タグ:有働由美子の記事一覧

タグ:有働由美子
「news zero」加藤綾子と桐谷美玲の起用で視聴率回復を目指す!?若手美人女子アナの起用も検討中とか

視聴率低迷に苦しむ日テレ系ニュース番組「news zero」が、起死回生策として加藤綾子さんと出演交渉に入ったとの噂が流れています。

 

さらに、桐谷美玲さんの”再起用”やサブキャスターとして若手美人女子アナを置くことも検討しているそうで、日テレ内部は相当な危機感を持っているようです。

 

※はあ、やっぱりワタシが必要になっちゃうわけだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉 [ 加藤 綾子 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2018/10/26時点)

楽天で購入


 

[以下引用]

フリーアナの“カトパン”こと加藤綾子の、業界内での評価が急速に上がっている。

 

「今、司会では古巣のフジテレビのバラエティー『ホンマでっか!?TV』1本しかありませんが、他局もしっかりチェックしています。そんな中、すぐにでも加藤をキャスターにしたいという局が1社、すでに交渉に入っているというウワサです」(テレビ誌ライター)

 

果たして、どこの局で番組名が何か――。ウワサをたどると、日本テレビ『NEWS ZERO』が浮かび上がってきた。

 

「ZEROは初日10.0%、翌日10.4%と大健闘を見せたものの、すぐさま暴落。以降、一桁を続け、5%以下にまで落ち込む日も出てくる始末。有働はともかく、サブやコメンテーターが悪過ぎ。以前から最悪の評判ながら、唯一レギュラーとして残った櫻井翔がマトモに見えるほどです」(テレビ雑誌編集者)

 

救世主として加藤にすがりたいというのも、実に現実味のある話。確かに加藤が加われば、番組の注目度もあらためて仕切り直しできる。

 

「ZEROは、よく分からないコメンテーターが想像以上の悪評ですから、できれば完全リセットしたい。カトパンが来ればチャラになります」(前同)

[まいじつ]

 

ということですが、カトパンに報道番組は無理でしょう。

 

さすがに信憑性の低いハナシだと思います。

 

それよりも、まだこっちの方が説得力はあります。

 

[以下引用]
「日テレは最も視聴率分析に長けている局なのに、なぜ有働さんを夜帯に起用したのかは解せません。これまで担当していた『あさイチ』の視聴者は主婦層などほとんど女性でした。逆に、夜のニュース番組の視聴者は主に男性です。男性視聴者はどうしても若い女性キャスターを好む傾向がある。数字上はそういう傾向が顕著です。正直、49歳の有働さんには荷が重いですよ。これまで夜のニュースで高視聴率を取っていた番組の女性キャスターを振り返れば、わかると思います」(テレビ局関係者)

 

 

『ZERO』が同時間帯で1位を獲得できたのも、2006年のスタート時からサブキャスターに抜擢された小林麻央さんの功績が大きいと言われ、女優の桐谷美玲も2012年から今年9月までの6年半にわたって毎週火曜日に顔を見せていた。

 

「有働さんひとりがフォーカスされるような体制を取ったことも不振の要因かもしれません。諸事情があってそうならざるを得なかったのかもしれませんが……。今まではメインに村尾信尚キャスターがいて、サブには小林麻央さんをはじめ、山岸舞彩さん、小正裕佳子アナなどの美人女性キャスターがいる体制だった。今はサブを置いていないから、視聴率が下がるとどうしても有働さんだけが注目されてしまう。ちょっとかわいそうだと思います」

[女性セブン]

 

なるほど…

 

1980年代後半から1990年代にかけては「ニュースステーション」の小宮悦子アナ、2000年代には「ニュースJAPAN」の滝川クリステルアナがいましたもんね。

 

それぞれ美脚や上目遣いのカメラ目線など、持ち前の”オンナの武器”を駆使して男性視聴者からの支持を獲得していました。

 

※だそうです。

やっぱり滝川クリステルは斜め45度がいいのだ!

やっぱり滝川クリステルは斜め45度がいいのだ!

 

そう考えると、有働アナのサブとして若手の美人女子アナを置くというのは、視聴率アップに有効な気もしてきますが…

 

そもそも、有働さんが敢えてサブキャスターを置かなかったのは、ジャーナリストとして「自分ひとりの力でやっていく」という決意の表れだったのでは?

 

現在の低視聴率については、本人も「なんとかしなくては…」と焦っていると思いますが、だからといって若くて綺麗な女子アナを起用するなんて、絶対にあり得ないかと。

 

たとえ、それで視聴率がアップするとしても、彼女のプライドが許すはずありません。

 

ただ、日テレは10月第3週の週間視聴率で全日、ゴールデン、プライムの全部門でテレビ朝日に首位を譲ってしまったんですよね。

 

「news zero」は月曜から金曜まで放送される帯番組ですし、そこでの不調はモロに全日視聴率に影響してきます。

 

視聴率三冠王を狙っている日テレが、有働アナのプライドと自分たちの生命線である視聴率のどちらを優先するのか、それは火を見るよりも明らかなこと。

 

なので、落としどころとして次のような噂が出てくるわけで…

 

[以下引用]

「村尾のときに火曜日キャスターで出演していた桐谷美玲は、リニューアル後も残るとみられていた。本人もそう思っていたらしく、不満だった彼女は当てつけに“降板会見”まで開いたほどだ。

 

「桐谷も最初、インタビューなど満足にできず『しょせん客寄せ』といわれた。でも6年半も続けてだいぶうまくなった。正直、櫻井よりも全然マシだったし、有働も桐谷を『残してもいい』と言っていたのです」(テレビ雑誌編集者)

 

しかし、イザ新体制でスタートしてみると、この惨状。再び桐谷出演のメも出てきたという。

 

「桐谷は女優の仕事が嫌いで、将来的には雑誌モデルとキャスター業でやりたいんです。新たな出演陣を見る限り桐谷の方が全然マトモだし、視聴率も期待できますよ」(前同)

[まいじつ]

 

10月24日、NHKの定例会見が行われ、木田幸紀放送総局長が有働アナに言及するという珍しい光景が繰り広げられたそうです。

 

「他局のことなので、僕があれこれ言うと、日テレさんに怒られちゃう(苦笑)。ですが、長くやってきた同僚・後輩なので言うと、彼女は素晴らしいセンスの持ち主なので、いずれ、そう遠くない日に見たことも聞いたこともない新しい有働節を開発すると思っています」

 

このようにエールを送ったということですが、これって良く読み返してみるとかなり意味深なことを言ってるような。

 

そもそも、有働アナの報道キャスター、あるいはジャーナリストとしての能力を認めていれば「そう遠くない日に本来の実力を発揮してくれる」と答えるでしょう。

 

ですが、「そう遠くない日に見たことも聞いたこともない新しい有働節を開発すると思っている」ですからね。

 

エールに見せかけて、実は「お前にできんのかよ。できるものなら俺たちに見せてみろよ」と挑発してるように感じたのですが…考えすぎ?

 

いずれにせよ、有働アナが早くも正念場に立たされていることは間違いありません。

 

この難局をどのように乗り越えていくのか、注目したいと思います。

 

 ※実は虎視眈々とメインキャスターの座を狙っている…

 あのおぼっちゃまgeinou reading geinou ranking

 あのおぼっちゃまgeinou ranking geinou reading

 

※坊主頭にして気合を入れてみますか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウドウロク (新潮文庫) [ 有働 由美子 ]

価格:561円(税込、送料無料) (2018/10/26時点)

楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※有働アナのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

過大評価しすぎた日テレの責任!「news zero」視聴率大爆死で有働由美子アナの早期降板が濃厚に

元NHKの有働由美子アナウンサーをメインキャスターに迎え、櫻井翔さん以外の出演者を全員リストラするなど大幅リニューアルを行った日テレ系ニュース番組「news zero」が、予想外の低視聴率に苦しんでいます。

 

※ワタシ、失敗しちゃうんで。

ウドウロク (新潮文庫)

ウドウロク (新潮文庫)

 

放送開始の10月1日は冒頭に一人で有働アナが登場し、ベテランアナウンサーとは思えない”噛み噛みトーク”というハプニングがあったものの、平均視聴率は10.0%とまずまずの数字。

 

しかし、3日には7.9%となって以降は1桁台が続き、12日にはついに4.6%まで落ち込むなど、有働特需終了どころか打ち切りラインがチラついてくる始末。

 

スタートから2週間を終えた時点での平均は7.66%で、リニューアル直前週の平均7.44%はかろうじて超えたものの、有働アナのギャラなどで制作費は高騰してることを考えると、「なんのためのリニューアルだったのか?」と言われても文句は言えないでしょう。

 

また、番組内容に対しても「ニュース番組というより、これは情報番組ではないか?」という意見が多く見られ、報道キャスターとしての有働アナに大きな期待を寄せていた視聴者をガッカリさせた感は否めません。

 

実際、ネットでは次のような厳しい意見が見られますから…

 

[以下引用]

「企画より人で数字を取ろうとしてる感が丸出し。日テレの姿勢にも疑問」

「その日に起きたことを知りたいのに、薄い内容でグダグダと間延びしてる」

お堅いNHKでは持ち味が出ていたけど、民放では特筆するほどのキャラじゃない

「キャリアは長いのに、初回を観て『この程度なのか』と失望した」

[ビジネスジャーナル]

 

[以下引用]

ニュース報道番組ではなく、報道バラエティー化していってるような。ニュースはしっかり内容も放送してくれないと見ない。大体、出演者を見てるわけではないことを放送局は自覚すべき」

「前はその日の事故や事件など、ニュースを詳しくやっていたけど、今は常識外れなコメンテーターに頼って意見をもらってる状態。つまらなくて見なくなった」

「バラエティー色を抑えて、しっかりその日のニュースを伝えてほしい。もともと、キチンとした報道番組をNHKでも任せてもらっていないから、コメント力も期待はできない。あの時間の報道番組を仕切るには厳しいかも

[週刊実話]

 

NHK時代の「あさイチ」は、はっきりいってかなりバラエティ寄りの情報番組でしたし、相方の井ノ原快彦さんとの掛け合いがとてもウケていたのは事実。

 

自分の良さを引き出してくれていた大切な相方と別れ、さらには不慣れな報道番組を任されたわけですから、実は一番戸惑っているのは有働アナ自身なのでは?

 

しかも、「あさイチ」はメイン視聴者層が主婦層だったのに対し、「news zero」は男性視聴者も多く見ているでしょうから、さらに「勝手が違う…」となることは必至かと。

 

そう考えると、今回の大抜擢は有働アナを過大評価しすぎた日テレの責任も大きいと思うのですが、どうでしょうか?

 

[以下引用]

「有働が人気を博したNHKの『あさイチ』は、そもそも情報番組。報道番組とは全く毛色が違うため、ここへ急に放り込まれた有働には同情もしてしまいます。そこで日テレは、『news zero』をワイドナショーのように軽い雰囲気に改革して、有働の良さを引き出そうとしたのですが、それは視聴者を置いてけぼりにするだけ。『news zero』の固定視聴者が離れてしまったのは当たり前のことですね」(テレビ雑誌編集者)

[週刊実話]

 

ワイドナショーって、アナタ。。

 

もともとNHK内でも「彼女に報道キャスターなんてムリ」という評価が圧倒的だったといいますし、先輩である池上彰さんからも「生半可な覚悟で報道キャスターを名乗らないで欲しい」とチクリされていました。

 

こうなってくると、もはや有働アナの降板は時間の問題のような気がします。

 

アナウンサーとしての評価が地に堕ちてしまう前に「news zero」から撤退し、早々に主婦向けの情報番組に出戻りしたほうが良いかもしれません。

 

もちろん、その時は三顧の礼で相方を迎えてあげてくださいね。

 

※まさにとばっちり!井ノ原快彦が「あさイチ」を降板した…

 本当の理由→ geinou reading geinou ranking

 本当の理由→ geinou ranking geinou reading

 

※オレだってさ、子供の教育費とかまだまだ稼がないといけないわけよ。



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※有働由美子アナのツイッターはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「news zero」視聴率不振で有働由美子アナが早くも降板危機!視聴者の期待が大きすぎたのか、それとも…

今年3月にNHKを退局してフリーとなり、10月から日本テレビ系報道番組「news zero」のメインキャスターに就任した有働由美子アナが、早くも大ピンチに陥っています。

 

※正念場来るの早くないっすか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウドウロク (新潮文庫) [ 有働 由美子 ]

価格:561円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)

 

同番組の視聴率を見ると、初登場となった1日は10.0%と好スタートを切り、翌2日もタモリさんとの対談という意外性が注目を集めて10.4%にアップ。

 

このまま二桁キープで行くかと思いきや、3日は7.9%まで下がってしまい、さらに5日は6.6%と急落してしまいました。

 

10月初週の平均視聴率は8.7%で、前週(9月最終週)の同7.3%からはアップしたものの、話題性を考えると物足りないのも事実。

 

特に3日目から急降下してしまったのは、有働アナに対する期待が裏切られた視聴者が多かったことの表れとも考えられるため、今後に向けての不安材料になっているようです。

 

[以下引用]

「日テレは有働アナを高額ギャラで招聘するにあたって、櫻井翔を除く全てのタレントキャスターを切り、サブキャスターを務めていたフリーの小正裕佳子アナも降板させました。それは有働アナのギャラを捻出するためでもあるのですが、メンバー的にはかなり寂しい陣容になった印象が否めません。有働アナを起用した以上、同局的には10%超えを目標値に設定していたはずですから、週平均8%台では期待外れでしょう」(スポーツ紙記者)

 

番組内容にも、視聴者の不満が噴出している模様。有働アナは「みなさんと一緒に考えるニュース番組」をテーマに、Twitterを通じて、視聴者の意見を積極的に取り上げる意向だったが、それも最初の2日だけ。3日目からは、視聴者の声に向き合うことはほとんどなくなってしまった。報道番組でありながら、有働アナのノリはNHKの情報番組『あさイチ』時代のまま。有働アナがニュースについて、掘り下げたコメントを発するわけでもなく、なんとも“薄っぺら”な内容にとどまっている。

 

有働アナは現場取材にこだわったジャーナリストを標榜していたはずですが、今のところ、取材に出たのは5日オンエアの北海道応援企画の回のみ。このときは、地震から1カ月がたち、北海道と、西日本豪雨被害を受けた広島を訪問しましたが、もう少し近場でもいいので、時間のある昼間に、現場に出た方がいいのでは? 降板になった小正アナは積極的に現場取材を行っていたので、好感がもてました。メインとサブで、立場が違うとは言え、ただイスに座って番組進行をするだけでは、『楽をしている』との印象が拭えないでしょう」(テレビ誌関係者)

[日刊サイゾー]

 

まだ始まって1週間が過ぎたばかりなんですけどね、有働体制の「news zero」は。

 

それなのにここまで厳しいことを書かれてしまうのは、それだけ大きな注目を集めているということの証でもありますが…

 

さすがに「降板だ!」「期待はずれだ!」なんて騒ぐのはちょっと早すぎませんかね?

 

せめて10月いっぱいは様子を見てみないと、正確な判断は出来ないと思います。

 

ただ、嵐の櫻井翔さん以外全員をクビにして始めた以上、いろいろなところから恨みを買っているのも事実かと。

 

1ヶ月経っても結果が出ないようだと、有働アナの早期降板も冗談ではなくなってくることでしょう。

 

ところで、時を同じくして「あさイチ」の相棒だった井ノ原快彦さんも、新番組の司会が決まりました。

 

それはNHKの生放送特別番組「お取り寄せ不可!?列島縦断 宝メシグランプリ」(11月23日19:00~)で、「全国各地にいまだ知られざる極上グルメの味“宝メシ”を発掘し、100人の食通が生放送でグランプリを決定する」という内容。

 

約8ヶ月ぶりとなるNHK復帰について、井ノ原さんは「日本人としてまだ食べたこのない、聞いたことのない郷土料理の素晴らしさを、番組を通じて皆様にお伝えできればと思っています。久しぶりのNHK生放送。スタジオで美食家の皆さまと共にお送りします。ご期待ください」と意気込みを見せていましたが、こちらも結果次第では今後の司会者人生に大きな影響が出てくることは必至。

 

それぞれ別の道を歩み始めた”有働&イノッチコンビ”の今後に注目です。

 

※有働由美子のセンパイの超有名キャスターが大ピンチ!

 気をつけてくださいね→ ranking reading

 気をつけてくださいね→ reading ranking

 

※ニュースキャスターって難しいですよね。

俺たちニュースキャスター (字幕版)

俺たちニュースキャスター (字幕版)

[Amazon商品]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※のんさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

セクハラ降板に熱愛発覚で、有働由美子の『news zero』で始まるフリーアナ人生が前途多難!

日テレの報道番組『NEWS ZERO』がこの10月で一新され、元NHKアナウンサーの有働由美子さんがメインキャスターとなり『news zero』として再スタートします。

 

それにあたり内定していた男性キャスターがセクハラで降板していたと報じられています。

 

 

有働由美子絶句の男性キャスターセクハラ降板

 

[以下引用]

「実は櫻井翔さん(36才)とともに有働アナを支えるはずだった男性キャスターが突然変更になった。内定していたのは、日テレ報道局の青山和弘さん(50才)で、すでに有働アナとも顔合わせ済みでした。ところが9月1日付けで、突然、報道局から他部署へと転属してしまった。完全な“左遷”人事です。有働アナは絶句したそうです」(日テレ関係者)

[NEWSポストセブン]

 

この方が青山キャスターです。

 

 

青山氏は東京大学文学部卒業後、1992年に日本テレビに入局。報道局政治部で頭角を現し政治部のエースとして知られ、安倍晋三首相からの信頼も厚く、ワイドショーやバラエティー番組にも出演し難しい政治の話をわかりやすく解説してくれると評判で、第二の池上彰さんになれると言われるほどの逸材だったとか。

 

それほどの人であれば、有働さんとともに番組を支えるキャスターに抜擢されるのも納得ですが、それが突然の降板・左遷となったのはセクハラが原因です。

 

[以下引用]

「その青山さんに女性局員に対する深刻なセクハラ騒動が起きました。泥酔した20代の女性局員に無理矢理肉体関係を強いたと疑われています。当初、女性局員はほとんど記憶がないことから、訴えることをためらっていましたが、自分と同じような被害にあった女性が他にもいると知り、日本テレビ内でセクハラやパワハラに対処する部署に訴え出たそうです。事実関係を確認し、お互いの事情聴取も経た上で、今回の降板、異動となった。局内では箝口令が敷かれています。大きな痛手です」(別の日テレ関係者)

[NEWSポストセブン]

 

日テレ、セクハラで思い出したのが、有働さんと同じくNHKから『NEWS ZERO』に移籍した山岸舞彩さんへのセクハラ騒動です。

 

2013年に『NEWS ZERO』プロデューサーが山岸さんにセクハラして更迭されたと報じられ、山岸さんは日々繰り返されるセクハラ・パワハラでノイローゼ寸前だったとか。

 

そんな日テレで、またもセクハラとは。

 

有働さんはフリー転身後初のレギュラーの仕事で気合が入っていたでしょうに、幸先悪いですね。

 

ただ、会見での有働さんはそんな不安を感じさせなかったのはさすがです。

 

 

櫻井翔の好感度低下が与える影響

 

もう一つ不安材料として櫻井翔さんの存在が指摘されています。

 

『news zero』は有働さんに対し前任者の村尾さんの倍以上となる年間4億のギャラを支払うため、キャスターを一新し社員を多用することにした、そんな中櫻井さんが残ったのは、有働さんの強い要望があったからだと週刊ポストが報じています。

 

というのも、『あさイチ』時代の井ノ原快彦さんとの掛け合いが好評だったため、験を担いだからだとか。

 

正直有働さんよりもジャニーズの意向じゃないのと思いますが、理由は何にせよ櫻井さんの残留がマイナスに働くという見方もあります。

 

[以下引用]

「週刊文春でテレビ朝日の小川彩佳アナとの破局が報じられたばかりか、女子大生との熱愛疑惑も飛び出しています。櫻井は独身ですから、不貞でなければ、誰と付き合おうが自由。しかし、噂の相手がひと回り以上も年下の女子大生であることから、ネットでは“キモい”と評価を下げています。好感度の高い井ノ原と比較し、好感度がダダ下がりの櫻井とタッグを組んでメリットはあるのでしょうか」(前出・芸能記者)

[アサ芸]

 

確かに、印象としては小川彩佳さんのほうが良かっただろうとは思いますし自らを「クソ甘えん坊」と言っていたのが大々的に報じられたのはどうかなあとは思いますが、お互い独身ですしね。

 

いずれにせよ櫻井さんはあくまで曜日キャスターですから、有働さんの頑張り次第で影響は最小限に抑えられるのではないでしょうか。

 

そういえば東スポが、櫻井さんがスキャンダルに触れられるのが嫌で出席予定だった会見をドタキャンしたと報じていましたが、確かに今日の会見に櫻井さんはおらずビデオ出演でした。

 →櫻井翔が『news zero』会見ドタキャン!

 

これがドタキャンなのか元からの予定なのかわかりませんし、ジャニーズだし多忙だし曜日キャスターだしいないことは不自然ではありませんでしたが、普通に出ていればまた東スポのガセだと確実に笑い飛ばせたんですけどね。

 

◆芸能界セクハラ事件いろいろ

NHK…多い!→ geinou reading geinou ranking

NHK…多い!→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング