福山雅治さん主演の人気ドラマ「ガリレオ」の映画第二弾となる「真夏の方程式」が来年夏に公開されますが、ヒロインの柴咲コウさんが出演しない理由について、なんと不仲説のある織田裕二さんとの共演を嫌ったためとの噂があるようです。

ranking

※柴咲さんと福山さんのコンビが見たかった

ガリレオφ(エピソードゼロ) DVD

ガリレオφ(エピソードゼロ) DVD


[関連商品]



<以下引用>

「そもそも福山と柴咲はドラマ版では主題歌も二人で歌い大ヒットしているなど、柴咲コウを外す理由が全くありません。福山との不仲も噂されましたが、二人はプライベートでも飲みに行くほど仲が良い。実は、今回はフジテレビの肝いりで、【外交官 黒田康作】に主演した織田裕二のブッキングが予定されているようです。黒田シリーズはいまいち映画もドラマも当たらなかった。フジとしては踊るシリーズが終わった今、織田裕二に黒田シリーズに専念してもらいたいと、今回ガリレオへ黒田を出演させるそうなんです」(民放関係者談)

※福山さんと柴咲さんのコラボ

KISSして <DVD付>/KOH+

KISSして <DVD付>/KOH+


[関連商品]

織田裕二と柴咲コウといえば、「県庁の星」や「外交官 黒田康作」で共演して仲がいいのでは?

「いえいえ、柴咲コウは織田裕二が苦手なんです。一時期、柴咲コウがミュージシャンや俳優と狂ったように夜遊びしていたのも、織田と仕事をしていた時だった。織田は、映画でもドラマでも共演者に求めるものが多く、特に女性ヒロインには自ら演技指導をすることもある。そんな重圧に、柴咲は2作共演したことでギブアップしてしまった。今回は、柴咲と織田が不仲で降板などという話もあるが、逆に柴咲からNGというのが本当の所のようです」(同上)

代わりに演技は女優の吉高由里子が選ばれたが、吉高も潰されないといいけど…

激ウラ!芸能ジャパン



織田さんと柴咲さんが共演NGになったきっかけとしてよく語られるのが、ドラマの『外交官 黒田康作』のときの次のようなエピソードです。

※2011年1月クールのドラマです

外交官 黒田康作 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)

外交官 黒田康作 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)


[関連商品]

<以下引用>

「初めてヒト桁を記録した第五話以降、収録中にイラ立っていた織田は『何か、違うんだよ』と柴咲の演技を責めたてた。役者であるにもかかわらず演出に口を出し、最終的に織田は自分のセリフを増やして柴咲のセリフを一部カットしてしまった。これに激怒した柴咲は、同ドラマのスピンオフ映画『アンダルシア~』の出演をドタキャン。この一件で遺恨が残り、両者は共演NGになっています」(芸能関係者)

<メンズサイゾー>



ドラマが始まる前ってだいたい朝から生番組をジャックして番宣するものですが、『外交官 黒田康作』のときの織田さんはすでに映画の撮影地であるスペインに旅立っていたため、番宣の際はスペインからのメッセージ、となっていました。

つまり、『黒田康作』は放送開始時にはすべて撮り終わっており、第五話で一桁を取ってももう織田さんと柴咲さんは顔を合わせていないはずなんですよね。

なので、このエピソードがどこまで合ってるのか…

ただ織田さんが結構こうるさいというのは有名ですし、第五話云々ではなくて、不仲になっていても不思議はありませんね^^;

ひらめき織田裕二はいつだってわがままキャラ

「踊る~」最後の映画でさえ…→ ranking

「踊る~」最後の映画でさえ…→ reading

「踊る~」最後の映画でさえ…→ reading

せっかく映画として復活するのにオリジナルの役者さんでないのは残念です。新しい面白さがあるといいのですが。

それにしても気になったのが、黒田康作シリーズ、まだ続くんですかね。

ドラマの平均視聴率は10.1%で厳しかったですし、映画版は第一作「アマルフィ女神の報酬」こそ36億でしたが、二作目の「アンダルシア女神の報復」は半分の約18億でした。

ちょっとないような気がしますが…まだありますかね?

ひらめき織田裕二が変装して映画館に出没!

 そして意気消沈…→ geinou reading

 そして意気消沈…→ geinou ranking

 そして意気消沈…→ geinou ranking

※このときから険悪だったとか。

県庁の星 スタンダード・エディション [DVD] / 織田裕二, 柴咲コウ, 佐々木蔵之介, 和田聰宏, 紺野まひる (出演); 桂望実 (原著); 佐藤信介 (脚本); 西谷弘 (監督)
(   昇進だけが生きがいで、すべてマニュアルどおりにしか行動しないエリート公務員が、熱血漢へと変貌する。この主人公は、織田裕二にとって新たなチャレンジになった。とくに、派遣先のスーパーで、やることなすことが鼻につく前半が好演。スーツをびしっと着こなし、プライドだけは高い嫌な男が意外なほどにハマっているのだ。彼の指導を任される、年下のパート店員役、柴咲コウの、強気だが、どこか心に暗さを抱えたヒロインも適役で、ふたりの丁々発止のやりとりには、観る者を十分に共感させる化学反応がある。<br>    県庁、スーパー、それぞれの裏事情も細かく描かれ、とくにスーパーの実情がおもしろい。残り物の総菜で弁当を作り、売れないフライは二度揚げするなど、さまざまなネタがドラマに自然に盛り込まれ、笑いを誘うのだ。一見、俳優の魅力やネタの楽しさばかりが目につくが、正攻法でツボを押さえた演出力があってこそのたまもの。「踊る大捜査線」シリーズなどの織田裕二主演作に“引いて”しまった人にも、これはオススメしたい。(斉藤博昭))

” />


県庁の星 スタンダード・エディション [DVD] / 織田裕二, 柴咲コウ, 佐々木蔵之介

[関連商品]

※柴咲コウさんのブログはこちら

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



【関連情報】

[詳細]吹石一恵が新彼女!今度の熱愛は本物か!?福山雅治の過去の交際相手との決定的な違いとは…?

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

ジャニー喜多川が赤西仁にメッセージ!ジャニーズ事務所からの解雇や退所には触れたのか?次の仕事は…?

赤西さん、芸能界に未練あるのかな

香里奈の顔が劣化!「化け物」

ひど