長く話題になっている高嶋政伸さんと美元さんの離婚裁判が、6月1日に法廷の場で直接対決を迎えました。

これまで沈黙を守ってきた高嶋政伸さんの口から出たのは「美元はストーカー」「とにかく逃げたかった」という数々の悲痛な証言でした。

一方美元さんは「誤解があるだけ」と離婚の意志がないことを強調。

真っ向対立した両者の主張とは…

ranking

※初々しい高嶋さん

HOTELスペシャル’92秋 ハワイ・オアフ島篇 [DVD] / 高嶋政伸, 松方弘樹, 丹波哲郎 (出演); 石ノ森章太郎 (原著); 瀬川昌治 (監督)

HOTELスペシャル’92秋 ハワイ・オアフ島篇 [DVD] / 高嶋政伸, 松方弘樹, 丹波…

[関連商品]



原告である高嶋さんは左手薬指に結婚指輪はなく、妻である美元さんを「被告」と呼び、美元さんは結婚指輪をはめ、高嶋さんを「夫」「彼」と表現したといいます。

ここからして既に二人の意識の違いがみられますが、焦点は夫婦生活が破綻しているか否か。先に尋問に立った高嶋さんは美元さんの異常な言動を次々と暴露します。

<以下引用>

先に証言台に立った高嶋は美元につき、「怒ると手がつけられない」「生ゴミがたまると玄関前にそれを置くので“ベランダに置けば”と言うと、“ゴミごときに時間を取られたくない”と責められた」などと妻のわがままぶりを明かした。

別居後の一昨年9月30日には、仕事で宿泊した京都のホテルに美元がアポなし訪問。高嶋は「目が覚めると、ベッドの足元に被告がいて自分の手を握っていた。宿泊先は教えていなかったので、自殺して幽霊になったのかと思い、腰を抜かした」と振り返り、美元になぜ居場所を特定できたか聞いたところ「夢の中でお告げがあった」と返答されたという。

この時、美元に付きまとわれ仕方なく一緒に東京に帰ることになったが、帰りの新幹線の車中で抱きつかれ、執ように「キスしてくれ」と迫られ、断りきれずキスしたところ、その様子を“証拠”にするように写真に撮られたことなどを明かした。

ほかにも夜中の1時に突然ホテルに押しかけられ、「私は妻だから部屋に入れろ」とロビーで押し問答になった“事件”なども挙げ、美元の“ストーカー行為”により、「スタジオから外に出るのもこわくなった」などと証言した。

第三者を入れた話し合いの場を持った際、一時金として300万円を渡した高嶋に対し、美元は納得せず、月100万円の生活費とお小遣い9万円を要求。「私は月に合わせて109万円必要な女」と言ったことを例にあげ、金についての要求が厳しかったことなどを訴えた。

※意外と?評価された美元さん主演作品です

M



[関連商品]

さらにベッドでは「私は強く抱きしめられないと寝られない」と要求され、それでは眠れないからと断ると、「それが私の夢だったのに」と責め続けられた、と明かした。高嶋は美元の要求に応じることが苦痛となり、ストレスが原因で体調を崩したことから、2人で夫婦生活を改善しようと、2人で病院で診察してもらったことも告白。その際、美元が医師から「ないものねだりはしないように」と“忠告”され、抱きしめられないと眠れないなら睡眠導入剤を飲むようアドバイスされたことなどを明かした。

<デイリースポーツ、スポニチより抜粋>



なんとも壮絶な結婚生活を送っていたんですね^^;

この他に、YouTubeに録音テープが流出した〝DV事件〟についても、高嶋さんは「先に暴力をふるったのは被告。平手で左目を殴られ、目を潰されると思った」と話し、自らの暴行については否定しています。

 犯人は美元か!?高嶋政伸のDV音声がYoutubeに流出した裏事情…

高嶋さんは美元さんの一連の行為を「ストーキング。被告の存在はストレスの原因そのもの」と断言し、「25年の俳優生活をなげうってでも離婚したいと思ったから訴訟を起こした」と、テレビで離婚を拒否する理由を「政伸さんの本当の気持がわからないから…」と話す美元さんにもはっきりわかる言葉で離婚の意思を表現しました。

ひらめき姑に「孫はいらない」とまで言わせた

 美元の金銭感覚!→ geinou reading geinou ranking

 美元の金銭感覚!→ geinou ranking geinou ranking

一方の美元さんは高嶋さんの証言を全面否定しています。

<以下引用>

一方、美元の第一声は「きょうは(高嶋の)顔を見られてうれしかった」。三くだり半を突きつけられたことにも平然とした様子で「生ゴミのことなど事実と異なることもあるが、夫がどれだけ不安を感じ、孤独なのかも分かった。誤解が解ければいい」と関係は修復可能と訴えた。

さらに、夫への愛情表現は続き「夫の言葉で好きなのが“骨をみとり合う仲になろう”というもの。そういう仲でいたい。離婚する理由が見つかりません」と語った。

生活費アップを要求したこともなければ、ストーキング行為も「ない」。DV事件の際に先に手を出したことは認めたが、幼少時代に母親が自殺したトラウマがあり「夫婦喧嘩で感情的になって『死ね』という言葉を使わないと約束した」のに、それを高嶋が反故にしたことが原因と主張した。

美元によれば、高嶋に暴行され「病院で全身打撲、顔面打撲で全治1週間と診断された」。音声を録音した理由についても「彼は以前から精神安定剤を飲んでいて記憶をなくすことがあるので(自分の行為を)覚えていてもらうためにとりました」と明かした。

誰がどう見ても夫婦生活は破綻しているように思えるが、美元に離婚の意志はない。最後は「今日の裁判がいいきっかけになると確信している。彼は薬を飲まなければ暴力をふるわない。少し体を休めれば、誤解は解けると思います」とキッパリ。最終弁論は7月27日に行われる。

<スポニチ、東スポ>



二人で生活している中での話なので、どちらの主張が正しいのかは二人にしかわからないことです。

が、高嶋さんが例に挙げた生ゴミの件は創作にしてはリアルですし、どうしても高嶋さんの主張に真実味を感じてしまいます。

新幹線でキスを強要し証拠の写真を撮ったというのも、わざと怒らせてDV音声を録音したのではという件を連想させますし。

以前テレビで「彼がなぜ離婚したいかが伝わり、理解できたら考え直すかもしれない」と話していました。今回の直接対決で、高嶋さんの真意がしっかり伝わっているといいのですが。

美元さん、明日もサンジャポに出るのでしょうか。何を語るのか注目です。

ひらめきお金で済むものならば…

 芸能人慰謝料ランキング!→ geinou reading geinou ranking

 芸能人慰謝料ランキング!→ geinou ranking geinou ranking

美元さんのブログはこちらから

【関連情報】

上沼恵美子にバッサリ切り捨てられた美元と、一切反論しない高嶋政伸のツライ事情…

美元がサンジャポで二股を告白!高嶋政伸と結婚直前まで年下の彼氏がいた!!

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

加藤浩次、キングコング・梶原の生活保護受給を「不正ではない」と必死に擁護、ネット住民からは批判の声

梶原さん自身も勘違いしてるんだと思う。

有吉「このままじゃ潰れる…」との苦言にネット騒然!

AKB前田敦子って劣化したよな・・・

!?