近年ドラマ好きの中で安心して見ることができる枠と言われているのがTBS系「日曜劇場」。

4月16日からは長谷川博己さん主演『小さな巨人』がスタートしますが、このドラマには決定的に足りないものがあると報じられています。

ranking

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半沢直樹 -ディレクターズカット版ー DVD-BOX [ 堺雅人 ]
価格:22161円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)






[以下引用]

主人公は、実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事・香坂真一郎。香坂は、捜査一課長を目指していたが万年所轄刑事だった父・敦史のため、妻・美沙のため、そして自分のために捜査一課長を目指して邁進してきた。だがある日、取り調べの際にひとつのミスを犯してしまい、これまで評価してくれていたはずの捜査一課長・小野田の証言により、所轄へと左遷させられてしまう。出世街道から外されてやってきた所轄には、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちがいた――。

[TBS公式サイトより]



主役である香坂を演じているのが長谷川博己さん、裏切った上司・小野田を演じているのが香川照之さんです。

TBSのサイトには「香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?」とあり、なんとなく『半沢直樹』を彷彿とさせますね。

でも、勧善懲悪、最後にざまあみろとなる展開は観ていて爽快ですし、ネットを見てもそれについての拒絶反応はあまりないようです。

そんな『小さな巨人』で不安視されているのが、キャスティングの地味さです。

[以下引用]

まず主演の長谷川からして地味だと思うのだが、共演者の岡田将生と芳根京子も弱い。安田顕と香川照之という実力派も間違いなく必要なのだけれど、全体的に話題性が足りず、「この人が出るから見たい!」となりにくいメンツなのだ。

決して流行りの俳優や女優、ましてやアイドルを安易に起用してほしいワケではないが、そういう“客寄せ”が必要なケースもあると思う。先ほど、「同枠はオジサンたちのもの」と言いはしたものの、TBSはオジサン視聴者を信頼し過ぎではないか。視聴率のための保険として、オジサン以外の層が興味を示しそうなキャストを、できれば岡田&芳根より“派手”な役者を使うべきだった

なぜこんなに地味な面々しか集められなかったのかと考えていたら、そういえば前クールに同枠で放送されていた元SMAP・木村拓哉主演の『A LIFE~愛しき人~』の製作には、多額の費用が投入されていたとの話があった。なるほど、木村のドラマでお金を使ったから、今期は“節約”モードなのかもしれない。

[ビジネスジャーナル]



長谷川博己さん、香川照之さん、岡田将生さん、芳根京子さん、安田顕さん…と、確かに一番派手なのは香川さんかもと思うくらい地味ではありますが、別に良いんじゃないでしょうかねえ。

『半沢直樹』の制作陣は、『半沢直樹』成功の理由を「視聴率の取れる俳優をキャスティング」「ラブ的要素を入れる」といった“視聴率の取れるドラマのセオリー”に乗らずに、純粋に面白いと思うものを合うと思う役者さんで作ったことだと語っていました。

確かに2013年の『半沢直樹』の時点で主演の堺雅人さんが「この人が出るから見たい!」というほど派手だったという記憶はないですし、香川さんもカメレオン俳優の代表格ではありましたが、『半沢直樹』での演技でまた評価が上がった俳優さんだと思います。

この「半沢系」ドラマのレギュラーメンバーとも言える手塚とおるさん、駿河太郎さん。そして過去片岡愛之助さんや立川談春さんなどが出演し、今回は春風亭昇太さんが出演する「日本の伝統芸能系であまり演技のイメージがない枠」があることなど、何と言っても香川照之さんが出ていることで既視感は確かにありますが、それよりも個人的には「このドラマは面白いんだろうな」という期待感があります。

確かに木村拓哉さんのドラマは主演級俳優が多く出演していたためギャラの総額が膨れ上がり、一話ごとの制作費は1億円ほどとなり、TBSのお財布事情に大きく影響したとは思います。

しかし脚本やプロデューサ-といった「作り手」の格は木村さんのドラマよりも断然上で、TBSにとって本命はこの『小さな巨人』なのではという話もあり、実際第一話を見た印象では余計なことに意識が削がれず集中して見られるドラマだと思いました。

 本命は木村拓哉ではなく長谷川博己だった!ジャニーズがTBSに強い不快感

それよりも気になるのが、このTBSの「日曜劇場」でジャニーズ率が高まりつつあることです。

今年は既に1月に木村拓哉さんが主演していますが、7月もジャニーズから長瀬智也さんが主演することが発表されました。

 ピンチ!長瀬智也の勝負のドラマ『ごめん、愛してる』がマイナス要素に溢れてる

昨年も香取慎吾さん『家族のカタチ』、松本潤さん『99.9』とジャニーズが2つ。

人気枠となるとしょうがないんですかね。ジャニーズが関わらず自由にキャスティングできるドラマくらい、地味でもなんでも好きにキャスティングしたらいいと思います。

なにはともあれ、明日以降の視聴率発表が楽しみです。



下町ロケット -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX -
下町ロケット -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX –

[Amazon]

※芳根京子さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこち

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら