タグ:滝沢カレンの記事一覧

タグ:滝沢カレン

高畑充希に「目鼻口近」滝沢カレンのあだ名がただの悪口

四字熟語を得意とする滝沢カレンさんが『行列のできる法律相談所』で高畑充希さんに付けたあだ名「目鼻口近」がただの悪口だと話題になっています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

滝沢カレンさんは独特な日本語を話すことで注目を集め、今年に入ってからは特技「四字熟語」としてたびたび出演番組では四字熟語をネタにされています。

 

今回は映画の宣伝で出演した堺雅人さんと高畑充希さんへのあだ名をリクエストされ、滝沢さんは恐縮しながら「何でもイイですか?」と前置きした上で二人のあだ名を披露しました。

 

そこで披露したのが、堺さんには「恵比寿顔」、高畑さんには「目鼻口近」というあだ名。

 

※恵比寿様。[楽天市場]



 

高畑さんは手を叩いて大笑いし、番組の終わりにも「恵比寿顔と目鼻口近が頑張って夫婦やってます」と宣伝でネタにし笑いに変えていたものの、ネットでは「ふつうに失礼」「ただの悪口」と批判の声が。

 

高畑さんはどちらかというとネットでは「嫌い」という人が多いものの、それとこれは違うんでしょうね。

 

高畑さんのあだ名が出た時に芸人さんたちが慌てて「顔ちっさいからね」などとフォローしても、滝沢さんは「キュッとなってる」と高畑さんは顔面のパーツが中心に寄っていることを指摘してたのも批判のもとですが、じゃあ一緒に慌てればよかったのかというとそういうキャラでもないですし。

 

 

※あだ名芸の先輩・有吉さんくらい辛口を極めればまた別[Amazon]

http://amzn.to/2AbwVJ0

 

 

おそらく今回のあだ名付けは、なんの準備もしていなかったんでしょうね。

 

例えば先日嵐の番組に出た時は、二宮和也さん→「趣味在宅」、相葉雅紀さん→「馬鹿脱皮」、大野智くん→「海釣地蔵」、櫻井翔くん→「服装迷走」、松本潤→「俺松本潤」と、ちょいちょい失礼ではあるものの笑える範囲で、キャラを研究してのあだ名かなと思われるものでした。

 

ほかのも、よくそれを四文字で表現したと言いたくなるようなあだ名が多かったのですが。

 

◆滝沢カレンの付けたあだ名が

秀逸→ geinou reading geinou ranking

秀逸→ geinou ranking geinou reading

 

今回は堺さんにしても高畑さんにしても、見た目そのままであまりひねりがなく、高畑さんについては嫌悪感を感じる人が多かったわけですが、今後は気をつけた方がいいかもしれません。

 

数多くいるタレントの中で滝沢さんが重宝されているのは面白い四字熟語も大きな要因だと思えば、常にいいもの、せめて悪口にならないものを準備をしておかないと、そのうち需要がなくなって呼ばれなくなるのではないでしょうか。

 

一方で、高畑さんは今回のことで器の大きさを示したことになり、好感度が上がったかも?

 →高畑充希に「これ以上見たくない」の声

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高畑充希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

え、この人が?あふれる自己顕示欲にドン引き…インスタ映えにこだわりプロの手を借りる芸能人

「インスタ映え」「インスタ蝿」なんて言葉が出るくらい、インスタでいいねしてもらうことを目的として出かけたり食事したりする人が増えているという昨今、芸能人にもかなり熱を入れている人がおり、中には業界で「気持ち悪い」と言われるくらいの人もいるんだとか。

 

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

[以下引用]

「撮影後にメイクしたままの顔で写真を撮るのは理解できますが、わざわざオフの日にメイクさんやスタイリストさんを自腹で呼び出して、その上で写真を撮っている人もいるんです。また、これは聞いた話ですが、中にはわざわざプロカメラマンを呼ぶモデルや女優もいるといいます」(プロダクション関係者)

 

たしかに、インスタのために各分野のプロをわざわざ自腹で呼ぶとは尋常ではない。

 

「中途半端な写真を撮りたくないというこだわりとかプライドなどさまざまな理由があるんでしょうが、中には画像の加工までプロに依頼している人もいます。これを事務所の指示でも何でもなく、本人の意思で行っている上、日常の一コマみたいに紹介しているので、はたから見ていると異様ですね」(同)

[トカナ]

 

これらすべてをしているわけではないけれど、と断り付きで名前が出ていたのが、ダレノガレ明美さんと滝沢カレンさんです。

 

ダレノガレさんは、先日もポーズや修正指示が多すぎるなどの理由で「一緒に仕事したくない芸能人」として名前が出ていましたし、おのののかさんと並んで写っている写真を自分だけ修正してアップしていたこともあり、そうだろうなという部分はあります。

 

ただ、「夏らしいことをしてみた」と水着を披露していたり、一生懸命色選びしています、という、仕事の舞台裏のような写真や、ジムの行き帰りはウエアで移動、「もう67キロには戻らない」みたいな、本当に日常っぽい写真が、それを撮るのにいろいろやっているだと思うと、プロ意識に脱帽すべきなのか、引くべきなのか…

 

 

 

 

 

意外なのは滝沢カレンさんです。

 

ちょっとおかしな四文字熟語を話すけど天然で好かれるキャラだと思っていたのですが、それが実はインスタではナチュラルじゃなかったとは。

 

天然でウケているキャラも、実は計算されているんでしょうか。

 

インスタも仕事の一環と捉えれば、常に見られることを意識してるのはやっぱりプロなんですかね。

 

なんとなくのイメージだと、ダレノガレさんは自己顕示欲、滝沢さんは仕事として、のような気がしますが…

 

 

◆これ全部経験しているならかなり複雑…

ダレノガレ明美の「ゲイ」疑惑→ geinou reading geinou ranking

ダレノガレ明美の「ゲイ」疑惑→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ダレノガレ明美さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング