市村正親さんと篠原涼子さんの長男として知られる市村優汰さんが、1月24日に自身のインスタグラムを更新したのですが・・

 

 

まだ15歳だというのに、超高級ブランドで全身を身を包んで「ドヤっ!」といった姿を披露したことで、

 

「こりゃ、ぼんぼん二世バカの爆誕だな」

 

と呆れる声が殺到しています。

 

 

 

市村はまだ15歳ながら176センチの長身で俳優やモデルとして活躍している。インスタではルイ・ヴィトンのニット帽とサングラス、ディーゼルのジャケット、フェンディのTシャツにバレンシアガのパンツというコーデを披露。斜め掛けしているショルダーバッグもフェンディで揃えるなど、全身を高級ブランドで固めている。

コメント欄には《カッコよすぎる》《おしゃれー》などといった感想が寄せられているが、15歳の中学生が着用するにはあまりにも高価な衣装の数々に、ネット上では正親と篠原の〝親バカ〟ぶりを指摘する声も少なくない。

 

「全身を高級ブランドで飾り、本人は鼻高々のようですが、中学生には明らかにそぐわない。すでに俳優として活動しているため、いくばくかのギャラを得ているのでしょうが、着用アイテムの総額を想像するに、ほとんどは親からの〝お小遣い〟が原資になっているのは間違いない。現在、市村はドラマ『夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2』(テレビ東京系)に出演中ですが、大した実績もないのに起用されたことで〝親の七光り〟が囁かれています」(芸能ライター)

 

むろん、家庭が裕福なのだから、どんなに若かろうが高級ブランドを身につけるのは本人の自由だ。しかし、庶民感覚とかけ離れているのは事実で、《まず自分で稼いでから買え》《三田佳子の次男みたくならなきゃいいけど…》といった意見が出るのも致し方ないだろう。

市村が全身をしまむらやユニクロで決めていれば、ファンからの好感度が一気に上がったのは間違いない。

[週刊実話]

 

 

ということで、問題の画像はこちら。

 

 

 

 

こうなると、センスがいいのか悪いのかも不明。

 

 

いかにもボンボンのガキンチョがイキってる感じプンプンですが、さんざん甘やかされて育ってきたんだろうなあ・・という印象が強いです。

 

 

まあ、若気の至りなら良いんですけど、このまま20歳近くなっても坊っちゃんぶりが消えなければ、”嫌いな親の七光り芸能人”のランキング入りするのは間違いないでしょう。

 

 

・・

 

 

お父様はすでに70歳超えのおじいちゃま。

 

 

孫みたいな息子が可愛くて仕方なく、これからも精一杯甘やかす可能性大。

 

 

仕事場の大人たちも、超大物俳優である市村正親さんのご子息ということで、チヤホヤすることは必至かと。

 

 

一方、お母様はアラフィフになってもまだオンナを捨てきれないワガママ不倫妻。

 

しれっと復縁を告白した篠原涼子。離婚と親権を手放した言い訳が見事

 

子供を老夫に押し付けてオトコ遊びに夢中になっているんですから、子供に対して何を言っても聞く耳持たれないでしょう。

 

 

こんな環境でスクスクと育ったら、20歳くらいには立派なリトルモンスターが出来上がるのはもはや必然。

 

 

うーむ、またもや芸能界に手のつけられないボンボン二世バカが爆誕の予感。

 

 

せめて次男坊は前田郷敦さんみたいになってくれたらいいんですけどね。。

 

 

◆さっきからクシャミが止まらないんだが・・なぜだ!?

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※市村親子のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング