小栗旬さんが出演したフジテレビ系「ダウンタウンなう」で「本当にヤバイじゃないですか、テレビ…」とテレビ業界への不安を語り話題になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 DVD BOX [ 小栗旬 ]
価格:15390円(税込、送料無料) (2017/7/8時点)






[以下引用]

小栗は「本当にヤバイじゃないですか、テレビ…」と本音を話し始め、「僕ドラマスタートの俳優なので、ドラマ大好きです。絶対やり続けたいです。だけど、本当に面白くなくなってしまってるし、やっちゃいけないことが多すぎて…しかも最近はお金がないからできないって。より良くみんなで面白くできる環境ってどうなんだろう」と熱く語った。

これには「ダウンタウン」松本人志(53)も賛同。「各局民放が、2番組ぐらいバラエティーもドラマも『これは好きにやって良いですよ』『視聴率のことは言わないです』っていう枠を設けないと、本当に面白いものが作れないから、みんなそこで頑張れなくなると思う」と持論を展開した。

さらに、松本は「一番悪い時期なんじゃないかな? 1回落ちるところまで落ちてるから、ここからちょっとでも上がってくれればな」と期待をこめたが、「でも、テレビ結構厳しい…ドラマに関しては凄くそう思います」と本音をもらしていた。

[スポーツ報知]



少し前の週刊新潮によると小栗さんは常日頃テレビ局の幹部があまりに自主規制することがテレビをつまらなくする原因だと言っているということだったのですが、そのまんまのことをテレビでも発言したということですね。

その記事では、4月クールのフジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』で西島秀俊さんとともにW主演した小栗さんは、第4話の冒頭シーンが放送直前にカットされたことについて、「早く教えてくれれば撮り直しもできた」「フジのドラマには二度と出ない」と怒り心頭だったとか。

  小栗旬が激怒!「フジのドラマには二度と出ない!」

もしかするとそこに至るまでにも「やっちゃいけない」と言われて止めることも多かったのかもしれません。

ちなみにこの発言の真偽を問われた事務所は、「小栗も熱い男なので酒が入るとそういう発言をすることもあるかもしれません」と、こういうことを言いかねないというのは把握していたようです。

小栗旬 Next Stage -
小栗旬 Next Stage –

[Amazon]

それにしても、最近は「お金がないからできない」って言われるというのはちょっと笑ってしまいました。

フジテレビはドラマにかける制作費が民放1位と言われてきたので、フジのことじゃないのかもしれませんが、とにかく低調なフジが潤沢に予算が組めるわけがないかも。

4月は月9ドラマ『貴族探偵』が豪華キャストを取り揃えた結果、1話1億円だったなんて話もありましたが、評判はいまいち、全話平均視聴率も8.8%で終わっています。

いくら月9は30周年記念だったとはいえ、そこに1億かけるならもうちょっと回してよみたいなのもあったのかもしれません。

松本さんの言う、視聴率を気にせず自由にできる枠がないと面白いものが作れないというのもわかります。

反応を気にして作っているんじゃなく、本当に作りたいものを作ってこそのやりがいもあるでしょうし。

※…本当に作りたいもの?

::映画ポスター 「しんぼる」 松本人志 - GOLD CAT映画品 昭和 装飾
::映画ポスター 「しんぼる」 松本人志 – GOLD CAT映画品 昭和 装飾

[楽天市場]

ただテレビはスポンサーありきで見てもらってなんぼ、視聴者はネットでつながり、「嫌なら観ない」以上の行動をする場合もあると思うと、こわくてできないことも多いだろうなと思います。

また、スポンサーが関係ないNHKが面白い番組を連発しているかというとそうでもないですし。

そう思うと、たしかにテレビはもうダメなんでしょうね。

[スポンサーリンク]



※ほっそい手足を披露してる山田優さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら