[スポンサーリンク]

 

昨年『おっさんずラブ』で大ブレークを果たした田中圭さんに業界内で悪評が出ていると報じられています。

 

※秋元康アレルギーをちょっと我慢したら、おもしろかった

 

 

[以下引用]

「元々は若手俳優の中でのバイプレイヤー的ポジションだったこともあり、どんな役でも受けてくれる俳優さんというイメージで、だからこそ重宝されていた。でもブレークしてからは、主演クラスでの起用が増え、役どころもイケメン系が多くなってきた。それに伴って所属事務所も田中圭を“主演級俳優”として扱うことが増えてきて、制作サイドとしては気軽にオファーしにくくなっています」(テレビ局関係者)

 

実際に田中圭は主演クラスになったのだから、事務所がそっちにシフトしても問題ないはずなのだが……。

 

「脚本に文句を言うようなことはさすがにないのですが、メディアに対してはちょっと冷たい印象になってきましたね。雑誌の撮影なんかでも基本的に“キメキメ”なポーズを指定されることが多かったり、NG項目が増えていたりと、微妙に“面倒くさい俳優さん”になってきた印象です」(メディア関係者)

[サイゾー]

 

前半は仕方ないですよね。

 

田中さんは何年も脇役俳優で頑張ってきて、連ドラも何クールも連続で出演し、実績を積んだところで『おっさんずラブ』でブレークしました。

 

積み重ねたものがあってのことで、ある程度は仕方ないんじゃないかと思うのですが、似たような流れをたどっていたのが高橋一生さんだったとか。

 

高橋さんもバイプレーヤーとして数々の作品に出演していたところで突然大ブレークを果たしましたが、その後メディア露出を控えるようなこともあり掲載を断られた媒体からブーイングが出るようになり、業界内の評判が落ちてしまったそう。

 

◆高橋一生の世間の評判がガタ落ちになった原因は

こういうところ→ geinou ranking geinou reading

こういうところ→ geinou reading geinou ranking

 

※視聴率は低かったですがレビューはいいです。

[Amazon]

 

一方で、もう一つの細かい注文が増えてきたというあたり。

 

イケメン風ってこんな感じのポーズですかね。

 

[amazon]

 

まあ、こういう感じの記事が出たのは初めてではありませんし、出る杭は打たれる的なものもあるかとは思います。

 

田中圭、取材で悪態ついて現場評低下中!人気が出て天狗化の噂

 

自らのデキ婚について「選択肢はいろいろあった」なんて言ってバッシングを受けたこともありますし。

 

最低!田中圭の大失言でブレイクは一瞬で終了か

 

ただ一方で、こんな業界の話も。

 

[以下引用]

「とある撮影現場で田中さんと一緒だったんですが、カメラが向けられている時はちゃんとしていますが、一旦オフになると完全に笑顔もなく、疲れ切っている様子なんです。元々すごく明るいタイプで、現場のムードメイカーのような存在だったのに、今はその欠片も見られない。ちょっと過労気味なのではないかと心配されています」(制作会社スタッフ) 

[サイゾー]

 

昨年末あたり、田中さんは自分の天狗評を知っていて、「僕は何も変わっていませんので、上からガンガン言っていただけますと助かります」とコメントしていました。

 

まあどっちが正しいのかわかりませんが、なかなかこういうふうに言える人っていないかなと。

 

本当にいけ好かない感じなら自然と消えていくのでしょう。

 

◆田中圭に神童と呼ばれた過去

そこから一転したのは…→ geinou ranking geinou reading

そこから一転したのは…→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※田中圭さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング