[スポンサーリンク]

 

曲の提供も行い希代のヒットメーカーと言われるベテラン歌手に薬物疑惑が報じられています。

 

 

 

 希代のヒットメーカーであるベテラン歌手Xへの薬物疑惑

 

[以下引用]

ある芸能関係者が言う。

 

「このXは、自ら歌うだけではなく、作詞作曲も手掛け、希代のヒットメーカーとして知られています。時代を代表するような名曲も生み出し、あるミュージシャンに提供した楽曲は、ミリオンになったこともある。そんなXが“シャブ中”なのは業界で知られています」

 

Xは現在も音楽活動を続けており、最近も某芸能人に楽曲を提供している。もし逮捕されれば大騒動になるのはもちろん、違約金なども莫大なものになるのは必至だ。

(中略)

「内偵捜査が始まっています。このXの親友も覚醒剤で逮捕されていて、確実に包囲網は狭まっている。すでに、Xが出したゴミの中から使用の証拠となるようなものを押収しているそうです」

[東スポ]

 

Xの条件を整理すると、

・シンガーソングライター

・時代を代表するような名曲も生み出している

・あるミュージシャンに提供した曲はミリオンに

・現在も音楽活動は継続中

・最近も某芸能人に楽曲を提供

・親友も覚せい剤で逮捕されている

くらいでしょうか。

 

 

 ベテラン歌手Xとは誰か

 

[スポンサーリンク]

 

ネットでは槇原敬之さんの名前が上がっています。

 

確かにSMAPに提供した「世界に一つだけの花」はミリオンですし、最近も木村拓哉さんに楽曲提供していますし、その他諸々条件が合致します。

 

槙原さんは1999年に覚せい剤とMDMAの所持で逮捕歴があるために、きっとこの疑惑は一生ついてまわるんだと思います。残念ですが。

 

もう20年経つのに、とも思いますが、その1999年の逮捕時に一緒に逮捕された「親友」が2018年に再逮捕されているんですよね。

 

「ホンボシは槇原敬之」「大物女性芸能人に薬物疑惑」…金太郎こと奥村秀一の再逮捕で揺れる芸能界

だから再燃してしまっているんだと思います。

 

逮捕後もすぐ近くに一緒に薬物を使用していた人がいて、その人が再度薬物に手を染めても「自分はやらない」を貫けるものなのか、と。

 

かなり屈辱的なことだと思いますが、何度も逮捕されている清水健太郎さんや田代まさしさんのような例がありますからね。

 

それが一度手を出してしまった人に対する目なのかもしれません。

 

五輪イヤーである今年、例年以上に芸能人の逮捕に力が入れられると言われていますが、さて第一号は誰になるでしょうか。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※槇原敬之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング