パンくずリスト
  • ホーム
  • 東尾理子
タグ:東尾理子

 

コロナ禍での不要不急の行動が続き離婚問題の渦中にいると言われる石田純一さんが女性セブンのインタビューに回答、次に週刊誌に報じられたらアウトだと明かしています。

 

※本日限定550円

 

「今は」離婚しない結論を出した東尾理子 

 

石田さんは今年4月、緊急事態宣言中に仕事を理由に沖縄へ向かいゴルフをプレー中に新型コロナウイルスが発症し入院しました。

 

その前に行っていた北関東のゴルフ後行われた食事会が感染源だと思われること、緊急事態宣言下での不要不急の長距離移動、発症後の公共交通機関利用、入院したらテレビに電話出演、退院から3週間ほどでマスクなしで夜の街を泥酔する姿を報じられるなど、コロナで自粛する多くの人の神経を逆撫でする行為が続き、バッシングに晒されることになりました。

 

さらに、先月末には北海道、福岡の長距離移動、そして連日の宴会のみならず、同席女性をお持ち帰りしたと報じられました。

 

その前から、コロナ禍の行動で妻・東尾理子さんに「考え方がまったく合わない」と言われ、離婚の危機に陥っていたと石田さんが話していたこともあり、いよいよ離婚か、と言われていたのですが…

 

[以下引用]  

理子は、石田が4月にコロナに感染して以降、SNSの更新を4か月以上もストップ。沈黙を貫く彼女はいま、冷静に将来を見据えているという。

 

「賢い人ですから、仕事が減っている石田さんの現状を見て、いま離婚することは得策ではないと判断しているみたいですよ。長男の理汰郎くんもまだ7才で、下にも2人いる。これからお金が必要ですからね。石田さんに離婚を突きつけるのではなく、“とにかく貯金しておいて!”と口を酸っぱくして言っているみたいです。1か月くらい前に別荘を売ったのも、将来を考えてなんでしょう」(理子の知人)

 

3人の子供のことを考えると「いまは離婚すべきではない」と、理子はそう最終ジャッジを下したようだ。

[NEWSポストセブン]

 

 

理子さん、「全てが合わない」まで言い切ったと石田さんが暴露していましたけど、理性で家族が続けられるんでしょうか。

 

石田純一が離婚フラグ!東尾理子が「全てが合わない」と全否定、わだかまり続く現在を明かす

 

仕事が減っている今離婚するのは得策ではないって、お金さえ十分あれば離婚したということでしょうか。

 

こういう形で仕事を失った石田さんが、今後以前のように一つのイベントで100万円、みたいな稼ぎ方ができるようになるとは思えないのですが…。

 

子供が3人もいると、簡単に離婚とは言えないのかもしれませんね。

 

 

あと一回でアウトな石田純一 

 

[スポンサーリンク]

 

ただ、この猶予は永遠に続くものではないようで。

 

[以下引用]

「もっとも理子さんへの風当たりも強いですよ。子供が通う小学校では悪目立ちしないよう控えめに行動している一方で、ママ友づきあいも疎かにしない。でも、ママ友の中には石田さんの言動をよく思っていない人も当然いて、理子さんは肩身の狭い思いをされているようです」(前出・理子の知人)

 

冒頭の直撃時、記者が石田に理子のママ友関係について質問すると、唐突にこう明かしたのだ。

 

「ママ友の中には、われわれを悪く言う人もいるでしょう。でも、仲がいいママ友は大丈夫です。…あと1回、(週刊誌に)載ったらアウトなんですよ。だからもう…だからもう…」

[NEWSポストセブン]

 

「ママ友の中には、われわれを悪く言う人もいる」って、理子さんも石田さんを止められないってことで悪く言われちゃうんでしょうか。

 

それはつまり石田さんのせい・・・

 

しかもそういう言い方ってまた角が立ちますよね。

 

ママ友付き合いをメインでするのは理子さんでしょうに、理子さんのために、「みなさんに良くしていただいて感謝しています」くらい言っておけば良かったのに。

 

そういうふうに気が利くなら、今みたいな事態になっていないのかも。

 

石田さんは週刊女性の取材に対し、自分を潰そうとする団体がいる、と主張していたとか。

 

なんだかちょっと、ゆっくり休んだほうが良さそうですね。

 

◆夫婦ってお互いのイメージに影響するから大変だよね。

この人とか→ geinou ranking geinou reading

この人とか→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※4ヶ月以上沈黙する東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

石田純一さんがまたも危機に陥っています。

 

週刊女性に掲載された福岡での飲み会三昧、女性お持ち帰りがキャッチされ直撃された際のインタビュー記事が捏造だ、法的措置も考えていると言ったところ、週刊女性がさらに詳細を報じました。

 

※北海道の名水で作ったコーヒーゼリー。

 

 事細かにバラされた石田純一

 

[以下引用]

8月6日、石田純一が週1でレギュラー出演しているラジオ番組『ニュースワイドSAKIDORI!』で、こう吠えた。

「このインタビューでは答えていない」

「反対のことを書いている」

「正確に書いてほしい」

「こうした“絵”を描いた人がいる」

石田が指摘したのは、8月4日に発売された『週刊女性』の記事(8月18・25日合併号)。

《石田純一4泊5日福岡出張で「ゴルフ」「合コン」「お持ち帰り」を満喫! 連夜の濃密宴会》のタイトルで、全国的にコロナ感染者数が再び増加傾向にある中、7月19日から石田が九州・福岡へ行き、現地の人たちと“濃密な接触”を繰り返していたことを報じた。

 

この記事の “当事者”である石田は、読んだ感想として「まったく言っていないことを書いている」と断言。しかし、まさか「言っていないこと」を書くことなどありえない。そこで週刊女性が入手していた石田の福岡出張について、前述の記事よりさらに詳しく紹介する。

[週刊女性プライム]

 

ということで、おそらく再度インタビュー時の音声を起こしたんだろうなという詳細記事がこちら。

 →週刊女性プライム

 

石田さんが「そんなこと言うわけないじゃないですか。イメージで記事を作りたい人がいるんでしょう。お金になるということで」と完全否定した、「コロナに1度かかっているからうつらない」という主旨の発言も、次のようにはっきりと記されています。

 

[以下引用]

――1度コロナになってゴルフをしていたのに、またゴルフ?

「沖縄でのゴルフでコロナは出ていないじゃないですか。なってるのにって、なっちゃってるからこそ、本当にならないらしいですよ。(2回罹るのは)1パーセントぐらい。僕は3か月たっているので、それはないと思いますけど。僕がまき散らしている的にされやすいんだけど、それはちょっと違います」

[週刊女性プライム]

 

言ってますよねえ。

 

同じ内容のことを以前別のメディアでも話していたので、間違いはないと思っていましたが。

 

「怒ってる」だの「法的措置」だの、あんまり強固に言い放ったものだから、お盆休みなのに週女プライムの記者さんがお仕事しちゃいましたね。

 

 

東尾理子の我慢はどこまで続くか 

 

[スポンサーリンク]

 

週女プライムの記事によると、要するに石田さんは直撃時に酔っていたから覚えていないだけでは、とのこと。

 

 

今の時代、インタビューを記憶やメモだけで記録するとは考えづらく、しっかり音源があっての記事だというのは素人でも思います。

 

 

立場的に否定しないわけにもいかなかったんでしょうが、覚えていないなら法的措置なんて言わなければよかったのに。

 

その結果、石田さんの事務所が各メディアに「触れないでほしい」とお願いして回ったと言われるお持ち帰りについても、ミニバンでの席順まで詳細に記され、河北麻友子さん似の女性と顔を寄せて撮った写真も掲載されています。

 

ちなみに週刊女性が直撃したのは7月29日で、東京の感染者数がまたも右肩上がりになっているころですが、やっぱり飲んじゃうんですね。自分は一度罹ったからもう罹らないと思ってるからこその行動なのでは。

 

お持ち帰り女性との顔寄せあう写真も、今のコロナ禍を思うとありえません。もしも2回罹るのが1%以下の確率だったとしても、これだけ際どい行動を繰り返していれば、3ヶ月経って抗体もなくなってる可能性も高いです。1%、どうでしょう。

 

この女性が一般人であるために控えている情報もあるという噂もあるようで、フライデーは場合によってはさらに続報が出る可能性についても触れていました。

 

東尾理子さんは、どこまでスルーするのでしょうか。

 

 

◆おしどり夫婦と評判でも離婚間近な夫婦、その逆の夫婦

なるほど→ geinou ranking geinou reading

なるほど→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

先月中旬に4泊5日の福岡出張に行き、宴会やゴルフを満喫、さらにはお持ち帰りが報じられた石田純一さんですが、レギュラー出演するラジオ番組でその内容を否定、発言を捏造されたと答え、記者が本気を出したと報じられています。

 

 

※見た目だけでも涼しいマスクを

 

 石田純一が週刊誌の捏造を主張、法的措置も

 

ラジオ番組で報道について聞かれた石田さんは、「100%仕事で行った福岡です。1つイベントが中止になったが、後は3つ(営業の仕事を)やっています。記事に書いてあることは間違っていることが多い」「インタビューとかも、まったく言っていないことを書かれているので困っている。簡単に言うと怒っています」と内容を否定した上で、「法的云々は、一応、相談しています」と、法的手段について検討していることも明かしました。

 

かなり強気に出たと思うのですが、これには疑問の声も。

 

 

[以下引用]

「インタビューの内容に関しては、どこがどう間違っているのかを指摘してほしかった。直撃した記者もコメントをそっくり“捏造”するはずがない。石田が酔っていて覚えてなかった可能性もあるのでは。そこまで言うならば、と今後、各週刊誌が石田のナイトライフを徹底的にマークすることになりそうで、そうなるとまたボロが出そうだ」(芸能記者)

 

また、福岡で飲んだのは店ではなく、仕事関係者の家だったことを主張。夜の街や酒席には「行かない」と言い切ったのだが…。

 

「新型コロナに感染して入院。退院後から仕事復帰するまでの期間、石田の“ホームグラウンド”の都内の繁華街では、飲み会をする石田の一行が頻繁に目撃されている。なので、夜の街や酒席へ『行かない』と言い切らなくても良かったのでは」(都内の飲食店関係者)

[リアルライブ]

 

インタビューって録音しておいて文字に起こすものじゃないんでしょうかね。

 

実際、インタビューの結果をどう編集するかは記者次第なところはありますから、ニュアンスを変えて報じられるケースもあるとは思いますが、単純に言った言わないということなら、福岡の夜遊びを報じた週刊女性の記者はすぐにでも反論できるのでは?

 

その前に、どの部分が石田さんの語った内容と違うのか、はっきりしたほうがいいとは思いますが、少なくとも「抗体もあるし、ぶり返さないんです」というのは以前も話していたことなので、この部分じゃないんでしょうね。

 

 

石田純一がコロナ差別を語るも…的外れすぎる。

 

そして、抗体云々は今の時点では何も断言できることはないと思うのですが…。

 

※福岡、今は行けないのでネットで美味しいもの買います。

[Amazon]

 

離婚危機を否定も… 

 

[スポンサーリンク]

 

石田さんは離婚危機も否定していましたが、確かに離婚危機はただの状況からの推測でしかない部分もありました。

 

長男理汰郎くんは慶応幼稚舎に通い、これまでは理子さんがうまくやって馴染んできたそうですが、一連の石田さんの行動で理汰郎くんと理子さんが肩身が狭い思いをしているんじゃ、という流れでしたし。

 

しかし、石田さん自身もお持ち帰り報道以前に離婚を匂わせていたんですけどね。

 

 

石田純一が離婚フラグ!東尾理子が「全てが合わない」と全否定、わだかまり続く現在を明かす

 

自分が言っていたことも否定されると、いろいろ信じられなくなってきます。

 

そして、コロナ禍での長距離移動で「価値観が合わない」と言われたというのに、その後福岡でお持ち帰りが報じられたら、そりゃ離婚も心配されるかなあと思うのですが…。

 

まだ小さいお子さんも含めて3人いますし、添い遂げられればいいですね。

 

◆夫婦ってお互いのイメージに影響するから大変だよね。

この人とか→ geinou ranking geinou reading

この人とか→ geinou reading geinou ranking

 

※京都の宇治のお茶屋さんの商品です。

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

石田純一さんがコロナ禍でまたも長距離移動し宴会、さらに女性をお持ち帰りしていたと報じられています。

 

さらにその宴会に参加した人の中には直後発熱した人がいるそうで…

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鎌倉の小さなTシャツとバッグのブランド 子供用マスク ますく 日本製 飛沫防止 ...

価格:1760円(税込、送料別) (2020/8/4時点)


楽天で購入


 

 

 またも仕事を理由に長距離移動。今回は女性お持ち帰り付き

 

週刊女性には、コロナ感染者が増え第二派が言われていた7月19日、福岡のバーから出てきて騒ぐ石田純一さんの姿が報じられています。

 

石田さんと言うと、コロナが流行し始めた3月4月にゴルフ三昧、4月初めの北関東ゴルフで女性を呼んでの食事会で感染し、緊急事態宣言中の4月11日に仕事を理由に沖縄へ行きゴルフ中に発症したと報じられています。そして退院直後の散歩でくしゃみのときにあえてマスクを外したり、快気祝いでマスクなしで酔いつぶれたり、長男理汰郎くんとともにマスクなしでバッティングセンターにいたりで叩かれてきた人です。

 

それだけ叩かれていても、週刊女性によると、石田さんはまたしても仕事を理由に長距離移動しゴルフと宴会に明け暮れていたとか。

 

移動したのは確かに仕事が理由だったようですが、実際にはコロナ禍でその仕事はキャンセルになっており、福岡に行った18日から帰京した22日まで5日中3日夜は飲み会、21日の昼にはゴルフと、実際には遊びに行っただけ、ということになったよう。

 

しかも今回は妻・理子さんも激怒間違いなしのことが…。

 

[以下引用]

地元の若い女性が何人も参加していた中から、石田は1人にロックオン。

 

「福岡で化粧品の販売をしている25歳だというB子さんの隣をキープ。河北麻友子さん似のスレンダー系美女です。ずっと手をつないだ密着状態で、小声で話し込んでいたそうです。社長宅を出て、高級ミニバンで一緒に石田さんが泊まっているホテルへ。深夜3時になっていましたが、バレないように時間差で入ったみたいですよ」(前出・知人)  

[週刊女性プライム]

 

いや、石田さん67歳なんですけど。

 

つい先日自ら離婚危機に触れていましたが、これはないですね。

 

石田純一が離婚フラグ!東尾理子が「全てが合わない」と全否定、わだかまり続く現在を明かす

週刊女性の直撃を受けた石田さんは、「CMをやらせていただいている社長とゴルフをやっただけなんで。僕は今、テレビを干されているので、ビジネスパートナーには気を遣っているわけ。レギュラー番組はないので、主な収入源はスポンサーなんです。何を言われようが、スポンサーに挨拶回りをするのは自分の仕事だと思っていますよ。子どもたちのためにも家を守るためにも」ときっぱり答えていましたが、この女性について聞かれたときはしどろもどろになっていました。

 

車に同乗していた人もお持ち帰りを否定していませんでしたし、決まりなんでしょうね。

 

これで理子さんがどういう決断を下すのか…

 

 

 

コロナに関する甘すぎる認識 

 

[スポンサーリンク]

 

もう一つ問題なのがこちら。

 

[以下引用]

「石田さんが東京に戻ってから、飲み会に参加していた人たちがパニックに。連日参加していた“女の子集め役”の男性が、39度の高熱を出したんです。一時は参加者8人が感染したという話も。幸い男性は翌日に熱は下がったそうですが、コロナでなければいいですね」(前出・知人)

[週刊女性プライム]

 

いい大人がインフルエンザでもなく39度の熱って。コロナは熱が下がったとしても安心できないですよね。

 

テレ朝の富川悠太アナも2日ほどで平熱に戻っていましたし、37度台しか出ていなくてすぐ下がった人もコロナだったというケースもあります。

 

これはとても心配なケースなのですが、石田さんに質問すると「それ誰だか、わかんない」ときっぱり答えたそう。

 

しかしまあ当然知らないわけはなく、A氏が連れてきた中洲のお姉さんたちがクラスターの元だったらしいが自分は濃厚接触していないと答えていました。その上でコロナに関する甘い見解を示しています。

 

[以下引用]

コロナで入院したのに、なぜ行動が変わらないのか。

 

「1度(コロナに)なっているからこそ、自分はならないらしいですよ。2回も罹るのは1%くらいです。僕がまき散らしている的な見方をされやすいけど、もう3か月たっているので、それはちょっと違います」  

 

石田自身はコロナ感染の確率が低くなったかもしれない。しかし、感染拡大防止のために新しい生活様式が必要とされている。

 

「ウチの奥さんにも言われています。今でもゴルフをやってるのが知られて、広まるとマズイんじゃないかって。でも、誰がメシを食わせてくれるんですか。スポンサーさんに誘われたら、ゴルフでも、“3密”と言われている食事会でも、そりゃ行くでしょ。北海道でも、福岡でも。それが僕の結論です。それを叩かれたって大いにけっこう」

[週刊女性プライム]

 

 

石田さん自身は、コロナに一度罹れば二度はないと思っている。だから3密でもスポンサーに誘われれば遠方でも行くよ、だってテレビの仕事干されてるし他に収入源ないし仕方ないじゃない、ということのよう。

 

スポンサーには気を遣うと言いながら、いろいろスポンサーのせいにしているような。

 

そして、コロナに一度罹ると本当に二度はほぼないんでしょうか。

 

感染しても全員に抗体ができるわけじゃないこと、抗体ができても3ヶ月ほどで消失するという研究結果がすでに発表されており、日本でも再発なのか再感染なのかはっきりしない例がすでに出ています。

 

「二度罹る人は1%」を信じるとしても、今の時点ではそうかもしれませんがこの先はわからず、抗体がなければ何度でも罹りうるのは誰でもわかる話です。インフルエンザなんて予防接種して抗体を得ていたって罹る場合がありますしね。

 

新型コロナはまだ流行り始めて間もない病気です。

 

インフルエンザとは違って正式に治療薬も流通していないしワクチンもない、味覚・嗅覚障害や呼吸のしづらさなど後遺症を訴える人はいるけどはっきりしていない、さらに、つい最近ベトナムで感染力の強い型が確認されたとか。

 

そんな人類にとって未知の病気なのに、自分は罹らないから思うように行動するって、何かあったときのことや他人のことは考えていないんでしょうね。

 

石田さんは入院中一時生死の境をさまよったと言われていますが、もしもその二度罹る1%に自分が入ったら、とか、例えば一度罹った石田さんは二度目に感染しても無症状になる可能性が高いけど、感染能力はある、なんてことだったらどうするんでしょう。

 

そして、感染リスクもありながら石田さんの治療にあたった医療従事者についてはどう考えているのか。テレビを干されたからゴルフして飲んでお金をもらうと堂々と言い放つ親を子供がどう思うとかも、考えないんでしょうね。

 

石田さんは叩かれる理由をコロナに感染したからだと、わざとなのか勘違い発言をしていますが、感染したことを叩いてる人なんているんでしょうか。その前後の行動が「十分注意している」と思えないからなんだかんだと言われるのではないでしょうか。

 

かなり残念です。

 

◆この石田純一のどこを信用すればいいのか…

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

※ステイホームTシャツ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※沈黙を続ける東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング