かつて”天才子役”ともてはやされた芦田愛菜さんと鈴木福さんが「今後、共演NGになるだろう」と一部ネットメディアが報じています。

 

二人はこの4月から仲良く?慶應義塾大学に入学したのですが、実はなかなか複雑な事情が絡んでいるようで・・

 

◆父の日にどうぞ。



 

 

[以下引用]

芦田と鈴木は2011年に放送されたドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で初共演。撮影当時は6歳という年齢ながら、大人顔負けの演技力と表現力で視聴者を魅了。2人がコンビを組んでリリースした主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』は50万枚を超える大ヒットを記録している。

 

2人は大学進学後もそれぞれがタレント活動と学生の二足の草鞋を履くことを公表しているが、芸能界において共演する可能性は限りなくゼロに近い。

 

「実際、2年前の10月に放送された『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)の共演以来、なぜか実現していないんです」(事情通)

 

気になる理由は、芸能人にとってタブーとされる〝キャラ被り〟だ。

 

「子役という出自に加え、私学の名門である慶應義塾大学入学という経歴が2つも被っている。おそらく面白くないのは芦田サイドです。芦田は芸能活動の傍らで勉学に勤しみ、慶應義塾中等部から慶應義塾女子高等学校に進学。その中でも数名しか進学できない法学部に入った。偏差値で言ったら70超え。現在は女優兼タレントとして活躍しているが、いずれは報道番組のキャスターを目指しているんです」(放送作家)

 

一方、鈴木だが…。

 

「偏差値約40の堀越高校からAO入試という裏技で、慶應大学に合格した。すでに報道番組『真相報道バンキシャ!』や『ZIP!』でコメンテーターを務め、Z世代の代弁者として評価されている。鈴木もいずれはキャスターを狙っている。まさに方向性がもろ被りなんです」(同)

[週刊実話]

 

なるほど、キャラ被りですか・・

 

確かに天才子役出身、慶応大学に入学したインテリぶり、真面目な性格、今でも変わらぬ可愛らしいルックスなど、共通点は数多くあります。

 

ただ、芸能人ながらキャスターを目指すというのは、第一人者であるジャニーズ・櫻井翔さんの”大失態”によって、完全に道を閉ざされてしまったと思います。

 

やはり、本人自身が事件やスキャンダルの当事者として報道される可能性の高い有名人がキャスターをやるのは、あまりにもリスクが高過ぎますからね。

 

 

 

櫻井翔の株が大暴落!元カノ・小川彩佳に大逆転され、ジャニーズ報道キャスター路線も完全閉鎖へ

 

そもそも、テレビ局や新聞社で報道をやるような人間は高学歴な人ばかりですし、有名大学出身だからといって、わざわざ芸能人を起用する意味もありません。

 

2人ともせいぜいコメンテーター止まりだと思いますし、キャラ被りなど意識しなくてもいいような。

 

それよりも、本職である”役者”として頑張って欲しいところ。

 

期待しております!

 

◆当時6歳。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※鈴木福さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!