タグ:東山紀之の記事一覧

タグ:東山紀之
少年隊の紅白出場決定か。東山紀之「紅白出たい」はNHKへの公然の圧力だった

[スポンサーリンク]

 

 

夏の紅白歌合戦とも言われるNHK『思い出のメロディー』は、その年の紅白歌合戦司会者や出演者を予測する材料のひとつもなっています。

 

今年は8月17日に少年隊の東山紀之さん司会で放送されますが、関連した会見で紅白出場へ意欲を見せたことが「公然の圧力」と報じられています。

 

 

※妻・木村佳乃さんに続いての司会です

 

 

 

東山さんが紅白出場に触れたのは、記者に「紅白には出たいか?」と質問されたとき。

 

この質問に対して「それはやりたい!」「ジャニーさんの思いを引き継いで、心に残っている曲を表現できたら」と即答しています。

 

今年7月、ジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川さんが亡くなったときから、紅白でジャニーさんの追悼企画が設けられるのは決定的だと言われています。

 

それ自体は、これまでも音楽業界の偉人が亡くなった年にはあったことなので予想の範囲です。

 

問題は、公取委がジャニーズが元SMAP3人に対し圧力をかけていたことに対する注意を速報で報じたのがNHKという点です。

 

公取委がジャニーズに対し「注意」したのはジャニーさんが亡くなるより前で、マスコミ各社も把握はしていたものの「注意」は報じるレベルではないと沈黙していたのに、10日以上たった7月17日にNHKがよりにもよって「速報」で報じたため大きなニュースになったことについて、メリーさんは激怒し紅白撤退も辞さない構えだと言われています。

 

 

公取委からの圧力注意を報道されジャニーズ激怒!NHK紅白歌合戦から撤退の意向

 

そんな中での東山さんの「紅白出たい」発言は結構な意味があるようで。

 

[以下引用]

「全盛期の少年隊ならまだしも、いまは開店休業状態。メンバーの錦織一清さんと植草克秀さんが、東山さんほど俊敏に動けるとは思えない(笑)。何より、NHKが近年意識している若年層の視聴者は少年隊の存在自体知らないでしょう。北島三郎さんや和田アキ子さんという“紅白常連”の歌手を切って、新陳代謝を加速させたのに、このタイミングで少年隊を起用すれば、逆戻りになりかねない」(スポーツ紙記者)

 

裏を返せば、それをわかった上であえて東山はNHKにボールを投げた可能性がある。そこには公正取引委員会が元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人に仕事上の“圧力”をかけた疑いがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した一件の影響も見え隠れする。前出の音楽関係者は、

「公取委のニュースを真っ先に報じたのはNHK。ジャニーズの“女帝”であるメリー喜多川副社長は大激怒し、紅白への報復も辞さない構えだったと聞きます。今回の東山さんの逆オファーはNHKに『“ジャニーズ紅白”にするのか、しないのか』と踏み絵を迫るようなものですよ」と話す。

[フライデー]

 

確かに、錦織さんと植草さんがどんな現在になっているのか…

 

錦織さんは演出家として成功しジャニーズを出ても大丈夫と言われていますが、ネットで検索して出てくる近影を見る限り、ずっと表にいた東山さんとは違います。

 

※こういうギラギラ感もない

[amazon]

 

そんな二人を引き連れて、東山さんはどんなふうに紅白に絡むつもりかと言うと、

 

[以下引用]

「そりゃあ、少年隊として白組から堂々と出るつもりでしょう。東山クラスが紅白出場歌手とは別枠の、企画内ゲストで出演するとは考えづらいですからね」(音楽関係者)

(中略)

昨年の紅白はジャニーズから「嵐」「関ジャニ∞」「Sexy Zone」「Hey!Say!JUMP」「King&Prince」の5組が出場。今年も同規模を維持したいところだが、

 

ジャニーズ側は公取委の件でNHKに“貸し”を作ったと考えているので、強気の交渉をしてくる。極めつけが少年隊の単独出場ですよ」(同)

[フライデー]

 

これまでも、例えば近藤真彦さん35周年やKinKi Kidsの20周年、関ジャニ∞の8周年、Hey! Say! JUMPの10周年など、デビュー何周年という記念行事の前のタイミングで、え、今出るの?というジャニーズのグループが紅白に出ることはあり、関ジャニ∞やHey! Say! JUMPはそのまま連続出場を続けているということはありました。

 

少年隊は1985年のデビューです。

 

ジャニーズの長男・近藤さんが35周年のタイミングで出たなら、次男・東山さんも同じく35周年を迎える記念的な感じで、ほんとに出そうですよね…。

 

交渉と圧力は違うものではありますが、ジャニーズとNHKの交渉が決裂すれば、紅白の第二部あたりにジャニーズ総出演のカウコンの生放送を民放で流す、なんて荒業もあるかもしれません。

 

そんなことをしたら来年以降どうするの、というのも、「ジャニーさんが亡くなった年だから」と言えば、多少のイレギュラーの言い訳にもなりますしね。

 

今年の紅白に関する予想合戦は例年以上に激しくなりそうです。

 

 

 

◆過去、紅白のウラにぶつけて高視聴率を取ったのは

ジャニタレ絡みのこの会見→ geinou ranking geinou reading

ジャニタレ絡みのこの会見→ geinou reading geinou ranking

 

※ジャニー喜多川さんゴリ押しで連続出場していたNYC

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「砂の器」「白い巨塔」「燃えよ剣」次から次へと名作をブチ壊すジャニーズに批判殺到!

これまで何度も映像化された松本清張氏の不朽の名作『砂の器』が、フジテレビ開局60周年特別ドラマとして、東山紀之さん主演で放送されることが明らかになりました。

 

しかし、作中の天才作曲家役をSexy Zone・中島健人さんが演じると発表されたことで、ネットでは「ジャニーズのゴリ押しはもうウンザリ」といった批判が殺到しています。

 

※こちら加藤剛さん主役。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

砂の器 デジタルリマスター版 [ 加藤剛 ]

価格:2000円(税込、送料無料) (2019/2/26時点)


楽天で購入

 

[以下引用]

「原作は昭和の時代に起こったある殺人事件を巡るミステリー小説ですが、今回は時代背景に大きくアレンジが加わり、『18年ハロウィーン当日の東京・渋谷』が舞台になるそうです。これまでも映像化のたびに設定が少しずつ変わることはありましたが、ここまで大きな改編はなかったため、ネット上では『これはもう「砂の器」じゃない』『あの名作をこんな設定に変えるとか……最悪以外の言葉がない』と猛反発されています」(芸能ライター)

 

 今回の『砂の器』については、特に中島のキャスティングに違和感を覚える人が多いようで、「演技ヘタなのに、なんでこんなにドラマ出演が続くわけ?」「中島の“ゴリ押し”がウザい」といった声が噴出している。

 

「中島はここ数年、ドラマや映画の主演が続いていますが、はっきり言って成績はどれもパッとしません。18年10月期に放送された主演ドラマ『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』(日本テレビ系)は、全話平均視聴率8.8%と振るわず、同12月に公開された映画『ニセコイ』も全国映画動員ランキングで9位と大爆死しています。『演技がわざとらしい』『印象に残らないんだよなあ』と演技力の評価もイマイチで、今回の役についても『陰のある役は無理でしょ……』『ヘタな演技で作品を壊すのだけは勘弁』と不満を買っているようです」(同)

 

同作は2004年に同じジャニーズの中居正広さん主演でTBSがリメイクしています。

 

その時は原作から設定を変更し、中居さん演じる“天才ピアニスト役”が主役となっていましたが、批判よりも「面白かった」と評価の方が多かったです。

 

それを考えると、今回の「砂の器」は原作通りに東山さん演じるベテラン刑事が主役ですし、現代に設定変更というのもドラマ化ではよくあることなのでは?

 

◆中居正広、ピアノシーンはどうしていたか知っていますか?

 これはスゴイ![動画]→ geinou ranking geinou reading

 これはスゴイ![動画]→ geinou reading geinou ranking

 

※こちら中居正広版。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】DVD▼砂の器 3(第5話〜第6話)▽レンタル落ち【テレビドラマ】

価格:499円(税込、送料別) (2019/2/26時点)


楽天で購入

 

それなのに、どうしてここまで大きな批判が起きているのか不思議にも思うのですが、どうやら裏には最近のジャニーズによる”名作潰し”が大きく関係しているようです。

 

「最近発表されて批判を浴びたのが、4月からスタートするドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』。二階堂ふみとW主演を務めるのは、KAT-TUN・亀梨和也です。12年に大ヒットした竹内結子&西島秀俊のドラマ『ストロベリーナイト』のリメイク版ですが、『このキャストならもう見ない』『新キャスト、イメージ全然違うんだけど…』とかなり批判が集まっていました。

 

他にも新選組副長・土方歳三の生涯を描いた司馬遼太郎の長編小説『燃えよ剣』実写映画の土方役にV6・岡田准一、沖田総司役にHey!Say!JUMP・山田涼介が発表されると、こちらも『イメージに合わない』とキャスティングに不満の声が続出。岡田は今年放送予定のドラマスペシャル『白い巨塔』のリメイク作品でも主演を務めることが発表されていますが、こちらも同様に不満の声が続出しました」(芸能ライター)

[サイゾーウーマン]

 

フジテレビが「ストロベリーナイト」の続編ではなくリメイク版を選んだことは、確かに理解に苦しみます。

 

同じキャストで作ればヒットは間違いないと思うのですが、ここにも「ジャニーズのゴリ押し」を感じ取って拒否反応が表れているようです。

「ストロベリーナイト・サーガ」は竹内結子&西島秀俊を超えられるか?

 

「白い巨塔」に関しては、原作者・山崎豊子さんが生前に「映像化するなら、主役の財前は絶対に高身長じゃなければダメ!」と強いこだわりを見せていたにも関わらず、実際には160センチ台と言われる岡田さんが起用されたことで「原作者の意向を無視するなんて…」と反感を買っていました。

総回診シーンが公開処刑になる!「白い巨塔」岡田准一に「身長が低すぎる」の声多数!

 

ジャニーズが二人以上キャスティングされるとただのバーター作品にしか見えなくて興味半減というのも現実にあります。

 

SMAPを無理やり解散に追い込んだ事件以降、ジャニーズは完全にブラック事務所のレッテルが貼られてしまいましたが、それに加えて露骨なゴリ押しを続けてしまうのは賢いとは言えないような。

 

しかも、昨年10月期の「今日から俺は!!」や今期の「3年A組」など、ジャニーズタレントが一人も出演していないドラマが、高視聴率に加えて世間から大きな注目を集めたことから、「ジャニ―ズがいないほうが良いドラマができる」という流れになりつつあることも、”ジャニタレ不要論”に拍車を掛けているのかもしれません。

 

今後、ジャニーズタレントによる人気作品のリメイクがことごとく失敗すれば、俳優業から締め出される可能性もあるでしょう。

 

嵐の活動休止という”大試練”を2020年に控えたジャニーズ事務所ですが、これから大きな正念場が訪れそうです。

 

※実質的な解散とも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ARASHI Anniversary Tour 5×10【DVD】/嵐[DVD]【返品種別A】

価格:5368円(税込、送料無料) (2019/2/26時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ジャニーズタレントのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

SMAPだけじゃなかった!娘婿までイビリ追い出していたメリー喜多川の老人性被害妄想による暴走が止まらない!!

ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が「錯乱している」との情報が飛び交っています。元SMAPチーフマネージャーの飯島三智さんが、娘の藤島ジュリー景子副社長を追い落とし次期社長を狙っている―このような被害妄想にとらわれたメリーさんの暴走が、一連のSMAP解散騒動につながったとの見方もありますが、どうやら事態はシャレにならないレベルまで深刻化しているようで…

ジャニーズ帝国崩壊 [ 本多圭 ]

ジャニーズ帝国崩壊 [ 本多圭 ]
価格:1,080円(税込、送料込)

[楽天市場]

この記事の続きを読む

ジャニーズがテレビ朝日に激怒!東山紀之の主演ドラマ「刑事7人」で起きてしまったトラブルとは?

テレビ朝日系列で放送中の東山紀之さん主演ドラマ「刑事7人」を巡り、ジャニーズ事務所が激怒するトラブルが発生したといいます。いったい、何が起きたのでしょうか…?

 → ranking

※文庫版が話題になっています。

[楽天市場]

この記事の続きを読む