[スポンサーリンク]

 

先日大麻取締法違反で逮捕された元KAT-TUNの田口淳之介さんですが、同じKAT-TUNにコカイン疑惑で逮捕目前だったメンバーがいると報じられています。

 

 

※逮捕された人、逮捕を逃れた人、逮捕されたけど不起訴だった人、がいます。

 

 

逮捕情報が錯綜した元KAT-TUN赤西仁

 

今回逮捕された田口淳之介さんといえば元KAT-TUNメンバー。元KAT-TUNメンバーといえば、退所後の2017年に大麻取締法違反で逮捕された田中聖さんがいます。

 

この事件は当時話題になりましたが、KAT-TUNの元メンバーにはもう一つ薬物関係の事件がありました。

 

[以下引用]

「数年前、田口の元“同僚”だった人物が、警視庁にマークされ、逮捕寸前の状況にまで至ったことがあったのです。容疑はコカイン使用 。実際に捜査員がそのメンバーの自宅マンション に出向き、任意での聴取や家宅捜索も行いましたが、何も物証が出てこなかったため、逮捕は取りやめになりました。その際、『まもなく逮捕』の一報が警視庁の番記者らに流れ、マンション前に多数の報道陣が集まって、 大騒ぎになったのです」(同)

 

結局、この件は事件化する見込みがなかったため、マスコミが報じることもなかった。ただ、あくまで疑惑だとはいえ、こう何度も同じようなスキャンダルに見舞われると、グループ全体に及ぶ悪影響は計り知れないものがあるだろう。

[サイゾー]

 

これもう名前を言っているも同様ですが、赤西仁さんのことですね。

 

2009年、まだ赤西さんがKAT-TUN在籍の頃のことで、マスコミが報じることもなかったとありますが、このサイゾーも報じていますし、大手ということなら週刊新潮も詳細を報じています。

 

「次に逮捕される芸能人」は元アイドルのA!過去に薬物逮捕情報が飛び交ったあの人物か

 

ただし、具体的に「コカイン」という薬物名はなかったと思います。

 

とにかく流れたのは赤西さんが逮捕されたという話で、容疑も定かでないまま、警視庁の捜査幹部に確認しても濁されるのが薬物逮捕の事例のときと重なること、赤西さんが当時のレギュラー番組を欠席したこと、などが逮捕を裏付けるものとしてマスコミを慌てさせたんだとか。

 

赤西さんは当時「赤西軍団」と呼ばれ派手に夜遊びしており、その仲間だった元プロテニス選手宮尾祥慈が薬物で逮捕されていたために、これはホンモノと思われたのもあるのでしょう。

 

 

大麻で逮捕されたけど不起訴になった田中聖

 

ちなみに宮尾さんが逮捕されたときに一緒にいた女性が倖田梨紗さんで、倖田さんは田中聖さんとも2006年ころに交際歴があります。

 

そして田中聖さんも2017年に大麻で逮捕されましたが、使用は陽性だったものの所持が証明できず不起訴になっています。

 

この「使用だけでは逮捕されない」という件について、土田晃之さんが田口・小嶺両容疑者が所持者に関する供述に食い違いがあることと絡めて疑問を呈しました。

 

[以下引用]

両容疑者について土田は「とにかく薬ダメってことでね。これはもうダメ」と断罪。続けて「今回の件で改めてやっぱりさ、前も大麻でって事件があった時、所持していないと(逮捕されない)ってことでしょ。これが一番よく分からなくないですか?」と疑問点を挙げた。

 

「だから最初『私のものです』とか『2人のものです』っていうのが問題になってたんですもんね、今回の事件で。でもこのルールで言うと、使ったらいいわけ?ってことですもんね。でも検査して、使ってたとしても、その時に持ってなかったら捕まらないの?意味わかんないですよね」とまくし立てた。

[スポニチ]

 

使用について処罰規定がない理由についてはこちらに説明があります。

 

若手男性芸能人Xは周囲に大麻を斡旋か。薬物疑惑が浮上した音楽グループメンバーとは

要するに、麻はふつうに使われているものであり、麻農家が揮発したものを吸ってしまったりうっかり自生している大麻を燃やして吸ってしまったり、騙されて吸わされたといったようなケースを考慮しているための規定です。

 

が、今回の田口・小嶺両容疑者のケースのように、明らかに二人で使用しているのに、部屋にあった大麻が小嶺容疑者のものだという主張が通れば田口容疑者は罰せられず、田口容疑者の主張が通ればふたりとも罰せられるというのは意味がわからない、というのはそのとおりだと思います。

 

とはいえ、二人の部屋で二人で使用していた以上、二人のものだと判断されるとは思いますけどね。

 

 

大麻使用を報じられたけれども逮捕されない大野智

 

嵐の大野智さんは2008年に週刊現代が大麻使用を報じられ、今も「大麻くんは大野なんてしない」と揶揄されていますが、たとえあの報道通り使用していたとしても逮捕されないのもこの使用は逮捕されないという規定によるものです。

 

ジャニーズが週刊現代の報道に対して、記事内で否定するも徹底抗戦しなかったのも、あの写真自体数年前のものであり、いま時点で所持・使用していなければどうせ逮捕されることもないし、大ごとにするよりはスルーで、という選択だったのかもしれません。

 

まあその結果、いつまでも薬物のイメージが付いて回っているわけですが。

 

◆うわ~これ何やってるの…大野智大麻疑惑写真

閲覧注意!→ geinou reading geinou ranking

閲覧注意!→ geinou ranking geinou reading

 

今のジャニーズは不祥事が続き乱れてると言われていますが、よくよく考えると、薬物逮捕された倖田梨紗さんと田中聖さんが交際していたのが2006年、度々報じられる中居正広さんの薬物疑惑が2007年頃から、大野さんの大麻報道が2008年、赤西さんの逮捕情報錯綜が2009年、田口・小嶺両容疑者が交際歴12年で小嶺容疑者が10年ほど前からマークされていた、さらにとなると、その頃のジャニーズも相当荒れていたんでしょうか。

 

東京五輪が終わったら現役アイドルが逮捕される、なんて噂もありますし、それがもしジャニーズなら…まだまだ荒れた時代が続きそうですね。

 

現役アイドルが薬物逮捕か。仕事が一区切りついたら、という謎の気遣い

※このことも嵐休業の遠因だったのかも…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング