今やジャニーズタレントはTVに映画にCMにと、芸能界には欠かせない存となっています。そのため、どこの現場でも下にも置かぬ扱いを受けるのは当然といえば当然なのかもしれないですが、周りのスタッフはかなり苦労しているみたいで…

ちょっと前の記事ですけど、こんなのがありました。

 → RANKING

※いつの時代も、ジャニーズとスキャンダルは切ってもきれないようで…

[関連商品]





(以下引用)

「かなり昔の話ではありますが、CMの撮影中、一人のADが木村拓哉を”キムタクさん、お願いします”といってしまったことがあったそうです。さん付けであっても、”キムタク”と呼ばれるのが嫌いな木村拓哉は、監督に”あのAD使えないっすよ“と耳打ち。ADは、撮影からはずされ、そのまま制作会社をクビになったそうです」(広告代理店関係者)

なんて話も実際にあって、とにかく、彼らに「NO!」といえる関係者は、まずいないのだ。

では、そんな甘やかされた環境の中で仕事をするジャニーズタレントの評判はいかがなものなのか。彼らとよく仕事をするという、あるディレクターがこう明かすのだ。

「感じがいいのは、TOKIOの長瀬智也国分太一といったところでしょうか。スタッフと同じ目線で、話をちゃんと聞いてくれます。それ以外は、言葉は丁寧でも、どこか気乗りのしない様子で、言われたことのみを淡々とこなすのみ。そんな印象のタレントが多いですね。ただ、そんな連中でも、自分をどう見せたらいいのか、我々が何を要求しているのかは、ちゃんと理解していることが多く、出来上がったものの仕上がりはいつもいいんです。プロなんですよ、彼らもちゃんと」

意外な高評価だが、もちろん例外もあるようで……。

「ガッカリしたのは、嵐の櫻井翔くん。インタビューさせていただいたんですが、『どんな媒体なんですか?』『取材目的は?』『え、じゃあボクは何を答えればいいの?』と、なんだかとっても理屈っぽいんです。そうやって人にイヤな緊張感を与えておきながら、自分は、タバコを吸いながら、面倒くさそうにインタビューに答えていました」(フリーライター)

嵐では、松本潤の評判も芳しくない。

「打ち合せをしているのに、仲のいいスタイリストとうちの雑誌を見て、『こんな雑誌だよ~』ってクスクス笑われて、まったく話を聞く気がない。ジャニーズじゃなかったら、”ふざけるな、ガキ!”と怒鳴りつけてやるところです」(雑誌編集者)

しかし、この2人をはるかに上回る悪評で知られているのが、V6の三宅健だという。

「気が強く、それでいて気分屋ですから、手に負えない。とくに衣装にはやたらとうるさくて、機嫌が悪いと、ラックにずらっとかけてある数着の衣装を、指先でパラパラとめくり、”こんなの着れね~よ。オレが着たいの、全然、分かってね~じゃん!“ですからね」(番組関係者)

錦戸亮も、ロクな話を聞かない1人だ。

「彼だけは、とにかくナメきっていますよね。機嫌がいいときは、ニヤニヤして周囲とふざけっぱなし。そうでないときは、”うるせ~な~”といわんばかりの態度を隠そうともせず、ろくに返事もしない。スチールの撮影のときは、”ポーズを変えてみましょうか”というカメラマンの声を、普通に無視していますよ(笑)」(カメラアシスタント)

業界関係者に、”二度と仕事したくないジャニーズタレントは?”という質問をすると、「この2人のどちらかの名前が上がるはず」(前出・番組関係者)というほどだという

(サイゾーウーマン)

最近の錦戸亮さんの評判を見ると、賛否両論いろいろあるようですが、とにかくジャニタレにはいろーんな噂が絶えませんね…(芸能界のうわさ)   

この記事からは、現場でのスタッフの気苦労がビシビシ伝わってきて、同情してしまいます。

もちろん、あくまでも噂の域ではありますが…

ただ、テレビを通してもTOKIOや嵐はメンバーが仲良しで見てて感じがいいですね。

SMAPについては、他のメンバーがキムタクに気を遣っているのがTVを通しても伝わってくるようで…

以前、スマスマにロンブーの田村淳さんが出てたとき、他のメンバーとはうまく絡んでましたけど、キムタクにだけは異常に気を遣っていたのが印象的でした。

ということで、最後に”キムタク様”の様子を。

(以下引用)

「評判は、決して悪くありません。とくにドラマの現場では、ADや美術スタッフの名前も一人一人覚えてくるし、高級スイーツの差し入れも頻繁です。ただ、そんな完璧な木村さんに、誰も何も言えず、また木村さんの発する言葉を聞き逃してもいけない。とにかく腫れ物に触るかのような現場の雰囲気が独特で、息が詰まるようなんです」(ドラマスタッフ)

そんな完璧主義のキムタクさんは、ロケの取材にきたメディア関係者の行動にも目を光らせるようだ。

「共演者への取材だったのですが、シリアスなシーンの収録を控えていたキムタクは、何度もこちらをにらみつけるかのように、凝視していました。それに気づいたスタッフや取材に応じていた共演者が、取材をそそくさと切り上げたんですよ」(雑誌編集者)

自分以外での取材でも、周囲に気を遣わせる男・キムタク。ただ、完璧なものを作ろうとするあまりの振る舞いと、三宅&錦戸の傍若無人な振る舞いではわけが違う。ジャニーズをけん引するぐらいのタレントになるには、”ワガママ”の質も向上させなくてはいけないのかも。ジャニーズタレントのみなさん、大物になるためにも”ワガママ道”を精進してくださいね!

(サイゾーウーマン)

スタッフの皆さん、いろいろ大変でしょうけど頑張ってください!

ジャニーズの噂はこちらもどうぞ

Johnny’s Watcher

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 



■関連記事はこちら

ジャニーズゴシップ SMAPニュース 嵐ニュース