パンくずリスト
  • ホーム
  • ジャニーズJr
タグ:ジャニーズJr

 

ジャニーズJr.の少年忍者が出演した公演の最終日、メンバーの挨拶の一部が衝撃的で、公演を観たファンが情報を拡散、中でも内村颯太さんの挨拶にはジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明さんの方針を批判した内容が含まれていたため、大きな話題になっています。

 

 

 

 

[以下引用] 

少年忍者はジャニー氏が作ったユニットのため、内村は「成長しなきゃ意味がない」と奮起を誓い、滝沢氏に関しては「滝沢さんが作ったグループを推したいのはわかります。それに負けてたら上にいけない」「勝つためにはジャニーイズムを継承することが大事だと思った」などと語っていたという。また、自分たちにはジャニー氏のような存在がいるとして、「天才振付師」を挙げていたそうだ。

 

内村は天然キャラで失言もあることがファンの間で知られているが、今回の言葉に対し「よく言った! うっちースゴいよ」「Jr.本人たちも副社長のお気に入りとかが露骨にわかるんだね。頑張ってほしい」「タッキーを敵に回してない? 心配になるけど、話してくれてうれしかった」と勇気を称える声が見受けられる。

 

一方で、「滝沢さんが作ったグループや、その人たちのファンのことは考えてないんだね」「『滝沢さんが作ったグループ』と限定したことで、仲間をそんなふうに思ってたのか……と悲しい気持ちになった」「滝沢が作ったグループだって同じように頑張っているのに、『ジャニーイズム』とか言い出すのはどうかと思う」「滝沢批判はファンの前でするべきじゃない」と否定的な反応が続出し、ジャニーズJr.ファンの間に波紋が広がっている。

[サイゾーウーマン] 

 

パッと見た感想は、言っちゃったなあと。

 

まるでジャニーさんが作った自分たちが正統派で、タッキーが作ったグループは違う、と言っているかのよう。

 

でもこれ、よく考えての発言なんでしょうか。

 

実際、モヤモヤすることはあるのでしょう。

 

自分より後に入ったメンバーがタキニになった、それだけで優遇されているように見える、とかあるのかもしれません。

 

でも、それってジャニーさん時代にはなかったことなんでしょうかね?

 

そして「タキニ」というのも、滝沢さんが個人的に好き嫌いで選んでるんでもないでしょうに。

 

「この子は売れる」と判断したなら押すのは当然ですし、その判断を個人的な好き嫌いだけでしていて、それが外れたら、それはそのまま滝沢さんの評価に関わる問題になります。

 

好き嫌いじゃないと思いますけどね。

 

そのほか、最近続いていた少年忍者のメンバー脱退についても言及があったとか。

少年忍者から連続脱退!

 

また、脱退したメンバーと同様に、女性関係の動画が流出していたメンバーは、「失った信頼は自分で取り返していかないといけない」とコメントしていたようです。

 

少年忍者は21人という大所帯で活動していて、その大人数さがプラスになってるのかマイナスになってるのかちょっと判断が難しいところでもあります。

 

様々な葛藤があるとは思いますが、デビューが目標なら、まずはメンバー一丸となって、タキニになることも努力の一つだ思って動いた方が、結局は賢いのではないでしょうか。

 

また、Travis JapanやAぇ! groupも押されているようですが、これらはタキニじゃないという話です。

 

タキニじゃなくても人気があれば押されるということの証です。

 

今回の発言で処分はないと思いますが、ちょっと浅はかだったかなあと思います。

 

◆これも暴露王ガーシーの影響か?

とんでもない爆弾を投下した人出現→ geinou ranking geinou reading

とんでもない爆弾を投下した人出現→ geinou reading geinou ranking

 

※日に焼けたあとは。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ジャニーズ事務所がジャニーズJr.は22歳で終了する制度を導入したことを発表しました。

 

これは実質的なリストラだと言われています。

 

 

 

 

1月16日、ジャニーズ事務所はジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入することを公式サイトで発表しました。制度が適用されるのは2023年3月31日からで、そのときに22歳以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人についてはすでにジャニーズJr.としての活動継続について合意しているとのこと。

 

つまり、Travis Japanやなにわ男子などこの制度が該当するJr.については、たとえ2023年3月時点でまだJr.だったとしても、4月以降も活動が続くということになります。

 

[以下引用]

「年齢制限と言っているが、事実上のリストラ。現在ジャニーズJr.は東西合わせて200人以上いる。芽が出るのはほんのひと握り。エンターテインメント集団として〝精鋭〟を揃えたいという滝沢秀明副社長の意向が働いたと考えられる」  

 

そう語るのは芸能プロ関係者だ。サイトでは「恵まれた環境であるがゆえに、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」と制度化の経緯を報告。  

 

続けて「弊社としましては、ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点からも、このたび、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました」と説明した。  そして「満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします」とした。  

 

新制度は準備期間を経て、2023年3月31日から適用する。

[東スポ]

 

とてもいい制度なのではないでしょうか。

 

東スポでは、Jr.の発掘・育成を一手に引き受ける滝沢さんがかねて「ジャニーズJr.のブランド化」を推し進めてきたものの、現実問題として身一つで200人以上のJr.の面倒、公私にわたる目配りをするのは不可能であるため、「大学卒業と同じ22歳をひとつの区切りにして、ふるいにかける。少数精鋭にして、その分、英才教育を施すつもりなのだろう」と推察されていました。

 

たしかに、記事にある通り、「エンターテインメント集団として〝精鋭〟を揃えたい」というのもあるのかもしれませんが、200人以上のJr.たちすべての将来に責任が持てないというのもあるんでしょうね。

 

Jr.にはコンサートをすればチケットは飛ぶように売れるようなデビュー組よりも人気があるんじゃないかというようなグループがあり、特に滝沢さんがプロデュースするようになってからはデビュー組と何が違うという活躍を見せています。

 

そういうグループ以外もディープなファンは細かく知っているでしょうけれど、ネットには宇宙SixやMADEなどは文春のスキャンダル報道で知った、え、アラサーなの?という声も多くありました。

 

[文春砲]賭博罪で解雇!宇宙Six山本亮太の裏の顔がワルすぎる

 

神田沙也加がジャニーズJr.秋山大河と不倫疑惑!離婚前に交際開始か

 

スキャンダルが報じられた人たちはJr.ですがきちんと舞台の仕事があり、山本さんなんかはかなりギャンブルにつぎ込んでいたようですから、収入もしっかりあったのでしょう。

 

故ジャニー喜多川さんがアイドル活動のメインが舞台だと考えていたということを思えば、たとえずっとJr.でも活躍できる舞台があるなら成功だったのでは。

 

一方で、中途半端のまま退所して犯罪を犯して逮捕される元Jr.も度々報じられますしね。

 

レッスン料は無料だといいますし、きちんと活躍の場は作ってくれ給料も発生しますし、そりゃいつまでも居たいいい場所ですよね。

 

でも22歳という期限を区切ることで、一般社会にいる人達と同様、将来を見据えて何をすべきか考えるようになりそうですね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※手越祐也さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

AKB48の島崎遥香さんとジャニーズJr.の安井謙太郎さんが、インスタグラム上で親密なやり取りをしていた証拠画像がネットに流出したことが騒動となっています。

ranking

[楽天市場]

この記事の続きを読む
今売り出し中のジャニーズJr.でTravis Japanというユニットに参加している森田美勇人さんが、交際女性に堕胎を強要したと週刊文春が報じています。しかも、合わせて未成年飲酒の証拠もあるようで…

 → ranking

※こちらに出演してました。

[楽天市場]

この記事の続きを読む