タグ:水原希子の記事一覧

タグ:水原希子
水原希子撮影禁止の動画をSNSで公開!一方、SNSの心得を語り「日本人じゃない」と言われ2週間泣いた過去も告白

水原希子さんが撮影禁止となっている安室奈美恵さんのライブ会場をインスタグラムのストーリーに投稿し批判の声が上がっています。

 

一方で、「日本人じゃない」と批判されたときには2週間泣いたとも明かし…

 

※小悪魔的魅力…?



 

ライブ会場の動画をSNSに投稿した水原希子

[以下引用]

その批判のコメントを見ると、「ストーリー見たけど…会場内とかスクリーンとか撮影したり、またそれをSNS載せていいんですか…?」「せっかくの貴重なコンサートなのに安室ちゃんを悲しませないで」「非常識すぎる。ファンのみんなはルール守っているなか、芸能人が破るなんてひどい」「撮影禁止って書いてありましたよね?」などといった厳しい声が寄せられていた。

 

どうやら現在行われている安室奈美恵(40)のライブ会場内を撮影しインスタグラムのストーリーに投稿したことで批判されているようだった。場内の撮影は禁止だったにも関わらず撮影をしてしまった水原。コメントの中には「ストーリー早く削除してください!!」などといったコメントも寄せられていた。

[デイリーニュースオンライン]

 

水原さんはインスタのストーリーズにライブ動画を投稿。そこにはライブ会場のみならずいろんな人が写っていて、その人たちを慮るコメントもありました。

 

ストーリー自体は放っていても24時間で自動削除されますが、だからといってなぜ撮影禁止のものを撮影し、ここに投稿したのか…

 

で、結局「韓国系だから常識ないんじゃない?」というネットの声も上がっています。

 

 

 

水原希子、SNSについて語る

 

一方で、水原さんは朝日新聞デジタルでSNSとの関わりについて語っています。

 

そちらによると、ネット投稿を始めたのは中学2年から。

 

ツイッターやインスタグラムも早いうちから始め、現在も重要なツールとして使用していること、企業から年間どのくらいの投稿をしてほしいとか、こういうハッシュタグを使ってほしいとか依頼があること、SNSを通じて世界的な著名人と繋がりを持ったことなどに触れる一方で、SNSでの発信を機に辛い思いもしたと話しています。

 

辛い思いをしたのは、あの天安門に中指を立てた写真を掲載した友人のフェイスブックに「いいね」をした後に騒動になったのちのことです。

 

[以下引用]

騒動を受け、16年に私は英語で動画をアップし軽率な行為だったことを謝罪しました。その中で父が米国人、母が在日韓国人で日本在住という多様な文化を背景に育ったことを説明し、相互理解を信じているといった内容のメッセージを伝えました。

 

すると、今度は日本で「日本人じゃない」と批判されるようになりました。昨年には出演したCMを紹介したその企業のツイートに対して、「なぜ日本人を使わないのか」という批判もおこり、私は自分のツイッターで「この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」とコメントしました。

[朝日新聞デジタル]

 

あれを偏見と言うのはちょっと違うのでは。

 

「いいね」の後に非難されたのは、それまで「水原希子」という日本人の名前で活躍しながら、中国での批判的な声が高まったときに、自分はアメリカ人と在日韓国人のハーフであると主張したこと、同時期に批判対象になっていた「和服姿で靖国神社に参拝した」 「旭日旗の前でポーズをとった」のは私ではないと否定したことが、「日本人じゃない」からいろいろ許してね、と言っている印象になったことだと思います。

 

それが高まりに高まって差別のようなことになり、この朝日新聞のインタビューで答えているように、昨年のサントリー騒動のときには2週間泣いたと言われると、気の毒にも思います。

 →水原希子のサントリーのCMに「日本人を使え」

 

が、水原さんは出自を明かす前からたびたび挑発的な発言や下品な画像をSNSに投稿しては非難されていました。

 →水原希子の低俗さに外国人からも非難の声

 

そもそも中学2年で始めたというブログでも、書き込んでいた未成年での飲酒・喫煙・スロット通いなどが15才の時に問題になって『Seventeen』の専属契約を打ち切られているんですよね。

 

これは出自関係なく批判されて仕方ないことだと思いますし、これまでの水原さんのいろいろを思い返せば、それが純日本人がしていたことだとしても嫌われていたのではないでしょうか。

 

それだけいろいろSNSではトラブルを起こしながら、それでもやめないってホントに心が強いと思います。

 

そのハートの強さがあれば、本名の「オードリー・希子・ダニエル」として世界に羽ばたき活躍できるのではないでしょうか。

 

◆水原希子が「どやぁ!」とするも…

話題はセンスの悪さへ→ reading ranking

話題はセンスの悪さへ→ ranking reading

 

 

※「水原希子」を名乗らずにいたほうが活躍できたかも

[Amazon

]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※水原希子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

本当のセンスがバレてしまった水原希子、今後は仕事にも影響か。国籍以外で嫌われる理由とは

何かとマイナス方向で話題を振りまく水原希子さんが、先日は「そんなに嫌いにならないで」と弱音を吐いたと話題になっています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

水原さんは19日にTwitteで「朝から涙が出る。今日は何だか弱いな私。自分らしく、正直に生きるってこんなに大変なんだ。でも嘘は嫌だよ」「HateよりLoveの方が気持ちが良い。そんなに嫌いにならないで。私も皆と一緒。この世界に生きる1人の人間」と訴えました。

 

言っていることはよくわかります。

 

HateよりLoveのほうがいいですもんね。

 

わかるんですけど…

 

 

※嫌われたから売れ残っちゃった?



 

敢えて、水原さんの国籍には触れずに嫌われる理由を探してみました。

 

水原さんはそもそも『Seventeen』の専属モデル出身です。

 

そこそこ人気があったようですが、15歳のころプライベートブログが発掘され、未成年でありながらスロットや飲酒、喫煙疑惑が浮上、それを指摘されると「こんなことくらいでうちがビビると思っとん?」と反撃し大炎上、専属モデルを解雇されて一旦表舞台から姿を消しています。

 

その後、モデルとして再度活躍を始め、話題作『ノルウェーの森』のヒロインとして女優デビューし、気付いたらグイグイ押されて今の位置にいる印象です。

 

実力や人気の伴わないゴリ押しだけでも嫌われ要素になりますが、加えて、たびたびアートなんだか下品なんだか判断が難しい画像をSNSにアップしたり、それに批判が集まれば「私はおしゃれだと思う」と譲る姿勢は見せず、挑発するかのように、さらに鼻ピアス、畳の上に土足でポージング便座で笑顔、スケ感ありすぎの服の着こなしなどなど、まああげればキリがないくらいいろいろありました。

 →水原希子に外国人からも批判殺到

 

水原さんが過去、未成年でスロット・飲酒・喫煙疑惑があったことを知っている人はそこからしてマイナスの印象を持っていたでしょうし、知らなかった人も、なんだこの人と思うことは多々あったと思います。

 

 

それなのに、水原さんが起用されてきたのは、パナソニックのキレイなお姉さんシリーズであったり、『25ans』だったり、資生堂の化粧品だったり、女性に人気がないと厳しいようなものも多く、起用する側のセンスを疑います。

 

 

※なんで鼻ピアスで25ans?[Amazon]

http://amzn.to/2yIvww4

 

 

水原さんは「嘘は嫌だ」と言いますが、誰でも万人に受け入れられることは難しい上に、自分の主張しかしないんですから「HateよりLove」を求めるのも難しいような。

 

 

さて、多くのものを「アート」「センス」という言葉でくるんできた水原さんが満を持して自らデザインするブランド展開を始めました。

 

そこで扱っているTシャツがこちら。

 

 

 

他にも、水原さんの顔だけとか、ブランドというよりもファンのためのグッズのようなデザインばかりです。

 

 

[以下引用]

「水原は今まで奇抜なファッションやきわどい写真を取り上げ、ファンは『オシャレだ』と目をつむってきたが、さすがにこれはキツイ。中高生が文化祭や体育祭のノリで作ったレベル。彼女の本当のファッションセンスがバレた。今後のモデル業に影響しかねない」(報道関係者)

[デイリーニュースオンライン]

 

 

モデルがみんなセンスがいいとは思っていませんが、これまでさんざんセンスに自信を見せてきただけに、ちょっとしたブーメランになってしまったようです。

 

 

◆え!あの人がそんなことを!?

実際に会って嫌いになった芸能人→ geinou ranking geinou reading

実際に会って嫌いになった芸能人→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※水原希子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

いよいよヤバイ!水原希子がまたも大爆死!あんな写真を出して、実売率40%!

水原希子さんがいよいよヤバイです。

 

賛否両論あった水原さんの露出過多写真をたっぷりと掲載した週刊プレイボーイの売上数が、51周年記念号だったにも関わらず実売率40%にも満ちませんでした。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

水原さんは露出過多写真についてはこちら→水原希子が下品な方向へ迷走中

 

水原さんは週刊プレイボーイの51周年記念号を飾るべく、かなり気合たっぷりだったそうで、編集部もその気合に答えるべく、41ページという異例の大ボリュームでグラビア掲載を敢行。51周年記念の野外広告も水原さんにするなど、力を入れたといいます。

 

水原さんも、あれらの写真をインスタにあげたのは販促を兼ねていたんでしょうね。

 

ネットで聞こえる声は下品だというものが大半でしたが、ネットが全てではないですし、話題になったことは事実です。

 

それなりに販促効果はあったかと思いきや、10月2日にあれらの写真が掲載された号が発売されたところ、上記の通り実売率40%の大爆死とのこと。

 

実売率、つまり、制作したトータル部数のうち、実際に売れた比率、ですね。

 

51周年だし多く刷りすぎた、というわけでもなく、例えばコンビニでの売上データを比較すると、乃木坂46の人気メンバーが出たときと比較して20~25%減、小倉優香さんら人気グラドルと比較すると5~10%近く低い数字だとサイゾーが報じています。

 

水原さんが販促で掲載した写真を見て、または水原さんの表紙を見て、もっと見たい、あの写真を手にしたいと思った人がそんなにいなかった、というのは事実なんでしょうね。

 

9月に公開した映画『奥田民生になりたいボーイと…』も初週動員数6位、興行収入は最終的に3~4億と予想されています。

 水原希子の映画、興行収入が大爆死

 

水原さんにアンチが多くても起用されつつけるのは本人が魅力的だから、という業界人の話もありましたが、一般人にとっては、そんなに魅力的ではないのかも。

 

ちなみに、資生堂の限定パレットは、同時に発売された長谷川潤さんは売り切れたものの水原さんのはまだ売れ残ってるとか。

 

このベーシックな配色で売れなかったら…つまりそういうことでは。

 

[楽天市場]


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※水原希子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

水原希子の映画大爆死!初週から観客10人で興行収入はまったく期待できず

このところヘイト騒動で騒がしかった水原希子さんが出演する映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせガール』の興行収入が大爆死だと報じられています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

[以下引用]

「公開前は水原もテレビなどに多数出演して宣伝にいそしんだ『奥田民生に──』。ところが9月16日に257スクリーンと大々的に公開されるも、初日から『各回で観客が平均10人以下』というネット情報も飛び交うなど、まったくの不入り。初週の土日で7500万円では、おそらく最終で興収3~4億円。水原自身はなかなかの“狂わせガール”ぶりを熱演しているんですが、ヘイト騒動があったばかりというタイミングに関連させて、もともと水原嫌いのネット住民から『水原だから爆死した』といった批判コメントも増産されています。一昨年の超大作『進撃の巨人』2部作でもなぜか大コケ戦犯の1人にされていましたし、こんなことが続くと、今後は主演扱いの映画はなくなるかもしれません」(CD&DVD専門誌記者) 

[アサ芸]

 

妻夫木さんや奥田民生さんをテレビでよく観たので、ああ公開が近いんだなとは思っていましたが、こんなにコケていたとは。

 

9月16日、17日の週末動員数のランキングはこちら。

 

 

*1位(初・1):エイリアン コヴェナント

*2位(1・2):ダンケルク

*3位(2・2):三度目の殺人

*4位(3・4):関ヶ原

*5位(4・9):怪盗グルーのミニオン大脱走

*6位(初・1):奥田民生になりたいボーイ-

*7位(7・8):君の膵臓を食べたい

*8位(初・1):文響詩篇エウレカセブン

*9位(5・4):ワンダーウーマン

10位(8・5):打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

<興行通信社提供。( )内は、先週・上映週数>

 

 

これで興行収入7500万円とは。

 

水原さんがCMに出演するサントリーにヘイトコメントが付き騒動になり、水原さんがツイッターで「一日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい。そして、世界中の人がどこにいても自分らしく生きていける世の中になるように、まずは私が私らしくこれからも強い心を持って、生きていこうと想います」とツイートしたのが9月16日、映画公開日だったわけですが、それは映画の起爆剤にはならなかったわけですね。

 

 

※それ以前に「奥田民生になりたいボーイ」とか言われても…あまり関係ないらしいですが。[楽天市場]

 

 

 

この映画で水原さんが演じる「狂わせガール」はなかなか魅力的だという記事を見たことはありました。

 

でも、便座に座っている写真とともに↓この本をPRしていたのはまったく受け入れられませんでした。

 

 

http://amzn.to/2ylo5qC

[Amazon]

 

また、映画の宣伝で出ていた番組で、下着を着けないことを他人に指摘されるのがわからない、私がいいならいいじゃないというようなことをのほほんと言い切ったあたりも、それをうっかり見てしまって嫌な気持ちになる人のことを考えられない人なんだなと思い、違う種類の人なんだなと。

 

水原さんは女優ですから演技で魅せればいいんですけど、これまで見た水原さんの演技には、いろいろ許せるほど惹かれる要素もなく、顔を見るとトイレの写真や下着のない姿を思い出してしまって、正直あんまり見る気がしません。

 

水原さんが非難される時、アメリカ人と韓国人のハーフであるためヘイト的な要素も含まれてしまいますが、そこが大きな嫌われ要素ではないと思うんですよね。

 

水原さんが嫌われているのは明らかなのに、なんだかんだと起用されるのは魅力的だからだというネット記事も見ました。

 

魅力的だと思い起用するのは制作サイドの勝手ですが、視聴者も同じ価値観なのかは考えてみたほうがいいのかも。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※水原希子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング