15日に放送された「バラいろダンディ」に出演した梅宮アンナさんが、東京都港区を「田舎」、東京都練馬区を「地方」、渋谷区松濤が一番だと発言し話題になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大江戸今昔マップ新版 東京を、江戸の古地図で歩く [ かみゆ ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/5/16時点)




[以下引用]

番組では、「足立区と港区 住むならどっちが幸せか?」という「週刊現代」の話題を取り上げた。そして、足立区を「庶民」、港区が「セレブ」と分類していた。

この話題に梅宮は、まず「港区も私から言わせると『田舎』!?」とバッサリ切り捨てる。そして、自身の出身である渋谷区松涛(しょうとう)が一番だと胸を張る。梅宮は港区に住んだことがあるそうだが、「田舎を感じて止めました」とのこと。港区は「ギラギラが多すぎる」というのだ。

すると、漫画家で番組コメンテーターの倉田真由美氏が、自身が昔住んでいた練馬区をどう見ているのか質問する。これには梅宮が「あぁ、もう『地方』」と即答。続けてMCの蝶野正洋が三多摩地区のイメージを聞くと、梅宮は「行くと旅をした気分」だと語り、「嫌いじゃないです」と付け加えた。

[トピックニュース]



価値観は人それぞれですから、「足立区と港区 住むならどっちが幸せか?」という話題からしてムリがあります。

青山や広尾のようなところが好きな人にとってはそりゃ港区に住むのが幸せでしょうけど、下町が好きな人にとったら違うでしょうに。

なので、アンナさんが言う渋谷区松濤が一番も、アンナさんにとってはそうなんだということでいいのですが、個人的には住みたいと思ったことは一度もないです。

渋谷区松濤は確かに都内でも高級住宅地とされていて、麻生太郎元首相や楽天の三木谷社長、B’zの稲葉さん、極楽とんぼの加藤さんなどの家があると言われています。

その一角は確かにいかにも高級住宅地で、駒場東大前や大使館もすぐ近くではありますが、首都高も近く反対側はホテル街、センター街に囲まれていて、正直落ち着かないですし、子どもを育てるには向かない印象です。

アンナさんはほかにも「東京(在住)じゃないのに東京だって言う人がイヤ」「(車のナンバーも)品川区しかイヤ」と言っていましたが、いますよね、こういうタイプ。

たまたま実家がどこにあったかというかだけの話でアンナさんに威張る理由はないんですけどね。

ちなみに東京の地価ランキングは1位中央区2位千代田区3位渋谷区4位港区5位新宿区。アンナさんの一押しである松濤は近年下落傾向にあり、アンナさんの実家がある二丁目の坪単価は413万円ほどでした。

こう言ってはなんですが、アンナさんはご両親が亡くなられたら維持できるんでしょうか。

松濤に住めなくなって、田舎か地方に住むことにならないよう、こうやってせっせと炎上させて稼いでいるんだと思うと大変ですね。

東京高級住宅地探訪 -
東京高級住宅地探訪 –

※梅宮アンナさんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら