タグ:東尾理子の記事一覧

タグ:東尾理子
東尾理子の無責任な情報発信に不満の声!

[スポンサーリンク]

 

石田純一さんの妻・東尾理子さんが次女のアレルギー検査の結果を報告したことで話題となっています。

 

 

※そもそもここから…

 

 

東尾さんはブログで次女のアレルギー検査の結果を次のように報告しました。

 

[以下引用]

「アレルギー検査の結果が出て。一番ひどいのは卵アレルギーで、加熱もだめ。後は小麦とサケがあったけど、少しだけだからそれほど気にしなくて良さそう。思っていたよりも少なく、ひどくもなかったので一安心。あおばは何も無いけど、理汰郎は克服してきた物もあれば、悪化している物もあったり。アレルギー、気を遣うし大変な事もあるけど、上手くお付き合いしていける様に頑張ります」

[東尾理子さんのブログより]

 

この報告に対し同情の声や「食べ物関連のアレルギーは、本当に大変。専門の先生と相談しながら、一歩ずつ前進してください」といった心配の声が寄せられていたそう。

 

理子さんの第三子であり次女のつむぎちゃんは2018年4月生まれの現在1歳。

 

子供のアレルギーは場合によっては長く付き合わなければならないもので、非常に心配なことだと思います。

 

が、東尾さんは以前からアレルギーの発症を抑える方法として離乳食の開始を遅らせるなど対策を度々ブログで紹介していたために、今回のアレルギー検査の結果の報告を見た人の中にはがっかりした人もいるようで。

 

[以下引用]

しかしその一方で「アレルギー出ないようにと、離乳食の開始を遅らせたのに全員出てしまったね」「アレルギー出ないためにやった方法とか前から発信してたのに結局、アレルギー出ましたってなるなら、もう発信しないでほしい」といった厳しい声が寄せられてしまった。

[サイゾー]

 

第二子のあおばちゃんは何も出てないということなので、3人中2人がアレルギー体質だったということのようですけどね。

 

要するに離乳食を遅らせてもアレルギー対策にはならないようだというのがわかっただけでもいいのでは。

 

ちなみにつむぎちゃんが生まれる前、2017年に発表された研究結果によると、卵アレルギーに関して「かつてはアレルギーを引き起こす食品を避けた方がよいとされていたが、最近の研究から、早期に少しずつ食べ始める方がアレルギーの発症予防に有効なことがわかってきた」とか。

 →卵アレルギー、食べて予防日経新聞

 

その他、日本科学未来館の記事にも食物アレルギーを予防できる?という記事で、卵アレルギーに関しては条件を守れば予防できる、とするものが2017年に出されています。

 

東尾さんが長男のときの情報を元に子育てをしている間に変わったことがあったんですね。ちょっと調べたらこれだけ出てきました。

 

かつてはアレルギーになる食品は遅めに与える、が主流だったのに、こんな真逆の変化はどうしてくれるのという部分はあります。

 

この日経新聞や日本科学未来館の記事も、未来永劫同じことが通じるかわかりませんし、何かを知ったときにそれを取り入れるかどうかは自分でもしっかり調べて判断する必要もあります。

 

しかし、東尾さんのように情報発信力のある人はなおさら無責任にいろいろ発信すべきではないのかなと。

 

 

◆自分も悩んだはずなのに…こういうところがアンチの理由だろうな…

東尾理子の問題発言→ geinou ranking geinou reading

東尾理子の問題発言→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

セレブ自慢で炎上ママタレの仲間入りを狙う!?東尾理子が得た新しいブランドとは

東尾理子さんがSNSで長男の理汰郎君の卒園を記念しヘリコプターに乗ったことを報告しました。

 

セレブ自慢はママタレ炎上の原因となりやすく、当然今回の投稿にもいろいろ出ているようです。

 

 

 

 

[以下引用]

東尾は、「息子の卒園に合わせて、ヘリコプターでゴルフ場に連れて行って頂きました」と綴り、夫でタレントの石田純一と息子がヘリコプターの前でポーズを決める写真を投稿。この日の様子は、自身のブログでも「随分と前に約束して頂いていた、息子が待ちに待っていた日」と紹介し、有意義な時間を過ごせたことを明かしていた。

 

これを受け、ネット上では「ゴージャスな卒園祝い」「素敵以外の言葉が見つからない」などの声も挙がったが、同時に「いちいちヘリコプター移動って言わなくてもいいじゃない」「神田うのと同じ生活感覚?」という批判も多く見受けられた。さらに、「自慢ばかりしてたら将来、子供にまで悪影響になる」「金持ちであっても小さい子供には一般庶民的な感覚を教える事も大事」といった声も挙がり、東尾の教育方針を疑問視している人も多いようだ。

[リアルライブ]

 

石田さんもトレンディー俳優として一時代を築きましたし、東尾さんもプロゴルファーで、父親は野球選手とお金があるのは事実でしょうからね。

 

ただ、うのさんがヘリコプター移動で炎上したのに東尾さんがわざわざ報告したのは東尾さんも狙ったのかなと思われても仕方ないかもしれません。

 

東尾さんは3年ほど前に出演した『深イイ話』で叱らない子育てを実践していると話し話題になったことがあります。

 

「子どもって、自分が接してもらった方法でしかアウトプットできないと思う。怒ってばかり接していると、人にも怒りやすくなる」「理汰郎くんが他人に迷惑をかけたり、危なかったりする場面では毅然とした態度で接する」と、言葉を聞くと立派です。

 

しかし実際にVTRで流れたのは、理汰郎くんがわざとバイオリンを落としても叱らない、泥だらけの手を東尾さんの服に擦り付けても叱らない、ということで、モノを大事にすることを教えるのも大事だし、母にしたことを他人にしないよう説明することも大事、そもそも叱ると怒るは違う、子供を育て上げたわけでもないのに偉そうに子育てを語るなと言う声も。

 

[Amazon]

 

加えて「セレブ自慢」で炎上ママタレの仲間入りか、ということですが…

 

[以下引用]

「番組で自宅を公開することもありますが、高級家具にひのきの浴槽などお金持ちならではの設備が揃い、まさにセレブそのものなんです。都内の一等地に建てたという自宅は土地と建物、合わせて3億円とも言われているんですよ。いしだ壱成さんやすみれさんなど、石田さんの他の家族ともうまくやっていることで好感度が高かったですが、最近はセレブぶりが鼻につくとの批判も多いです」(前出・同)

[リアルライブ]

 

東尾さんはそもそも不妊を公にして注目を集め、その後は不妊に悩む人の気持ちを逆なでするような言動をしてあまり良い印象を持たれていませんでした。

 

嫌われ歴は長いですが、それほど大きく炎上することもなく、炎上ママタレとしては中途半端かもしれませんね。

 

ただ、東尾さんの長男理汰郎くんは今年4月慶応幼稚舎に入学するので、これまでとはちょっと変わるかも。

 →芸能人お受験結果2019

 

慶応はこのところ芸能人の子供の入学基準を上げてるんじゃないかというくらい、芸能人の子女がなかなか合格しない中での快挙は、祖父・東尾元監督の政財界・スポーツ界へのコネがあってこそのものだったよう。

 

というのも、幼稚舎の定員は男女合わせて144名のうち、慶應OBでもなくコネもないいわゆる「フリー枠」は男子20名、女子8名と言われています。つまり、試験以上に重視されるのがコネということ。

 

そんな中、石田さんちは、石田さんが早稲田中退、理子さんが日大と状況は厳しく、おじいちゃんがツテを頼り政財界にお願いしまくったと週刊女性が報じていました。

 

4月から理汰郎くんはそういう環境で暮らしていくわけですから、ヘリコプターくらい自慢でもなんでもないのでしょう。

 

しかし親の力を子供が自分の力だと勘違いすると大変なことになるのも事実。

 

東尾さんのヘリコプターの記事で、ヘリコプターで連れて行ってくれたのは石田さんのようなのに「頂いた」の連発が気になったのですが、そういうところで父である石田さんを敬う気持ちを教えているのであれば、大丈夫かもしれません。

 

◆氷ひとつにこだわり育てた東尾理子がバナナをあげるとこうなる

驚愕!理汰郎くんの離乳食→ geinou ranking geinou reading

驚愕!理汰郎くんの離乳食→ geinou reading geinou ranking

 

※炎上ママタレ枠はあとからデビューのこの方が埋めました

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

東尾理子がいしだ壱成に「身内が見ても恥ずかしい」に違う意味で非難の声

[スポンサーリンク]

 

 

”東尾理子 いしだ壱成の23歳差愛に「身内が見ても恥ずかしい」”というタイトルで、『快傑えみちゃんねる』に出演した東尾理子さんが義理の息子であるいしだ壱成さんと新恋人・飯村貴子さんとの交際について語ったと報じられています。

 

※現在3児の母[楽天市場]



 

東尾理子の「恥ずかしい」

 

[以下引用]

司会の上沼恵美子(62)が「この間、義理の息子さんとお会いしたんですよ」と壱成に会ったことを明かし、「(結婚期間と交際期間が)ダブってないですよね?」と質問。東尾は「出会ったのは既婚中だったみたいですけど、お付き合いはちゃんと離婚が成立してから…」とやや歯切れが悪い様子で壱成の不倫を否定した。

 

すると上沼が「恋多き男性。やっぱり色気があるねん。たくさん結婚するから悪いみたいに言われるけど、そんなことない。結婚なんて5、6回したほうがいいと思う」と壱成を擁護する大胆発言。しかし東尾は「そうですかね…。身内が見ても大丈夫かなと思うくらい恥ずかしい…」と苦笑いを浮かべていた。

[スポニチ]

 

記事のタイトルが23才差あることについて「恥ずかしい」と言っているようで、東尾さんと石田純一さんも21才差ですから大差ない…と思いましたが、内容を見たらどうやらそのラブラブぶりが恥ずかしいということのよう。

 

石田さんも以前、壱成さんと新恋人について聞かれたときに「甘くて良い感じでしたよ。あーあって感じで、2人がホットな時は周りから見たら笑っちゃうんですよね」と語っていました。

 

身内だからこそラブラブぶりが恥ずかしいというのはあるかもしれません。

 

また、石田さんも離婚直後の交際報道であったことについて「そこがちょっと理解できない」と常識的な反応をしており、そのあたりは東尾さんも同様に思っているからこそ、あえてきちんと交際開始は離婚してからだと強調したんでしょうね。

 

東尾さんはたびたび共感できない言動がありますが、今回のタイトルは悪意があったとネットでも話題になっています。

 

 

いしだ壱成に激怒していた石田純一

 

この記事の続きを読む

石田純一が問題発言!女性を敵に回すホンネとは

石田純一さん63才の妻・東尾理子さん42才が第三子妊娠中であることを明らかにしました。

 

出産時期は来年4月ということで、元気な赤ちゃんの誕生が待たれますが、父となる石田さんが週刊新潮のコラムでもらしたホンネにグチが見られ、最終的には喜んでいるものの女性を敵に回すのでは、と報じられています。

 

 



 

予防線がスゴイ

 

[スポンサーリンク]

 

 

[以下引用]

たとえば「手間がかかることもあって、僕は3人目に必ずしも積極的ではなかった」というくだり。

 

「今回は顕微授精(精子と卵子を体外で受精させて子宮に戻す方法)だということですが、当然、話し合いの結果、行われたはずです。それなのに妊娠してから不満を漏らすのはいかがなものでしょうか」(女性誌記者)

 

この件に関して石田は、「親が一人ひとりに十分な目配りをできなくなる分、上の子が下の子の面倒を見るようになる」と、子供の自立心を促す意味ではよいとしている。

 

「しかし、手のかかるうちは当然、親が面倒を見なければいけません。『十分な目配りをできなくなる』と述べるのは、育児がおざなりになっても許してね、という予防線とも取れなくもない」(前出・女性誌記者)

[アサジョ]

 

深読みするなあと…当初は「必ずしも積極的ではなかった」からと言って、それを不満と捉えるんだなあと。

 

第一子理汰郎くんは2012年11月生まれの現在5才、第二子女児は2016年3月生まれで現在1才であること、さらに石田さんの年齢を思うと、それほど積極的になれないのも仕方ないな。さらに、気持ちが多少揺れるのも、人間ですから仕方ない気も。

 

※石田さんは2018年1月に64才になります。[Amazon]

 

http://amzn.to/2zV7gXP

 

また、「親が一人ひとりに十分な目配りをできなくなる」を「育児がおざなりになっても許してね」という予防線と取るのも、石田さんびっくりなのでは。

 

 

まあでも赤ちゃんが生まれる4月は5才2才のお兄ちゃんお姉ちゃんですが、まだまだ手がかかるし大変だろうなとは思います。

 

さらに、理子さんは「叱らない子育て」を実践しているようですしね。

 →東尾理子の「叱らない子育て」に批判殺到

 

以前理子さんが批判されたのは、「理汰郎くんが他人に迷惑をかけたり、危なかったりする場面では毅然とした態度で接する」としながらも、理子さん=他人の洋服に泥をなすりつけても注意していなかったこと。

 

理子さんが母親だから他人ではないとして注意しなかったんだとしても、その線引きは必要なんじゃないかと。

 

今もこういう子育てだったとしたら、たいへんそう。

 

 

子宮の中身を語る石田純一

 

[以下引用]

東尾の妊娠に驚いた理由としては「若いときは『棉』のような子宮の内部も、理子くらいの年齢になると、柔らかさが失われて受精卵が着床しにくくなり、なんとか着床できても、滑り落ちてしまいやすいと聞いていた」と記述。

 

「確かにそうかもしれませんが、妻の子宮の状態まで書く必要はあったのでしょうか。石田は常々、女子大生好きを公言しているだけに、東尾にとってある意味、侮辱的表現とも言えますね」(前出・女性誌記者)

[アサジョ]

 

これは確かにちょっとキモチワルイかも。

 

一方で、「積極的ではなかった」と言いながらもきちんと医者と話し合っていたという証明でもあるのかなあとも思いますが…でもやっぱり、今でも女子大生と交流を持っていると話す石田さんだけに、やっぱりすっきりしないものを感じます。

 

若い子好き、半分はキャラだと信じたいですが。

 

そんな石田さんの長男・いしだ壱成さんは2度めの離婚をし、現在は19才の女優と半同棲中。

 

その彼女は「ものには罪がない」と、元妻の使っていた箸、スニーカー、ヘアケア用品、ベッドなど、そのまま使ってるそうで。

 

いしださんは赤ちゃんの頃から別に暮らしているので石田さんに伝わっているのはDNAだけとも言えるでしょうが。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング