2010年代の“子役ブーム”の火付け役となった芦田愛菜さん。最近は露出が激減し、2014年11月のテレビ出演がゼロ、12月もバラエティゲストが2本のみとジリ貧に陥っているとも言われていますが、そんな中、2月21日と28日に放送されるNHKザ・プレミアムドラマ「ラギッド!」が、彼女にとっての正念場になりそうです。



 → ranking



[楽天市場]


[以下引用]


バラエティ出演時には、愛くるしい仕草ながらタレント顔負けの大人な受け答えをすることから、「中身は大人」「芦田プロ」などと称されていた芦田。今回の『ラギッド』の取材会でも、ストーリーにちなんで「3億円あったらどうする?」と聞かれると、「まず貯金」と優等生発言に徹していた。



「13年頃から露出が激減した芦田ですが、原因のひとつとして週刊新潮は“ギャラ高騰”を挙げています。通常子役の相場がドラマ1本で20~30万のところ、芦田はその倍以上。CMについても現在は6500万円と、吉永小百合レベルのギャラとなっているそう。この燃費の悪さもあってか、現在はスナック菓子のCM一本のみの出演となっています」(スポーツ紙記者)



また一方で、露出セーブについては「出過ぎで飽きられることを気にするようになったのでは」という声もある。関係者の間でも「空気読みすぎ」と言われる芦田だけに、過剰なまでの露出は後々自らの首を締めてしまうことにいち早く気付いたのだろうか。



こうした芦田の“処世術”だが、2011年に『NHK紅白歌合戦』に出場した際には、楽屋でこんなシーンが目撃されていたという。



「その日はリハーサル日で、各アーティストの楽屋にはレコード会社やプロダクション関係者が大勢訪れ、暮れの挨拶や翌年の抱負を語り合っていた。そんななか、芦田の楽屋に“芸能界のドン”と呼ばれる最有力プロダクションの社長が訪れたんです。するとマネジャーや事務所スタッフらの誰よりも先に動いたのが芦田本人で、『社長~~! 会いたかった』とハグしたんです。大御所演歌歌手から大物司会者まで、ドンの前では萎縮してしまうものですが、お構いなしの行動。周囲は完全に引いてしましたね」(レコード会社関係者)



[DMMニュース]




芦田愛菜さんが芸能界のドンから気に入られているというのは、以前から有名な話。



まるで実の孫のように接しているともっぱらでしたが、そうですか、最近は「会ってなかった」んですね…



それが露出激減に影響してたりして…



そういえば、全盛期にはあまりにもテレビに出過ぎて、視聴者から総スカンを喰っていたこともありましたっけ。



 CMで見たくないタレントに芦田愛菜と和田アキ子がランクイン!



 芦田愛菜が見たくないタレントランキングに!



最近ではこんな噂もありましたが、



 「芦田愛菜は大根」と大暴言を放ったアイドルM!



露出が多すぎても少なすぎてもいろいろ言われるんですから、芸能人も大変です。。



でもま、小学生にして誰よりも芸能界で生き抜く術を身に付けているようですから、そう簡単に消えることはないのでは?



現在、彼女は10歳になりますが、この先10年後にはどんな女優さんになっているのか、興味津々。



「ラギッド!」で「マルモのおきて」再来となるのかどうか、注目です。



「マルモのおきて」 DVD-BOX -

「マルモのおきて」 DVD-BOX –



[関連商品]


※芦田愛菜さんのブログはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング