パンくずリスト
  • ホーム
  • 熊田曜子
タグ:熊田曜子

 

今年6月にフジテレビディレクターとのゲス不倫、及び夫へのDV偽装が大々的に暴かれ、芸能界追放は確実となったはずの熊田曜子さんが、まさかの大逆転で復活を遂げそうだといいます。

 

これは!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

焦がしきな粉のはんなりロールケーキ(お中元 御中元 夏ギフト お菓子 スイーツ ...

価格:1404円(税込、送料別) (2021/8/9時点)


楽天で購入


 

「一連の騒動により仕事は激減。番組出演だけでなくバッグのプロデュース代などを合わせ、推定年収3000万円がパーになった模様です」(芸能関係者)

 

もはや芸能界で復活は不可能とみられていたが、意外にも事態が好転しつつあるというのだ。きっかけは、不倫疑惑騒動の渦中、ウーマナイザーを持ち歩いていたことを暴露されたことだった。

 

「イメージが崩れた?いやいや、今、大人グッズメーカーの間で『熊田曜子プロデュース』を巡る争奪戦が勃発しているんですよ。ある通販サイトでは“熊田効果”によって、ウーマナイザーの売り上げが通常の20倍を超え、それ以外のグッズまでもが飛ぶように売れるようになった。こうした影響力を考慮すれば、仮にオファーを受けてくれた場合、彼女のプロデュース料は数千万円に上るでしょう」(業界関係者)

 

捨てる神あれば、拾う神あり。このチャンスに、熊田が乗り切れるかがカギだ。

 

「実は生活すら危ぶまれる過去最大の窮地に、彼女自身が『何でもやる』との覚悟を周囲に示しています。そもそもデビュー前から『私、枕営業にほとんど抵抗がないんです』と話していたようで、今こそその適性を完全解放する時です。大人グッズのプロデュースばかりか、待ち望まれている写真集出版も絶好機となりました」(芸能プロ関係者)

[アサ芸プラス]

 

うーむ、しぶといです、熊田さん。

 

何の芸もないのに、得意の営業だけで何十年も芸能界を生き残ってきたのは、伊達ではありませんね。

 

泥沼の離婚訴訟については、非常に理不尽ではありますが、すでに旦那さん側の有罪判決は間違いないらしく、

 

「もう、こうなったら洗いざらい実名で暴露してやる!」

 

と開き直っていて、マスコミもワクワクドキドキしながらその時を待っているんだとか。

 

 

熊田曜子に前科あり!結婚前の元交際相手とも警察沙汰に!浮気がバレると事件化して被害者ぶる卑怯な手口の常習犯

 

熊田曜子に新たな犯罪行為が発覚!DV不倫闘争で敗北確定で芸能界追放へ

 

つまり、裁判の勝敗に関わらず、熊田さんがテレビの世界に戻ってくる可能性はほぼゼロであることに変わりないと。

 

しかし、まさか彼女を必要とする業界で”実業家”として再スタートを切れそうだとは、これはまさに奇跡としかいいようがありません。

 

 

熊田曜子 ~Legend of Yoko~ トレーディングカード BOX商品

熊田曜子 ~Legend of Yoko~ トレーディングカード

[Amazon]

 

 

しかも、これだけではないのです。

 

なんと、熊田さんにはYouTube界からも熱烈ラブコールがあるようで・・

 

[以下引用]

「熊田は昨年2月にYouTubeチャンネルを開設していて、チャンネル登録者数はまだ8万人越えレベルですが、440万人を誇るカリスマYouTuber・ヒカルが熊田の完全復活に向けてサポートする意向を周囲に語っているんです。すでにヒカルとは以前にコラボを行っています。ヒカルは歯に衣着せぬ過激トークを展開しますから、破廉恥疑惑の真相が彼女の口から語られる日は近いかもしれません」(業界関係者)

[アサ芸プラス]

 

転んでもただでは起きないのが、しぶとく芸能界で生き残っている無芸タレントの特徴。

 

というか、そのしぶとさこそ最大の芸と言えるのかも?

 

こんな調子だと、いつの間にか芸能界に戻ってきて、シレッとママタレのポジションに復帰してるなんてことも・・

 

熊田曜子さん、木下優樹菜さん、篠原涼子さんと、最近はゲス不倫にも関わらず”逃げ切り”体制に入っている女性芸能人が次々と出現していますが、

 

これから「自分で蒔いた種を自分で刈り取る」ことになるであろう彼女たちの、今後の行く末に注目です。

 

 

◆不倫略奪の勝ち組だったはずのアノ大物女優の・・

 意外過ぎる結末→ geinou ranking geinou reading

 意外過ぎる結末→ geinou reading geinou ranking

 

 

篠原涼子には負けない!木下優樹菜に第三の恋人浮上でマスコミも呆れ顔

 

 

これも!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お中元 にも 黄金バウムクーヘン Mサイズ(あす楽対応:正午12:00受付まで!...

価格:2808円(税込、送料無料) (2021/8/9時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※熊田曜子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

夫がDVで逮捕された後に離婚に向かっていることを発表、法廷闘争に突入するとみられていた熊田曜子さんが、急速にトーンダウン、夫との和解に向けて動いていると週刊女性が報じています。

 

メディアを通した泥沼の夫婦暴露合戦で浮気の決定的証拠が出たことが原因なようですが、そこに至る熊田さんの「計算」があまりに酷くてドン引きです。

 

 

※おしゃれ〜



 

 

事務所ですらテレビ出演を諦めるまでの過程

 

 

5月下旬、熊田さんの夫がDVで逮捕されたと報じられたことで始まった今回の騒動は、2,3年ほど前にSNSで熊田さんが夫は作った夕食を食べないとモラハラ気味であることを告白していたため、当初は熊田さんがかわいそうだと夫不利の方向で進んでいました。

 

DVで逮捕!熊田曜子が経営者夫を警察に!被害届を取り下げず弁護士を立て…離婚か

 

その後、夫が熊田さんが友人に不倫を認めている音声データやその他物的証拠など決定的なものを公開し一気に形勢逆転。

 

熊田曜子、芸能界引退へ。夫から衝撃の浮気証拠を告発されて万事休す

 

なぜかワイドショーは夫のDVについてしか報じておらず逃げ切るかと思われましたが、

さすがに不倫相手がいる『ノンストップ』には出演しづらくなり、他局からも腫れ物扱いされるように。

 

追い打ちをかけるように、週刊文春では過去交際していた男性が今回同様浮気疑惑が浮上したときに警察に駆け込まれたことがあると告発したり、週刊新潮は熊田さんが広告出演していたハーブ茶が「景品表示法に違反していた」と報じてまた大ピンチ。功労者である熊田さんを必死にサポートしてきた事務所も、「今後、熊田がテレビに出るのはかなり厳しいと思う」と周囲に漏らすほどだとか。

 

そんな熊田さんは、現在はなんとか夫と和解できないかとアプローチを考えているといいますが、たとえ和解が成立したとしても、テレビで扱いづらいタレントになった事実は変わらない、というのが週刊女性の報道です。

 

 

楽観的じゃ済まされない!熊田曜子の最低言動

 

記事で気になったのが、和解しようという結論に至る前、熊田さんが離婚に対して強気だったころの思考回路と行動です。

 

[以下引用]

熊田の娘が通うインターナショナルスクールの保護者が、このように語る。

 

「熊田さんは自分の子どもたちに“ママはパパから叩かれて死にそうになった”とか“パパに会ってはいけない。会ったら死んじゃうかも”と話しているそうなんです。また、Aさんと仲のよかった保護者のお子さんと遊んだり、家に行ってはいけない、とも話しているといいます」

 

子どもを思う気持ちは熊田もいっさい負けてはいない。このドロ沼騒動の行方はどうなるのか。

 

「Aさんは“これ以上、彼女には子どもたちを任せられない”と周囲に話しています。今後、和解に向けた話し合いが行われたとしても、親権についてはお互い一歩も譲る気はないでしょうからね。平行線になってしまう可能性は高いと思います。やはり、最終的には裁判になってしまうのかもしれません……」(前出・Aさんの知人)

 

騒動以前のような状態に戻るのは難しいかもしれないが、子どもたちが笑顔になれるような結論が出てほしい。

 

彼女は現在、どんな生活を送っているのか。前出のAさんの知人が、熊田の置かれている状況を話してくれた。

 

「熊田さんにとって誤算だったのは、Aさんが録音などの決定的な証拠を握っていたことでしょう。本来であれば、親権をすんなり獲得して、Aさんから養育費をもらいつつ“シングルママタレ”として活動していこうと考えていたようですから」

 

彼女の楽観的な判断が、さらに苦しい状況を招いているようだ。

 

別居後すぐに、家賃が月40万円近いマンションを借りて新生活を始めましたが、芸能活動も暗礁に乗り上げてしまうなど、当初の予定が大きく狂ってしまいました。さらに熊田さんは毎月100万円近くを母と兄に援助していたようです。このままではシングルマザーとして3人の娘の養育はもちろん、自身やご家族の生活も苦しくなってしまうのではないでしょうか」(同・Aさんの知人)

[週刊女性]

 

もう驚きすぎて。

 

長女は2012年12月生まれですから、もう小学3年生。2015年生まれの次女、2018年生まれの三女も、話は理解できる年頃では。

 

ほんとうに常習的にDVを受けていたならまだしも、不倫を問い詰める過程で被っていた布団を奪ったら手が当たったというAさんの主張もあります。熊田さんが当時の音声データを持っていたことから、敢えて煽って殴らせた疑惑もあります。

 

それなのに、自分の父親についてこんなふうに言われた子供の気持ちと未来を想像すると気の毒でなりません。

 

さらに、週刊女性が「楽天的」と表現した熊田さんの計算がひどすぎます。

 

熊田さんは被害届を取り下げる条件として、高額の慰謝料と離婚と娘三人の親権を要求していたとも報じられていましたが、それがすんなり行くと思っていたから、40万もの家賃の家に引っ越せたんでしょうね。

 

ちなみに騒動前に家族で住んでいたのは、芸能人が住むとは思えない家賃20万円台の家だったとか。

 

自分は不倫していたのに、夫にDV夫の汚名を着せ、被害届を取り下げて欲しかったらお金と親権よこせ、なんて、本当に人の考えることだとは思えません。

 

Aさんはそんな熊田さんを選んだ自業自得というところはありますが、お子さんたちは…。

 

ここからはせめて家庭内で解決するといいですね。

 

◆熊田曜子の精神構造が理解できない事件

図太いよな…→ geinou ranking geinou reading

図太いよな…→ geinou reading geinou ranking

 

※試し読みできます

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※熊田曜子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

夫から暴行を受けたとして警察に通報し、常態化したDVを理由に離婚協議中であることを発表した熊田曜子さん。

 

夫に不貞の証拠とともにDVを否定されピンチに陥っていますが、過去にも似たような警察トラブルを起こしていたと文春が報じています。

 

 

※父の日に。まだ間に合います!



 

 

文春には、熊田さんが現在の夫と知り合う直前の2011年2月まで10ヶ月ほど交際していたX氏の証言が掲載されています。

 

X氏が熊田さんと別れることになるきっかけはこんなトラブルだったとか。

 

[以下引用]

「彼女の携帯を見た時に、有名企業の社長や、民放のディレクターらとの親密なやり取りがあったのです。それを追及すると、『んなわけないじゃん』と。何度か話し合っていましたが、最後は私もかなり厳しく問い詰めた。すると彼女は家を飛び出して、近くの目黒警察署に駆け込んだのです。そこで警察からもう近づかないようにと警告を受けました。今回の夫との件も、僕と同じだなと……」(同前)

[週刊文春]

 

確かに今回の夫とのトラブルと酷似しています。

 

熊田さんは権力依存症の気があるのでしょうか。

 

困るとそうやって権力にすがってきたんでしょうかね。

 

それにしても有名企業の社長に民放のディレクター「ら」

 

熊田さんの芸能界での生き様が伝わるようです。

 

確かにスタイルは抜群ですが、それだけで残れる世界じゃないですもんね。

 

ちなみに、文春がこの件を熊田さんの所属事務所に確認したところ、代理人がこのように回答したとのこと。

 

 

「(X氏について)目黒警察へ被害相談した事実はございます。熊田に対しストーカー行為を行っていたため、当該ストーカー行為について被害相談を行ったもので、ご質問にあるように交際相手に浮気を疑われた等を理由とするものではございません。なお、今から約5、6年前に、X氏から熊田の夫であるA氏(回答は実名)に対し、Facebookのメッセンジャーでコンタクトがあったことから、その際には高輪警察署に相談し、高輪警察署からX氏に対し、熊田への接近を禁止する措置をとってもらったとのことです」

[週刊文春]

 

X氏だけの話を聞いていても判断はできなそうですが、明日発売の文春でX氏は警察から警告書が送られてきた件についても語っているようです。

 

つまり、警察にストーカー認定されたことは認めているようですが、探られて痛い腹があるならこんな話を文春に持ち込まないでしょう。

 

詳細は明日発売の文春となりますが、今回、あれだけはっきり浮気の証拠がありますから、どうにも熊田さんの分が悪いです。

 

熊田曜子、芸能界引退へ。夫から衝撃の浮気証拠を告発されて万事休す

 

明日発売の文春には、熊田さんの娘の面倒を熱心に見ていた義母に対して熊田さんが言い放った言葉や、熊田さんのグラビア活動についての親族の複雑な思いなどについて報じるそう。

 

旦那さんの実家ごと家庭の恥を垂れ流してることになっています。

 

が、やはりあれだけの不倫の証拠があるのに、世間的には一方的にDV男にされ、離婚の責任を押し付けられた上に親権も慰謝料も取られる展開は許せなかったのでしょう。

 

熊田さんはもしかしたら元カレで成功したからまた警察に頼ったのかもしれませんが、やりすぎたようです。

 

◆芸能人の料理画像集

意外な人がおいしそう→ geinou ranking geinou reading

意外な人がおいしそう→ geinou reading geinou ranking

 

 

※これって・・

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※熊田曜子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

熊田曜子さんの離婚問題がDV、不倫、大人の道具など暴露合戦の様相を呈し、収集がつかない状況となっています。

 

現時点では”ウーマナイザー”というパワーワードを投下した夫側が優勢とみられていますが、実は一気に形勢逆転してしまう恐れが出てきているそうで…

 

※アルファベットの綴りにご注目。



 

[以下引用]

コトの経緯をたどると、まず熊田が暴行容疑で被害届を出し、夫が逮捕された。これに逆襲するため、夫サイドは写真誌『FLASH』に熊田の不倫疑惑記事を持ち込み、これを受けて熊田は離婚表明、さらに過去のDVも明かした。

 

これに納得しない夫は翌週の『週刊文春』、『週刊新潮』の2誌で同時告白し、件の〝ウーマナイザー〟ネタを投下。さらに、同日発売の『女性セブン』では熊田サイドから出たとみられる夫のDV音声が報じられた。

 

「まさに双方があらゆる手を使った総力戦の様相です。当初は不倫疑惑を報じられても、あくまでもDV被害者ということで熊田が一歩リードしていました。ところが夫はかなり具体的に大人の道具話を切り出した。ここで世論は一変。熊田は劣勢に立たされています」(ワイドショー関係者)

 

ところが、夫の決死の告白が大問題となっているという。

 

「それは、同日発売でライバル関係にある文春、新潮の2誌に登場したこと。結果的に全く同じ内容の記事が掲載されるという異例の事態に。どうやら、どちらにも独占告白ということで話を進めていたようで、だからこそ両誌はページを割いて夫の主張を全面的に載せた。しかし、フタを開けたら両誌に告白記事が出ることになり、文春、新潮ともこれには激怒。近いうちに熊田を擁護し、夫を攻撃するような記事が出るかもしれません」(出版関係者)

[週刊実話]

 

あらら、これはいけませんね、ダンナ様。

 

ただ、すでにネット世論は熊田さん側の

 

「慰謝料も養育費も子どもの親権も不倫相手も、全て総取りさせて頂きまーす」

 

といった、欲張りちゃん過ぎる戦略に気づいている人たちが多勢。

 熊田曜子、DV逮捕の夫が反撃も「カネと親権」は“どちらも取る”狡猾なイメージ操作

 

こんなことがまかり通ってしまえば、日本中のリッチマンたちがこぞって結婚のアホらしらとリスクの高さに気づいてしまうという、まさに異常事態になってしまうかも?

 

 

熊田曜子、芸能界引退へ。夫から衝撃の浮気証拠を告発されて万事休す

 

というのはさておき、文春と新潮はいったいどんな報復をするんでしょうか?

 

いまさら熊田さんを…

 

って、どちらも国民に真実を知らしめることを使命としている”正義の雑誌”なんですから、しっかりと事実を追求して報道してくださいな。

 

期待してますよ!

 

◆子どもが可哀相だと思いませんか?

 動画あり→ geinou ranking geinou reading

 動画あり→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※熊田曜子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング