パンくずリスト
  • ホーム
  • 紅白歌合戦
タグ:紅白歌合戦

 

2023年末に放送されたNHK紅白歌合戦の視聴率が前半後半ともに二部制に分かれて以降最低を記録、特に前半は30%を切ったと話題になっています。

一方でSNSでの評価は高かったという声もあるのですが…

 

 

 

「日韓歌合戦だね」の声

 

 

[以下引用]

放送前から局内外から数字は激しく落ち込むのではないかと危惧する声が多く聞こえていた。視聴者の年齢層が高いNHKにとって、若い視聴者の獲得は長年の重要な課題。当初発表された出場者の顔ぶれに、その課題の意識が感じられた。だが、50代、60代の中高年からは「大半は知らない歌手」という声が多く聞こえた。

 

前半は、Stray Kids、JO1、NiziU、LE SSERAFIM、SEVENTEEN、後半序盤もMISAMO、NewJeansらK-POPアーティストが多数登場した。SNS上では「日本の番組だよね」「日韓歌合戦だね」という声が目立った。グローバルに活躍する人気K-POPアーティストが存在感を示した印象だった。

 

特に好評だったのは終盤。YOASOBIが『アイドル』を歌唱する際、日本のアイドルらと一緒に各ユニットが圧巻のダンスを披露し、ステージを盛り上げた。会場が一体になる雰囲気をかもし出した。SNS上では「豪華過ぎコラボ」「豪華競演」「壮観」「鳥肌立った」「ダンスすごい」「『アイドル』最高だった」「豪華すぎ『アイドル』」「つまらなそうと思っていたらYOASOBIのステージですべて吹っ飛び、いい紅白だった」と、絶賛の声であふれた。若いアーティストたちが国を越えて一体となって披露するパフォーマンスに心地よさを感じた中高年も少なくなかったのではないだろうか。

 

一方、後半には伊藤蘭の46年ぶりの紅白にSNSで「最高すぎる」「懐かしい」「平均年齢高い親衛隊から元気もらえる」。ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツの25年ぶりの紅白のパフォーマンスには「胸に刺さり過ぎ」「激熱」「すごく良かった」。薬師丸ひろ子のステージには「歌声すてき」「相変わらずの声量」。寺尾聰の歌唱には「かっこいい」「たまらん」「最高」「やっぱり昭和の歌はいいな」という声が目立った。

 

数字的には1部、2部ともに最低記録更新となったが、実際に『第74回NHK紅白歌合戦』を見た人のSNS上の声は数字とは逆に好評の声が多かった。「期待以上だった」「予想以上」「紅白って面白い」「最初から最後まで見たのは初めて」という声が目立った。

 

全体的には派手な演出がほぼないシンプルな印象。歌とダンスをしっかり見せる形の影響か、SNSでは「見やすかった」と言う声もあった。若い視聴者に支持されなければ紅白の将来は厳しい。一方でNHKの視聴者層はまだまだ中高年が多い。幅広い世代が楽しめるバランスの良さが求められる時代は今後も続く。

 

そんな中、出場者の発表の流れは初出場者だけが会見に出席し、その後、特別企画ごとに、懐かしい歌手らが日を変えてさみだれ式に発表されるパターンが長年続いている。どれだけの視聴者に後から発表される出場者の顔ぶれが浸透しているのだろうか。最初の出場者発表時にここ数年、中高年からは「大半は知らない歌手」という声が毎年のように聞こえてくる。その時点で中高年の紅白視聴意欲はどうなのか。SNSで「期待以上」という声があったように、実際に見れば、世代を超えて楽しめる紅白だとアピールする方法に検討の余地はあるかもしれない。

[ENCOUNT編集部]

 

 

後半の視聴率は31.9%で、過去5年の前半、後半の視聴率はこちら。

 

2022年:31.2、35.3%

2021年:31.5、34.3%

2020年:34.2、40.3%

2019年:34.7、37.3%

2018年:37.7、41.5%

 

テレビ全体視聴率が下がっていますが、長年続く国民的番組紅白歌合戦とはいえ、例外ではなく年々下がっています。

 

旧ジャニーズが出ていようが出ていなかろうが遅かれ速かれ30%は切るのが既定路線だったのでしょう。

 

ただ、Snow Man、SixTONES、なにわ男子あたりは本当にCDが売れていましたし、もしも出ていたらギリギリ30%はキープできていたかも?

 

その場合は来年あたりに先延ばししただけかもしれませんけど。

 

なんにしろ、昨年末のような内容なら「紅白歌合戦」は名乗らないでほしいですね。

 

観れば楽しいというのもわかりますけど、「蛍の光」がまったくもってピンと来ないであろう異国の人たちばかり出して、あちらの事務所の思惑はともかくとして、本人たちはビミョーだったのでは。

 

演歌の人たちも、ドミノだったりけん玉だったり若いアイドルだったりとセットじゃないと歌わせてもらえなくて。

 

紅白に出るか出ないかでチケットの売り上げが違うといいますから、紅白に出たいでしょうけど、本音を言えば屈辱なのでは。

 

 

独自路線をいきそうなジャニーズ

 

一方、創業者の犯罪と所属事務所の対応のマズさで紅白に出られなかった旧ジャニタレですが、配信はかなり好調だったようです。

 

[以下引用]

Snow ManはYouTubeで配信し、ライブとトークの2部構成。同時接続数は133万人を超え、日本記録認定協会が認定するYouTubeライブ同時接続数の新記録を樹立した。目黒蓮(26)は「皆が僕たちに時間を使ってくれた」と感謝。佐久間大介(31)は「5大ドームやスタジアムでライブをしたい」と新年の抱負を語った。

 

なにわ男子はファンクラブ会員向けに配信した。西畑大吾(26)は2024年を迎え「いっぱい皆さんに会えるように頑張りたい」と意気込んだ。

[スポニチアネックス]

 

なにわ男子は夏からスキャンダルが続いていたから、安全策をとったのかもしれませんね。

 

Snow Manは目黒さんの「俺たちを正解に」発言が憶測を呼びましたが、本当に正解だったのかも。

 

というか、いずれ来るであろう新しい時代がNHKの旧ジャニーズ締め出しにより早まっただけかも。

 

次以降の紅白も、出たとしてNHKホールに行くかどうかビミョーかも。

 

旧ジャニーズファンからすれば、配信で十分なのでは。

 

紅白なんて出たってほんの数分、あとは時々演歌のサポートとかでちょっと出てくるかも、みたいなものですもんね。

 

カウコンも、もういらないかもしれません。

 

シャッフルメドレーが楽しみ、という声もありますが、事務所主体のコンサートだと、マッチ先輩メインの年、みたいな悲劇が起こりがちですし。

 

STARTO社の発足でエージェント制になったらなおさらこれまで同様というわけにもいかなそうですし、いわゆる箱推し的なものは終わるかもしれませんね。

 

◆今年は開店休業と言われるのは

この大物K→ geinou ranking geinou reading

この大物K→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

NHKが紅白歌合戦から旧ジャニーズ・グループを完全排除したことが、大晦日に新たな潮流を生み出すことになりそうです。

 

◆まだ間に合う!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【エントリーでポイント10倍】 年内まだ間に合う おせち 2024 博多久松 お...

価格:15,800円(税込、送料無料) (2023/12/24時点)


楽天で購入

 

 

[以下引用]

今年の『NHK紅白歌合戦』はジャニー喜多川氏の性加害問題を受けて、STARTO(旧ジャニーズ)勢の出場はゼロに。その穴を埋めるべく、司会を有吉弘行、橋本環奈、浜辺美波らが務め、Adoや新しい学校のリーダーズ、MISAMO、SEVENTEEN、Stray Kidsといった初出場組に加え、YOASOBI、NiziU、JO1など若い世代を意識した布陣となっている。しかし、これが紅白凋落のきっかけとなる可能性が高いという。

 

「STARTO勢ではSnow Man、King&Prince、なにわ男子、Kis-My-Ft2が大みそかに生配信を行うことを発表していますが、今後は紅白に出ないグループにとって、生配信はスタンダードとなるでしょう」(音楽関係者)

 

キンプリは紅白の放送時間にあまり重ならないようなスケジュールを設定したが、Snow Manは20時半から22時までと紅白と同時間帯で勝負に出て、メンバーの目黒蓮による「俺らを正解にする」との一文が話題を呼んだものだった。

 

「STARTOがゼロということで、SNSでは『紅白見ない』がトレンド入りしたくらいですが、その上、各々のグループが配信をするのであれば、今年の紅白は最低視聴率が免れないでしょう。しかも、この生配信の流れはこれからも続く可能性が高い。

 

これまでは紅白にジャニーズ勢が5~6組出場するということで、他のグループは邪魔をしないようにカウントダウンまで動くことはなかった。しかし、今後はエージェント制となるわけですから、他のグループのことを気にする必要もなくなる。紅白はその割を食うことになり、番組存続にも響いてくるでしょう」(前同)

[日刊サイゾー]

 

SnowManといえば、今年は最も大活躍したアーティストと言っても過言ではありません。

 

CDを出せばミリオン連発なんて、今のご時世では考えられないことですから・・

 

それだけに、メンバーの目黒さんによる「オレたちを正解にする!」発言は紅白に対する絶縁宣言と捉えられており、もう二度と出演することはないと見られています。

 

それは旧ジャニーズの他グループも同様で、来年以降は完全に大晦日の独自ライブ配信がアイドル業界の新しい基準になるのは間違いないかと。

 

そうなると、いくら紅白が若者を呼び込もうと躍起になってもムダでしょう。

 

ただでさえ若者が少なくなっているわけですし・・

 

 

賛否両論!ブラピ&ポケピ25年ぶり紅白出場で「ジャニーズの枠埋めるの大変ね」

 

って、逆転の発想をすればいいだけ?

 

もし紅白が完全に中高年層以上をターゲットに絞り、演歌枠を増やしたり、昭和の名シンガーたちをどんどん招聘すれば、とんでもない視聴率をゲットすることも可能なはず。

 

こういったアーティストは大晦日にライブ配信なんてしないでしょうから、紅白からお呼びが掛かれば喜んで出演してくれるでしょう。

 

まさにWin-Winの関係かと。

 

ぜひ、前向きに検討を加速してみてはどうでしょうか、NHK幹部の皆さん。

 

◆今だからこそ、こういうのが求められているんです!

昭和歌謡大全集 - 松田龍平, 岸本加世子, 安藤政信, 樋口可南子, 大森寿美男, 篠原哲雄, 鈴木光

昭和歌謡大全集

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※旧ジャニタレのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

今年の紅白歌合戦にポケットビスケッツとブラックビスケッツが出場することが発表され、賛否両論となっています。

 

 

 

[以下引用]

内村光良(59)千秋(52)ウド鈴木(53)によるポケットビスケッツ(ポケビ)と、ビビアン・スー(48)南原清隆(58)天野ひろゆき(53)によるブラックビスケッツ(ブラビ)の2つの音楽ユニットが、25年ぶりに大みそかのNHK紅白歌合戦に出演することが16日、分かった。98年の紅白出演の後にそれぞれ活動休止しており、2組そろってのテレビ出演は21年ぶりとなる。

 

今年の紅白で、寺尾聰の出演が発表されているテレビ放送70年を記念した特別企画「テレビが届けた名曲たち」で登場する。今年の紅白歌合戦のテーマは「ボーダレス-超えてつながる大みそか-」に合わせ、歌唱楽曲は後日発表される。2ユニットは90年代の日本テレビ系「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の番組企画で結成。ウンナンとキャイ~ンが分かれ女性ボーカルを入れた構成でヒットを連発し、番組の枠を超える活躍を見せた。

[日刊スポーツ]

 

 

ネットでは、

 

「今年は観ないつもりだったけど、ポケピ・ブラピが出るなら観る!」

 

という声もあります。

 

ポケピ・ブラピが人気あったのは確かですし、2018年の「24時間テレビ」でポケピが一夜限りの復活、2022年の「日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト」でブラピが復活と、一応そのたび盛り上がった記憶はあります。

 

でも、紅白に出るほどなんですかねえ。

 

率直な感想は、ジャニーズに6つも7つも枠を用意してきたから埋めるのが大変なんだなと。

 

昨日は寺尾聰さんの16年ぶり出場が発表され、元男闘呼組も岡本健一さんが一時的に旧ジャニーズ事務所との契約を切ることで出場が決まったとか。

 

紅白歌合戦の公式サイトによると、出場者の選考基準は以下の通り。

 

1.今年の活躍

A)CD・DVD・Blu-rayの売り上げ

B)インターネットでのダウンロード・ストリーミング・ミュージックビデオ再生回数・SNS等についての調査

C)有線・カラオケのリクエスト等についての調査

D)ライブやコンサートの実績



2.世論の支持

E)7歳以上の全国2024人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による世論調査の結果。

※ 質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」

F)7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査の結果。

※ 質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組以上10組まで」

 

3.番組の企画・演出

 

 

「世論の支持」はブラックボックスですし、「番組の企画・演出」も、なんでもアリですよね。

 

つまり今年は懐メロ企画でもやるんでしょうか。

 

これから放送直前まで、おそらくちょいちょいと追加で発表されていくんでしょうけど、次はどんな懐かしい人が出てくるのか楽しみです。

 

◆ジャニにべったりだった日テレが手のひら返し!

次の押しは…→ geinou ranking geinou reading

次の押しは…→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

先日、今年の紅白歌合戦の出場者が発表されましたが、旧ジャニーズ勢が44年ぶりの出場ゼロとなった代わりに韓流系グループが大挙して選出されたことに、

 

「依存先をジャニーズからK-POPに変えただけ」

 

と呆れる声が続出しているといいます。

 

◆評価2万件超えです!

 

 

[以下引用]

例年、旧ジャニーズ勢は白組の5~6枠を占め、『紅白』はジャニーズ頼みとなっていたが、今年は故ジャニー喜多川氏による性加害問題の影響で一転。「被害者への補償や再発防止への取り組みが着実に実施されていることを確認されるまで、当面、新規の出演依頼は行わない」という同局の方針に従い、出場ゼロとなった。NHKは「全体方針に沿って、新規の出演依頼が問題ないと判断した際にはその時点に適切に判断していく」と緊急出場に含みを持たせたが、時期的に旧ジャニーズ勢が追加出場者として後日発表される可能性は極めて低いとみられる。

 

旧ジャニーズが消えたことで白組の出場枠がぽっかり空いたことになり、その影響で今年の白組は初出場が増加。MAN WITH A MISSION、Mrs.GREEN APPLE、10-FEETといった人気バンドに加え、アニメ『呪術廻戦』のテーマ曲のヒットなどで知られるキタニタツヤ、メンバー全員がイラストのキャラとして活動する男性グループ「すとぷり」、歌手としては初の『紅白』となる大泉洋といった面々が初出場を決めた。さらに、あからさまに「ジャニーズの代わり」という印象だと指摘されているのが、韓国のボーイズグループである「SEVENTEEN」と「Stray Kids」の初出場だ。

 

今年、両グループとも日本でドームツアーを敢行し、アルバムが国内外で爆発的なヒットを記録するなど、人気や実績の面からいえば『紅白』出場は文句なし。だがK-POP系としては、紅組でTWICEの日本人メンバー3人のユニット「MISAMO」が初出場を決め、4年連続出場となるNiziU、昨年に続く出場となるLE SSERAFIMも参戦で計5組、吉本興業と韓国のCJ ENMによる合弁会社に所属する男性11人組「JO1」(メンバーは全員日本人)を加えると計6組となることから、一部では「K-POPが多すぎる」との声も。以前から「紅白に韓国勢が増えてきた」と指摘されていたところ、旧ジャニーズ勢の消滅もあって、K-POP勢がさらに増加したことに複雑な思いを抱く人がいるようだ。

 

これに対して、ネット上では「ジャニーズ切って、今度はK-POPに依存するようになっただけ」「ジャニーズに頼りすぎた代償って感じがする」「K-POPが悪いとは言わないけど、これは露骨すぎ」といった否定的な声が噴出。もちろん、K-POPファンからはSEVENTEENとStray Kidの初出場について歓喜や祝福のコメントが相次いでいるのだが、その一方で「年末くらい韓国でゆっくりさせてあげてほしい」「紅白に出たら嫌韓的な人たちから叩かれるし、本国を優先したほうがいいと思う」といった意見も多い。さらに、韓国のファンからも「なぜ大みそかに日本の番組に出るのか」などと反発が起きているようだ。

[日刊サイゾー]

 

NHKとしては、なんとかして若い世代の視聴者を獲得しようと必死なんでしょうね。

 

で、その豊かな想像力で一生懸命に考えた結果、

 

「そうだ!ジャニーズがNGなら韓流を出せばいいじゃないか!」

 

との結論に至ったと。

 

うーむ、さすが平均年収1,500万円を超えるとも言われるエリート集団。

 

自分たちのスゴイ決断が、受信料を払っている国民からどのように受け止められるかなんて、気にしたこともないのでしょう。。

 

で、韓流と並ぶ目玉はアニメ祭り。

 

紅白歌合戦、今年で完全終了へ。ジャニーズ排除のアニソン祭り化で史上最低視聴率の気配プンプン

 

加えて朝ドラ出演中の趣里一家の出演がキラーコンテンツと言うんですから、これで今年は視聴率50%超えは確実でしょう!

 

来年後半は紅白どころじゃない大騒ぎになっている可能性が高いですし、今回が見納めだと思って楽しませていただきますっ!

 

◆3年連続楽天1位です!

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※旧ジャニタレのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング