松嶋尚美さんの夫を無視した教育方針について批判の声が上がっています。



ranking



※育児日記です



[楽天市場]


[以下引用]


松嶋尚美の長男がインターナショナル・プリスクールに通い始めたのは、2歳の誕生日を迎えた翌月の2014年1月。長女も6月で2歳になることから、兄と同じように現在通わせている保育園からの転園を松嶋が考えていても不思議ではない。



5月19日の『松嶋尚美オフィシャルブログ』によると“ララには、インターナショナル反対のTOCCO(松嶋の夫)”とあり、理由は記されていないが娘をプリスクールに通わせることを反対しているようだ。しかし彼女はあまり夫の意見を気にしていない様子で、まずは週に1回、習い事感覚で兄と同じプリスクールに音楽とアートを学びに行かせ始めた。すると帰りの車の中で長女が、“デタラメな英詞だけど熱唱”したと松嶋はブログで大喜びしている。



彼女のこうした教育方針に、ブログ読者の中には「日本語もままならないのに英語はまだ早い。日本語がまともに話せてから、(自分の子どもには)英語を習わせました」とコメント欄で異議を唱えた人もいる。しかし彼女は、5月15日のブログで「英会話、日本語会話…下手くそでも恥ずかしくないし、相手に伝わればいいって思う」と反論。会話の中で自然に英語が出てくるようになった長男に、松嶋が目を細めていることが日々のブログからも感じられる。



確かに幼児期を多言語環境で過ごした子どもが、ダブルリミテッド(2つの言語どちらも年齢相応の言語能力がついていない状態)になる危険性を指摘する専門家もいる。だが、我が家の教育方針を夫婦でよく話し合うことが一番大切ではないだろうか。夫婦仲がこじれる原因とも言われる難しい問題ではあるが、冷静に相手の意見に耳を傾けたいものだ。



[TechinsightJapan]




今松嶋さんの該当記事を見ると、コメントには批判的なものはなく、同調するものばかりですね。



当然アメブロが削除したのでしょうが、最初から批判的なものを削除することもできたでしょうに、話題になってから消すあたりが、アクセスを稼ぎたいアメブロの思惑なのでしょうか。



引用記事には“ダブルリミテッド”について触れていますが、その点について松嶋さんは「うちはジュマの場合、英語から入ったから日本語は後回し」とコメントしています。



これはお兄ちゃんが既にその道を通っているけどちゃんと日本語も英語もしゃべることができているから大丈夫だよ、という主張なんでしょうかね。



私は小さい頃から英語を喋れるってそんなに喜ばしいことなの?と思ってしまう方です。



しかもお父さんが反対しているのに無視してるってどうなの?と。



※お父さんのバンド



MAD TV SHOW - MARSAS SOUND MACHINE

MAD TV SHOW – MARSAS SOUND MACHINE



[Amazon]


芸能人の子どもが一般的な公立の学校に通うと逆に目立っていじめられたり大変だ、ということから私立を選ぶ人が多く、さらに、保護者が外国人で芸能人に興味のない人が多いからという理由でインターを選ぶ人もいるとか。



インターの方も、東日本大震災後、欧米から来ていた駐在員家庭の多くが自国に引き上げてしまったことによる定員割れが続いたため、英語が話せない日本人にも門戸を開き始めているとか。



 江角マキコ、転校先でもトラブルか。新しい学校にある不穏な噂とは



ただ、松嶋さんのブログを見ると、英語がどうのだけでなく、ARTやらギターやら、インターナショナルスクールの学習プログラムが気に入っているような感じも伝わります。



正直、松嶋さんはそこまで注目されている芸能人かというとそうでもない気がするので、単純に気に入ったんでしょうかね、インターが。



なにを選ぼうとどういう結果になろうと、夫婦で同意していれば問題ないでしょうけれど。



問題なのは、以前からヒサダさんの給料だけでは生活できない、あちらは格差婚を意識しているかも、なんて言っていてのこれですから、夫婦仲に心配の声が上がっても仕方ないかも。



※松嶋尚美さんのブログはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆



こういうラーメン好きな奴wwwwwwwwwww



ノンスタ・井上裕介、満面の笑み浮かべる“幼少時代”披露!「やっぱり笑顔が素敵」