松嶋菜々子さん主演の『家政婦のミタ』が注目を集めています。

初回平均19.5%、第2回が18.7%、第3回が19.8%と、かなりの高視聴率であることからもその注目の高さがわかります。

その人気の秘密はあの話題作の二番煎じであることと、演技力のない松嶋菜々子さんをカバーする無表情な家政婦役、という指摘があります。

ranking

※衝撃的な内容でした[関連商品]

女王の教室スペシャル DVD-BOX

女王の教室スペシャル DVD-BOX




<以下引用>

市原悦子主演の人気ドラマ『家政婦は見た!』をもじった技ありタイトルの本作で松嶋は、依頼主から命令があれば、「承知しました」と完璧に仕事をこなすヤリ手家政婦・三田灯を演じる。父親(長谷川博己)と4人の子供たちの一家が直面するトラブルを解決に導く役どころだ。

それにしても、“トレンディ女優”が2年ぶりに主演するとはいえ、もう38歳という立派なアラフォー。なぜここまで視聴者の関心を集めているのか。作家・麻生千晶氏の分析。

市原さんのドラマのおかげで、家庭の内側を覗く家政婦モノは面白いという刷り込みが出来上がりました。このドラマはそのイメージの横取りに成功しています。また、亡くなった奥様の服や仏壇を命じられるままに庭で燃やしたり、隣の家の奥さんに水をぶっかけたりと、普通ではない家政婦像を見せてギョッとさせる仕掛けが利いていますね」

脚本は遊川和彦氏。麻生氏は遊川氏がかつて手がけたあのヒット作との共通点も嗅ぎ取る。

「謎多き不気味な主人公が、回を追うごとに真っ当な人物だとわかってくる手法は、天海祐希さんが教師を演じた『女王の教室』と似ています。あまり演技力があるとはいえない松嶋さんに、あの無表情の家政婦役というのも、作り手の計算高さを感じます

しかし、家政婦役が図らずも松嶋の年齢的限界をあらわにしたと見るのは、コラムニストの今井舞氏だ。

「地味なメークにつば広帽。役に合わせた暗めの照明の下、『ここまでシワ深かったっけ?』と目を疑う老けっぷり。演技派女優なら容貌の衰えも演技のうち、と解釈できますが、彼女の場合、役作りの結果ではない素顔が露呈してしまったようです

家政婦役の“元祖”ともいえる市原悦子が家政婦役を始めたのが47歳のとき(1983年)。この難役に挑戦するには早すぎたということか。

<NEWSポストセブン>



なんだか松嶋菜々子さんに関する記事は辛口が多いですね^^;

計算高かろうがドラマ制作は慈善事業ではないし、ある程度仕方ないと思うのですが。

脚本が遊川和彦氏で、無表情でロボットのような人物(今回は家政婦)が主人公と発表された時点で、『女王の教室』を連想した方は多かったでしょうし、内容がだいたいわかった2話目でも視聴率が0.6%しか減っておらず、3話目に至っては1.1%上昇していますから、これはもう「それでもおもしろい」と評価されているんでしょうね。

ドラマは基本的に家族メインで進んでおり、松嶋菜々子さんの演技力は確かにあまり問われませんが、それでも一話2000万円と言われるゴールデンの中でも少ない制作費でこの結果はドラマとして成功なのではないでしょうか。

 TBSが木村拓哉にダメ出し!南極大陸は視聴率20%程度では大赤字!

※こちらも遊川和彦さんの脚本です[関連商品]

リバウンド DVD-BOX

リバウンド DVD-BOX


もうひとつ、高視聴率の要素として父親役の長谷川博己さんの存在を挙げる記事がありました。

<以下引用>

ドラマは、松嶋演じる「何でもできる」スーパー家政婦が、母親を事故で亡くした4人の子どもと父親の家庭崩壊を目の当たりにする。松嶋の表情のない能面の演技が話題だが、多くの視聴者は、松嶋を見たいのだろうか。実は父親役のこの人目当てもけっこういるのではないか。

 08年には、女優の白石美帆と結婚秒読みといわれたが、破局。その後、NHKドラマ「セカンドバージン」で共演した鈴木京香との熱愛が発覚した。ドラマのHP掲示板には、視聴者の女性たちから、「ハートをぶち抜かれています」「ステキすぎてくらくら」「夢中です」など熱烈な書き込みが殺到。オジサンから見たら苦々しくもなるが、実は単なる顔だけ俳優ではない。文学座で頭角を現し、「ヘンリー六世」「冬物語」など蜷川幸雄演出の舞台に多数出演している実力派なのだ。

77年3月7日、東京都出身。中央大学を卒業してから01年、文学座付属演劇研究所に入所(第41期生)。3年後の04年、文学座支持会新人賞(座内賞)受賞、2年後に独立した。

 幼稚園の頃はテレビドラマの影響で刑事、その後は映画監督になりたかった。中学時代はバスケットボール部の活動に明け暮れながら「自分はどこから来たかなど考えてもいましたね」と振り返る(読売新聞、11年5月)。

 就活で俳優業を選んだのは「人前でセリフをしゃべるのが割とすんなりできた。集中して没頭し、我を忘れるような状態になれる」から。芝居をやっている知り合いから頼まれて演じたことが直接のきっかけだそうだ。しかも文学座に入所した時すでに「30歳までは好きなことやろうと思って腹を決めた」というから、筋が通っている。

<ゲンダイネット>



長谷川博己さん、好みはあるでしょうけれど、今後よく出てくる俳優さんになるかもしれません。

視聴率がどうなるかは最後までわかりませんが、ドラマの展開が楽しみです。

ひらめき女優ギャラランキング2011年版!

 今一番は意外なアノ人!→ geinou reading geinou ranking

 今一番は意外なアノ人!→ geinou ranking geinou ranking

※低視聴率ながらも評価の高い『鈴木先生』[関連商品]

☆DVD/国内TVドラマ/鈴木先生 完全版 DVD-BOX

☆DVD/国内TVドラマ/鈴木先生 完全版 DVD-BOX


今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 

【関連情報】

『家政婦のミタ』初回の視聴率と評判は?松嶋菜々子のドラマ女王復活なるか

鈴木京香に長谷川博己を奪われた白石美帆、怒り収まらず!



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

【映画】竹内結子主演の「はやぶさ」が大コケ 竹内が架空のいてもいなくてもいい存在、CGのはやぶさがアニメ声でしゃべり出す・・・

よかったらシェアしてください!