タグ:成田凌

 

先日電撃結婚を発表した戸田恵梨香さんと松坂桃李さんの交際開始時期が2018年3月頃だという噂があると週刊文春が報じています。

 

 

 

 戸田恵梨香の「押しかけテク」

 

[以下引用]

「戸田も一月からスタートする『俺の家の話』(日テレ系)のヒロイン役に続き、七月期のドラマで永野芽郁とダブル主演することが内定している。共に多忙で、ツーショットを撮られたことがない二人の結婚は、ほとんどのマスコミがノーマークでした」(芸能デスク)
 
もっとも、関係者の間では二人の仲が噂に上ったことがある。きっかけは二〇一八年三月頃、松坂が都心の住宅街に佇む瀟洒なデザイナーズマンションに入居したことだった。
 
「松坂さんが引っ越してきた半年後、同じフロアのはす向かいの部屋に、押しかけるようにして戸田さんが越してきたのです。家賃はともに四十万円以上。互いの部屋を行き来する“半同棲生活”をキャッチした週刊誌のカメラマンが、マンションの周囲で張り込んでいたこともありました」(近隣住民)
[週刊文春]

 

戸田さんはこの同じマンションの斜向いという地の利と、ゲーム好きで一日でも家にこもることができる松坂さんと徹底したインドア交際を続ける中で、得意の料理で松坂さんの胃袋をつかみ結婚に至ったとか。

 

文春の記事のタイトルも「戸田恵梨香 “押しかけテク”に松坂桃李は落城した」というもので、どうも戸田さんが猛烈アタックの末交際、結婚に至ったような感じですね。

 

しかし引っ越したのが2018年3月として、この、互いの部屋を行き来する半同棲生活はいつからだったんでしょう?

 

 

成田凌とのセブ島旅行は2018年 

 

[スポンサーリンク]

 

非常に気になるのが、成田凌さんなんですよね。

 

簡単に年表にすると以下のようになります。

 

2017年10月 戸田恵梨香と成田凌との熱愛がフライデー

2017年12月 破局の噂

2018年03月 戸田恵梨香が松坂桃李のマンションへ引っ越し

2018年08月 セブ島旅行の写真が流出

2018年10月 戸田恵梨香がインスタ全削除

2018年12月 複数の週刊誌が二人の破局と交際順調、相反する報道

2019年04月 松坂桃李が結婚願望を口にするように

2020年12月 戸田恵梨香と松坂桃李が結婚

 

 

成田さんと戸田さんは2017年10月、ドライブデート中たまたま接触事故を起こした相手がフライデーの張り込み車というびっくりな展開で交際が発覚しました。

 

『コードブルー』で共演し交際に発展したようですが、事故のとき相手がフライデー記者だとわかると「アハハ、すごいですね」と笑った戸田さんに対し、成田さんは小動物のように縮こまったと言われ、器の小ささに呆れ距離ができた、もう破局か、なんて言われたのが12月。

 

しかし2018年8月中旬に二人でセブ島を旅行しているところを一般人が撮影しツイッターで流出させ、交際継続が確認されたものの、同年10月に戸田さんが突如インスタの記事を全削除。ご本人は断捨離の一環だと説明しましたが、同時期に成田さんもインスタを非公開にしてファンがざわついたものの、同年12月には破局と交際順調という相反する内容を複数の週刊誌が報じるという、よくわからない状態のままでいたところで、先日の松坂さんとの結婚発表でした。

 

一方の松坂さんは、2015年に綾瀬はるかさんと交際報道があって以降は浮いた噂はないものの、2019年4月ころから結婚願望を口にするようになっていたよう。

 

結婚発表後、交際期間は2年近くとか、2019年の初夏、松坂さんがドラマ『パーフェクトワールド』の撮影を終えたころから、と報じられていましたので、成田さんとはギリギリかぶらないと思っていたのですが…同じマンションの斜向いに引っ越したのが2018年3月って。

 

何も関係ないなら斜向いに引っ越すこともないと思いますが、セキュリティや契約条件など様々な面から芸能人が住むことができる物件は案外少ないという話もあるので、本当に偶然だった可能性もなくはありません。

 

文春さんも、2018年3月に同じマンションに引っ越した、なんて書くなら、週刊誌のカメラマンが互いの部屋を行き来する“半同棲生活”をキャッチした時期も明確にしてあげないと。

 

まあ何かあったとしても過去は過去。お幸せに。

 

◆戸田恵梨香の元カレの発言

「山田孝之は毛玉」→ geinou ranking geinou reading

「山田孝之は毛玉」→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※戸田恵梨香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

コロナ禍で放送開始が延期になっていた石原さとみさん主演ドラマがそろそろ放送されますが、それを前に、熱愛が報じられるのがほぼ確定な俳優の名前が報じられています。

 

 

※一箱あたり440円切ってます

 

 

石原さとみと次に熱愛が報じられる俳優 

 

[以下引用]

新型コロナ禍で放送延期、ようやく7月16日スタートが決まった石原さとみ(33)主演のフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜午後10時)に、イケメン俳優の成田凌(26)が出演することが28日発表された。

 

脳出血で倒れた清原翔(27)の代役としての緊急登板だが、この成田、若手俳優界屈指の超モテ男だけに、“独り身”とされる石原との急接近を心配する声も上がっている。

[ゲンダイネット]

 

石原さんも成田さんもそれぞれ恋多き大人で、共演者と恋愛するパターンも多いですからね。

 

石原さんが33歳、成田さんが26歳と年の差はありますが、成田さんの元カノ戸田恵梨香さんも31歳で年上ですし、石原さんも2歳年下の佐藤健さんと噂になったことがありますし、年齢は問題なく普通にアリな気が。今年1月に出演したテレビ番組でも彼氏がいないことを告白していますし、元カレ動画配信サービス「SHOWROOM」前田裕二社長との破局が報じられてからほぼ1年、次にいっても不思議はありません。

 

というか、こういう二人が共演した場合、真偽はともかくとして、ネットメディアでは熱愛か、という記事は出がちですよね。話題作りの意味で。おそらく終わるまでには何度か記事が出るんじゃないでしょうか。

 

ただ、石原さんはこのところ結婚を意識した付き合いをしていたと報じられています。前田社長なんてほんとに結婚するんじゃないかと思っていたんですけどね。

 

そんな交際があって、ちょっと結婚は見えない成田さんと付き合うかと言うと、ない気もするのですが、過去小栗旬さんや佐藤健さんと噂になったときを思っても、おそらく石原さんって役柄にのめり込んで疑似恋愛するタイプなので、やはりわからないですね。

 

◆これは必見

ポエマー石原さとみのラブレター→ geinou ranking geinou reading

ポエマー石原さとみのラブレター→ geinou reading geinou ranking

 

それよりも「主演女優」がピンチ 

 

[スポンサーリンク]

 

そんなプライベートよりも崖っぷちなのが、主演女優としての石原さんの立場です。

 

[以下引用]

「石原は『アンサング――』が女優人生の正念場です。“視聴率2ケタ女優”と呼ばれた存在ですが、18年7月期日本テレビ系『高嶺の花』など直近2連ドラが続けて平均視聴率1ケタに終わっている。今作も1ケタだと連ドラ主演級女優の座が危うくなります。開始前からピンチの連続ですが、成田という“王子様”の出現で石原のやる気が高まれば当然、数字にも反映します。成田の代打出演が好影響を及ぼすかどうか、石原の演技が初回から気になりますね」(吉崎まもる氏)

[ゲンダイネット]

 

 

石原さんは先日発表された週刊文春の「嫌いな女優ランキング」でも3位にランクインしています。しかも3位は2年連続。

 

文春から嫌いな理由を抜粋すると以下の通り。

 

「いつも高飛車キャラのワンパターンの演技に飽きた。そのキャラを活かして悪役とかの脇役をそろそろしてもいいと思う」(女・33)

「自信満々さが画面からあふれ出ている。キムタク同様、演技がいつも同じ。あざとさが丸見え」(女・40)

「演技が上手くないし、CMもドラマも、どれも同じような雰囲気しか出せず、つまらないので」(女・41)

「毎回同じ演技。早口でまくし立てるのは見てるとイライラします」(女・43)

「純粋に演技が上手いと思えない。役になりきっているというより、石原さとみが演技しているとしか見えない」(女・29)

「メイクや衣装のセルフプロデュース等こだわりが強く、どの作品の役柄も同じように見えてしまうのがもったいない」(女・34)

 

石原さんが女版キムタクと言われて久しいですが、早口でまくしたてるのは共通していて、ボソボソなのかまくしたてるのかという違いなんですよね。

 

どんな役でもとにかく目一杯キレイにしていて、それがまたワンパターンというか。

 

ダサいのにこだわりすぎだと困るスタッフもいるようですし。

 

 

石原さとみの現場での悪評!ダサいのにこだわり強すぎでめんどくさい!

 

そういうワンパターンさが飽きられて視聴率も低迷してるのかなと。

 

でもホント、必死です。

 

前回の主演作『Heaven?』もハズレがないと言われるレストランもので、今回もハズレがないと言われる、しかも直近で当たった『アンナチュラル』同様の医療モノで。

 

しかし失敗するはずのない『Heaven?』でコケた石原さんが、次に医療モノでまたコケたら…

 

石原さとみが失敗するはずのないドラマでコケた理由!今後は女優業から離れ…

 

主演女優お疲れさまでした、ということになるのかも。

 

 

※洗える冷感マスクと

 

 

※国産ウイルス対策スプレーが涼しいかも

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※成田凌さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

このところ、成田凌さんはドラマや映画出演が重なり演技の面での評価が高まり、また、PRでバラエティ番組に出演するとそのざっくばらんな感じがファン層の拡大につながっています。

 

そんな成田さんの素顔はなかなか怖いようで…

 

 

 

 突然大声でキレ周囲ドン引き

 

[以下引用]

「取材中に機嫌が悪かったのか、突然大声でキレ始めたときは、ビックリしました。周りのスタッフなども慌てた様子でしたが、機嫌は直らないまま、カメラを向けられても一切笑顔ナシ。仕方なくインタビューも撮影も、中途半端で終わらせるしかない状況でした」

 

また、あるカメラマンも言う。

 

「怒鳴られて、途中でインタビューを終えた記者さんもいますし、泣きだしそうになってしまった編集さんも知っています。みんなあまりの怖さに、彼のことがトラウマになっているくらいなんです。同業者に聞いてみると、『ああ、成田のキレやすさ、難しさは有名だからね』と言われましたが……」

[サイゾー]

 

成田さんは良く言えば正直で裏表のない人であり、相手によって態度を変えることもないとのこと。

 

しかし一方で、昔から気分にムラがあって、突然ムッとしたり、キレたりするところがあるそうで。

 

一昔前の大物俳優ならあり得た描写ですが、成田さんは26歳のまだまだこれからの人です。

 

仕事の場なんですからきちんとしていたほうが、後々を考えてもいいと思うのですが…

 

 

 嫌われすぎて浮上した黒い噂

 

[スポンサーリンク]

 

成田さんは以前、まだほんの新人に毛が生えたレベルの頃、園子温監督が撮影に遅刻してきたノンノモデルあがりの俳優が好きでもない女性2人とイチャイチャしてたら遅くなったと言い訳してきた、とツイートしたとき、それは成田さんなんじゃないかと話題になったこともありました。

 

これが本当に成田さんだったなら理解できないレベルの行動をする人ですが、キレやすかったりおかしな行動が続いた結果、過去には1人大量の汗をかいただけで「なにかやってるんじゃないか」という噂が出たことも。

 

嫌われすぎて黒い噂まで!成田凌の現場評が最悪

 

吉永小百合さんがネガティブな記事を書かれないのは記者一人ひとりにも敬意を払っているからだといいます。

 

成田さんのように記者相手にキレていたら成田さんのネガキャン記事をよろこんで書く記者、多くいそうですね。

 

◆実物が衝撃的だった芸能人

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

※成田凌さんも出演

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※成田凌さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ

[スポンサーリンク]

 

12月13日に封切られた周防正行監督『カツベン!』。

 

成田凌さんはオーディションを勝ち抜いて主役の座をゲットしたといいますが、実は監督が重視するのは脇役で、監督の意を汲む演技ができる脇役が作品のいい味を出すといい、周防監督にも「周防組」と呼ばれる常連俳優が複数います。

 

今回もその常連に声をかけたものの、成田凌さんを理由に断られたんだとか。

 

 

※映画が「活動写真」と呼ばれていた頃の話

 

 成田凌が共演NGで出演を断った加瀬亮

 

[以下引用]

「今だからお話しますが、もう1人の周防組俳優にも声をかけたんですよ。主演の成田のライバルとなるベテラン活弁の役で、オファーしたのは加瀬亮(45)でした。彼は『それでもボクはやってない』で主演しており、信頼も厚かったのでしょう。しかし加瀬は、悩んだ結果、断ってきたんです。結局、その役は永瀬正敏(53)が演じることになりましたが、彼が断ってきたことはショックだったようです」(同・映画関係者)

 

加瀬にとって「それボク」は、ブルーリボン賞やキネマ旬報などの映画賞を獲得した出世作と言ってもいい。最近はテレビドラマの仕事はほとんど入れていないのに、恩人とも言える監督の誘いを断ったのはなぜなのか。

 

「それがね、こう言ったそうです。『戸田さんとの件があるので、どうしても僕は、主役の成田凌と芝居できるイメージが沸きません』と……。つまり、自分の元カノの戸田恵梨香(31)と交際した成田とは、共演NGというわけです。女関係を理由に仕事を断るなんてねえ」(同・映画関係者)

[デイリー新潮]

 

成田さんはなかなか失礼なタイプなのでそれが理由かと思いきや。

 

加瀬さん、戸田さんのことが本当に好きだったんですね。

 

二人が交際していたのは、2015年から2016年の夏までだと報じられています。

 

『SPEC』での共演の後、『この街の命に』で再共演し交際開始、破局の理由は価値観の相違で、円満破局のため友人関係に戻った、ということだったんですけどね。

 

一方の成田さんとは2017年に放送されたドラマ『コード・ブルー3』での共演を機に交際開始し、戸田さんは朝ドラ『スカーレット』主演が決まったタイミングで「男捨離」して別れたと言われています。

 

この通りなら、加瀬さんは略奪されたというわけでもありません。

 

それでも共演できないほどとは。

 

※痴漢冤罪の話

 

 共演NG多すぎの加瀬亮、今後も2年に1人増えて行く予定

 

[スポンサーリンク]

 

出演を拒否したのが戸田さんとの交際が理由なら、加瀬さんは非常に多くの俳優さんと共演NGということになります。

 

なんせ戸田さんは共演者と交際することが多く、元カレはすでに明らかになっているだけでも松山ケンイチさん、綾野剛さん、勝地涼さん、アイドルですが村上信五さんなどなど。

 

今は朝ドラに集中してるかもしれませんが、『スカーレット』で共演する松下洸平さんとのデートが報じられており、いつ熱愛に発展するのは時間の問題かも。

 

となると、加瀬さん、どんどん共演NGが増えていきそう。

 

ちなみに週刊新潮が加瀬さんの事務所に事実関係を問い合わせたところ、「お答えすることはございません」と回答があったとか。

 

こんな情報を漏らされた加瀬さん、周防監督ともNGの関係になりそう。

 

◆正真正銘「美青年」俳優ランキング

…へぇ→ geinou ranking geinou reading

…へぇ→ geinou reading geinou ranking

 

※戸田さんと加瀬さんの共演作

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※戸田恵梨香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング