1990年にデビューし今、旬を迎えた高橋一生さんですが、非常に気の毒なトラウマがあると報じられています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

トラウマその1・SNS

 

先日EXILEの所属事務所幹部との離婚を発表した尾野真千子さんは、尾野さんがブレークした2012年のNHK朝ドラ『カーネーション』の頃、同棲していました。

 

それが発覚したきっかけが、『カーネーション』のクランクアップ後、尾野さんと高橋さんがそれぞれツイッターに上げていた鍋の写真です。

 

なんとふたりとも同じ鍋の写真を上げていて交際が発覚。

 

[以下引用]

「Twitterが原因で交際が発覚しまったということで、高橋はSNS恐怖症になったといわれています。実際、この件があってからSNSは一切やらなくなった。ネットに対する苦手意識が芽生えてしまったようですね」(芸能記者)

[サイゾー]

 

尾野さんも高橋さんも『カーネーション』以前は実力派俳優として評価はありましたが地味な存在でしたから、その前なら同じ写真を上げたところで注目もされなかったのでしょうけどね。

 

ということで、高橋さんは「氷結」の公式アカウントでインスタをしていたことはあるものの、プライベートのSNSは一切していないとのこと。

 

SNSをしないのがトラウマが原因なんだとしても、高橋さんのような俳優があんまりプライベートを明かすのもどうかと思うので、これはこれでよいのでは。

 

 

※高橋一生さんが脇役でいい味を出していた頃。[楽天市場]

 

 

 

トラウマその2・尾野真千子

 

[以下引用]

「尾野はその後、星田英利(当時の芸名は、ほっしゃん。)とのデートが幾度となく報じられるのですが、どうやら高橋と同棲している期間にも、ほっしゃん。と会っていたらしい。つまり、二股をかけられていた可能性があるということです。その疑惑も尾野と高橋が別れた原因のひとつになっているみたいですし、何もかもが嫌な思い出のようですね」(同)

[サイゾー]

 

尾野さんはほっしゃんと『カーネーション』で共演し出会い、同年6月にほっしゃんとのデートが報じられていますが、高橋さんとの同棲再開から間もなくのフライデーですから、衝撃だったでしょうね。

 

当時の報道だと、尾野さんと高橋さんは長く交際しており、『カーネーション』の撮影が大阪だったから遠距離恋愛で、撮影が終わって同棲を始めたということでした。

 

ということは、いずれ結婚も考えていたかもしれません。

 

それが、遠距離恋愛の後に別の男性に心が移ってしまったということなら、それはトラウマにもなるかも。

 

とはいえ、そんな過去があっての今ですから。

 

高橋さんにとっては何らかの意味があったんでしょうね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからネタバレちゃんねる

※高橋一生さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング