タグ:岩橋玄樹の記事一覧

タグ:岩橋玄樹
衝撃の警察沙汰!休養中のキンプリ岩橋玄樹の素顔がやばい!パニック障害はどこへ?メンバーとの確執も明らかに

[スポンサーリンク]

 

昨年10月にパニック障害を理由に活動休止したKing&Prince(キンプリ)の岩橋玄樹さんが、2月に一時的に一部活動再開していた間に警察沙汰を起こしていたと週刊文春が報じています。

 

記事を読むと、「パニック障害」自体が本当なのか疑わしいくらいで…

 

 

※他のメンバーも苛立ちを隠せないとか

 

岩橋玄樹の再休養は警察沙汰が原因だった

 

昨年10月にパニック障害を公表し休養に専念するとして活動休止した岩橋玄樹さん。

 

今年2月には一部活動再開すると発表されたものの、僅か11日後に病状が悪化したとして再度活動休止が発表され、ジャニーズが無理やり復帰させたから、とか派閥争いの結果だという記事もありましたが、岩橋さんが病気であることは疑われていませんでした。

 

しかし実際には再度の活動休止は病状の悪化ではなく、警察沙汰が原因だったよう。

 

[以下引用]

「2月19日夜、キンプリの岩橋くんが外国人男性や警官らと共にパトカーに乗っていったのです」(近隣飲食店関係者)

 

この日、岩橋は複数の友人と酒を購入しようと都内のコンビニを訪れていた。

 

「原宿駅付近のコンビニで、岩橋くんはお酒を購入していました。そのときでした。若く見られたのか、店員さんが年齢確認のために身分証の確認を求めた。すると、岩橋くんは店員の態度に腹を立てたようで、急に激昂し店員さんへ食って掛かったのです。ジャニーズタレントである有名人の自分を知らなかったことで頭に来たのかも……」(岩橋の知人)

[週刊文春]

 

最終的に岩橋さんの連れである外国人が岩橋さんに加勢し、危険を感じたコンビニの店員さんが警察を呼び、最寄りの警察署に連れて行かれたよう。

 

週刊文春によると、前日も家に女性を呼び飲んでいてお酒が残った状態だったということなので気が大きくなっていた可能性もありますし、意外ですが岩橋さんはふだんからマスクなどの変装をせず、「気づかれたい、注目されたい」と豪語するタイプだったということなので、自分を知らなくて激怒したというのもありえるでしょう。

 

※「かわいい」という評価もあったけど

[Amazon]

 

この時の様子はその場にいた岩橋さんの友人が、このトラブルを記録すべきだと判断し動画撮影していたとのこと。なぜ記録すべきだと判断したかというと、どうやら店員に嘘をつかれないように、ということだったよう。

 

それもわからないではないですが、その動画は週刊文春の有料サイトで公開され、トラブル時の写真も掲載されていて、しかし写っているのは警察が来ることに慌てて友人に「calm down」と言っている岩橋さんと、店員に友人の行動について説明している部分はありますが、トラブルの原因部分はなく、また特に興奮している様子もないため、トラブルの原因が岩橋さんなのか友人なのかわかりません。

 

こんな中途半端な動画が公開され、警察沙汰が文春に売られたら、自分たちの正当性の証明もなにも、つまりはその友人のお金儲けにしかなっていないような…。

 

岩橋さんが夜遊びしたのはこの日だけのことではなく、家でもよく飲んでいるようですし、2月9日にも京都に『滝沢歌舞伎ZERO』を観に行ったあと飲みに行き女の子をお持ち帰りするなど京都の夜を楽しんでいたとのこと。

 

岩橋さんの知人によると、「治療に専念なんてしていない」「ファンやメンバーに迷惑をかけているとか、休養しているといった意識はない」という印象を受けているようです。

 

※あこがれの人・赤西仁さんをマネているという見方も。

[Amazon]

 

さらに、自称「1軒の病院でもらえる量だと全然足りないので、何軒もの病院を回っている」という10錠以上の薬をお酒と一緒に摂取しており、周囲が止めても聞かないんだとか。

 

週刊文春には医者がパニック障害とお酒の相性も最悪であること、夜遊びや不規則な生活は治療の妨げになること、薬は正しく服用することが大事なことなどをコメントしていましたが、加えて言えば、薬はお酒と一緒に飲んではいけません。

 

 

休養のきっかけもパニック障害ではなくメンバーとの軋轢

 

こんな自暴自棄な行動は、パニック障害からの復活がままならないからかと思いきや、そもそも休養自体がパニック障害とは関係なかったのかもしれません。

 

というのも、昨年秋に放送されたドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME』の頃には他メンバーと関係が悪化していたんだとか。

 

原因は、他のメンバーが自覚を持って活動するようになっていく中で、岩橋さんだけが自覚や覚悟を持てずに取り残されてしまったこと。

 

具体的には、ミーティングに頻繁に遅刻する、それに対する挨拶も謝罪もない、ミーティング中にはサングラスをつけたまま机の上に足を乗せている、台本を全く覚えずに現場入りする、といった、とても信じられない態度が積み重なり、活動休止発表前には岩橋さんへの苛立ちを隠しきれなくなったメンバーと大喧嘩を繰り返すようになっていたそう。

 

『RIDE ON TIME』で放送された、「仲良し」神宮寺勇太さんの緊張感の足りなさに激怒していたシーンは、当初カットされる予定だったものの、休養の伏線として放送されることになったものだったとか。

 

結果、メンバーとはどんどん心が離れていき、「岩橋とはもう一生仕事することはないと思う」と話すメンバーもいたほどで、ファンが感動した紅白歌合戦での岩橋さんの立ち位置を空けてのパフォーマンスも、メンバーは「なんで岩橋のためにそこまで」と不満だったといいますから深刻です。

 

この警察沙汰の日、本来は事務所とミーティング予定だったのがすっぽかされていたそうで、それらが決定打となり活動再開が見送られたそう。

 

大量の薬を摂取していることを心配され入院したという話もあるといい、不良嫌いのジュリーさんと岩橋さんは反りが合わないため、復帰はどんどん難しくなっているのが現状ということでした。

 

しかしジャニーズ事務所は岩橋さんを見捨ててはいないようで、この件について次のように回答しています。

 

[以下引用]

「パニック障害の療養中である岩橋が、コンビニエンスストアのスタッフの方の予期せぬ問いかけに対して突発的に緊張を感じて取り乱し、思わぬ形でご迷惑をお掛けすることとなり大変申し訳なく思っております。もっとも、岩橋は実際にスタッフの方とのトラブルに発展した知人の参考人として事情聴取に応じたものであり、身元引受人が必要な状況ではございませんでしたが、トラブルの影響で精神的に不安定な状態でもあったことから、ご両親に迎えに来てもらった次第でございます」

[週刊文春]

 

確かに公開されている動画には、店員さんと交渉している岩橋さんや友人を落ち着かせているところしか写っておらず、トラブルがどうやって起きたのかが客観的にわからない以上、こう説明されれば、そういうこともあるだろうと納得できそうな話です。

 

パニック障害であることは本当だとは思うのですが、一気に風向きが変わった感じですね。

 

このところジャニーズJr.も含めてそれまで仲良かった仲間とは離れ、岩橋さんが好きだと公言してきた外国人とばかり遊んでいたとのこと。

 

孤立し、こんな素行が報じられ、病状が悪化していないといいのですが。

 

◆素行が悪かったのは岩橋だけじゃない!

ジャニーさんの鉄槌があった3人→ geinou ranking geinou reading

ジャニーさんの鉄槌があった3人→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※あこがれの赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

キンプリ岩橋玄樹の復帰に「早すぎる」の声多数。

パニック障害の治療に専念するため休養していたKing&Princeの岩橋玄樹さんが一部活動を再開するとジャニーズ事務所が発表しました。

 

 

※6人に戻ります

 

 

ジャニーズ事務所が発表したコメントの一部は以下の通り。

 

 

[以下引用]

岩橋玄樹はパニック障害の治療に専念するため、現在、休養させていただいておりますが、この度、King&Prince 3rdシングル「君を待ってる」をもちまして、芸能活動を一部再開させていただきますことをご報告申し上げます。

 

この度の活動再開に制限を設けました理由は、岩橋の状態とパニック障害の性質を第一に考慮しましたこと、また、約3か月間、完全に仕事を離れていたことから、段階を経て、心身の状態と仕事の内容を加味しながら、緩やかに活動を再開させることが岩橋の場合には最適ではないかとの見解を医師よりいただきましたため、一部制限が付く形ではございますが、活動を再開させていただくことといたしました。そのため、引き続きKing&Princeが5人で活動する場面もあるかと存じますが、ご理解賜れますと幸甚に存じます。

 

休養期間中、ファンの皆さまや関係者の皆様より多数の温かいメッセージをいただき、心より御礼申し上げます。おかげさまで岩橋の状態は良好で、順調に快方に向かっておりますのでどうかご安心下さい。

[ジャニーズ公式発表抜粋] 

 

岩橋さんは今後もパニック障害と向き合っていくとのこと。

 

39歳でパニック障害を発症したIKKOさんが語ったところによると、回復の兆しが見えてきたのは41歳でテレビ出演をした頃からだとか。現在もパニック障害は「完治」していないそうですが、危ないなと思ったときの事前の対処が身につき発作も起きにくくなり、ずいぶん楽になったとのこと。

 →IKKOが明かしたパニック障害

 

パニック障害は「完治」を目指すとゴールがわからないところもあるんだと思います。

 

活動休止を発表した直後に岩橋さんがUSJで目撃され物議を醸したことがありましたが、それについて同じパニック障害経験者の中川家のお兄さんが「僕が勝手に思っていることなんですけど、多分、試したんじゃないですか」と話したことがあります。

 

お兄さん自身は「今日はあそこに行ってみよう、あ、行けた」「いつも2駅で降りてるけど、今日は3~4駅行けたとか」を繰り返して症状が徐々に回復していったそう。

 

その経験を踏まえ、岩橋さんについても、「すごい、気持ちわかる。本当はもう治っているんじゃないか、昨日は苦しかったけど、今日は治ったんじゃないかと。調子がいい時はやってみたくなるものなんですよ、早く治りたいから」と語っていました。

 

岩橋さんの今はもしかすると、日常生活はほぼ問題なくなっていて、少しずつ芸能活動を試したい段階になっているのかもしれませんね。

 

もっと休ませてという声もありますが、岩橋さんは現在22歳で、2010年10月に入所しデビューが2018年5月ですから、やっと始まったところで諦めてしまっては、逆にパニック障害から抜け出せないかもしれません。

 

3ヶ月という休養期間が短いのか十分なのかは今後の様子を見なければわかりませんが、少しずつ試しながら復帰していけるというのはかなり恵まれた状況なんだと思います。

 

くれぐれも無理せず、休みが必要なときは十分休みながら頑張ってほしいですね。

 

◆岩橋玄樹の復帰に関する噂

これは実現しないほうが…→ geinou ranking geinou reading

これは実現しないほうが…→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※IKKOさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

これがブラック!岩橋玄樹に続き松島聡のパニック障害での休業に囁かれるジャニーズの闇

Sexy Zoneの松島聡さんがパニック障害を公表し休養に入ったことが話題になっています。

 

ジャニーズでは、2003年5月にKinKi Kidsの堂本剛さんが、2018年10月にキンプリの岩橋玄樹さんが同じくパニック障害を告白しており、3人目となります。

 

 

 

 

松島さんが体調を崩すようになったのは1年ほど前のことで、1カ月前から症状が悪化し病院を受診したところ、「突発性パニック障害」という診断結果を受け、治療に専念するためにも活動休止となったとのこと。

 

松島さん直筆のメッセージとジャニーズ事務所から丁寧な状況説明の文書が発表され、ネットではファン以外からも驚きの声とともに「ゆっくり休んで」という声が多くあがっています。

 

一方で、パニック障害が3人目ということで中には「パニック障害になるジャニーズが多すぎる」との指摘も多くあるとか。

 

[以下引用]

「先日のキンプリ岩橋くんのほか、過去にはKinKi Kidsの堂本剛さんもパニック障害を患っていたことも。このパニック障害は真面目な人ほどなりやすい病気。ジャニーズに多いのは、SNSなどでいろいろと悪口を言われても、反論できずに我慢するしかないからかと。だからといって事務所は何もしてくれませんからね。ネットでは『ジャニーズのブラック体質』への疑念が再燃し始めています」(ジャニーズライター)

 

※茶髪がキンプリ岩橋玄樹さん

[Amazon]

 

昨年、堂本剛が突発性難聴を発症した際、剛本人が体調不良を訴えるも、仕事をすぐにやめさせず悪化させてしまいファンから相当な批判を浴びたジャニーズ。そんな苦い経験からか、最近ではすぐに活動休止・療養との判断を下すように。ブラック体質も少しずつ改善されているとの声も上がっているが……。

 

タレントが立て続けに療養のために活動休止になるのは、極めてまれなこと。改善すべきところは別にあるのかもしれない。

[サイゾー]

 

「改善すべきところは別にあるのかもしれない」って、ズバリなんなのか言ってみてほしいですが。

 

これはもしかすると公表してないだけでジャニーズだけじゃないのかなと思うんですけどね。

 

パニック障害研究センターの論文によると、世界的に見るとパニック障害の生涯発症率は100人中1から3人なんだとか。意外なほど多くて驚きました。

 

パニック障害は不安の病だといい、芸能界なんていろんな意味で不安があるでしょう。

 

ちなみにジャニーズ以外で公表されているのは、SEKAI NO OWARIのFukaseさんや岡村隆史さん、ユースケ・サンタマリアさん、IKKOさんなどなど。

 

以前聞いた話だと、精神的なものは脳内物質のバランスが関わっており、持って生まれた要素も大きく、何が平気で何がダメか、本当に人それぞれなんだとか。

 

ジャニーズ事務所の「商品」はタレントですが、タレントは人間なので、一律に扱っていてはダメでしょうね。

 

状況報告のFAXによると、松島さん自身は1年ほど前から体調に不安を感じていたようですが、ジャニーズ事務所が把握したのはつい最近のことのよう。

 

そのへんにタレントと事務所の距離を感じます。

 

もう少し丁寧にタレントの様子を見る習慣があれば、悪化する前に休みを入れるなど対応ができていたのでは。

 

年末の音楽特番の多いこのタイミングでの発表も、今発表すれば注目を集めるし、みたいな感じなのかなとちょっと意地悪に思ってしまいました。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※堂本剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

キンプリがヤバイ!楽屋で笑顔一つなく「重圧に耐えられない…」

今年ジャニーズからデビューし、CDもよく売れ人気も上々、紅白歌合戦初出場も決まり順調そのもののKing&Prince(キンプリ)ですが、ただ順調なわけではなく、ファンの

本人たちはかなりプレッシャーに押しつぶされそうなんだとか。

 

 

 

キンプリの不安要素その1:ファン

 

キンプリというと、順調な活動の一方で思い出されるのが、ファンが仙台駅で起こした新幹線でのトラブルです。

 →キンプリファンの新幹線トラブルは業務妨害罪

 

これはファンが起こしたことであるとはいえ、ファンのイメージはグループのイメージに直結するのでマイナスでした。

 

代理店関係者も「ファンの暴走には手を焼いている」「とにかくファンがうるさくてマナーが悪い」と呆れているとのこと。

 

また、事務所の警戒も相当で、常連でなくても一度でも迷惑と判断したファンには法的措置も辞さない構えであり、「接近禁止命令の発動やストーカーで逮捕者が出る可能性を秘めています」とのこと。

 

他グループでも、先日関ジャニ∞の大倉忠義さんがストーカー的ファンについて苦言を呈しましたが、錦戸亮さんもブログで「何も変わらない」と怒るくらい何も変わっていないよう。

 

ここは実際に警察沙汰にすべきなんでしょうね。

 

 

不安要素その2:メンバーの精神状態

 

メンバーの一人・岩橋玄樹さんは、デビューして5ヶ月足らずで休業を発表しました。

 

幼少期からの持病であるパニック障害の治療に専念するためということですが、元の内向きの性格に加えて両親も芸能活動には反対しているそうで、病気の悪化もアイドル活動のせいだと怒っており、家庭環境も芸能活動の継続には難しいよう。

 

TABLOには「実は同じ大学に彼女がいて、その子が現在の岩橋くんを陰ながら支えているんだそうですよ」という芸能ライターのコメントも。

 

[以下引用]

元々、岩橋くんはアイドルよりもバンド活動に興味があり、音楽の知識にも長けているといいます。王子様路線で活動するキンプリと彼の理想郷はあまりにもかけ離れているのです。そういった面でもストレスを溜め込んでいたのかもしれません。

[TABLO]

 

「ひょっとするとこのまま事務所を退所して引退という線もあるのでは「とありましたが、ジャニーズに入った時点でほぼ王子様路線は決定だったわけで、親も反対している、自分の理想ともかけ離れてる、となったときに、病気もあるのにデビューしたかなあという気も。

 

また、精神的に追い詰められているのは岩橋さんだけではないようで。

 

[以下引用]

デビューして間もないこともあり、意欲的な芸能活動をしているように見えるキンプリ。しかし、「この重圧に耐えられるか不安で夜も眠れない」と、関係者に吐露するなど、彼らは想像以上に疲弊しているようです。楽屋での会話は殆どなく、静まり返っているとか。ファンとの関係性や離脱した岩橋くんの問題含め、ストレス過多に陥ってる彼らをどうか優しく見守ってあげてほしい。

[TABLO]

 

これは高橋海人さんが『RIDE ON TIME』で話していた内容ですね。

 →キンプリの業界内評価が…

 

ジャニーズの今後を大きく左右するグループですから、そりゃ重圧はあるでしょう。

 

デビューまであまり苦労していないと、ありがたみがなくてスキャンダル過多になりがちなのもパターンですが、キンプリの人たちはどうでしょうね。

 

平野紫耀さんは、収入の少なく安定しないJr.時代を「アルバイト感覚」「20歳で辞めるつもりだった」と表現しバッシングされていましたが、デビューした今は「母子家庭なんで、親のためにちゃんとアイドルというお仕事しなきゃなっていうのがある」とコメントするなど、真面目な一面もあるようです。

 

その一方で、いつまでも匂わせ彼女の存在が消えません。

 

キンプリが成功するか否かは平野さんに大きくかかる部分もあると思うのですが…大丈夫でしょうか。

 

 

◆岩橋玄樹に引退が噂される

パニック障害以外のヤバイ理由→ geinou ranking geinou reading

パニック障害以外のヤバイ理由→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※平祐奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング