フライデーが報じた成宮寛貴さんの薬物疑惑が各局で大々的に報じられるのは、同じ事務所の菅田将暉さんが売れすぎたからだと報じられています。

ranking

※これで初めて見たときは、正直なんて顔だと…[楽天市場]






今回フライデーが報じた成宮寛貴さんの薬物疑惑報道はこちら。

 成宮寛貴はコカインだけじゃなく大麻、ケタミンも!

成宮さんの芸能生命にも直結する写真・実名ありでの薬物疑惑報道ということでかなり注目を集めましたが、成宮さんサイドは事実無根、法的措置も辞さないと断固否定の姿勢を見せています。

しかしフライデーは成宮さんの薬物疑惑については2ヶ月以上時間をかけて取材した結果であり、他にも決定的な証拠はあるとして、一歩も譲る気はないと表明しています。

 フライデーが続報を予告!成宮寛貴のコカイン吸引疑惑騒動は泥沼へ

ここで意外だったのが、この成宮さんの薬物疑惑をテレビが大々的に取り上げること。

『ワイドナショー』で松本人志さんが言っていたように、一度薬物疑惑で実名が出たらその噂を覆すのは難しく、だからこそ大手出版社である講談社が発行する写真週刊誌『フライデー』が敢えて報じたのも簡単な覚悟ではなかったと思います。

 ポスト和田アキ子・松本人志が成宮寛貴を間接的に追い込む!

そうは言っても、それをテレビが流すって。

ASKAさんや清原和博さんが週刊文春に、長渕剛さんが週刊新潮に実名で薬物疑惑を報じられたときにはまったく触れなかったといいますし、フライデー自身、成宮さんについてのコラムで「どこも触れないんだろうな」と呟いていましたから、これだけ大騒動になるとは思っていなかったのでは。

そんな『フライデー』の内容を、週刊誌よりも拡散力のあるテレビが記事を否定するニュアンスだとはいえここぞとばかりに報じたのはワケがあるそうで。

[以下引用]

「ASKA 事件で視聴率や部数がすごく伸びていましたからね。芸能人のクスリは数字を稼げると前のめりになっていたところに、このニュースが飛び込んできたので、一気に踏み込んだということでしょう。ただ、これがもしバーニングやジャニーズのタレントだったら、絶対に一秒も触れなかったとも思いますよ。やっぱり大きいのは、成宮の所属事務所の問題ですよ」(スポーツ紙記者)

成宮の所属事務所のトップコートは、松坂桃李、菅田将暉、杏、佐々木希など、今をときめく若手俳優やタレントが所属しているが、規模はさして大きくなく、芸能界の後ろ盾も弱いといわれている。

「トップコートを立ち上げたのは、ナベプロ(ワタナベエンターテインメント)の渡辺ミキ社長の妹さんで、いちおう系列ではありますが、お姉さんとの関係は微妙で、ナベプロが後ろ盾になっているわけではない。芸能マスコミとしてはやりやすかったんですよ」(前出・スポーツ紙記者)

菅田将暉 アーティストブック 『 20+1 』 -
菅田将暉 アーティストブック 『 20+1 』 –

[Amazon]

さらに、今回の後追い報道の背景には、もっとえげつない芸能界の力学が働いていたとの見方もささやかれている。

「芸能界を牛耳っている大手芸能プロの関係者が、親しいワイドショースタッフやスポーツ紙記者に『どんどんやれ』と煽っていたという話もありますね。トップコートは、菅田がバカ売れしていて、いま、我が世の春状態ですからね、大手芸能プロとしてはおもしろくない。記事そのものを仕掛けたわけではないでしょうが、この騒動を大きくして、トップコートをガタガタにしたいという思惑はあるようです。いまのマスコミの動きもその意向を反映している部分はあるんじゃないでしょか」(週刊誌記者)

[リテラ]



成宮さんの事務所がそれほど大きくないのが理由だろうなとは思っていましたが、そこに菅田将暉さんの大活躍が絡んだ妬みがあったとは。

確かに山崎賢人さんと並んで菅田さんの露出の多さはものすごいことになっていますし、その評価はうなぎのぼりです。

事務所に打撃を与えたところで、菅田さんは菅田さんだと思いますし、もしも菅田さんが今回の件の影響を受けることがあったとして、「芸能界を牛耳っている大手芸能プロの関係」のところの俳優にその分仕事が行くというものでもないと思うのですが、そういうものでもないんですかね。

引用元では対照的な事例として2008年に『フライデー』と同じ講談社の『週刊現代』が報じた大野智さんの大麻疑惑を挙げています。

確かに成宮さんと同じく大野さんも「使用中」とされる画像が掲載されたのがASKAさんや清原さんとは違う点で、大野さんの場合はさらに、薬物でおかしくなったとされる顔、そして乱れた女性関係が報じられるという非常にショッキングな内容でしたが、この件は少なくともキー局では総スルーでした。

同じ「使用中」の画像であったために、成宮さんの報道であの記事を思い出す人もいたようです。

 蒸し返される大野智の大麻疑惑!薬物疑惑を完全否定した成宮寛貴の勝算は

当時ジャニーズは疑惑を否定しましたが、それが表に出たのは『週刊現代』の該当記事でのみ。

その他で報じられないんですから、そりゃ表立って何も対応する必要はないですよね。

つまり表向き一切スルー、なかったことになりました。

まあでも裏ではいろいろあったようです。

[以下引用]

「嵐」起用のCMを流しているハウス食品の広報・IR室では、J-CASTニュースの取材に対し、ジャニーズ事務所や大野さん本人に「タレントとしての自覚と社会的責任を持ち、自重した行動を」と申し入れたことを明らかにした。ただ、「CMに関しましては継続とし、今後の事態の変化を見守りながら判断してまいります」としている。

携帯電話「au」のCMでは、「嵐」メンバーのうち大野さんの部分がカットされるようになっているようだ。しかし、auブランドのKDDIの広報部では、J-CASTニュースに、「CMの出稿量に関わってくるところは明らかにしておりませんので、コメントを差し控えさせていただきたいと思います」と慎重だ。

[J-CAST]



大野さんは当時ドラマ『魔王』が放送中で、日本テレビの『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを控えていましたが、それぞれ事実無根と説明を受けているとしてそのまま放送されました。

つまりジャニーズ的には、裏ではしっかり否定していたんですね。

それで仕事がどうにかなったのは、やっぱりジャニーズだからなのでしょう。

しかし、2008年当時もジャニーズを牽引する人気タレントだった大野さんに大麻疑惑ですよ?

さらに乱れた女性関係まで。

それが本当に事実無根であったなら、ジャニーズは今回の成宮さんの事務所のように激怒して全面否定、法的措置までとるべきだったのでは。

そうしなかったから、今も何かあると「大麻くんは大野なんてしない」と揶揄されるんですよね。

で、大野さんの大麻疑惑を信じたくないファンの一部では翌週だか翌月だかの『週刊現代』に謝罪文が出たというウソが噂されることになったわけです。

なんせ報道された時点で掲載写真の撮影から3年経っているということだったので、検査してシロを証明することはできなかったとは思いますけど、裁判まで起こしたとなれば、ジャニーズ本気で怒ってるな、あれは嘘だったんだろうなとなったと思うんですけどね。

総スルーできる力があったとしても、大野さん自身のためにはスルーよりも全力で否定したほうが良かったんじゃないでしょうか。

成宮さんについてはシロの自信があるならなるべく早く衆人環視の状態で検査してしまえばいいのに、と思います。

ただ、フライデーは成宮さんの件では2ヶ月以上取材してきたといい、今回掲載された画像が撮影されたのが11月9日ですから、成宮さんの友人A氏が写真を持ち込んで記事にしたわけではありません。

もしもA氏が写真を撮影する前からフライデーと接触していたんだとしたら、証拠が写真と半端な音声データのみであるワケがないんですよね。

今週のフライデーが気になります。

◆清原和博はどこで道を間違ったとおもう?

ranking reading

reading ranking

※大野さんも成宮さんも出ています。

もう誘拐なんてしない (通常版)/佐藤祐市/大野智/新垣結衣/佐藤隆太/貫地谷しほり/高嶋政宏/安田章大/成宮寛貴【中古】[☆4] - リバティ鑑定倶楽部
もう誘拐なんてしない (通常版)/佐藤祐市/大野智/新垣結衣/佐藤隆太/貫地谷しほり/高嶋政宏/安田章大/成宮寛貴【中古】[☆4] – リバティ鑑定倶楽部

[楽天市場]

※成宮寛貴さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら