パンくずリスト
  • ホーム
  • 赤江珠緒
タグ:赤江珠緒

 

テレビ朝日の『報道ステーション』メインキャスターである富川悠太アナウンサーの新型コロナウィルス感染が発表され、発症後も通勤していたことが明らかになり動揺が広がっています。

 

そんな中、赤江珠緒さんがラジオ番組を急遽自宅からの出演に切り替え、その理由をテレビ朝日社員の夫が新型コロナウィルス感染者特有の症状を訴えPCR検査の結果待ちだと説明し話題になっています。

 

 

 

 

 赤江珠緒の夫が新型コロナウィルス感染の疑い

 

[以下引用]

夫の職場で新型コロナウイルスの陽性反応者が出たといい、さらに夫にも感染者の典型的な症状が出始めたという。「夫もこの週末に体調を崩しまして、朝に微熱が出て、夜になると高熱、8度5分ぐらいになる感じが続いて。『味も(感じない)』と言い出したので、これはまずいなと」と状況を説明。夫は病院でCT検査を受けたところ、軽い肺炎の症状があったといい、現在はPCR検査の結果待ちという。

 

赤江は「4日くらいしないと結果が分からないらしいんです。状況とかを聞いていると、『かかっているんだろうな』という感じではある」と話し、大事をとってこの日はスタジオ出演を見送った。

[スポニチ]

 

朝は微熱、夜が高熱、味覚の異常…そして肺炎。

 

新型コロナウィルスに感染した場合の特徴的な症状とあって、赤江さんと2歳の娘さんも自宅にこもっている状態とのこと。

 

検査の結果が出るまで4日ほどということですが、CT検査すれば、一般的な肺炎なのかコロナの肺炎なのか、ほぼ分かるようですね。

 

あとは、赤江さんとお嬢さんの感染が気になるところですが…

 

 

 赤江珠緒の夫はテレビ朝日勤務

 

[スポンサーリンク]

 

赤江さんのコメントで気になるのが、「夫の職場で新型コロナウイルスの陽性反応者が出た」という点。

 

赤江さんの夫はテレビ朝日勤務で、2008年に結婚した時点では報道局ディレクターとありました。

 

異動がなければ今も報道局勤務で、発症した富川アナの濃厚接触者であった可能性は高いです。

 

テレ朝絶望的か。富川悠太アナの新型コロナウィルス感染後の行動歴がやばい

 

デイリー新潮によると、新型コロナウィルスの影響で現在報道番組の視聴率はうなぎのぼりで、富川アナの『報道ステーション』も20%を超える日もあったほどだとか。

 

もともとテレビ離れが進みジャンルを問わず低迷する中、報道関係はチャンスとばかりに現場の熱量もかなり上がっているようですね。

 

[以下引用]

「もちろん出勤の自粛とかはしているし、ウェブでデスク会議をやったりしてはいますが、結局は顔を合わせて打ち合わせしようよ、となります。その際にはいつも通り、狭い部屋に距離を空けずに10人、20人と座って、マスクを外したりして長時間あれこれと話すわけです。そこにキャスターがいたりしますけれど、特別に他のスタッフらと離れて座ることなんてないですよ」

 

「密閉」「密集」「密接」の三密そのもののようだ。

 

「役員クラスから“テレビに映っているときは距離を離すように”というお達しが出ていて、仕方なくそれに従っていますけれど。実際に打ち合わせの現場はコロナ禍の常識と比べれば本当にヒドいものです。ご都合主義で視聴者に見えているところだけ取り繕っている。テレビ的だと言ってしまえばそれまでですが、全く意味がありません」

[デイリー新潮]

 

つまり、見た目だけキャスターの距離を取り「対策してます」といわんばかりでも、本当の意味ではノーガードに近いかたちだったと。

 

それで富川アナは発症後も通勤していたわけですから…

 

当初の発表では関係者に体調を崩した人はいない、ということでしたが、既に森川夕貴アナが10日を休んでいることで感染が疑われています。4月9日にはSEの30代女性の感染を発表しています。

 

富川アナコロナ感染のニュースは他局は多くの時間を割いて放送したものの、テレ朝は必要最低限という感じだという指摘もありますが、もしもクラスターが起きていた場合、ちゃんとそれを報じるのでしょうか。

 

ボヤっとした情報しか公開しないと憶測を生み混乱します。

 

『報道ステーション』という番組でそんなことが起きないよう、きちんと報道してほしいものです。

 

◆え、ほんとに?

富川アナの名付けセンス→ geinou ranking geinou reading

富川アナの名付けセンス→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※徳永有美さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

フライデーが報じた博多大吉さんと赤江珠緒さんのW不倫疑惑スキャンダルは、赤江さんがフライデー前日に事情説明するなどスクープ潰しに動いたものの、内容がアウトだと話題になっています。

 

 

※記事について触れるなら、大吉さんの家族にも気遣いしないと

 

 

フライデーによると、二人は4月上旬の金曜日、青山霊園で待ち合わせ、近くの高級イタリアンへ。2時間ほど食事をした後に、公園内をブラブラ散歩し、芝生に腰をおろし、それぞれのバッグを枕代わりに寝転び、時々見つめ合うように言葉を交わしながら1時間ほどまったり過ごしていたよう。そして立ち上がったときには、大吉さんは赤江さんのコートについた草を手で払うなど、優しい気遣いを見せていたとのこと。

 

まあ、ラジオは8年続いており付き合いも長いですから、洋服に草がついていれば払うくらいのことはするかもしれませんが。

 

そもそも40代の既婚者同士が芝生に寝転んでいること自体が、特に妻目線では「同性・異性問わず仕事仲間と寝転んだりしない」「相談を持ちかけ距離を詰めてくるの怖い」と拒絶の声が上がっています。

 

また、まったりしていた時間について、赤江さんが前日のラジオで行った釈明では30分くらい次の仕事まで時間があったので、ということだったのにフライデーは1時間と報じていて、赤江さんとの食い違いがあることも批判の的になっています。

 →赤江珠緒が博多大吉とのダブル不倫疑惑を事前釈明

 

 

[以下引用]
「周知の通り、二人にはそれぞれ家庭がありますよ。大吉は2007年に同じ九州出身の一般人女性と結婚しています。大吉が若手の頃から付き合っていた女性で、12年間にも及ぶ交際の末のゴールインでした。現在は都内で一緒に暮らしています。まぁ彼はあの通りの親しみやすい性格ですから、女優からアナウンサーまで、とにかくよく飲みの誘いを受けているようです。ただ、『あさイチ』を始めてからはスキャンダルを避ける意味でも、誘いはほとんど断っていると聞いていました。それに、赤江アナもテレビ朝日の社員と2008年に結婚している。2017年には待望の第一子を出産して、いまでは超がつくほど子煩悩なママとして通っているはずだったのですが…」(テレビ局関係者)

[フライデー]

 

大吉さんは『あさイチ』を始めるにあたり、NHKから「遅刻と不倫はやめてください」と注意されていたために誘いを断っていたんでしょうに、赤江さんの誘いはのってしまったんですね。

 

赤江さんが昨日『たまむすび』で今回の記事について触れたときには、たまむすびでいろいろあるため相談したくて大吉さんに時間を作ってもらった、と説明していました。

 

※ピエール瀧容疑者の件でも相談したかった?

[Amazon]

 

しかしフライデーによると、二人はこの4日前の19時頃にも、西麻布でテレビ局関係者に極秘密会が目撃されていたとのこと。

 

ふたりともマスク姿だったのが目を集めたようで、肩を寄せ合って笑顔で語らう様子は恋人同士のオーラが出ていたものの、このテレビ局関係者の視線に気づいてからはササッと離れたそうです。

 

赤江さんはフライデーの記事についてすべて本当だと言っているので、この西麻布のデートのことも本当ということなのでしょう。

 

整理すると、月曜は19時頃西麻布でデートし、水曜は『たまむすび』で共演、『たまむすび』オフの金曜は青山でランチデートと、週に3回も会っていたことになりますが、そこまで相談したいことってなんでしょう。

 

ちなみに今日の『あさイチ』での大吉さんは、声がガラガラでした。特に赤江さんとのことに触れるでもなかったことが逆に事の深刻さの表れのような気も。

 

来週の水曜日の放送では渦中の大吉さんも出席の元事情説明があるということですが、うまくやらないとふたりとも今後の芸能生活がピンチになりますね。

 

◆赤江珠緒のこの発言に世間はドン引き!

ピエール瀧が…なんだって?→ geinou ranking geinou reading

ピエール瀧が…なんだって?→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※赤江珠緒さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

明日発売のフライデーが「博多大吉&赤江珠緒、芝生のベッドで寄り添う」というタイトルで、博多大吉さんと赤江珠緒さんの「親密」な関係を報じるようです。

 

これについて、赤江さんがラジオでコメントするというまさにスクープつぶしが行われました。

 

 

※44歳だそう

 

 

[以下引用]

フリーアナウンサーの赤江珠緒(44歳)が4月18日、ラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)に出演。同番組の水曜パーソナリティである博多大吉(48歳)と寄り添っているところを写真週刊誌「FRIDAY」に撮影されたと明かした。

 

赤江は「きょう来るのも恥ずかしいという写真が出ます」と笑いながらコメントし、雑誌のタイトル「博多大吉&赤江珠緒、芝生のベッドで寄り添う」と読み上げ、「中年の男女の話ですみません。書いてあることは事実です」と認めた。

 

赤江によると、大吉と番組の今後について話し合いや相談をしていたが、いつも大吉におごってもらっていたので、代わりに赤江がランチをご馳走したという。食後に桜がきれいだったので、花見をしていたところを撮影されたと語り、「怒られました、色んな人に。家族とか、うちの旦那とか」と明かした。

[ナリナリドットコム]

 

赤江さんによると、「たまむすび、色々ありまして。今後どうするかと話し合って相談しようとなってまして」と大吉さんに相談、NHK『あさイチ』終了後、次の仕事まで時間があるタイミングでランチをしようと持ちかけ、食事後まだ仕事まで時間があったため、ちょうど満開の桜を見ながら話をしたと、それ以上の話については、水曜レギュラーの大吉さんが来た時にまた話すと約束していました。

 

書いてあることは事実無根ではなく「事実有根」とのこと。

 

それにしても「相談がある」と持ちかけた結果、花見まではともかくとして「芝生のベッドで寄り添う」ってどんな事態でしょう。人もいる昼間の公園だからいいかと思ったとも話していましたが、旦那さんには「ダメだって。どう見ても怪しく見える」と言われたということなので、大吉さん、赤江さんふたりとも軽率でしたね。

 

フライデーの写真と記事の内容を見ないとわかりませんが、こうやって事前にあけっぴろげに話しちゃえばいい、みたいな感じは、ネットではあまり受けがよくありません。「サバサバ系」かつ「相談女」であった赤江さんは妻側からすれば厄介なタイプだという指摘も。

 

※ランクインするかも

[Amazon]

 

週刊誌がスクープを出すときは事前に当事者に記事内容を確認するのが「紳士協定」だといい、報じられる当事者は事前に内容を知っているそうです。

 

で、前日には中吊り広告が出ていますから、内容がショッキングであればちょこちょこ噂になり始めるものではあります。

 

しかしこれまでも当事者が報道前に謝罪したり、事務所と関係の良いスポーツ紙に事前に報じさせて衝撃を和らげる「スクープ潰し」はありましたが、ここまで当事者が堂々とスクープにふれるとは。

 

赤江さんはフリーですし派手に仕事しているわけではないので週刊誌なんて怖くないのかもしれませんし、明日報じられるのを知っていて、大吉さんには毎朝のレギュラー『あさイチ』があるし迷惑を掛けたくないという思いだったのかもしれませんが。

 

いずれにせよ、報じる側、今回でいうとフライデーからしたらたまったものではありません。

 

フライデーがたまたま巡回中に二人が寝そべっているのを見つけたり、食事の時点で周囲の客がフライデーに連絡したのかもしれませんが、以前からあやしいと噂があってフライデーが張っていた場合、今回のスクープ潰しの仕返しで、逃げられない事実を突きつけてくる可能性もあります。

 

2008年に結婚し、結婚9年目に待望の第一子長女を出産したばかりの赤江さん。

 

明るいサバサバ系キャラで人気でしたが、今後は厳しくなるかもしれませんね。

 

◆フライデーのラッキースクープといえばこれ

有名女優と俳優が…→ geinou ranking geinou reading

有名女優と俳優が…→ geinou reading geinou ranking

 

※大吉さん、調子乗ってるって言われてます

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※赤江珠緒さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ちょうど一年前にスタートしたテレビ朝日の『モーニングバード』は、日テレを退社したばかりの羽鳥慎一さんをMCに起用して話題でしたが、このところの視聴率は3~5%と低迷しており、NHKも含め同時間帯の5位と勢いがありません。

そのため、10月の改編で大規模なリニューアルを行い、赤江珠緒さんに代わり夏目三久さんを起用することが内定したとか。

ranking

※夏目さんの魅力を引き出すマツコさんの本[amazon]
愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡 [単行本] / 中村 うさぎ, マツコ・デラックス (著); 毎日新聞社 (刊)

愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡 [単行本] / 中村 うさぎ, マツコ・デラックス (...


この記事の続きを読む