タグ:渡部建

 

アンジャッシュ・児嶋一哉さんのバブルが終了しそうだといいます。

 

公式YouTubeチャンネル「児嶋だよ!」の登録者数はすでに70万人到達が目前となるなど絶好調ですが、業界的には彼が相方である渡部建さんをディスって好感度&知名度アップを成し遂げたことを疑問視する声も多いようで…

 

 

 

 児嶋一哉の現況

 

[以下引用]

「このYouTubeでの盛況は、離婚した女性タレントが一時期に露出を増やしたり、好感度が高まったりする状況に似ています。彼の動画に対して『おもしろい』という声も意外とあるのですが、ユーザーからは『がんばれ大島!』『鹿島さんがんばって!』と、相変わらず名前イジりをされながらも激励されている状況です。相方が妻の佐々木希を袖にして不倫していたことに対する世間の怒りが、児嶋の好感度を何倍も上げているという皮肉な状況が続いています」(芸能ライター)

 

そもそも、渡部建の一件がなければ、児嶋の存在がここまで話題になることもなかっただろう。多目的トイレでの不倫が報じられ、渡部が芸能活動を休止したのは今年6月。当初こそ、児嶋は『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)や『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)などで大いにイジられ、相方のせいでトイレにも行けないなどと語っていたが、そうしたトークもネタが尽きたのか、もはや求められなくなった。

[ビジネスジャーナル]

 

確かに、渡部さんをネタにしてテレビに出てる感はあります。

 

が、「そもそも、渡部建の一件がなければ、児嶋の存在がここまで話題になることもなかっただろう。」とありますが、まるで注目されていなかったかというと、そうでもないんですよね。

 

まあ確かにYou Tubeが好調なのは渡部さんのスキャンダルの影響もあるかもしれません。

 

けれども児嶋さん自身、2010年ころから地味ですが始めていた俳優業も評価されていましたし、ネットを見てると、スキャンダルの前から渡部さんのキャラを嫌う人も多かったので、2017年頃に渡部さんの代役で『王様のブランチ』のMCをやったときには「ずっと児嶋でいいのに」と言われたこともありました。

 

地味だけどいい味の人、というポジションだったと思うのですが、ビジネスジャーナルさんではそう捉えていないようで…

 

 

渡部建のスキャンダルをリークしたのは…児嶋?! 

 

[スポンサーリンク]

 

ビジネスジャーナルでは、児嶋さんは渡部さんのバーターで『王様のブランチ』にも不定期な準レギュラーとして出演し、渡部さんに軽くあしらわれたりスルーされたりする“上下関係”で笑いを誘っていたのに、渡部さんのスキャンダル後、天狗だったとか説教しただのなんだのと後出しジャンケンのように言い出したが、「こうなる前にきちんと注意すべきだったのではないでしょうか」というテレビ局関係者のコメントを掲載しています。

 

[以下引用]

「もちろん、児嶋が言ったところで渡部は耳を貸さなかったかもしれませんが、コンビというのは夫婦と似ていて、結成したときから運命共同体の部分が大いにある。芸能人の不倫がことさら大きく報じられ、世間の処罰感情も強い今、渡部の復帰は難しいかもしれませんが、一番頼りにしたい相方が一方的にテレビで攻め立てるのは、ちょっと卑怯な気もします。

また、児嶋は『ブランチ』のバーター出演など、常に優位に立たれている渡部にイジられることで“おいしい”と思っていた部分もあり、それで収入的に潤っていた部分もあったでしょう。YouTubeではそのほんわかした性格が絶賛されていますが、心底性格が良いのかというと、疑問が残ります」(テレビ局関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

うーん。

 

スキャンダル報道後、渡部さんが文春の取材に答えていましたが、それを読んだ限り、絶対聞かなかったと思いますけどね。

 

佐々木希の言葉が強くて深い。渡部建の超絶ゲス不倫報道を「感謝すべき」

 

ご本人曰く、自分の思い描いたビジョン通りに人生が展開し慢心しており、相方・児嶋一哉さんや浮気相手を含めて、すべての他人に対して思いやりがなかったと。児嶋さんに関係するところで言えば、トーク番組で児嶋さんにダメ出しして以来、コンビで向き合うことを避けていった、それぞれがピンで活動していくうちに「各々が頑張ればいい、サボったら仕事が来ないだけだ」と割り切ってしまっていた、さらに、「他人の意見を受け入れないような姿勢を取って生きてきたので、児嶋は僕に(不満を)言いづらかったのかなと思います」とも。

 

上から物を申すコンビスタイルが、リアルでもそうだったということみたいですね。

 

いろいろと児嶋さんへの不信を綴った記事の終わり、ビジネスジャーナルはこうまとめています。

 

[以下引用]

そもそも、相当な警戒心で“隠密不倫”を続けていた渡部のプライベートが漏れたことについては、彼に近い内部関係者のリークではないか、という疑惑も浮上していた。活躍する渡部を追い落とそうとする“抵抗勢力”や、彼に嫉妬する芸人がいてもおかしくはないが、果たして真相はどうなのだろうか。

[ビジネスジャーナル]

 

なんか、一連の流れからまるで児嶋さんがリークしたと言いたいような感じですが・・・

 

渡部さんはウルトラフェスでもあからさまにナンパしてた姿が目撃されていますし、いずれにせよ素行の悪さはバレていたのでは。

 

悪いことはできないってことですよね。

 

◆児嶋一哉が浮気してたら終わるな

というエピソード→ geinou ranking geinou reading

というエピソード→ geinou reading geinou ranking

 

 

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※児嶋一哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

10月16日発売の「FRIDAY」が、複数人女性との“多目的トイレ不倫”で活動休止中のアンジャッシュ・渡部建さんを直撃している。

 

しかし、そこでの記者に対する態度が極めて横柄だったことから、「結局、人間なんてそう簡単に買われるものではないんだね…」と呆れる声が多数上がっているとか。

 



 

[以下引用]

渡部といえば、先日の「女性自身」(光文社)が近況を報告。最近は介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得するため、勉強に励んでいるとされていた。

 

「酒井法子しかり、ザブングルやロンブー亮しかり、問題を起こした芸能人がまるで“罰ゲーム”かのように、介護ボランティアをやり始めることに違和感を覚える人は多い。それでも、渡部は不倫によって違約金が発生。それを所属事務所が肩代わりしていることから仕事復帰を急いでいると見られ、少しでも“免罪符”となればとの思惑もあるのでしょう」(芸能記者)

 

そんな状況下での「FRIDAY」の直撃となったわけだが、芸能記者は渡部が発したあるワードが気になったという。

 

「愛犬との散歩中のところを記者に直撃された渡部は、言葉を選びながら対応。今後については『白紙』と答えています。記者も『やりたいことがたまっているのでは?』『(渡部のラジオ番組で)ラグビーを盛り上げてくれてファンは喜んでいましたが』などと“ご機嫌取り”な質問ばかりで、介護が批判を浴びているといった辛口の話は一切なし。それでいて、渡部が最後に放った捨てゼリフは『せいぜいよく書いておいてください』。相方の児嶋一哉は『今までの人を馬鹿にしたような感じはダメだぞとか、僕に対する態度とか……』と電話で渡部を諭したと明かしていましたが、世間の許しを得ようとしているのなら、『せいぜい』という、記者を見下した横柄な言い回しは出てこないように思います」(同)

[日刊サイゾー]

 

まあ、相方の小島さんが言っていた”天狗気質”は相変わらずのようで。

 

ただ、今回の直撃インタビューはなんとなくヤラセというか、予定調和の匂いがプンプンするものだったので、あくまでも目的は渡部さんのイメージアップにあった気がします。

 

だからこそ厳しい質問はなかったと思うのですが、記者さんがヨイショしてくれたから渡部さんも気分が良くなり、”素”の横柄な部分が出てしまったのかもしれません。

 

まあ、要するに「人間、やそう簡単に変われるものじゃない!」ということなんでしょうけど、フライデーの記者さんもヨイショ記事なら「せいぜい…」という部分はカットすれば良かったのに…

 

よほど腹に据えかねたんでしょうね。。

 

さて、渡部さんについては、テレビ番組やCMなどの降板で違約金は数億円単位になると言われ、それを所属事務所が肩代わりしていることから、早い時期に復帰することが予想されています。

 

しかし、もはや彼に対する女性からの嫌悪感はいまだにMAX状態で、もはやイメージが元に戻ることはなさそうな感じ。

 

となると、テレビで番組を持ったりするのは無理だと思われ、YoutubeやSNSなど個人発信メディアで得意のグルメ情報や高校野球などマニアックな知識を武器に活動再開するしかないと思われます。

 

個人メディアは発信者の人柄がストレートに人気に反映されるだけに、今回のような人を見下した態度が思わず出てしまうようだと、なかなか難しいような…

 

ただ、動機は不純でも努力家であることは間違いありませんし、ここは思い切って、性格改善の催眠術でもかけてもらうのもいいかも?

 

どうでしょうか、児嶋さん!

 

◆ぜひ、この人を見習わせて下さい。

 今ではとても良い人に→ geinou ranking geinou reading

 今ではとても良い人に→ geinou reading geinou ranking

 

知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。 - 渡部 建

知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。 - 渡部 建

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※渡部さん、児嶋さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

多目的トイレでの不倫を始め、複数の女性との交際が報じられ芸能活動を自粛しているアンジャッシュの渡部建さんに脱税疑惑が生じています。

 

 

 

 

 タクシーチケットを使いながら領収書を要求した渡部建

 

[以下引用]

「タクシーチケットを使っての乗車なのに“領収書をくれ”と言われたんです。20年以上も運転手をやっていますが、そんなの初めてでした」 

 

そう証言するのはベテランのタクシー運転手。5年ほど前のことで、乗せた客は“トイレ不倫”で自粛中のアンジャッシュ渡部建だったという。

[週刊女性プライム]

 

「行列ができる法律相談所」の収録後、目黒区の自宅まで乗せたとのこと。5年前なのによく覚えてるなあとは思いますが、それだけ印象深かったということなのでしょう。

 

タクシーチケットというのは、契約している会社、この場合は日テレが後で一括して乗車賃を支払う仕組みです。つまり、渡部さんはお金を払ってないのに領収書を求めたということ。それが意味するものは…

 

[以下引用]

お金を払っていないのだから、領収書をもらう必要はない。それでは何に使うのか。同じタクシー会社の運転手によると、

 

「チケットでタダ乗りしたのに、領収書をもらって経費精算して節税をする“二重取り”が問題になっています」  

 

つまり、渡部には“脱税”の疑いが浮上しているのだ。  

[週刊女性プライム]

 

週刊女性プライムではもうひとり、別のタクシー運転手が「降りるときに“レシートないの?”と聞かれたので領収書を出しました」と同様の証言をしていました。

 

渡部さんが乗車したタクシー会社に問い合わせたところ、 「降車の時点ではお金をいただいていないので、領収書は発行しません。かわりに未収書をお出しします。支払料金を確認するためのものです」 ということですが、領収書の発行のほうが簡単で客に求められれば渡す運転手は多いとのことでした。

 

それにしても脱税とはなかなか重みのある言葉ですが…。

 

 

 

渡部建サイドの言い訳 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

もし経費を不正請求した場合、罪に問われる可能性はあるのか。税理士法人リライトの白石真敬さんに聞いた。 「タクシーチケットの利用者が領収書を受け取り、個人で経費計上すれば、脱税になります。発覚すれば重加算税が課され、悪質なものは刑事罰の対象になります。タクシー代を経費として計上すると、中小企業の場合は領収書額の3割程度が節税になります」  

 

渡部はなぜ領収書を要求したのか。所属事務所を通じて本人に確認すると、 「タクシーチケットで乗車した際、普段から金額の確認のため、未収書を受け取っています。誤って経費に計上されないよう、本人と税理士がダブルチェックしているので、まざることはありません」  

[週刊女性プライム]

 

 

税務署はガサ入れするのに週刊誌の記事も参考にするということなので、これでチェックが入ってなにかバレちゃったら泣きっ面に蜂。元が多目的トイレ不倫での芸能活動自粛で、本人も週刊文春で「復帰できるとは思っていません」とコメントしていましたが、さらに復帰は遠のきますね。

 

まあ確かに、世の中には白の領収書をくれと言っちゃうような人もいるようです。

 

渡部さんも、不倫自体が最初は渡部さんの個人事務所、そして最終的には多目的トイレになったわけで、さらに相手に渡したお金も1万円と、かなりケチくさい人なんだとは思います。

 

だからありそうな話ではあると思うのですが、ちょっと疑問も。

 

渡部さん、領収書と未収書の区別、してたんでしょうか。

 

運転手さんに求めるときも一人は「レシート」と言っていたとありますし。

 

「タクシーチケットで乗車した際、普段から金額の確認のため、未収書を受け取っています」というのも、今回記事になってるのはテレビ局発行のタクシーチケットですが、もしかすると事務所がタクシーチケットを渡す場合もあるのかもしれませんし。

 

また、経費の領収書をもらい忘れて「しまった!」となった経験がある人だったら、何をするにもとりあえず「領収書ください」と言う習慣にする人もいそうです。

 

渡部さんは不倫発覚前にも紹介している店からキックバックを受け取ってる疑惑なんかも報じられていましたし、後輩やADに対して高圧的だという話もありました。

 

まあ結局のところ、好かれてないということかなと。

 

別に万人に好かれることもないのですが、好感度があれば多少は「まさか渡部さんがそんなことをするなんて」という声もあったと思いますが、ありませんでしたもんね。

 

ご本人も自分の高飛車具合を反省していましたし、妻・佐々木希さんも、こんなことがあったから気付けたこともあると言ってました。

 

佐々木希の言葉が強くて深い。渡部建の超絶ゲス不倫報道を「感謝すべき」

 

変わるチャンスだと捉えて、お子様のためにも頑張ってほしいものです。

 

 

◆そういえばあの強烈女性芸能人の脱税疑惑って

どうなったんでしょう→ geinou ranking geinou reading

どうなったんでしょう→ geinou reading geinou ranking

 

※触らないでも出てくるってウイルス対策に素敵

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

 

多目的トイレでの不倫を週刊文春に報じられ、活動自粛中のアンジャッシュの渡部建さんが、その文春のインタビューに答えています。

 

渡部さんの反省の弁、涙はともかくとして、離婚も別居もしないと決めた妻・佐々木希さんの懐の深さに驚きました。

 

 

※綺麗なだけじゃないんですね。

 

 

 渡部建の反省の弁

 

週刊文春には所属事務所社長とともに文藝春秋社を訪れインタビューに答えたときの渡部さんのやつれた写真とともに、反省の弁が綴られています。

 

詳細は本誌にありますが、要約すると、

・自分の思い描いたビジョン通りに人生が展開し慢心していた

・相方・児嶋一哉さんや浮気相手を含めて、すべての他人に対して思いやりがなかった。とにかく反省してる

・妻のことはずっと愛してる。気持ちが浮ついたことはない。感謝してる

・現在はクライアントにお詫び行脚している

・芸能界に復帰できるとは考えていない

 

渡部さんの浮気相手に気持ちがいったことがないというのは、本当だったんだと思います。というのも、相手に対してそもそもの認識が違うというか。

 

[以下引用]

「デートクラブのように安全に遊べる子たちというふうに認識していました。彼女たちは『接待で政治家や力士やプロ野球選手の集まりに行ったりしている』と話していた。皆さんが安全に遊べるような環境を作っていると伺って『こういう世界があるんだなぁ。こういう人たちなら安全に遊べるのかな』と思ってしまった。思い起こせば、独身時代はとにかく独身をとことん謳歌しなくてはと思い、好き勝手に過ごしていました。妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった。いろいろ許容してくれていたので、図に乗ってこういうふうになってしまった。彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、気持ちの上で浮ついたことはありませんでした。僕は今でも妻を愛しています」

[週刊文春]

 

 

愛してるなら浮気しない、と思うのですが、以前文春にあった、一部男性は全てを求める、その全てには美しい妻と美しい浮気相手も含まれるというのを思い出しました。

 

そして相手女性に対しては、ほんとにインスタントな関係としか感じていなかったんだなと。

 

逢瀬の場を多目的トイレにしていたことについて、相手女性が不快感をもっていたと伝えると、「大変失礼で、卑劣で、最低なやり方だったなと思います。自分の取っていた行動のおぞましさとか、世間に与える影響とか、家族や親族をどういう風に傷つけてしまうのかとか、いろんな思いがありました」と反省していましたが、とにかく相手に対して関心がなかった、気持ちを思いやることもなく、パーソナルなことも知らずにそれだけの関係だったんだなと。

 

本当に、調子に乗っていたんでしょうね。「オレもこんなふうに遊べるようになったんだなニヤニヤ」くらいの感じだったんでしょう。

 

 

 「離婚しない」を選択した佐々木希の言葉

 

[スポンサーリンク]

 

ちなみに同席した社長はこんなコメントを。

 

[以下引用]
「六月六日、渡部が直撃取材を受けたとマネージャーから聞いて、(不倫スキャンダルを起こした)他の方々がやってきていることと同じようにするしかないと思っていました。芸人だからいじられて、なんなら(相方の)児嶋一哉が『俺じゃねえよ!』と言うとか、いろんな形を想像していた。でも、その後、事務所に紙(質問状)が届き、『多目的トイレ!? えっ、これ気持ち悪ぃじゃん。種類が違うじゃん』って考えを改めたんです。それで六月八日の段階で自粛という形に腹が固まった」

[週刊文春]

 

この気持ち悪さ、多くの人が感じたと思いますが、妻・佐々木さんにとっては、気持ち悪いながらも別な意味もあったかも。

 

離婚を選ばなかったのは、結局気持ちが渡部さんにあるということと、きっと渡部さんもそういう風に接していたんでしょうね。

 

それなのに実は別なところで、という裏切られた感はあるでしょうけど、それ以上に、この相手女性との愛のカケラもない感じが救いだったのかもしれません。これで誕生日にはディナーとプレゼント、みたいな、一般的な交際みたいな不倫だったら、再構築は望まなかったかも。

 

今回の件での佐々木さんの反応がこちら。

 

[以下引用]

「記事を見て、妻は失望していましたね。怒りもあるし、呆れもあるし。これだけのことをしてしまったので、今でも家族と向き合い、話し合っている状況です。妻からは『生き方をすべて改めなければいけない』と言われました。『あなたはどこかで舐めて生きている。どこかで調子に乗って生きている』と。そういうのを改める絶好の機会と言ってはアレですけれど、妻からは『すべてを変えて、誠実に、謙虚に、反省しながら生きていく人生にしていかなければいけない』という話をされました」

[週刊文春]

 

文春のインタビューを受けることについても、「感謝すべき。あなたはこういう機会がないと、本当に生まれ変われないんだから」「生き方、考え方が間違っていたのだから。あなたはそれだけのことをしてしまった」「前のままのあなたで生きていくことのほうが不幸だよ」と話したとか。

 

度重なる浮気をして、相手女性を人とも思わないような扱いをして、最低だし切り捨ててもいいと思うのですが、生まれ変わる可能性に賭けてるんでしょうね。

 

これまで一度も浮気に気づかれなかったということなので、佐々木さんは渡部さんを信じ切っていたんだと思いますが、これからは違います。裏切られた分、疑ったり信じられない辛さもあると思うと、別れちゃったほうが楽なんじゃないかとも思いますが…

 

佐々木さん32歳。渡部さん47歳。

 

幸せな未来があるといいですね。

 

 

◆2017年に「離婚しそうな夫婦ランキング」にランクイン

すでに離婚した夫婦は・・・→ geinou ranking geinou reading

すでに離婚した夫婦は・・・→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※佐々木希さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング