タグ:福士蒼汰の記事一覧

タグ:福士蒼汰
一体何度目の崖っぷち?福士蒼汰、低視聴率続きで次が最後のドラマ主演か。

[スポンサーリンク]

 

10月クールで菜々緒さんと共演し『4分間のマリーゴールド』に主演することが発表された福士蒼汰さんが、26歳にしてもう数度目の崖っぷちを迎えていると報じられています。

 

 

※イケメンさにも最近は疑問の声が

 

 

福士蒼汰の輝かしくない過去

 

スカウトされ芸能界入り、2011年には『仮面ライダーフォーゼ』でリーゼントの仮面ライダーを演じ、NHKの朝ドラ『あまちゃん』の種市先輩でブレイク、綾瀬はるかさん主演の『きょうは会社休みます』でも良い評価を得ていた福士蒼汰さん。

 

しかし初主演ドラマ『恋仲』は月9としては史上初の一桁スタートで

 

史上初!月9なのに一桁スタート!福士蒼汰、本田翼「恋仲」が初回視聴率9.8%の大爆死

 

『お迎えです』もスタートこそ10%をギリギリ超えましたが、最終的には7.9%。さらに『愛してたって秘密はある』も8.9%で、当然のように主演俳優失格、脇役俳優へと囁かれ始めたのが2016年のことでした。

 

 

福士蒼汰の主役俳優人生が終了。主演ドラマが低視聴率連発で、今後は脇役俳優として生き残りを模索することが決定的に

 

 

[スポンサーリンク]

 

今回こそ最後の 崖っぷち?

 

にもかかわらず、映画の主演は続き、今回10月期からのドラマ主演が発表されるという今の状態は、実は相当追い詰められているよう。

 

 

[以下引用]

「若手の場合は、ある程度は大目に見てくれますが、テレビ業界では主演したドラマが2作続けて不振だった場合、当分“主演オファー”が届かなくなるのが一般的。そのためもあってか、福士の所属事務所では、ドラマ出演を封印し、昨年は映画に専念させました。ところが、主演した『曇天に笑う』『BLEACH 死神代行篇』『旅猫リポート』の3作が、いずれもコケてしまいました。ドラマも映画も振るわないとなれば、『主演にふさわしいのか?』との疑念もわいてきます。『4分間のマリーゴールド』は、そんな中での2年3カ月ぶりの連ドラ主演。今の福士はまさに“崖っぷち”で、この作品もコケてしまうようなら、いよいよ“主役級俳優”から外されてしまうでしょうから、正念場です」(芸能関係者)

[サイゾー]

 

 

3年前の崖っぷちも映画主演でスルーしようとしたのにやっぱりコケて

 

 

また爆死!福士蒼汰の主演映画『旅猫リポート』大コケの原因は…

 

その上での今回の主演ドラマは、ホンモノの崖っぷちかもしれません。

 

しかし何度も「脇役俳優へ転落か」と言われていたのに、なぜここまで主演にこだわるんだろうと思いましたが、所属俳優を見るとちょっと焦ってるのかも。

 

福士さんが所属する研音は唐沢寿明さんを筆頭に反町隆史さん、竹野内豊さん、沢村一樹さんと40代俳優はいい位置につけていますが、その下の世代がぱっとしませんね。

 

先日結婚した速水もこみちさんも俳優としてはイマイチですし、山崎育三郎さんもミュージカル俳優として活躍していますがテレビ俳優としてはどうでしょうね。

 

そんな中、20代で希望が持てるのは福士さんくらいなのかも。

 

しかし福士さんはその演技力もそうですが、最近発覚したスキャンダルがインスタ女王にダレノガレ明美さんとの合コンと致命的過ぎて呆れられたというのもあります。

 

◆福士蒼汰衝撃の全身画像

183センチなのに??→ geinou ranking geinou reading

183センチなのに??→ geinou reading geinou ranking

 

これから盛り返すのは、ちょっとむずかしいかも…

 

 

『4分間のマリーゴールド』の前評判は。

 

福士さんの最後の主演作になりそうな『4分間のマリーゴールド』。

 

※原作はこちら

[Amazon]

 

義理の姉との恋、というので「キモイ」という声もありますし、その病弱な義姉役が菜々緒さんというのがムリがあるという声も。

 

※病弱さは…見えない。むしろ相手の生気を吸い取りそう…

[Amazon]

 

ちなみに放送枠となるTBSの金曜22時のドラマの視聴率をこの2年ほど振り返ると、最高は綾野剛さんの『コウノドリ』11.9%、最低が土屋太鳳さんの7.1%でした。

 

福士さんも菜々緒さんも演技が微妙とか魅力がないとか言われているので、初回から一桁の可能性もあります。

 

が、悪女イメージの菜々緒さんがものすごい変化を遂げたり、福士さんがツルッと一皮もふた皮も向けた演技を見せたら、なにか変わるかも?

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※菜々緒のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

 

来年消える?主演作が大コケで今後がピンチな女優・俳優3名

今年も数々のドラマや映画が世に出て「視聴率」「興行収入」というものさしでその成否を問われました。

 

その結果、大コケ・大失敗という判定を受け、来年は消えるのではと言われている女優・俳優がいると報じられています。

 

 

※こちらは「成」

 

 

2018年爆死女優代表・有村架純

 

 

[以下引用]

2018年もそろそろラストスパート。今年も様々な作品が公開されては爆死していったが、2018年の“爆死女優”代表といえば有村架純(25)だ。冬ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で主演を務めたが、初回視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という低調な滑り出しを見せる。

 

その後も相手役の岡田健史(19)が「カッコ良すぎ」と話題になるものの、視聴率は微増するのみ。「中学生相手に恋愛って、犯罪じゃん」「設定がキモい」という評判に押される形になってしまった。さらに、主演を務めた映画『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』も初登場9位と絶不調。同じ週に公開された『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』は91館での公開で4位だったことを考えると、209館で公開の同作は惨敗といえるだろう。このままでは来年あたりには主演ドラマがなくなり表舞台から消えるのではとささやく声まで聞かれる始末だ。

[トカナ]

 

 

ドラマは本日最終回を迎えますが、現時点の全話平均6.7%。

 

ゴールデンプライム帯のドラマでは、『僕らは奇跡でできている』の6.6%に次ぐワースト2位です。

 

ドラマがコケる原因は俳優にばかりにあるわけではなく、実際「中学生と教師」という設定の危うさ以上に内容のグダグダ感、穴だらけのストーリー展開もよく指摘されていました。

 

が、このドラマに関しては、有村さんの表情が変わらなすぎてわかりにくいとか、年齢相応に見えず魅力がわからないとかいう指摘も。

 →有村架純の演技が下手過ぎて…

 

過去に似たような設定のドラマで真田広之さんの『高校教師』や松嶋菜々子さんと滝沢秀明さんの『魔女の条件』がありますが、それらは高視聴率に終わっています。

 

今回は相手が中学生なのでまたハードルは高かったと思いますが、それでもここまでコケたのは、制作、主演、どちらにも問題があったのでは。

 

 

 

 

2018年爆死俳優代表・福士蒼汰

 

 

[以下引用]

同じく映画が大コケしてしまったのが、俳優の福士蒼汰(25)。映画『BLEACH』主演が決定した際には、『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)以来となる吉沢亮(24)との共演に期待の声が上がった。

 

しかし、蓋を開ければ初週の土日で興収1億3,500万円の大爆死。一発逆転を狙ってか、公開スタート後に冒頭映像が解禁されるという事態にまで発展した。さらに10月公開の映画『旅猫リポート』は、初週土日の興収で『映画HUGっと! プリキュア ふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』に1億円以上の差をつけられ惨敗。「映画界の死神」「爆死しまくりだけど大丈夫か」との声も上がっている。

[トカナ]

 

福士さんは「ハズれない」と言われる動物モノでもコケてしまいました。

 →福士蒼汰また爆死

 

というか、当たった映画を数える方が早いかも。

 

ビジュアルが人気かと思えば、12月1日に発売された写真集も約3400部しか売れていないとか。

 

3400部売れれば凄いとも思うのですが、同じ「若手イケメン俳優」のくくりだと、瀬戸康史さんのアーティストブックは発売から2週間で1万部を突破して重版が決定し、先月発売の志尊淳さんのセカンド写真集初週売り上げが約1.4万部で。竹内涼真さんの2016年の写真集は年間売り上げが約6.2万部だったとか。

 

ただまあ、映画が爆死したのは福士さんに限ったことではなく、佐藤健さんや竹内涼真さんも厳しい結果もありました。

 

しかも佐藤健さんの『億男』は初週1億2000万円でしかも負けたのは幸福の科学のアニメでしたからね。

 

まだ佐藤さんはこれまでの実績があり、竹内さんはこれからへの期待もありそうですが、福士さんのこの「主演ピンチ説」は長く言われていますし、そろそろ厳しいかも…。

 

◆原因はこの熱愛発覚の写真ではという話も

思ったより…短足?→ geinou ranking geinou reading

思ったより…短足?→ geinou reading geinou ranking

 

 

※死神役でした

[Amazon]

 

 

2018年爆死女優次点?土屋太鳳

 

[以下引用]

2016年にドラマ『お迎えデス。』(日本テレビ系)で福士とW主演を務めた土屋太鳳(23)は、主演した『チア☆ダン』(TBS系)で見事な爆死を遂げた。視聴率は最終話で7.9%。一時期は5.5%まで落ち込むという低空飛行を見せ、「話の流れがよくわからない」「もう高校生役はきついんじゃないかな…」と辛辣な意見も少なくない。

 [トカナ]

 

土屋さんも露出が多い割に結果の伴わない女優さんで、でも次から次へと主演作が出てきます。

 

しかしそろそろ疲れもないですかね?

 →土屋太鳳に異変?チアダン低迷ストレスで

 

最新主演映画の『春待つ僕ら』が先週末公開され、現時点では興行収入は発表されていませんが、動員数ランキングは7位と期待できそうにない感じです。

 

この映画で土屋太鳳さんは制服卒業宣言しましたし、今後は年相応の役ができればまたちょっと変わるかも?

 

◆土屋太鳳が姉とのツーショットを公開

これは美人!→ geinou ranking geinou reading

これは美人!→ geinou reading geinou ranking

 

 

※コレもコケました

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

また爆死!福士蒼汰の主演映画『旅猫リポート』大コケの原因は…

10月26日に公開された福士蒼汰さんの主演映画『旅猫リポート』がまた爆死、いよいよ俳優業がピンチになったと報じられています。

 

 

※ツンデレ猫ナナ

 

 

[以下引用]

俳優・福士蒼汰の主演映画がまたもコケている。

 

今回、福士が主演を務めたのは、青年と飼い猫の旅を描いたロードムービー『旅猫リポート』。原作は『フリーター、家を買う。』、『図書館戦争』シリーズで知られる有川浩氏の同名小説で、有川が映画の脚本も務めたことが話題となっている。

 

福士は映画のプロモーションで各テレビ番組にも出演し、10月26日にいよいよ公開初日を迎えた。

 

しかし公開後の土日2日間を対象にした全国週末興行成績によると、同映画は動員8万2,000人、興収1億300万円で第2位にランクイン。首位の『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』が動員30万9,781人、興行収入3億5,357万だったため、かなり水を開けられてしまった。

 

また、『プリキュア』が全国230スクリーンでの上映だったのに対し、『旅猫リポート』の上映は321スクリーン。100館近い規模の差を考えると、“大敗”を喫したに等しい状態になっている。

[まいじつ]

 

ネットには2位ならコケてないじゃないか、1位じゃなきゃだめなの?という声もありますが、順位は関係ないんですよね。

 

大事なのは順位ではなく興行収入で、初動が1億300万円というのがコケたと言われる部分です。

 

もしも1位だったとしても、1億300万円だったらコケたと言われるでしょう。

 

過去の例から通常初動の興行収入の7倍が最終的な興行収入になるため、初動が1億ちょっとだった『旅猫リポート』は最終的に7億ちょっとだと予測されます。

 

※コレみたいに評判が評判を呼び爆発的なヒットになる場合は×7の範囲ではありません

[Amazon]

 

最近は映画もそう簡単に100億突破!みたいな大当たりにはならず、30億行けば大ヒットと言われる感じですが、それでも10億行かなければやっぱりコケですよね。

 

しかも、321スクリーンで1億ですから。

 

映画はスクリーン数が限られており、その中で最大限に稼ぐ必要があります。

 

大掛かりな映画だったり事務所や制作会社の後押しのある映画はスクリーン数を多く割り当てられますが、『旅猫リポート』の場合、321ということでかなり期待されていたのがわかります。

 

動物モノ×イケメンで、外れるわけがないと思ったんでしょうね。

 

しかしネットには、まるで福士蒼汰さんのイメージビデオみたいだとか、アイドル俳優で熱愛発覚はイタかった、あの熱愛発覚前なら観たかも、演技へただし、といった福士さんに対する声のほか、猫の声を高畑充希が演ってるのがやだ、という声も。

 

高畑充希さんもなかなか評価の分かれる人ですしね。

 

 

実際に観た人のレビューを見ると高評価なのですが、その観に行くためのハードルが意外と高かったようです。

 

ちなみに、福士さんよりいろんな面でちょっと評価の高そうな竹内涼真さんや佐藤健さんも映画になると結果を出せないと指摘されています。

 →竹内涼真に「金を産まない俳優」の評価

 →佐藤健が幸福の科学に敗北

 

映画はふつうに観ると一人1800円ですが、レンタルすれば何人で観ても何百円です。

 

しかも一旦映画館に入ればつまらないし途中で止めた、は難しいですしね。

 

時間もお金も使って観たいと思う映画じゃないと、なかなか稼げないでしょうね。

 

◆うわーやっちまった福士蒼汰

ネプリーグの餌食に→ geinou reading geinou ranking

ネプリーグの餌食に→ geinou ranking geinou reading

 

※最終興行収入9億ですが、レビューは上々

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※インスタ始めたよ!福士蒼汰さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

福士蒼汰、メッキが剥がれてしまった!演技力不足はセンスの欠如!主演作が次々とコケ今後は助演俳優へ

福士蒼汰さん主演映画『BLEACH』が7月20日より全国329スクリーンで公開され、土日2日間で9万9000人を動員、興収1億3500万円をあげ初登場4位となりました。

この成績は今年3月に公開された福士さん主演の映画『曇天に笑う』の興収比297.2%と前作と比較すれば素晴らしいものですが、現場の評価は「崖っぷち」だと報じられています。

 

 

※顔だけ?

 

最終的な興行収入は初週の2日の興行収入×7で予想され、現時点で映画『BLEACH』の興収予想は10億円。近年のヒットは10億がひとつの目安ですからまあまあではあります。

 

しかし同じジャンプの人気漫画で昨年7月に公開された『銀魂』の映画版は38.4億だったことを思うとなかなか厳しいスタートとなっています。

 

[以下引用]

関係者によると、映画「BLEACH」の興行成績とは関係なく、最近になって福士蒼汰の“商品価値”を心配する声が上がっているという。稀代のイケメン俳優に、一体、何があったのか。

 

身も蓋もない言い方をすれば、メッキが剥がれてきたんですよ。福士さんのルックスは素晴らしいですし、所属事務所は研音です。今回の映画版『BLEACH』で、福士さんの配役を支持する声もあります。むしろ『原作とイメージが違いすぎる』と評判が悪いのは、朽木ルキア役の杉咲花さん(20)ですね。ただし彼女も研音です。原作は久保帯人さん(41)のコミックで、世界累計の発行部数は1億2000万部を超えたとも言われています。そんなメガヒット作の実写映画化で、主演2人をキャスティングさせたわけですから、研音の力がどれほどなのかよく分かります」(関係者)

 

事務所が強大な影響力を行使しても、当の役者に魅力がなければ「ゴリ押し」状態となってしまうのはご存知の通りだ。

 

「杉咲花さんの悪評で助けられていますが、本当は福士さんだってミスキャストです。何しろ原作の主人公は15歳の高校1年生。25歳の福士さんが演じるのは無理があります。観客を納得させられるだけの魅力や演技力があれば話は別ですが、はっきり言って、どちらもありません。同世代のライバルと比べてみれば明らかでしょう」(同・関係者)

[週刊新潮]

 

共演者には福士さんの出世作『仮面ライダーフォーゼ』で共演した吉沢亮さんの名前もあり、昔のファンを取り入れる意図があった可能性もありますが、初週1.3億は厳しいです。

 

ちなみに『銀魂』は2016年時点の発行部数は5000万部。

 

原作人気だけで言えば『BLEACH』のほうが売れてはいるのですが、こうまで差が出るというのは、なんでしょうね。原作人気がある分、原作ファンの拒絶もあったのでしょうか。

 

ハズレると主演の責任にする傾向は好きではありませんし、福士さんの配役を支持する声もあるといい、確かに15歳の役を25歳の俳優が演じるケースも珍しくはありません。

 

が、やっぱり、じゃあそれを福士さんが演じる必然性はあったかというと、やっぱりなかったのかなと思います。

 

『銀魂』は大きく当てましたし、ハズレやすい実写版でもハマれば当たるのは実証されましたが、同じ監督の作った映画『斉木楠雄の災難』(山崎賢人さん主演)も興行収入は10億で大当たりとは決して言えない結果で、漫画原作の実写化はやっぱり難しいんじゃないかという気も。

 

しかしドラマ・映画共にハズレ続きの福士さんはもはや過去の成功も福士さんではなくヒロインのおかげだったという見方をされ始め、今後は主演というよりはヒロインの相手役が増えるのではないかと言われています。

 

※こんな感じ

[Amazon]

 

そして更にこんな厳しい指摘も。

 

[以下引用]

「福士さんは英検2級を持っています。頭が良いのでしょうし、そもそも語学が得意な人は真面目な努力家だと言えます。しかし、極めて残酷なことに、演技というものは天賦の才によるところも大きいわけです。福士さんの抱えている問題はセンスの欠如です。芝居に幅がない。だからワンパターンでつまらない。観客に飽きられるのも早くなってしまう。この悪循環を、どう断ち切るか、いよいよ正念場を迎えています」

[週刊新潮]

 

週刊新潮では、似たような時期にヒーロー物から世に出た菅田将暉さんや松坂桃李さんの演技の成長や活躍と比較すると、福士さんは明らかに停滞していると断じています。

 

それがセンスの欠如によるものだとなると、身も蓋もないですしお先真っ暗ですね。

 

そんな見方を覆す成長があるのか、今後に期待です。

 

◆吹き出し注意!

芸能人のヤバイ画像→ geinou ranking geinou reading

芸能人のヤバイ画像→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング