タグ:視聴率

 

2023年末に放送されたNHK紅白歌合戦の視聴率が前半後半ともに二部制に分かれて以降最低を記録、特に前半は30%を切ったと話題になっています。

一方でSNSでの評価は高かったという声もあるのですが…

 

 

 

「日韓歌合戦だね」の声

 

 

[以下引用]

放送前から局内外から数字は激しく落ち込むのではないかと危惧する声が多く聞こえていた。視聴者の年齢層が高いNHKにとって、若い視聴者の獲得は長年の重要な課題。当初発表された出場者の顔ぶれに、その課題の意識が感じられた。だが、50代、60代の中高年からは「大半は知らない歌手」という声が多く聞こえた。

 

前半は、Stray Kids、JO1、NiziU、LE SSERAFIM、SEVENTEEN、後半序盤もMISAMO、NewJeansらK-POPアーティストが多数登場した。SNS上では「日本の番組だよね」「日韓歌合戦だね」という声が目立った。グローバルに活躍する人気K-POPアーティストが存在感を示した印象だった。

 

特に好評だったのは終盤。YOASOBIが『アイドル』を歌唱する際、日本のアイドルらと一緒に各ユニットが圧巻のダンスを披露し、ステージを盛り上げた。会場が一体になる雰囲気をかもし出した。SNS上では「豪華過ぎコラボ」「豪華競演」「壮観」「鳥肌立った」「ダンスすごい」「『アイドル』最高だった」「豪華すぎ『アイドル』」「つまらなそうと思っていたらYOASOBIのステージですべて吹っ飛び、いい紅白だった」と、絶賛の声であふれた。若いアーティストたちが国を越えて一体となって披露するパフォーマンスに心地よさを感じた中高年も少なくなかったのではないだろうか。

 

一方、後半には伊藤蘭の46年ぶりの紅白にSNSで「最高すぎる」「懐かしい」「平均年齢高い親衛隊から元気もらえる」。ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツの25年ぶりの紅白のパフォーマンスには「胸に刺さり過ぎ」「激熱」「すごく良かった」。薬師丸ひろ子のステージには「歌声すてき」「相変わらずの声量」。寺尾聰の歌唱には「かっこいい」「たまらん」「最高」「やっぱり昭和の歌はいいな」という声が目立った。

 

数字的には1部、2部ともに最低記録更新となったが、実際に『第74回NHK紅白歌合戦』を見た人のSNS上の声は数字とは逆に好評の声が多かった。「期待以上だった」「予想以上」「紅白って面白い」「最初から最後まで見たのは初めて」という声が目立った。

 

全体的には派手な演出がほぼないシンプルな印象。歌とダンスをしっかり見せる形の影響か、SNSでは「見やすかった」と言う声もあった。若い視聴者に支持されなければ紅白の将来は厳しい。一方でNHKの視聴者層はまだまだ中高年が多い。幅広い世代が楽しめるバランスの良さが求められる時代は今後も続く。

 

そんな中、出場者の発表の流れは初出場者だけが会見に出席し、その後、特別企画ごとに、懐かしい歌手らが日を変えてさみだれ式に発表されるパターンが長年続いている。どれだけの視聴者に後から発表される出場者の顔ぶれが浸透しているのだろうか。最初の出場者発表時にここ数年、中高年からは「大半は知らない歌手」という声が毎年のように聞こえてくる。その時点で中高年の紅白視聴意欲はどうなのか。SNSで「期待以上」という声があったように、実際に見れば、世代を超えて楽しめる紅白だとアピールする方法に検討の余地はあるかもしれない。

[ENCOUNT編集部]

 

 

後半の視聴率は31.9%で、過去5年の前半、後半の視聴率はこちら。

 

2022年:31.2、35.3%

2021年:31.5、34.3%

2020年:34.2、40.3%

2019年:34.7、37.3%

2018年:37.7、41.5%

 

テレビ全体視聴率が下がっていますが、長年続く国民的番組紅白歌合戦とはいえ、例外ではなく年々下がっています。

 

旧ジャニーズが出ていようが出ていなかろうが遅かれ速かれ30%は切るのが既定路線だったのでしょう。

 

ただ、Snow Man、SixTONES、なにわ男子あたりは本当にCDが売れていましたし、もしも出ていたらギリギリ30%はキープできていたかも?

 

その場合は来年あたりに先延ばししただけかもしれませんけど。

 

なんにしろ、昨年末のような内容なら「紅白歌合戦」は名乗らないでほしいですね。

 

観れば楽しいというのもわかりますけど、「蛍の光」がまったくもってピンと来ないであろう異国の人たちばかり出して、あちらの事務所の思惑はともかくとして、本人たちはビミョーだったのでは。

 

演歌の人たちも、ドミノだったりけん玉だったり若いアイドルだったりとセットじゃないと歌わせてもらえなくて。

 

紅白に出るか出ないかでチケットの売り上げが違うといいますから、紅白に出たいでしょうけど、本音を言えば屈辱なのでは。

 

 

独自路線をいきそうなジャニーズ

 

一方、創業者の犯罪と所属事務所の対応のマズさで紅白に出られなかった旧ジャニタレですが、配信はかなり好調だったようです。

 

[以下引用]

Snow ManはYouTubeで配信し、ライブとトークの2部構成。同時接続数は133万人を超え、日本記録認定協会が認定するYouTubeライブ同時接続数の新記録を樹立した。目黒蓮(26)は「皆が僕たちに時間を使ってくれた」と感謝。佐久間大介(31)は「5大ドームやスタジアムでライブをしたい」と新年の抱負を語った。

 

なにわ男子はファンクラブ会員向けに配信した。西畑大吾(26)は2024年を迎え「いっぱい皆さんに会えるように頑張りたい」と意気込んだ。

[スポニチアネックス]

 

なにわ男子は夏からスキャンダルが続いていたから、安全策をとったのかもしれませんね。

 

Snow Manは目黒さんの「俺たちを正解に」発言が憶測を呼びましたが、本当に正解だったのかも。

 

というか、いずれ来るであろう新しい時代がNHKの旧ジャニーズ締め出しにより早まっただけかも。

 

次以降の紅白も、出たとしてNHKホールに行くかどうかビミョーかも。

 

旧ジャニーズファンからすれば、配信で十分なのでは。

 

紅白なんて出たってほんの数分、あとは時々演歌のサポートとかでちょっと出てくるかも、みたいなものですもんね。

 

カウコンも、もういらないかもしれません。

 

シャッフルメドレーが楽しみ、という声もありますが、事務所主体のコンサートだと、マッチ先輩メインの年、みたいな悲劇が起こりがちですし。

 

STARTO社の発足でエージェント制になったらなおさらこれまで同様というわけにもいかなそうですし、いわゆる箱推し的なものは終わるかもしれませんね。

 

◆今年は開店休業と言われるのは

この大物K→ geinou ranking geinou reading

この大物K→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

今年も残るところあと2か月。松本潤さん主演のNHK大河ドラマ「どうする家康」もラストへ向け盛り上がりを見せていますが、このままだと19年放送の「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の8.2%に次ぐ歴代ワースト2位の記録となりそうだと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

物語はいよいよ佳境へと突入した松本潤主演のNHK大河ドラマ「どうする家康」。しかし、所属する旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)の性加害問題の影響なのか、22日放送の第40回までの平均視聴率は11.1%。このままいくと、19年放送の「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の8.2%に次ぐワースト2位となること濃厚だ。

 

「ただし、『いだてん』は東京五輪とのコラボ的な位置づけの作品。しかも、2部構成で主演俳優も2人、舞台も大正から高度成長期と比較的新しい時代で、大河ドラマとしては異例尽くしの特殊な作品でした。それが視聴率的に振るわなかった大きな要因のため、そうなると『どうなる家康』が実質的なワーストとも言えるかもしれません」(テレビ誌ライター)

 

 ちなみに、これまでのワースト2位は、井上真央主演の「花燃ゆ」(15年)と松山ケンイチ主演の「平清盛」(12年)の12.0%。以下、鈴木亮平主演「西郷どん」(18年)の12.7%、柴咲コウ主演「おんな城主 直虎」(17年)の12.8%と続く。

「『花燃ゆ』『平清盛』を視聴率で上回るには少なくとも、残りの放送回で平均15%以上の視聴率が必要です。でも、『どうする家康』がそれを超えたのは初回と第2話の2回だけ。最終回を除き、回を追うごとに視聴率が下がる傾向のある大河ドラマでは絶望的な差であり、ワースト2位はほぼ当確です」(同)

 

大河ドラマでは戦国時代を舞台にした作品が視聴率を取るジンクスがあり、近年でも岡田准一主演の「軍師官兵衛」(14年)15.8%、堺雅人主演「真田丸」(16年)16.6%、長谷川博巳主演「麒麟がくる」(20年)14.4%と、戦国ものがここ10年のベストスリーを独占している。

 

「例年なら毎週のように大河ドラマ関連の記事が配信され、間接的なPRになっていましたが、今年はジャニーズ問題の影響で少なかった。それに加え、この作品は戦国ものにしていはコメディ色強めで、タイトルロゴの軽さもあり、そのあたりも大河ファンには馴染めなかった要因のようです」

[アサ芸ビズ]

 

 

実は「どうする家康」の初回視聴率は15.4%で、これまた過去30年で最低視聴率を記録していました。

 

 

大河過去30年で最低視聴率!松本潤主演「どうする家康」が早くも大爆死モードに突入

 

 

 

それまでは鈴木亮平さんの「西郷どん」が初回ワースト単独1位でしたが、それに並んでいます。

 

その「西郷どん」は戦国モノではないものの、最終的にワースト3位の記録まで盛り上げています。

 

そして吉沢亮さんが「日本資本主義の父」渋沢栄一を演じた「青天を衝け」は20%で始まり全話平均は14.1%でした。

 

つまり、「どうする家康」は最初から低くてその後も低空飛行を続けただけなので、戦国だから高かったはずだとかジャニーズ問題でPRが足りないとか、松本さんが主演とか、あまり関係ないんじゃないでしょうかねえ。

 

「どうする家康」の初回で話題になったのは、CGの多さの違和感です。

 

集団での乗馬シーンがまるでメリーゴーランドのように見えると笑い話になっていましたよね。

 

あと松本さんが人形もって遊んでいたシーンも話題でしたね。

 

ここのところ大河ではあまり子役を使わない傾向があるように思いますが、それにしても松本さんが10歳前後を演じても混乱するだけで、え、ナニコレ?という思いでいっぱいでした。

 

その後も突然同性愛が出て来たり話が支離滅裂で、とにかくどうにも軽すぎて、いわゆる大河ドラマというものからは大きく外れたのが「どうする家康」です。

 

その軽さで昔から当たり前のように見ていた世代が離れてしまい、その一方で新規開拓で若者を掴んだわけもないんだから、そりゃ伸びません。

 

「鎌倉殿の13人」は30代、40代といったこれまでの大河視聴者層と比べたら若い世代にも好評でしたが、それでも全話平均は12.7%とたいして高くありませんでした。

 

もうテレビで視聴率をとることは諦めたほうがいいんじゃないでしょうかねえ。

 

 

◆木村拓哉はジャニーズ内では安泰じゃないんだなあという

出来事→ geinou ranking geinou reading

出来事→ geinou reading geinou ranking

 

※このころはまだキラキラがあった

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本潤さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

広瀬すずさんに電撃婚、しかも逆ギレしての結婚が噂されてるとか。

 

 



 

 

『ネメシス』低視聴率の原因を押し付けられそうな広瀬すず

 

問題は、櫻井翔さんとのW主演ドラマ『ネメシス』の視聴率低迷です。

 

櫻井さんは嵐解散後初の初の主演ドラマであり、広瀬すずさんとは映画『ラプラスの魔女』以来の共演で、脇を固めるのも江口洋介さんや仲村トオルさん、真木よう子さんら豪華な面々で、橋本環奈さんまで出演が発表され放送前は期待度が高めでした。

 

しかし、始まってみると二桁を超えたのは初回の11.4%だけで、以降は8~9%を推移し、最新である第5話ではついに7.8%まで低下、現時点での平均視聴率は9.18%となっています。

 

となると始まるのが「犯人捜し」。

 

ストーリーが陳腐、謎解きが安易でしょうもないという声、登場キャラが多すぎ、しかも豪華すぎでとっちらかった印象、櫻井翔さんの演技が下手すぎてポンコツに説得力なさすぎ、等々様々なことが言われていますが、矛先は広瀬すずさんにも向かってるんだとか。

 

[以下引用]

芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

 

「実は広瀬さん、ドラマの番宣で出た番組で交際中と噂されている中川大志さんとの熱愛ぶりをにおわせてしまい、批判を浴びているんです。それでアンチ広瀬すずが増加してしまったようで、ドラマ関係者から『なんて余計なことしてくれたんだ』と言われています」

 

広瀬すずと中川大志(22)といえば、2018年に制汗剤「シーブリーズ」のCMで共演。その後、2019年に放送されたNHK朝ドラ『なつぞら』では夫婦役を演じている。

 

同い年ということもあり仲が良いことでも知られていたが、昨年同時期にコロナ感染したことで熱愛疑惑が浮上。中川ファンをやきもきさせた。

 

「番宣番組の中で広瀬さんは『掃除好き』、『自宅でよく焼酎を飲んでいる』とプライベートの様子を明かしました。一方、中川さんの掃除好きはファンの間では有名で、お酒に関しても焼酎が好きだと公言しています。そうしたことから、広瀬さんと中川さんが付き合っているという観測が出ているようです」(前出・芸能記者)

[まぐまぐニュース]

 

 

ちょっと仲がいいとか共演が多いというだけでなく、そんな2人の同時期コロナ感染は、やっぱり怪しいでしょうか。

 

 

中川大志のコロナ感染で浮上した疑惑とは

 

ワタナベマホトさんと今泉佑唯さんも同時期にコロナ感染で、交際してましたしね。

 

 

[キモい]今泉佑唯、結婚発表直後で離婚確定か。夫・ワタナベマホトの未成年への悪質行為発覚

 

感染は昨年10月で、比較的感染者数が少ない時期だったからなおさら疑惑にもつながるのかも。

 

その上、22歳の広瀬さんが焼酎好きと言われたら…。

 

『ネメシス』が放送されている枠の次クール主演は中川大志さんであることが発表され、ネットでは「何か狙ってるの?」という声も出ています。

 

それと同時に、日テレ日曜10時半のドラマ枠にはまるで信用がないため、「中川大志の無駄遣いになりそう」という声もありますが。

 

 

 

広瀬すずの逆ギレ電撃婚は櫻井翔の株アップにつながる?

 

視聴率は悪く演技は酷評され気の毒な櫻井さんですが、もしかしたら良い話題にもなるかも?

 

[以下引用]

「実は櫻井さん、これまでに多くの共演者が結婚していることから、一部で縁結びの“櫻井神社”と呼ばれているんです。堀北真希、北川景子、蒼井優など櫻井さんと共演したことで女優さんが次々と結婚しました。まさか結婚しないだろうと思われていた、バラエティ番組で共演中の有吉弘行さんまでゴールイン。そのご利益が今注目されています」(前出・芸能記者)

 

広瀬は以前出演したトーク番組の中で、結婚願望は強いといい、25歳までには結婚をして子どもがたくさん欲しいと語っていた。

 

対して中川も子どもが大好きで、若いパパに憧れていると公言している。

 

このまま『ネメシス』の視聴率が下降線を辿れば、業界内での広瀬すずの評判は低くなり、女優として厳しくなってしまう。NHKの朝ドラをはじめ、数々の作品で主役を演じてきただけに、もう脇役に戻ることはありえないだろう。



そんな広瀬が『ネメシス』失敗の責任を押し付けられて逆ギレし、もしかしたら“櫻井神社”のご利益で中川大志との電撃婚もあるかもしれない。

[まぐまぐニュース]

 

他にも、福山雅治さんと結婚した吹石一恵さんは『よい子の味方 新米保育士物語』『山田太郎ものがたり』で、岡田准一さんと結婚した宮崎あおいさんは『神様のカルテ』で、丸井御曹司と結婚した山岸舞彩さんは『news zero』で共演しています。

 

これで広瀬さんまで結婚すれば「櫻井神社」縁結び説はさらに増強されますね!

 

本当に結婚すれば、ですが。

 

しかし逆ギレで結婚ってひどいですね。

 

何にしろ『ネメシス』の低視聴率の原因は、どう考えてもストーリー、演出の問題でしょう。

 

謎解きが子供の頃に読んだかもしれないミステリーレベルでびっくりしました。そんな話に豪華俳優陣がわんさかいるからなおさらがっかり感があるんですよね。こんなにいろんな人が出ていて、これでおしまい?みたいな。

 

で、2話以降は録画したまま観ていなかったのですが、3話が終わったところで本筋に関わるエピソードを追加したある意味完全版がHuluで放送されると発表があって、もう観るのはやめました。

 

テレビ不況が続いて広告外収入を得るために各局必死なのはわかるんですけど、だまし討みたいなのは好感度低いですよね。

 

もともとこの枠はすぐにHuluへ誘導されると警戒してましたが、もう本当に観ることないかも。

 

◆W主演って何のこと?

櫻井翔に二番手疑惑→ geinou ranking geinou reading

櫻井翔に二番手疑惑→ geinou reading geinou ranking

 

※吉川ひなのさんが毒親について綴っています

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※広瀬すずさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

日テレが2クール連続で放送したドラマ『あなたの番です』最終回が放送され、視聴率が19.4%だったことがわかりました。

 

 

※半年分。高い!

 

 

『あなたの番です』視聴率推移

 

日テレ日曜10時半から放送されていた『あなたの番です』は、近年異例の2クール連続ドラマとして注目されました。

 

しかし、前クールの菅田将暉さん主演『3年A組』や前々クールの賀来賢人さん主演『今日から俺は!』で上昇気味だった視聴率を継承し、初回10%以上を期待してのスタートだったといいます。

 

それが予想を外れてのスタートとなり、日テレはお通夜状態だったとか。

 

「要するにつまらない」大コケ『あなたの番です』低視聴率スタート最大の原因は秋元康で2クール託した日テレは自滅

 

これは「交換殺人」というあまりに現実離れした設定が原因と言われ、つまりは企画立案した秋元康さんの責任かというところ。

 

そもそも秋元さんが関わってるから観ない、というネットの声も多くあったので、低調スタートの責任の多くは秋元さんにもあったと言えるのでは。

 

※同じ枠で放送された秋元さん作品の結末がひどかったのも一因です

[amazon]

 

そんな『あなたの番です』でしたが、視聴率の割にネットの実況は白熱しており、徐々に謎解きにハマっていく人たちが増えていきました。

 

そんな視聴率の推移がこちら。

 

<前半・第一章>

 8.3%→6.5%→6.4%→7.1%→6.5%→6.3%→6.4%→6.7%→8.0%→7.9%

 

<後半・反撃編>

9.2%→9.2%→10.9%→9.5%→10.2%→10.2%→11.0%→13.0%→12.3%→19.4%

 

全話平均視聴率 9.25%

 

後半の盛り上がりはすごかったですね。

 

個人的にも「結末はHuluで」とか、「犯人は二重人格で…」的な展開が嫌で最初は観ていませんでしたが、途中からハマった口です。

 

 

『あなたの番です』結末の評判は…ネタバレあり

 

[スポンサーリンク]

 

以下、ネタバレありますので観てない方は観ないほうがいいです。

 

ネットでも毎回推理合戦が盛り上がり、気づけば話題作となり、数字的には大成功と言える『あなたの番です』ですが、内容的な評価はどうだったかというと…

 

やっぱり期待はずれ、という声が大きいのでは。

 

ネタバレになりますが、結局のところ犯人は途中から言われていた通りの人でした。

 

 

つまり西野七瀬さんが演じる黒島さん。

 

この人が犯人であるという根拠の一つが、秋元さんのお気に入りというもの。

 

そういう役だったら、アイドルから女優に転身して注目されますからね。

 

そしてそれが嫌だという理由が、早くから予想された展開ということに加えてこの人の演技力のなさ。

 

途中から、もし黒島が犯人だったら自白のシーンできるかな、という心配の声が多く観られていましたが…

 

最後まで観たら、本当にそのとおりで、正直がっかりです。「殺人を愛してるの」と言われても、ポカン、ですしね。

 

最終話が通常通りの1時間放送というのも納得の薄さでした。

 

もう少し過去の異常さとか親のなにかがわかればまだ変わったかもしれませんが、そこをHuluに持っていったみたいですね。

 

次に秋元さんの作品があったら、もう観ないかも。

 

※ちょっとまって!これが西野七瀬?

デビュー当時の顔が別人→ geinou ranking geinou reading

デビュー当時の顔が別人→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※西野七瀬さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング