グンちゃんでお馴染みのチャングンソクさんサイドのあまりにひどい銭ゲバぶりが週刊文春に掲載されていました。

約13万円も支払ってソウルに赴いた結果、実質1日の滞在で免税店が2回、メインであるファンミーティングはたったの1時間半という、ファンを財布としか思っていないなんとも呆れたその商売とは…

ranking

※チャングンソクさんの生い立ち[関連商品]

チャン・グンソクの秘密 新・世・代・韓・流・美・男

チャン・グンソクの秘密 新・世・代・韓・流・美・男




<以下引用>

「グンちゃんを責めたくないけど、ショックでした」

こう語るのは、1月28日にソウルで行われたチャン・グンソクのファンミーティングに参加した女性。参加費は2泊3日で約13万円なのだが、「金額の問題ではない」という。

「ソウルでのファンミーティングなら、安い方。去年は15万円以上の時もありましたから。ただ今回は中身がひどすぎた。今回は一時間半のイベントでした。四曲歌ってトークして…。でも、去年はあった、肝心の握手もハイタッチもなかったんです。同じ日にファンミーティングをしたBIGBANGは全員とハイタッチしていたのに。10万円以上出してあれだけなんて、初めて『私はただの金ヅルなんだ』と思いました」(同前)

別の参加者も、こう苦言を呈する。

「グンちゃんが舞台袖に下がった後、うなぎ達がアンコールの声をかけたんですけど、MCが『スケジュールの都合でアンコールができません』と言ったんです。なのに、出待ちしていたら、会場から車で出たのが一時間後。アンコールのとき歌わなくても彼が手で『シッシッ』とやってくれるだけで満足なのに、それすらないなんて」

<週刊文春>



チャングンソクさんはファンのことを、「僕にパワーをくれる存在」として「うなぎ」と呼ぶらしいです。

※うなぎ…[関連商品]

【送料無料】浜名湖山吹のうなぎお試しセット

【送料無料】浜名湖山吹のうなぎお試しセット


韓流のファンミーティングはそもそも握手会や私物の抽選会など、スターと触れ合うのが魅力とのこと。それを目指して行っているのに、スキンシップなし、アンコールなし、さらに忙しいとウソまでつかれたのでは、辛いですね。

1400人と握手は確かに大変だと思いますが、アンコールで歌わなくてもちょこっと顔を出すだけでも満足だ、という健気なファンを思えばそのくらいがんばってもいいのでは。

今回の約13万円というツアーには食事はまったくついていなかったそうです。日程もひどいものだったとか。

<以下引用>

「夜11時にホテル着。翌日朝3時に起こされて、免税店に行ったあと、イベントでした。その後、また免税店に連れて行かれて、3日目も朝5時に空港という人がいた。弾丸ツアーにもほどがあります」(同前)

<週刊文春>



なんでしょう、早朝3時起床で免税店って。そしてたった一時間半のイベントのあと、また免税店。メインは免税店かと。

今回のツアーには、日本人ファン1400人が参加していたとのこと。約13万が1400人分ということは、合計約1億8200万。飛行機代やバス代等必要経費を引かなければなりませんが、かなりの収入でしょうね。ちなみに検索したら2泊3日の韓国旅行は一番安くて1万円代からみつかりました。グンソクさんのツアーはよほどホテルのランクが良かったのでしょうか。

ファンクラブ限定の公式掲示板もイベントに対する不満で大荒れだったということですが、掲示板に記されたさらなる銭ゲバぶりがこちら。

<以下引用>

「ファン心理をここまで利用するのかと驚くほどの悪徳商法。特にイベントの写真集をバス内で配られたときは皆大喜びしたのに、後から有料と知り13枚で10400円

「世界征服のため日本人はカモなのか?(略)このままなら私はうなぎ続ける自信ありません」

だが所属事務所は「お答えすることはございません」とつれない返事。この状況を知ってか知らずか、グンちゃんはファンクラブの会員に「うなぎ達よ、揺らがないでください」とフォローしていたが…

<週刊文春>



勝手に配ってあとからお金を回収なんて、ものの売り方としてありえません。

こういった雑なファン対応は日本でもあるそうです。

<以下引用>

 たとえば、コンサートなどのチケットのトラブル。つい先日、京セラドーム大阪で行われたチャン・グンソクのイベントではアリーナ最前席の一部のダブルブッキングが発覚したばかりだ。

 「本来席がない花道に当たる部分の席を売ってしまうのもしょっちゅうで被害に遭った客は高層階へ移動させたり、廊下で立ち見になることも。それでチケット代を払い戻してもらえないケースもある」(業界関係者)

 イベント終了直後、会場近くの路上で公認なのか非公認なのか分からない写真が高値で売られていたり、グッズ販売目的のオフ会参加の応募券付きCDもザラ。

<ゲンダイネット>



これは『きみはペット』のプレミアムイベントのことのようですが、ダブルブッキングのために開演が30分遅れたとか。

花道も席として売るなんて、どういう管理なんでしょうね。

こういったことが重なればファンは離れていくでしょうし、映画のヒットは望めないかも。

大人気のはずだったチャン・グンソクの主演映画「君はペット」~日本で成績不振なぜ?

人柄的には悪くなさそうですし、実際チャン・グンソクさん自身の問題というよりは運営側の問題が大きいのでしょうが、なんだかとても残念です。

ひらめき日本人女性の理想の男性はチャングンソク!

 その論理に疑問→ geinou reading geinou ranking

 その論理に疑問→ geinou reading geinou ranking

チャン・グンソクさんのツイッターはこちらから

※こちらは松本潤さんと小雪さんの『きみはペット』[amazon]

きみはペット DVD-BOX / 小雪, 松本潤, 田辺誠一, 酒井若菜, 瑛太 (出演); 小川彌生 (原著)
(   恋に不器用なキャリアウーマンと、そんな彼女を傍らでペットとして癒し続ける将来を嘱望されているダンサーとの奇妙な関係を描いた不思議系ラブコメディ。大手新聞社で働く東大卒のクールビューティ・スミレ(小雪)はある日、マンションの前でダンボールの中に入った若者(松本潤)を拾う。昔飼っていた犬と同じ「モモ」という名前をつけ、スミレはその素性のわからない若者をペットとして飼うことになるのだが…。<br>    若くてかわいい男の子をペットとして飼うのって、疲れた心に癒しを求める女性にとっては究極の理想形?! 気疲れするほどに出来る女を装おうとする外面と、モモの前では脱力しっぱなしのイライラ女ぶりとの対比が極端であればあるほどにかわいいスミレ役を、小雪がイメージのままに好演。スミレが引き起こす日常的な傷心には、笑って即、しみじみと共感させられることしばしば。とりわけ秀逸なのがスミレのモノローグで、女性の本音が散りばめられたその一言一言にはおかし味があふれている。恋人は優しいし、仕事は順調だし、何も不満はないのにチクチクとひっかかる何かを、昨日食べたさばの骨に例えるあたりに、ならではの言い回しのうまさが光る。(麻生結一))

" />


きみはペット DVD-BOX / 小雪, 松本潤, 田辺誠一, 酒井若菜, 瑛太 (出演); ...

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

AKB48・河西智美が劣化!「さらにゴリラ化」

ゴリラ!

ジャニーズ「メイサ批判はOKだが、赤西はカンベンして」と圧力

ふたりが同時に潰れては生まれてくる子供が可哀想だけど…

よかったらシェアしてください!