タグ:福田萌の記事一覧

タグ:福田萌
福田萌の涙ぐましい小銭稼ぎ。夫・中田敦彦がミニマリストに変貌で収入激減か

[スポンサーリンク]

 

オリエンタルラジオの中田敦彦さんの妻・福田萌さんが4月28日にブログを更新し、5月から友達作りの一環としてオンラインサロンを始めることを発表しました。

 

月々の利用手数料を取るというそのオンラインサロン開設に、ネット上では「旦那の露出が減ってきたからお小遣い稼ぎしたいのかなw」と冷やかす声が続出しているんだとか。

 

 

※中田さん、ミニマリストになったんですね

 

福田萌のオンラインサロン開設

 

[以下引用]

この日、福田はブログで、ゴールデンウイーク中はなかなかママ友を遊びに誘えない悩みを告白。

 

《平日はいいけど、土日はどのご家庭にとっても神聖な感じがしてしまい、気後れしてしまい今に至ります》

 

と、結局いつものように近所の公園やスーパーなどをウロウロしていることを明かした。

一方で夫の中田はというと《最近はYouTubeに精力を注いでいるようで楽しそうw》と説明。そんな忙しそうな中田を尻目に、福田は子どもと何をしようか悩んでいるようだ。

そこで、福田は〝ママ友作り〟を目的として『オンラインサロン』を開設することを報告。

 

《『今日はこんなことした』とか、『このドラマ面白いよね』とか、そんな些細なことも言い合えてホっとできたら。誰かに話を聞いてもらえるだけでうれしかったりしますよね? そんな場所になればいいな》

 

などと考えたようで、最後には、《ぜひ私と友達になってください!(切実。笑)》と訴えた。

 

旦那の露出が減ってきたから?これを見たネット上では、呆れる声が続出。

《なぜお金払ってこの人にお友達(有料)になってもらわないといけないのか》

《オンラインサロンって有料でしょう? 友達から金徴収しますか?》

《旦那の露出が減ってきたからお小遣い稼ぎしたいのかなw》

《ママの無料のサイトなんていくらでもあるよ》

《ネット上のコミュニティーなんていくらでも無料で作れるのにわざわざ会費取るなら口で何を言おうと目的は1つだよね》

などと、単なる金もうけだと思われてしまった。

[まいじつ]

 

福田さんがSNSで明かしたところによると、SNSでオープンに発信すると炎上のもとになることに疲れたんだとか。

 

そんな中、オンラインサロンを2つ運営している中田さんを身近で見てきて、ある程度クローズした中での議論が有意義であることを実感し、オンラインサロンを始めることにしたそう。

 

唯一のルールが「否定しないこと」ということで、まあ何かと否定されて辛かったであろう福田さんの気持ちが現れているというか。

 

ただまあ、自分を否定されるのが辛いのはわかりますが、他人の意見を聞くことも大事だと思います。

 

福田さんは以前、自身の英才教育に対する考え方をそれだとニート一直線だと全否定されたことがありました。

 →福田萌の英才教育を専門家が全否定

 

 

それをそのまま受け入れるかは別にしても、自分の考えに固執して邁進して、その結果お子さんが思わぬ方向に進むより、一度考えるチャンスをもらえて良かったんじゃないかと思いますけどね。

 

ネットで炎上すると、確かにただの悪意じゃないかと思う意見もありますが、それだけじゃなく、そういう考え方もあるんだなと勉強になることもあると思うのですが。

 

まあ、サロンでは優しさに包まれたいということでしょうか。

 

 

小銭を稼ぎたい福田萌?

 

ちなみに福田さんのオンラインサロンは月額500円。

 

ご自分でもDMMオンラインサロンで開設されているサロンの中で最も低額ラインだと言ってますが、そうなんでしょうね。

 

有名どころである堀江貴文さんは月額税込み10800円で、これはまあ最も高額ラインでしょうね。現在の会員数は1226人で、DMMは利用手数料を公開していませんが、他社の例と比較し20%くらいではと言われていますが、この会費だけでずいぶん稼いでます。

 

他に、キングコング西野さんは税込み1000円、福田さんの夫・中田敦彦さんは月額5980円のものと1000円のものの2種類。

 

と考えれば、福田さんの500円は己を知っているというかなんというか。

 

DMMは開設は無料でも規模により手数料を取るようなので、タダというわけにもいかないんでしょうしね。

 

500円というのは月刊誌1冊の値段を参考にしたということですが、ネットの利点の一つが「無料」と考える人や、「お友だち」を切実に求めている風なのにお金を取るというのはちょっと、と思う人がいても仕方ないような。

 

そしてこの背景には中田さんの変化があるそうで。

 

[以下引用]

「夫の中田は最近、『そんなに稼がなくても生きていくだけなら今の金額でも十分』と、すっかりお金に執着しなくなったみたいですよ。そのおかげか、普段着は4着だけ、外出時は財布とスマホのみという〝ミニマリスト〟に変貌を遂げました。住んでいたマンションは3LDKから2LDKのマンションに引っ越したそうですが、その際、妻の福田から『3Lないと不安』とため息をこぼされたらしいです。今回、福田が有料のオンラインサロンを開設する目的は、徹底的に節制する中田から十分な〝お小遣い〟をもらえていないから… 自分で稼ぐしかないと思い切ったのでしょうね」(芸能ライター)

[まいじつ]

 

家族4人で2LDK、しかも子どもの性別が男女で違い、上の子が6歳というと、何も敢えて3LDKに引っ越さなくても、という気はしますが…

 

つい先日、アクセサリーを13万円、なんてことのないTシャツを10000円で売っていたことが話題だったのに、そんなミニマリストになっていたとは。

 →中田敦彦がゲス化しすぎ

 

中田さんの場合、公の場に出るときはスタイリストがついたりレンタルで衣装が用意できるんでしょうから、私服が4着でもまったくもって問題ないのではと思いますが、お子さんや福田さんはそういうわけにもいかないような。

 

また、「信者」の皆さんはどうされてるんでしょうね。断捨離の結果、幸福洗脳Tシャツは残っているのでしょうか。

 

ちなみに今も中田さんのサイトでは「御神体勲章」とやらが12360円で売っています。どのくらい売れているのかわかりませんが…。

 

いずれにせよ、福田さんはラクじゃないだろうなと、少し同情してしまいました。

 

500円のオンラインサロン、繁盛するといいですね。

 

心配なのは、オンラインサロンをしている間のお子さんです。

 

平日はリアルな友だちと仲良くしているようで、土日が誘いづらい、ということでしたから、オンラインサロンは土日メイン、しかも誘いづらいリアルな友人たちの代わりにお話しましょうと言っているからには日中に活動するんだと思うのですが、お子さんもいる時間帯にどうやって?

 

インテリ婚を果たした二人の今は、幸せなのでしょうか。

 

◆中田敦彦・福田萌の引き出物に

ドン引き→ geinou reading geinou ranking

ドン引き→ geinou ranking geinou reading

 

※ママ友、なりたい?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福田さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

インテ離婚フラグ。中田敦彦「妻・福田萌が我儘になったので良い夫をやめた」←父として無責任な件

オリエンタルラジオの中田敦彦さんが日経デュアル福田萌さんとの夫婦関係を赤裸々に暴露して話題になっています。

 

「(自分が夫としてやってきたことは)真逆だったのかもしれない」と、「良い夫をやめた」と言うのですが、要するに、良い夫として妻である福田さんの希望をどこまでも受け入れ続けていたら福田さんが助長したので良い夫をやめるということのようです。

 

 

 

 

 

中田敦彦の主張

 

日経デュアルに掲載された中田敦彦さんのコラム全文はこちら

 →方針変更!「良い夫」やめました

 

ながーいのでまとめると、妻の福田さんに「ワークライフバランスは?」「子育て手伝え!」と言われた中田さんは、拘束時間の長い仕事をセーブする一方で物販サイトを立ち上げ、在宅時間を増やしながらも収入も増やす、という「無理ゲー」に成功。

 

家にいる時間が増えたことで、家事育児をシェアでき大満足だったのに、福田さんからは「もう耐えられない」「あなたは一切変わっていないし、ただ成功したいだけの人」とカウンセリングを受けることを要求され、カウンセラーに言われて気付いたのが「妻に全部合わせてきたことが良くなかった」ということ。

 

中田さんが良い夫になりすぎた結果妻がマヒしてしまい、「あなたはこれをしてくれなかった」といわゆる「くれない族」になった、自分自身についても「無意識に『いい夫であろうとするフィルター』が働いていた」と分析。

 

「良い夫」としてやってきた仕事が終われば直帰、帰り時間などのこまめな連絡、在宅時間を意識的に増やす、朝早く起きることなど一切やめたそう。

 

「離婚してもいい」という立ち位置でもう一度見直してみないか?と話し合う中で、仕事が好きで稼ぐことが得意な男を夫に選んだのだから、「キミが負担に感じていることがあるなら、僕の利益で家政婦さんやシッターさんにアウトソーシングしてはいけないの?」とも提案し、結果福田さんから「これまでの自分の対応を反省している」といった趣旨の手紙をもらい一件落着した、というのが中田さんの主張でした。

 

 

「良い夫」だけでなく「良い父」も放棄?

 

福田さんはこの件につきツイッターで、

 

一方の私も「良き妻、良き母」像に縛られていたんだなぁって思います。料理も家事全般も完璧、子育ても完璧な人。話し合いの中で、「料理なんて誰でもできることをやらなくていいよ!」って夫に言われ、ほっと解放されました。

 

要求がエスカレートして、夫への態度が悪かったのは本当に申し訳ないとしか…笑。子供にはすっごい感謝したり褒めてたのに、夫への感謝、賞賛はなおざりにしてました。私が完全に夫に甘えてました。

 

とコメント。

 

夫婦のピンチも解決してよかったね、というところなのですが…

 

お金で楽になり喧嘩が減り笑顔が増えるならそれはそれ。実際、「我が家も家事育児を夫婦2人で回すのには限界を感じて、週に1回、料理を作ってくれる方を入れることにしたらかなり楽に」ともツイートしているので、潤沢なお金を有効に使えるようになったようです。

 

◆恐怖…ジップロックでグラタンを作る女・福田萌

マジです→ geinou reading geinou ranking

マジです→ geinou ranking geinou reading

 

ちなみにそのお金は、最近は中田さんが半ば教祖化して稼いでるようですね。

 →中田敦彦がゲス化しすぎてやるせない

 

「家事育児を夫婦2人で回すのには限界」って一般の共働き世帯はどうすりゃいいのとは思いますが、まあ一般と比べてもいけないんでしょう。

 

本人も認めてますし、福田さんが図に乗っていたのは確かなのでしょうし、それを助長したのは中田さんなんだと思います。

 

しかし、中田さんは「良い夫やめる」でマメな連絡を止め早起きも止め在宅時間を意識的に長くすることも止めたそうですが、同じことを妻がやったら大問題じゃないですか。

 

性別に関わらず人には特性があり、父母がまったく同じことをする必要はないとはいえ、やることが極端すぎます。帰宅予定の連絡とか朝の子供の準備の手伝いとか、一緒に暮らす人として、夫だけでなく父として至ってふつうのことですよね。

 

結局、中田さんにとっては家事育児は福田さんの仕事、自分はあくまで手伝ってあげてる、という意識だったのかなと思います。

 

ながーい記事にあった福田さんとのトラブルも、要するに会話不足なんじゃ、という部分もありましたし。

 

そんな中田さんは大前提として、「夫婦関係、親子関係は、絶対に維持しないといけないものではない」と位置付けた、つまり離婚もあり、親権もいらない、として福田さんと話し合ったといいますが、なんだかあまりに冷たいというか他人事というか脅迫じみてるというか。

 

これまでさんざん「#ウチの嫁は可愛い」とインスタにアップしてきたのに怖いなあ、と思いますが、所詮夫婦のことなので他人はわかりません。

 

ただ、結婚した時二人は「インテリ婚」と称しネットでは「いつかインテ離婚」なんて言われていたことを思い出しました。

 

 

◆中田敦彦・福田萌の引き出物に

ドン引き→ geinou reading geinou ranking

ドン引き→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福田萌さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

福田萌が毒嫁認定!中田敦彦が「GPSで監視、小遣い3万円」と告白

オリエンタルラジオの中田敦彦さんがイベントに出席した際、福田萌さんとの結婚生活について「小遣いは3万円で、GPSで監視されている」と話したことで、福田さんの評判がまた落ちています。

ranking

[楽天市場]

この記事の続きを読む

代表例は工藤静香!子どもの高学歴化に鼻息荒いママタレ

このところ高学歴ネタで炎上が続いている福田萌さん。長女への教育熱心さでも知られていますが、福田さん以上に子どもを高学歴にすべく鼻息荒くしているママタレがいるんだとか。

ranking

※この本が売りたかっただけなんです!?

[楽天市場]

この記事の続きを読む