タグ:渡辺謙の記事一覧

タグ:渡辺謙
渡辺謙の無神経さにドン引き…

2017年3月に報じられた不倫が原因で今年南果歩さんと離婚した渡辺謙さんが、離婚後も関係者に南さんの「大好きなもの」を配って周囲がドン引きしたとか。

 

 


怒り [ 渡辺謙 ]

楽天で購入

 

 

今年9月、渡辺さんはイギリスで『王様と私』のミュージカルを再演。終了後には離婚の原因となった女性と再々婚が噂されていました。

 

[以下引用]

「’17年3月に、謙さんは『週刊文春』に21歳年下のジュエリーデザイナーのA子さんとの不倫が報じられました。同年7月に行われた謝罪会見では、A子さんとは“すでに関係が終わった”と説明していましたが、今回の舞台にも姿を見せていたそうで、再々婚説が浮上したんです」(同・スポーツ紙記者)

 

そんな憶測が飛び交う中、行われた舞台だったが、さらに関係者を驚かせたのが、観劇に訪れた関係者にお礼として配っていたお土産だった。

 

「日本の青山と京都に店舗をかまえる『リスン』のオーダーメードのお香に“King&I”(『王様と私』)の箔押しロゴが入ったものを、謙さんがお礼に渡してくれたんです。実は、このお香は南さんが大好きなもの。テレビ番組で紹介したこともあるお香だったんです。

付き合いの長い関係者の間では、“これ、果歩さんの好きなやつだよね……”ってすぐわかりましたから」(観劇した関係者)

[週女プライム]

 

お香は南さんが大好きで自宅にはお香コーナーを作りよく焚いており、夫婦仲良く暮らしていた頃に自宅を訪れたことのある人はみなこのお香に馴染みがあるそう。

 

そして、このお香は、南さんの勧めで2015年の公演時にも関係者のプレゼント用にオーダーしていたものだったとか。

 

週刊女性によると、「以前から使っていたからとはいえ、今回も使うのは関係者の間でも、“えっ…”って空気になってましたよ」とのこと。

 

まあそうなりますよね。

 

自分の不貞で離婚したのに、元妻のお気に入りのものをプレゼントするというのは、南さんに対してもどうかと思いますが、微妙な思いをさせたプレゼントされた側にも失礼です。離婚したのに前と同じというのも、「プレゼントー?前と同じでいいよ」みたいな感じだったのかなと思いますし。

 

さらに、いくら海外とはいえ関係者も多く招いた舞台で離婚原因となった元不倫相手もいたなんて。

 

元不倫相手女性が勝手に来たならご愁傷様ですが。

 

南さんとの結婚生活については、南さんの母親や姉と同居し、前夫辻仁成さんとの間に生まれた息子さんなどの生活費を持つなどいろいろ複雑だったでしょうし、愛が冷めても南さんの病気もあり別れを切り出し辛かったとか、事情はいろいろあったんだと思います。

 

でも今回のようなあまりに気遣いのないことは残念ですね。

 

◆ハズキルーペのCMって渡辺謙本人が考えていた!

などなど衝撃の事実いろいろ→ geinou reading geinou ranking

などなど衝撃の事実いろいろ→ geinou ranking geinou reading

 

※これはシャボンの香り。

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※南果歩さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

南果歩「全部ウソ」と暴露!「渡辺謙は借金しかなかった」「慰謝料なんて…」

おしどり夫婦だったはずが渡辺謙さんの不倫をきっかけに離婚した南果歩さんが、10億円とも言われる慰謝料について、女性自身の取材に答えています。

 

それによると、渡辺さんは借金だらけで慰謝料10億なんてとんでもないんだとか。

 

 

 

渡辺謙は借金だらけ。10億円慰謝料なんてとんでもない

 

女性自身には、離婚することにはなったものの南さんと渡辺さんは愛し合っていたし、南さんは乳がんの闘病生活を支えてくれた渡辺さんに感謝しているという南さんの知人のコメントが掲載されています。

 

しかし離婚成立前から言われているのが、南さんが受け取る多額の慰謝料について。

 

離婚発表後に発売された女性セブンにはその額なんと10億円と報じています。

 

記事によると2人は婚前契約を交わしており、渡辺さんに何らかの不都合があって離婚することになった場合は夫婦の財産はほとんど南に譲るという取り決めがあったとか。そのため都内一等地の豪邸は南さん名義ですし、不倫が原因で南さんが精神疾患を発症したこともあり、総額10億円、ということなのですが、南さんの知人によると婚前契約なんてないんだとか。

 

この女性セブンが報じた10億円慰謝料、婚前契約の有無について女性自身の直撃応じた南さんは、驚き呆れ「どうしてこんな記事が出るんでしょうか……」「10億円なんて、とんでもない。全部嘘です!だって、(渡辺には)借金しかなかったんですもの……」と答えています。

 

もしも本当に10億が心当たりのない金額だとしても、借金があったなんて暴露しなくても…

 

ちなみに離婚発表の翌日にスポニチが報じた財産分与の内訳は、5億とも6億ともいわれる東京都内の自宅は南さん、長野・軽井沢にある別荘は渡辺さんが所有し、渡辺さんの不貞が離婚原因とされるため渡辺さんが慰謝料を支払うというものでした。

 

10億はさすがに盛りすぎたのかもしれませんが、自宅が5~6億ですからね。

 

さらに結婚生活を送っていた間、渡辺さんの稼ぎは南さんが管理し、渡辺さんの収入で南さんの母・姉の生活費、そして前夫辻仁成さんとの間に生まれた長男の留学費用が支払われており、渡辺さんは南さんの締め付けが厳しいことに不満を持っていたとも報じられています。

 →渡辺謙の事情

 

前回の離婚は勝訴し財産分与が一切なく、その後も順調に仕事をしている渡辺さんが借金だらけなんだとしたら、家計を守っていた南さんの不手際なのでは…

 

 

母親との同居の真相は…

 

渡辺謙さんの不倫が原因で離婚するのに同情が寄せられている一つの原因が、南さんの母と姉が同居し自宅でリラックスできなかったとだと言われていました。

 

そのため、南さんによると、南さんのお母さんは「(離婚は)私のせいじゃないか」ってひどく傷ついているそう。

 

[以下引用]

「同居が不仲の原因と言われていますが、そんなことはないと思うんです。というのも、もともと私たち家族が住んでいた家に向こう(渡辺)が入ってきた形なので、母との同居はいまに始まったことではないんですよ。でも母は『自分が出ていけば何とかなるんじゃないか』と思ってしまったみたいで、騒動後はあの家から引っ越していきました。母とはいまも一緒に住んでいませんし、住民票まで移したんです。もう80歳を過ぎた母にそんなことをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなんです……」

[女性自身]

 

確かに結婚当初は南さんの家で住んでいたようです。

 

2015年にそこからほど近いところに新居を建てて皆で移り住んだのが6億円とも言われる世田谷の家。

 

もともと一緒に住んでいたなら一緒に引っ越すのもアリなのでしょうが、まあ夫婦ふたりがうまくいっていた間は良くても、長く夫婦でいればいろいろありますし、良いことばかりではなかったかもしれませんね。

 

愛していたし感謝もしているというならば、お互いもうお口チャックでいたほうがイメージも保てるように思います。

 

 

[Amazon]

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※元夫辻仁成さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

離婚で渡辺謙が付けそびれた箔、寄せられる同情…しかし結局は自業自得という話。

渡辺謙さんが南果歩さんと離婚を発表しましたが、そのタイミングや発表の仕方に「小さいやつ」という批判がある一方で、離婚は渡辺さんの不倫がきっかけであるにも関わらず、同情の声も多いと報じられています。

 

※ハリウッドに住みたかった

 

離婚のタイミングの絶妙さと小物感

 

[以下引用]

「同日にまず、歌手の西城秀樹さんが心不全で死去したニュースが報じられた。当然、スポーツ紙はそちらを大きく報じることになる。そのタイミングで、渡辺の離婚が発表された。別に日をずらすことは問題じゃないのに、わざわざ同じ日に発表したわけで、やはり報道を最小限にしたかったという意図が見え隠れします」(前出・芸能デスク)

[サイゾー]

 

西城秀樹さんが16日に亡くなったことが発表されたことに加えて、17日には関西学院大学と日本大学のアメフト騒動もかぶり、結果的にスポーツ紙の扱いはかなり小さいものになりました。

 

5月17日に離婚発表をするつもりでいろいろ動いていただけで、たまたまタイミングが重なっただけ、なんでしょうけどね。

 

ただ別の媒体では、ハリウッド俳優なんだし、堂々と離婚会見を開いたほうが株も上がったというコメントがありました。

 

確かに渡辺さんは昨年年下女性との不倫が報じられたときは、妻・南果歩さんが乳がん闘病中だったこと、そして「会見を開きます」と宣言しながら先延ばしをし、世間の評価はかなり下がりました。離婚のときはきちんと会見を開くという演出があっても俳優として良かったのかもしれません。

 

 

それでも渡辺謙が同情される理由

 

世間的には渡辺さんを責める声が大きい今回の離婚ですが、芸能界関係者の間では渡辺さんに同情する声もあるとか。

 

[以下引用]

「2人が結婚してすぐ、渡辺の米ハリウッドでの活躍は目覚ましくなりました。2005年12月、前の奥さんとの離婚が成立して、9カ月後に南と再婚。その時、渡辺は仕事と私生活の拠点を米ロサンジェルスにするか日本にするか、俳優としての大きな岐路に立たされていました。渡辺としてはロスを拠点に俳優としてのキャリアアップを望んでいたようですが、南の希望を受け入れ、生活の拠点は日本にしました。

 

当時、東京の自宅には南、南の母と姉、前夫の辻仁成との間の長男もおり、長男が海外留学で渡航後は女3人と渡辺で生活していました。新しい作品に入るたび、長期にわたってホテルやマンションなどでの生活を余儀なくされる渡辺にとっては、南が待つ家は帰りたいと思える場所ではなかったようです」(テレビ局関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

オシドリ夫婦に見えた渡辺さん・南さんでしたが、芸能事務所関係者によると随分前から仮面夫婦状態だったとのこと。

 

確かにこれだけ見れば渡辺さんが気の毒な気はします。

 

再婚当時、日本で生活することを主張された上に、以前週刊新潮も報じていましたが、南さんの母と姉と同居し、前夫の息子の海外留学にかかる費用も渡辺さんが負担し、収入も南さんが管理していたそう。

 →渡辺謙の不満「財布の紐は南果歩」

 

南さんは母親が在日朝鮮人であることを明かしており、韓国には一族の中で一番出世した人が家族の面倒を見るという慣例があるそうで、それに倣ったんでしょうが、二人の愛が落ち着いてみればその状況は「あれ?」となってもおかしくはありません。

 

渡辺さんが自由にできるお金が少なかったであろうことは、実際不倫が報じられたときも、関西在住の21歳も年下の愛人と東京やNYで会う時に、渡辺さんが呼んでいながら費用を負担することが一切なかったことや、愛人や愛人の友人に食事を奢るときもリーズナブルなお店だったことからも推測できますし、今回の離婚でも、世田谷の新居は南さんのものになるようですから、渡辺さんの二度目の結婚は金銭的に失うものが多かったのかもしれません。

 

 

しかし結局は自業自得では…

 

渡辺さんは2001年に元妻の多額の借金が発覚、2002年に離婚訴訟を起こしました。

 

しかしその裁判中に数々の女優たちとの浮気が暴露されたり、そもそもの借金は白血病の渡辺さんの治療費や、病気になった渡辺さんを心配するあまり元妻が宗教に走ったことが理由だとか、かなりプライベートなことが明かされる泥沼裁判となった上に、長男・大さんが週刊文春に手記を寄せ、渡辺さんが学費も配慮しなかったために杏さんは高校を中退せざるを得なかったことなど冷たい一面も明らかになっています。

 

そんな泥沼裁判は2005年に裁判が結審し、当時18才だった杏さんの親権以外は何も失わない渡辺さんの勝利に終わりました。

 

元妻の借金は杏さんが返済していますし、前の離婚では金銭的に失ったものがなかったことになります。

 →杏と渡辺謙の壮絶な過去

 

そして離婚成立後9ヶ月で南さんと再婚。当時出会いは2003年の共演時だが交際は離婚成立後だとされていましたが、先日の離婚発表で南さんは「出会いから16年、いろいろなことを学びました」とツイートしていることからも、本当に離婚成立後からの交際なのかは微妙なような気も。

 

いずれにせよ裏切られるというのは辛いことです。

 

前の結婚も含めて考えると、いろいろ帳尻が合っただけのような感じがしてきます。

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※南果歩さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

驚愕!渡辺謙と南果歩の離婚を阻む婚前契約の中身!財産譲渡前提の結婚だった

昨年春に不倫が報じられ、不仲が報じられている渡辺謙さんと南果歩さんですが、離婚へ向かっていると言われる一方で、南さんがそれを否定し離婚はないかと思われました。

 

そんな中、女性セブンが二人を縛り付ける「婚前契約」の存在を報じました。

 

※大渕愛子さん、そういえば弁護士でしたね。[楽天市場]



 

渡辺謙が離婚を決意するまで

 

女性セブンによると、週刊文春により不倫が報じられた当初、渡辺さんは誠心誠意謝れば南さんは許してくれると思っていたそう。

 

しかし実際にはそうではなくなかなか怒りが収まらない南さんに困っていたところで、昨年10月に乳がんの早期発見を啓発するトークショーに出席した南さんが「今年の春から精神的に疾患が出て、(がんとは)別の闘病があった」と、明らかに渡辺さんの不倫を蒸し返し、暗に批判するような発言をしました。

 →南果歩の「精神疾患で闘病」に自業自得の声

 

そこで、渡辺さんは「できるだけ速やかに穏便に離婚したい」考えるようになったとか。

 

そのウラには、杏さんの母親である前妻との泥沼離婚というトラウマがあったと推測されています。

 

※杏さんもたいへんでした[Amazon]

http://amzn.to/2mKwzDk

 

婚前契約の中身に違和感

 

この記事の続きを読む