タグ:槇原敬之
ホームPage 1 / 212

 

覚醒剤および危険ドラッグ「ラッシュ」所持の疑いで、2度目の逮捕となった槇原敬之さんについて、2018年まで同棲生活を営んでいた元恋人・奥村秀一氏が、週刊新潮の取材に対し驚きの証言をしています。

 

※定番化した「もうシャブなんてしないなんて、言わないよ絶対」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】【本】槇原敬之

価格:2090円(税込、送料別) (2020/2/18時点)


楽天で購入


 

 槇原敬之の元恋人・奥村秀一氏の証言

 

この恋人は、かつて槇原さんの個人事務所社長を務めていた人物で、今回の槇原さんと同じ容疑で2018年3月に逮捕・起訴されています。

 

[以下引用]

「自分はかつて歌舞伎町のニューハーフパブで働いていたことがあり、槇原とは恋人関係で一緒に暮らしていました。自分たちは99年8月に覚醒剤事件で逮捕された。槇原はその後、自分とは“もう二度と会わない”と決別を宣言していたんですが…」(当の元恋人)

 

しばらくして、槇原から連絡があり、ふたたび一緒に暮らすように。薬物の使用も再開してしまったという。2006年には個人事務所社長となり、公私にわたる槇原のパートナーとなった元恋人。だが18年3月、槇原から別れを告げられてしまう。

 

槇原に彼氏ができたんです。“だから別れよう”と言われました。新彼氏は30歳過ぎのちょっとポッチャリ体型で、出会い系サイトみたいな所で知り合ったようです」(前同)

 

さらに事務所の社長も一方的に解雇されてしまい、失意のどん底に突き落とされることに。自暴自棄になった彼は薬物に溺れ、新宿をフラついていたところを職質され、これが先述した18年の逮捕となった。解雇からわずか4日後の出来事である。

 

2人は破綻直前まで、今回の槇原の逮捕容疑の舞台となった港区のマンションで暮らしていた。この2年前に、あと一歩まで迫りながら叶わなかった「槇原逮捕」の実現。そこには、元恋人による警察への“接近”があった。

[デイリー新潮]

 

ということで、詳細は木曜発売の「週刊新潮」にて詳しく報じられるようですが、これはどう見ても「奥村氏がマッキーを警察に売った」ということですよね・・

 

しかも、それを堂々と週刊誌上で明かしているということは、完全に「オレはオマエに復讐してんだよ!」とケンカ売ってるようなもの。

 

男と男の恋愛事情については未知の部分がありますが、これは単なる痴話喧嘩のもつれではなく、かなり根深い恨みが関係しているような気がします。

 

「ホンボシは槇原敬之」「大物女性芸能人に薬物疑惑」…金太郎こと奥村秀一の再逮捕で揺れる芸能界

ゲイ業界から吹き出し始めた黒い噂 

 

[スポンサーリンク]

 

さて、元恋人から意外な形で”攻撃”を受けてしまった槇原さんですが、ゲイ業界からも何やらドス黒い噂が流れ始めています。

 

[以下引用]

「槇原容疑者が覚醒剤やラッシュにハマったのも快楽のため。あまりにも使用歴が長いため、やることが相当エスカレートしていたと言います」(とあるゲイ男性)

 

槇原容疑者がゲイであることは広く知られた話だが、その知名度から新宿二丁目などの“聖地”には顔を出さず、出会いの場はもっぱら伝言ダイヤルやゲイ専用の出会い系サイトだったという。

 

マッキーが『シャブOKのパートナー』を探していたのは有名な話。でもみんな気持ち悪くて近付かなかった。普通じゃあつまらないということで、かなり過激なことをしていたなんて話も聞いたことがあります」(同)

 

さらにマッキーの過去の交際遍歴をたどると、別の超大物男性歌手の名前なども上がってくる。

 

「基本的にマッキーは同業者には手を出さないようだけど、美声がウリの某大物男性歌手はマッキーを尊敬していたから、過去に数回“交流”があったと聞いたことがある。その男性歌手までシャブをやっていたかは知らないけど…。マッキーの逮捕でゲイ業界が騒がしくなっているのは事実」(同)

[TOCANA]

 

ということですが、槇原さんが所持していた危険ドラッグ「RUSH」は通称ラブ・ドラッグとも呼ばれ、即効性が高く、持続時間が短い、一部筋肉が緩むことなどから、その筋の人たちの間にかなり蔓延しているとも言われています。

 

また、先月末に東スポが明らかに槇原さんを指している記事を出しているのですが、そこには「Xが出したゴミの中からは薬物使用の証拠に加え、かなり独特な趣味に走っていたことを示すグッズも押収された」とありました。

 

ミリオン歌手Xに薬物疑惑で内定情報!希代のヒットメーカーとは誰か

 

覚醒剤にラブ・ドラッグ、大量の大人向けグッズ、そして復讐に燃える元恋人の証言…

 

うーむ、これはかなりヤバイ匂いがします。

 

もしこういった事実が明るみに出れば、トリプルミリオンを達成し、平成最大のヒット曲となった「世界に一つだけの花」を含め、槇原さんが生み出してきた数々の名曲にも傷が付いてしまうことは確実。

 

今後の成り行きに注目です。

 

※改めて見ると意外な発見があります

 覚醒剤で逮捕された芸能人たち→ geinou ranking geinou reading

 覚醒剤で逮捕された芸能人たち→ geinou reading geinou ranking

 

※今回はほぼ実刑確定でしょう。



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※槇原敬之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

槇原敬之容疑者が21年ぶり2度めの逮捕となり、薬物の怖さを再認識するとともにデビュー30周年での逮捕ということでその影響範囲が心配されています。

 

一方で、「次に逮捕される芸能人」も話題になっており…

 

 

 

 

槇原敬之に見る「芋づる式逮捕」 

 

槇原敬之容疑者の逮捕容疑は、18年4月11日、東京都港区海岸のマンションの1室で覚醒剤0・083グラムを所持した疑いとのこと。

 

このマンションは2年前薬物で逮捕された槇原容疑者の個人事務所の元社長と一緒に住んでいた部屋で、今回の逮捕は元社長が薬物で逮捕された際に槇原容疑者の関与をほのめかしたため、2年かけて容疑を固め逮捕に至ったとみられています。

 

「ホンボシは槇原敬之」「大物女性芸能人に薬物疑惑」…金太郎こと奥村秀一の再逮捕で揺れる芸能界

当時、元社長は逮捕数日前に解雇されており、捜査情報が漏れていたのではと言われていましたが、一方で元社長は槇原容疑者に売られたと思っていたとも報じられています。

 

同棲し、当然疑われたであろう槇原容疑者は当時逮捕されなかったとなると、そんな疑いを持つのも仕方なかったかなと思います。

 

自業自得ですが、デビュー30周年を祝うべく予定されていたCDのリリースやツアーはなくなるでしょうし、先月リリースされた木村拓哉さんのアルバムに提供された『UNIQUE』という楽曲も、今後木村さんのツアーで歌われることもないんでしょう。

 

ただ槇原容疑者の曲は名曲も多く、犯罪者の曲として消えて行くのはどうなのかという声も多く上がっています。

 

槇原容疑者にこの声は聞こえているのでしょうか。

 

 

ピエール瀧からの「芋づる式」? 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

今回の事件にかかわらず、パートナーや恋人、マネジャーなど「身内」の逮捕から有名人に捜査の手が及ぶケースは珍しくない。逮捕にまでは至らなかったが、昨年初頭にも薬物絡みの事件で、同様の「芋づる式」での逮捕がささやかれたことがあったという。

 

「捜査対象となったのは、俳優や執筆業など、マルチな才能を発揮するA氏。近しい男性がコカインの使用で逮捕され、A氏の関与も疑われました。実際に関東信越厚生局麻薬取締部、通称『マトリ』がA氏を徹底マークし、内偵していましたが、決定的な証拠がつかめずに逮捕を断念した経緯があります。しかし、いまだにマークされているのは確か。覚醒剤で逮捕された歌手のASKAも警視庁が逮捕の突破口としたのは、一緒に覚醒剤を摂取していた愛人の身辺捜査でした。今回の槇原の事件に限らず、身辺者の動向から逮捕を狙おうとしている芸能人は他にもいるでしょうね」(芸能関係者)

[トカナ]

 

つい昨年のことですね。

 

ピエール瀧さんが逮捕された直後、何度となくサブカル系出身のマルチタレント逮捕かと「囁かれました」。

 

最終的に女性セブンがその当人であるリリー・フランキーさんに直撃。ピエール瀧さんとはプライベートでも20年来の仲ではあるが自分は薬物は関係ないので迷惑であり、過去、運転手として雇った男性が薬物で逮捕されており捜査員から確認の連絡が来たことはあるが、その時も疑惑を向けられたことはないと、はっきりと疑惑を否定しています。

 

「逮捕秒読み国民的タレント」を女性セブンが報じる!マトリが捜査対象としている薬物芸能人は…

それでもこうやって疑惑がほじくられるのは迷惑でしょうね。

 

ピエール瀧さん本人は、なんせ30年も薬物と身近に過ごしてきたことが明らかになっていますし、槇原容疑者や田代まさし被告、清水健太郎さんなどなど薬物で再犯した人が多いことから、きっとこれからも疑惑の目が向けられることになるのでしょうが…

 

◆リリー・フランキーが薬物ネタをぶっこんだときのピエール瀧の挙動

[動画]あー…なるほど → geinou ranking geinou reading

[動画]あー…なるほど → geinou reading geinou ranking

 

 

ところで、今回の槇原容疑者の逮捕は1月に東スポが予告していたものでした。

 

ミリオン歌手Xに薬物疑惑で内定情報!希代のヒットメーカーとは誰か

東スポは過去に、ASKAさん、清原和博さんの逮捕を匿名で報じ当てています。

 

東スポはもう一つ、元国民的アイドルAも近々に逮捕されると報じていますが、さて、こちらの方は当たるのでしょうか。

 

3月逮捕が噂されるお騒がせキャラの元国民的アイドルAを女性セブンが報じる

 

◆え、マジで?!国民的アイドルグループメンバーAにも大麻疑惑

こちらは男性です→ geinou ranking geinou reading

こちらは男性です→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ピエール瀧さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

槇原敬之容疑者が覚醒剤取締法違反で逮捕されていたと報じられています。

 

 

 

 槇原敬之容疑者が逮捕

 

[以下引用]

歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。

[テレ朝ニュース]

 

警視庁ということで組対5課、ですね。

 

その他、NHKや日テレでも次々と報じています。

 

これはかなり衝撃なのではないでしょうか。

 

最近あまり表舞台には出ていませんが、木村拓哉さんが今年リリースしたアルバムにも新曲『UNIQUE』を提供しています。

 

現在木村さんはソロツアーの真っ最中ですが、今後その曲が披露されるのか、影響がありそうです。

 

 

以前から逮捕の噂があった槇原敬之 

 

[スポンサーリンク]

 

実は槇原敬之容疑者の逮捕は以前から噂されていました。

 

まず、2018年に槇原容疑者の長年の「友人」であり、21年前に一緒に覚醒剤取締法違反で逮捕された金太郎こと奥村秀一さんが逮捕されたとき。

 

本当は槇原容疑者を狙っていたと報じられています。

 

「ホンボシは槇原敬之」「大物女性芸能人に薬物疑惑」…金太郎こと奥村秀一の再逮捕で揺れる芸能界

 

そして最近は匿名の「次に逮捕される芸能人」でも槇原容疑者としか思えない記事がありました。

 

ミリオン歌手Xに薬物疑惑で内定情報!希代のヒットメーカーとは誰か

 

ちなみにこれを報じたのは東スポですが、ここまで具体的に、誤解するのが難しいレベルで報じたのは、やはり自信があったのでしょう。

 

匿名記事が出るたび「こんなの出ても逮捕された試しがない」と言われていましたが、ASKAさん、清原和博さん、沢尻エリカさんに続き、やはり当たるときは当たるんですね。

 

そして、ここまでの記事が世に出ながら止められなかった槇原容疑者…

 

やっぱり薬物っておそろしい。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※槇原敬之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

槇原敬之さんの「恋人」である奥村秀一容疑者が覚醒剤取締法(使用)の罪で逮捕、起訴され、5月10日に初公判が開かれました。

 

その初公判の冒頭で、奥村容疑者が2013年から覚醒剤を使用していたと指摘されていることから、槇原さんが本命だったのではないかと報じられています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

槇原敬之 / SELF PORTRAIT [CD]

価格:1527円(税込、送料別) (2018/5/17時点)



 

槇原敬之に囁かれるホンボシ説

 

今回逮捕・起訴された奥村容疑者は、1999年に槇原さんが覚醒剤取締法に違反して逮捕された時に一緒に逮捕された人物です。

 

当時から槇原さんの恋人「金太郎」として知られており、事件後一度は破局したものの復縁し同棲再開、2006年から今年3月12日に解雇されるまで、槇原さんの所属事務所の代表を務めていました。

 

奥村容疑者は解雇後の3月16日に槇原さんと同棲していたマンションで覚醒剤を使用した罪に問われています。

 

槇原さんの所属事務所によると、解雇理由は「代表としての役務不履行によるもので、今回の事件とは全く関係ないことでございます」、「在職中から使用していたことに関しましては全く知りえないことでした」としていますが、トカナによると、「所属事務所の声明を真に受けている関係者は1人もいない」とのこと。

 

確かに逮捕の4日前に解雇って、どこかから逮捕情報を仕入れたんじゃないのと思われても仕方ないかも。

 

 

[以下引用]

さらに深刻なのは、奥村被告の冒頭陳述で飛び出した検察の「2013年ごろには覚醒剤の使用を再開していた」という証言。裏を返せば、2013年ごろから奥村被告を内偵していたということだ。社会部記者が明かす。

 

一般人の奥村被告を当局が何年もかけて内偵するとは思えず、ホンボシはパートナーのマッキー(槇原)だったのではないか、と言われています。昨年末には、某局の社会部がマッキーの行動確認をしていました。一方で、奥村被告の逮捕から2カ月以上経過しているため、これ以上は広がらないと見る向きもあります」。

[トカナ]

 

一度覚醒剤に接した人がクスリを断ち切るというのは非常に困難なことだといいます。

 

過去覚醒剤で一緒に逮捕されたことがあり、その後も同棲していて、一方が覚醒剤を再開したことをもう一方が気付かないということはあるのでしょうか。

 

そして、一度覚醒剤にハマったことのある人は、すぐ近くに覚醒剤があっても誘惑を断ち切ることができるのでしょうか。

 

覚醒剤を使用した場合、検査で検出されるのは、使用した覚醒剤の種類によるものの、尿検査で1から5日、血液検査は12時間または1日から3日、毛髪検査は90日とのこと。

 

ですから5日以上クスリを断てば、後は髪さえどうにかすれば検出されないということですね。

 

槇原さんは断ち切っていると思いたいところですが…槇原さん、今どんな髪型してるんでしょうね。

 

◆この髪なら大丈夫!

だと思う→ geinou reading geinou ranking

だと思う→ geinou ranking geinou reading

 

 

急浮上している「大物女性芸能人」

 

一度クスリで逮捕されれば、その後も何かあればクスリが連想されます。

 

今回の奥村容疑者の逮捕が公になる前の4月末に槇原さんは「槇原敬之さん運転の車、都バスと接触」と事故が報じられましたが、そのときの事故は都バスが後ろからオカマを掘られたというものだったのにも関わらず、「もしかしてクスリ…?」という声が出ていました。

 

しばらくは槇原さんの周辺も騒がしいかと思いますが、他にも奥村容疑者関係で騒がしくなりそうな人がいるようです。

 

[以下引用]

逮捕後、入手ルートなどについて徹底的に取り調べを受けたと思われるが、奥村被告の交遊関係を洗う中で大物女性芸能人の名前が浮上しているというから驚きだ。

 

「個性的なビジュアルや言動で知られる、ある女性芸能人と仲が良かったようです。その芸能人は、一時期、薬物を使用しているのではないかとマークされていたようですが、なかなか“証拠”を押さえることができませんでした。そうしているうちに、プライベートが変化した。それもクスリが原因ではないかと言われていました。奥村被告の逮捕・起訴を受け、今後、捜査当局がマークすることになりそうです」(週刊誌記者)

[リアルライブ]

 

その女性芸能人は海外でも知名度があり、逮捕されればかなりの騒動になりそうだとか。

 

プライベートが変化、というのが離婚ということなのであれば、もしかしてと思い浮かぶ名前はありますが…

 

5月上旬には仮面ライダー俳優の松尾敏伸容疑者も覚醒剤取締法違反で逮捕されていますが、実はその時複数名が同時に逮捕されており、芸能界の薬物ルートが絡んでいるという話もあります。

 

しばらくはまた、「芋づる式逮捕」的な記事が出てきそうですね。

 

 

◆これが「金太郎」奥村秀一容疑者

…誰かに似てる→ geinou ranking geinou reading

…誰かに似てる→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※槇原敬之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ホームPage 1 / 212