宮内新社長が就任し、着々と経営の効率化が図られつつあるフジテレビ。現在、同局でメインのレギュラー番組を持ち、高額ギャラが支払われている大物芸能人たちにも大ナタが振るわれるのは確実と見られていますが、そもそもそういった大物MCの方たちはどれだけ貰っているのでしょうか?フジテレビ関係者がその事情を暴露しています。






[以下引用]

「SMAPがなくなった今、フジでレギュラー番組を持っている大物で最高額はダウンタウンでしょうね。その額はコンビそろっての出演ならば、1本1,000万円が相場といわれています」(テレビ番組制作会社プロデューサー)

フジでは『ダウンタウンなう』などの番組を持つ彼らが最高額だという。SMAPがこれ以上だったとは驚きだが、SMAPは5人で1,000万円以上であり、ひとりあたりの金額を考えれば今も昔もダウンタウンが断トツだというからさすがだ。

「あとは、1本800万円といわれるのがとんねるずです。かつてはダウンタウン同様にひとり500万円が相場でしたが、ジワジワと下がってきているようです」(同)

長寿番組のひとつである『とんねるずのみなさんのおかげでした』は幾度となく打ち切りが囁かれてはいるものの、下がってもこの金額とは長年の功績の賜物か。さらに、そのほかの大物芸人も負けず劣らずの高額ギャラだった。

「ナインティナインは1本600万円が相場です。1人300万円ということになります」(放送作家)

とんねるずの番組同様、打ち切りが取り沙汰されるも放送が継続されている『めちゃ×2イケてるッ!』でメインを張るふたり。こちらも相応の高額ギャラといえるだろう。

※すでにヨシモト幹部入りも近い?

クイック・ジャパン 104 -
クイック・ジャパン 104

[関連商品]

お笑い界のトップスリーの名前がここまで出ていないが、彼らの名前も当然あった。

「300万円のギャラを受け取っている大御所はたくさんいますが、ここにビートたけし、明石家さんま、ウッチャンナンチャンの内村光良が入ります。ビートたけしは拘束時間1時間でこのギャラを受け取ることもあるので、さすがですよね」(同)

ビートたけしとナインティナインが同額とは驚きだが、拘束時間の差を考えればこれが相場なのかもしれない。また、ビートたけしとの絡みでよく見る所ジョージはいくらなのか。

「所さんは150万円から250万円が相場といわれています。幅があるのは、内容によっては安いギャラでも引き受けるからです。多趣味な方なので、自身が楽しいと感じる番組ならばギャラの額は二の次という考えのようです」(テレビ局関係者)

[TOCANA]



番組1本に出演するだけで、一般的なサラリーマンの年収以上のギャラを貰うなんて、さすがにやり過ぎのような気もしますけど…

そういった芸能人のギャラはスポンサーの広告料から出ているのがほとんどだと思いますが、それは「消費者=視聴者」が製品やサービスを購入することによって捻出されているわけです。

あの人気芸能人がCMでにこやかに宣伝している製品には、あらかじめ広告費がたっぷりと上乗せされて値段が決められているー

そんな風に考えると、「芸能人なんて使わなくていいから、もっと広告費削減して安くしてよ」と、皮肉の一つでも言いたくなっちゃいます。


[スポンサーリンク]
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-2677938555277436"
data-ad-slot="6459574524">

ちなみに、朝の情報番組で司会を務める顔ぶれを見てみると、「とくダネ」の小倉智昭さんは1本150万円、「ノンストップ」の設楽統さんは1本90万円なんだそう。

バラエティ番組と比べると1本あたりの単価は低いものの、朝の帯番組は週5日、1ヶ月で20日くらいあるので、月収にすると小倉さんは3000万円、設楽さんは1800万円ということになります。

しかも、ゴールデンのバラエティと違って打ち切りのリスクが低いことを考えると、やっぱり芸能人にとって帯番組の司会はオイシイ仕事なんだろうなあ…

※もう、ちまちまと芸人なんてやってられないっすよ。

バナナ炎炎 バナナマン フィギュアストラップ ブック付き 設楽統C 地元の太極拳に緊急参加! - 宇宙戦艦ヤマダ
バナナ炎炎 バナナマン フィギュアストラップ ブック付き 設楽統

[関連商品]

それはさておき、宮内新社長。

7月7日に行われた就任後初となる定例会見では、「他局と比べて高額だと指摘される制作費の削減に取り組む」とコメントし、「今のフジテレビは平常時ではない。非常事態だ」とまで宣言していました。

どうやら、10月改編以降は投入した制作費と放送収入のバランスを厳しくチェックし、番組継続の可否を精査していく方針のよう。

そのため、以前から「ヤバイ」と言われている「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」は風前の灯とのこと。

また、7月の人事異動でチーフプロデューサーが飛ばされた「とくダネ!」も打ち切りの筆頭候補で、昨年11月に鳴り物入りでスタートした「フルタチさん」は、早くも日曜夜のゴールデンタイム2時間生放送から番組ごと金曜19時に引っ越すそうです。

ついでに言うと、視聴率が低迷している日曜夜の「スポーツLIFE HERO’S」では、カトパンを降板させる方向で検討しているんだとか。

実際、美人フリー女子アナを使って「めざましテレビ」など数々の人気情報番組を作ってきた実力者・鈴木克明専務が7月異動で地方局に飛ばされてしまってますから、かなり信憑性もあるでしょう。

業界では「今後、フジはすべての番組を局アナで賄うつもりなのでは?」との見方も強いと言われていますが、こういったコストカットはタレントにだけ向けられるわけではありません。

すでに21局3室あったフジの社内組織は14局4室へスリム化されており、フジ正社員の高額な給与体系にメスが入るのも時間の問題のようです。

この辺り、BSフジの少ない予算でやりくりしてきた宮内社長の手腕が炸裂しそうな雰囲気。

社員給与の大幅カットで成功した王者・日テレの例もありますし。

※今のフジテレビに不要なのは、こいつらだ!

 オイオイ、マジかよ…→ ranking reading

 オイオイ、マジかよ…→ reading ranking

ということで、超高額ギャラを貰ってる大物芸能人の方々も、いまのうちから無駄使いをやめて貯金をせっせと増やしておいたほうがいいかも?


[スポンサーリンク]
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-2677938555277436"
data-ad-slot="6459574524">

※最新ドラマ&映画情報はこちらからどうぞ

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら