米倉涼子さんが芸能界から消滅する大ピンチに陥っているようです。

 

3月17日からは、主演ドラマ「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」が、アマゾンプライムで独占配信されますが、すでに「爆死必至!」と言われてしまっているようで・・

 

◆お菓子の新製品ではありません。



 

 

[以下引用]

同作品は、国境を越えて遺体を遺族の元へ送り届ける国際霊柩送還士の姿を描く、1話完結のヒューマンドラマ。主演の米倉は短気だが情に厚い美人国際霊柩送還士を演じるが、実はこのドラマの成功が配信前から危ぶまれているという。

 

「米倉は昨年、ネットフリックスの配信ドラマ『新聞記者』に主演。同ドラマは2019年に映画版が公開され、ダブル主演した松坂桃李とシム・ウンギョンが数々の映画賞を受賞したことから製作が決まったが、全く話題にならなかった。そのため、今作も危ういのでは? とうわさになっているのです」(芸能記者)

 

ご存じの通り、米倉はテレビ朝日系の主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』が代表作。2012年から21年10月期までに7シリーズが放送されたが、いずれも高視聴率で当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった。

 

「ところが、米倉が大門未知子の〝色〟が付きすぎるのを嫌い、テレ朝の新シリーズオファーを再三断っているうちに、潮目が変わってきた。なぜか災難が続き、人気に陰りが見え始めたのです」(芸能関係者)

 

転換点となったのは、昨年9月に発表されたブロードウェイミュージカル『シカゴ』からの降板だった。

 

「主演の米倉は、同舞台を急性腰痛症と仙腸関節障害で降板。また、テレ朝は『ドクターX』のスタッフが手掛けた医療ドラマ『ザ・トラベルナース』を昨年10月期に放送。高視聴率を得たことで、以前ほど米倉に期待しなくなったのです」(同)

 

ただ、そんな米倉にはさらなる逆境が待っているという。

 

「それが過去最大の赤字を出した楽天の経営不振です。米倉は現在、推定8000万円の契約料で『楽天モバイル』のCMに出演中。ところが同社は携帯電話事業縮小のため契約を打ち切られそうな雲行きで、本人はドラマよりもこちらが心配なはずです」(民放関係者)

[週刊実話]

 

米倉さん、今では女優のギャラランキングでもトップに君臨していて、天下のキムタク様をも「超えた!」なんて言われちゃってますけど・・

 

よく考えると社会現象になるくらいの当たり役って、「ドクターX」くらいしかないんですよね。

 

もちろん、過去には様々な作品で主演を務め、しっかりと結果を残してきてはいますが、「ドクターX」がなければ今の地位にはいなかったと思います。

 

つまり、女優イメージが固定されてしまうことを理由に「ドクターX」の続編を固辞した時点で、流れは完全に変わってしまったように思います。

 

彼女自身が思うよりもずっと「大門未知子」は「米倉涼子」と一体化していたと。

 

すでにテレ朝は米倉さんに見切りを付け、他の作品でカバーする方向に動いていますが、今ならまだ間に合うかもしれません。

 

「ワタシ、大門未知子として女優を終える覚悟です」

 

これくらい強い気持ちで望めば、まだ復活できるのでは?

 

正直、「ドクターX」はマンネリ化が進んで飽きられていて、同じくテレ朝の「相棒」と同じく、継続しても視聴率的には今後もジリジリと下がり続けるでしょう。

 

ですが、作品が完全に終りを迎えるまで”責任”を全うすれば、また別の道が拓けてくるような気がします。

 

最近の50代の女優さんたちは若々しく輝いている方々ばかりですし、米倉さんもぜひ泥臭さを恐れずにチャレンジして欲しいところです。

 

◆安っぽい仕事はあまりオススメしません。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※米倉涼子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー