タグ:CMの記事一覧

タグ:CM

致命的なほどに木村拓哉サイドが世間に疎すぎてやばい…新CM決定も勝ち目が見えない

木村拓哉さんがSMAP解散後、初めて新規のCMが決まりました。2018年1月クールでは主演ドラマも放送されるため、いよいよ本格的に活動するのかと思われましたが、そのCMが「LINE」のお年玉CMということで議論を呼んでいます。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

[以下引用]

「ジャニーズ上層部は、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の元SMAP3人がTwitterやYouTube、AbemaTVに取り組み、Webメディアを駆使したブランディングに成功していることに相当あせりを感じ、あわててIT企業のCMを取ってきたようです。LINEはブログ分野でAmebaとはライバル関係にあり、CM起用にはそんな背景も隠されている。しかしその”LINEのお年玉CM”枠は昨年、ベッキー(33)が不倫謹慎明けに出演したいわく付きのCMで、いわば話題先行のイロモノ枠。新年の初仕事としてはイメージがいいわけではない。元SMAPのカレンと比較すると、いかにもネット世論に疎いジャニーズらしく、LINEというビッグネームだけで飛びついた印象は否めません」(広告代理店関係者)

[デイリーニュースオンライン]

 

 

LINEというと、つい先日もう一人の元SMAPメンバー中居正広さんが『ナカイの窓』で、「LINEやったことない」と話していたなあと思い出されます。

 

※まあ別に、LINEやれとも思いませんが。[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめての今さら聞けないLINE入門[第2版] [ 高橋慈子 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2017/12/12時点)



 

ファンクラブの会費振込みもずーーっ郵便振替のみで、飯島さんはジャニーズにいたころそれに対しても刷新を求めていたと言われていますが、なかなか対応されなかったとか。

とにかく新しいもの、そしてネットには慎重というか疎いジャニーズですが、今年10月からはネットを使った情報サービスを始めました。

 

基本的にソロ活動しているジャニタレが対象で、サービスに入会すれば「チケットの優先申込」や「メール伝言板(メディア出演等の情報メール)」の発行などの特典が受けられるというもの。ずいぶんシンプルな特典です。

 

11月には木村拓哉さんの情報サービスも始まりましたが、デイリーニュースオンラインによると、無料にも関わらず20日間で会員数が38000人とのこと。

 

一方で、稲垣さん、草なぎさん、香取さんが11月初めの『72時間ホンネテレビ』を機に始めたTwitterはそろって初日に20万フォロワーを突破していることを考えると、ジャニーズが始めた「情報サービス」って…

 

そもそもお年玉CMだったらあっという間にCMも終わっちゃうでしょうにこんなニュースになるとは。

 

何かっていうと3人揃って出て来る稲垣さん、草なぎさん、香取さんに、「1人でできないの?」という声もチラチラ見られるようになってはきていますが、どうしても今はまだ木村さんのダメージは大きい状態です。

 

※昔は良かった[Amazon]

http://amzn.to/2jzNcEf

 

 

カレンについて感心するのは、とにかくその戦略です。

 

72時間生放送というなし得ないことをして7400万視聴というものすごい記録を打ち立てた一方で、来年公開予定の3人が出演する映画『クソ野郎と美しき世界』は公開期間がたった2週間、そして公開規模は「野郎」にかけた86館と小さめに抑えて、しかしチケットはまとめ売り要素ありなので、おそらく「この規模でこの興行収入!!」と言われるような驚くべき結果が出ると思います。それが大々的に報じられるかは別ですが。

 →飯島三智が進める驚くべきプロジェクト全貌

 

ジャニーズは圧力という力はあるものの、頭脳戦だとちょっと厳しいのでは。

 

木村さんはまず奥さんの行動をもう一度見直して、冷静に物事を考えられるブレーンを導入してみたほうがいいような気がします。

 →工藤静香が和田アキ子化

 

◆週刊文春がカレンに全面謝罪

なんで?→ geinou reading geinou ranking

なんで?→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

松本潤の出演CMが2つ終了!噂されるのは…

松本潤さんが出演するCMが2つ続けて終了したとして、葵つかささんとのスキャンダルの影響がささやかれています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

エリエールに続きキリンも…

 

終了したCMは2つ。

 

大王製紙・エリエールの紙おむつとキリンの一番搾りです。

 

紙おむつは7月に入った頃から話題になり、週刊女性が広告代理店関係者の話として6月末で契約満了と報じましたが、CMはその後も流れており、ジャニーズの公式サイトにも残っていたため、誤報とみなしたファンも多かったようです。

  松本潤、エリエールの公式サイトから消える

 

一方のキリンの一番搾りは、嵐の5人が出演していたもので、7月下旬に一番搾りのリニューアルにあたってTVCMは新タレントを起用すると記載された広告がTwitterに出回り、嵐ファンの間では嵐のCMが終了するのでは、という噂が流れていました。

 

そして8月末に堤真一さんと満島ひかりさんの新CMが流れたときにはやっぱり…となったものの、やはりジャニーズの公式サイトには残っていたため解釈が難しかったのですが、結局嵐のキャンペーンが終了した8月31日をもってサイトからも削除されたようです。

 

紙おむつもキリンも2010年から長く続くCMであったため、このタイミングでの終了は松本さんのスキャンダルが出た影響ではないかという印象を持つ人も多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

たしかに葵つかささんはスキャンダル発覚後、松本さんを連想させるような下ネタを連発させていましたし、特に一番搾りはそのCMの画像がネタにもなっていましたね。

 

以前よりこんなニュースもありましたし。→松本潤の広告引き上げを求めるスポンサーも

 

ただまあ、新商品になったらCMキャラクターも新しく、というのも自然かなとは思います。

 

だからこそジャニーズ的にもなんとか新商品でもCMを続けたかったろうなとは思いますし、嵐の人気が全盛期のままであれば契約更新もあったかもしれませんが、時代は流れていくもので、嵐に限らずずっと全盛期というのは難しいですし、どこかで変わるものですよね。

 

※ちなみにキリン系列ですがキリンビバレッジのこちらは残っています。

http://amzn.to/2vE4o0g

 

 

松本さんは10月に有村架純さんとの共演映画『ナラタージュ』、そして来年1月からは『99.9』の続編が放送されます。

 

これらの結果によっては、また葵つかささんとのことが話題にのぼるんでしょう。

 

井上真央さんもつらいですね。

 

 

◆テレビ局が最も怖いのはジャニオタの…

だからテレビはダメになったんだろうな→ ranking reading

だからテレビはダメになったんだろうな→ reading ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

売上激減!木村拓哉が表紙の雑誌は通常の6割しか売れなかった!すっかりお荷物になってしまったキムタク

国民的スターからSMAPの解散騒動をきっかけに一気に裏切り者となり人気低迷した木村拓哉さんですが、その人気低迷具合がまた明らかになりました。

なんと、木村さんが表紙になった雑誌の売上が激減していたというのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊朝日 2017.4.28【電子書籍】
価格:350円 (2017/6/27時点)



この記事の続きを読む

不倫報道を愚痴る…渡辺謙の直筆メッセージが最悪!全CM打ち切り、南果歩のアフラックにも影響。

週刊文春に北新地で元ナンバーワンホステスだった21才年下の女性との不倫を報じられた渡辺謙さんのCMが全て打ち切られました。

妻・南果歩さんの出演するアフラックのCMにも影響を受けているようです。

人気ブログランキングへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

許されざる者【Blu-ray】 [ 渡辺謙 ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)


CMへの影響



渡辺さんはケイダッシュという大手事務所に所属しており、今回の不倫に関してはスポーツ紙の後追い報道がなくその流れでワイドショーも触れることはありませんでした。

会見を開くと明言していた渡辺さんも口を閉ざしたままで、このままなかったことになるかと思いきや、タレントにとって大事なスポンサーが厳しく反応したようです。

いち早く影響したのは大和証券で、3月30日発売の週刊文春で不倫が報じられ、3月31日には渡辺謙さんの姿が公式サイトから削除されていることが確認されました。

近いうちに他社も追随すると思われていましたが、長年キャラクターを務めてきたヤクルトも、既に撮影済みだったCMをお蔵入りし、大泉洋さんで急遽取り直したものを放送しているとサイゾープレミアムが報じています。

※好感度あります。

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫) -
大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫) –

[Amazon]

ほかにもドコモやサントリーなど時々放送されていたCMは影響を調べにくいですが、とりあえずしばらくは出てくることはないのかもしれません。

不倫報道は妻・南果歩さんのアフラックのがん保険のCMにも影響しています。

「夫にも感謝ですね!」というセリフが今回の状況にふさわしくないと判断されたのか、始まって1ヶ月で別の放送に差し替わっています(週刊新潮より)。

今回お蔵入りしたCMはいずれもほとぼりが冷めたら放送されるのではないかと言われていますが、CMは企業の顔で企業イメージと直結します。スポンサーがタレントよりも消費者を優先するのはある意味当たり前でしょうね。

渡辺謙の最悪なメッセージ



[スポンサーリンク]



渡辺さんは東日本大震災後、宮城県の気仙沼に宮城・気仙沼に復興を願ってカフェK―portを作っています。

そこにはたびたび渡辺さんから励ましのFAXが届けられているといいますが、今回週刊新潮には4月中旬に立ち寄った際の直筆のメッセージが掲載されています。

[以下引用]

〈散りゆく桜の花に迎えられてK―portに帰って来ました。久しぶりに車で参りました。(中略)つまらん記事に翻弄されておりますが、K―portへの思い、気仙沼への思いは何も変わってません〉

[週刊新潮]



これはGWに東北に旅行に行った40代主婦から週刊新潮に「謙さんのお店にあった直筆メッセージが最悪で」と情報が寄せらたようです。

本誌にはこの直筆メッセージの写真がありましたが、非常に達筆な渡辺さんの字で「つまらん記事に翻弄」とか、余裕ないですね。

4月中旬だと渡辺さんもいろいろ整理できていなかったのかもしれませんが、こういう形に残すとは。

不倫のウラには南果歩さんに支配された生活への不満があったとも言われていますが、杏さんの母親と渡辺さんの壮絶な過去を思うと同情もしきれず。

このままなかったことにするのもいいですが、杏さんに質問が飛ぶのはやめてあげてほしいですね。

杏の気分ほろほろ -
杏の気分ほろほろ –

[Amazon]

※南果歩さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら