

昔は手術の技術も低く、そういうことが多かったのかもしれません。

 

が、あくまでそれはデヴィ夫人の周りでの出来事。

 

こういうデリケートな問題で、時代が違うことを考慮せず、客観的な事実ではないことをさも事実であることのように断言するのは非常に良くないです。

 

不妊に悩んでいる人にとって、「99%堕胎が原因。女性は秘密にしているだけ、堕胎の過去なんて言えるわけない」なんて言われたら、やりきれないですよね。

 

これまでも散々ズレた発言もしてきましたが、もうそろそろ潮時なのかもしれません。

 

 

ズレすぎデヴィ夫人と神田うの。女性に暴行した新井浩文に「2000万円でも円満解決すればよかった」「見せしめみたい」

「川谷絵音の妻はベッキーに謝れ!」不倫した側を援護するデヴィ夫人のトンチンカンな主張

 

 

◆デヴィ夫人、過去もいろいろやってます

不祥事→ geinou ranking geinou reading

不祥事→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※デヴィ夫人さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ