タグ:大倉忠義の記事一覧

タグ:大倉忠義
それでもジャニーズを辞められない中居正広。一方、意外な“独立予備軍”6名の名前とは…?

芸能界に君臨するジャニーズ事務所を一代で築き上げたジャニー喜多川社長が倒れてから、2週間が過ぎた今日、事務所は嵐を通じて、ジャニーさんがくも膜下出血で倒れ、治療のため入院中であることを発表しました。

 →ジャニー喜多川社長はくも膜下出血で入院中

 

ジャニーさんが入院している病院には、ジャニーズの長男・近藤真彦さんや次男・東山紀之さんを筆頭に、デビュー組のタレントはほぼ全員がお見舞いに訪れたと言われていますが、その中でも真っ先に駆けつけたのが中居正広さんと”ジャニーの後継者”である滝沢秀明さん。

 

とりわけ、最愛の父・正志さんを2015年2月に亡くした中居さんにとって、ジャニーさんは“もう1人の父親”とも呼べる特別な存在だったといいます。

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「中居さんは正志さんの死期を悟ると、親交のあるタモリさんや笑福亭鶴瓶さん、松本人志さんに頼んで、サプライズでお見舞いに来てもらい、父親を喜ばせました。その後、父と2人でドライブに出かけ、子供の頃の思い出の場所を巡ったそうです。中居さんの最愛の人に対する“献身力”は凄まじいものがあります。ジャニーさんの病室にも時間の許す限り、何度も訪問しているみたいです」(芸能プロ関係者)

 

そんななか、「週刊文春」や「週刊新潮」では、ジャニー氏に不測の事態が起きた場合の、中居の“ジャニーズ退所説”を報じている。同社の契約更改は毎年9月で、3ヶ月前の6月には意思表示する必要がある。今年は契約を更新したという中居だが、来年はどうなるかわからない。巷では稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のいる「新しい地図」に合流するのでは?という憶測も流れているが…

 

「たしかに中居さんがジャニーズ事務所に留まるのは、ジャニーさんに対する恩義しかない。だから、ジャニーさんがいなくなれば、中居さんは事務所を去るように言われていますが、ことはそう単純ではありません。むしろ、今は辞めたくても辞められないでしょう」(テレビ局関係者)

 

中居の現在のレギュラー番組はTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』や『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ)など、テレビラジオ合わせて計6本。テレビ朝日系『中居正広のニュースな会』は4月にスタートしたばかりだ。仮に中居がジャニーズを離れるとなると、全てのレギュラー番組を打ち切らなければならない。

 

「番組が打ち切られれば、そこで働くスタッフに影響を及ぼすことになります。なかには食いっぱぐれる人も出てくるかもしれない。中居さんはスタッフとの信頼関係を大事にする人で、スタッフもまた“中居組”と呼ばれるほど心酔しています。“中居組”を動揺させることを彼が進んでやるとはとても思えません」(前同)

[フライデー]

 

まあ、いろいろと憶測が飛び交っていますが、結局のところ中居さんはテレビバラエティの世界でしか生きられないタレントですから、ジャニーズから独立することは限りなく芸能界引退に近いということなんでしょう。

 

その辺り、「自分が好きな音楽を追求したい」として辞めていった赤西仁さんや渋谷すばるさんとも違いますし、「俳優一本でやっていきたい」との希望を掲げて退所しようとしている錦戸亮さんなどとも状況は異なります。

 

ちなみに、フライデーでは錦戸さんの他に退所の可能性が高い人物として堂本剛さん、大倉忠義さん、そして手越祐也さんの名前を挙げていました。

 

堂本さんはジャニーさんのスペオキ(スペシャルなお気に入りタレント)として有名で、以前から「ジャニーさんがいなくなったら辞める」と公言していました。

 

アイドルではなくアーティストとしての自負もあり、実際に音楽一本で食べていくだけの実力・人気を兼ね備えていると思います。

 

また、大倉さんといえば、長年のストーカー化したファンによる嫌がらせ行為に対し、「もう、アイドルを辞めて一般人に戻れたらどんなにラクなことか…」とコメントしたことが大きな話題になりました。

 

お父さんは大手居酒屋チェーン「鳥貴族」のオーナー社長で、自身も大株主になっていることもあり、昔から「芸能界には未練がない」とも言われているので、退所する可能性は十分あるでしょう。

 

最後の手越さんですが、こちらはオンラインゲーム「荒野行動」で退所を匂わせる発言をしたり、芸能界よりも実業界で人脈を広げていることを公言したり、そういったところが怪しいといえば怪しいかも。

 

その他にもTOKIOとして音楽活動ができないことに不満を持っていると言われる長瀬智也さんや、「ジャニーズの看板がなければ、オレは俳優としてまったく評価されないのでは?」と悩んでいると伝えられる岡田准一さんなど、主にベテランジャニーズ勢に”退所予備軍”が多く潜んでいるとも。

 

さらに、新社長に就任するであろうジュリー氏は、デビュー前のジャニーズJr.たちに「ほとんど興味がない」とも言われるだけに、若い子たちが連鎖反応的に辞めていく恐れもあります。

 

遅かれ早かれ訪れるジャニーズ経営陣の世代交代を前に、ジャニーズ帝国の内部で大きな地殻変動が起きていることは間違いないでしょう。

 

◆中居正広の今後を握るのはTBS

その根拠→ geinou ranking geinou reading

その根拠→ geinou reading geinou ranking

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャニーズで今、何が起きているのか? [ 常田裕 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2019/7/1時点)


楽天で購入

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ジャニーズに居続けるであろう木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

大倉忠義も脱退希望!納得のその理由と関ジャニ∞解散の現実味

[スポンサーリンク]

先日週刊文春が報じた関ジャニ∞の錦戸亮さんの脱退希望、そして退所報道は、その後メンバーが一切触れないことからその真実味を増しています。

 

そんな中、関ジャニ∞にはもうひとり脱退希望者がいると週刊女性が報じています。

 

 

※関ジャニ∞4人へ

 

 

錦戸さんの脱退は、渋谷すばるさんが脱退を希望した後にメンバーと今後の活動について話し合いをした際に、一人解散を主張したため、メンバーとの仲が険悪になったことだといいます。さらに、説得にあたった事務所関係者も匙を投げるほどの様子だったため、今では一刻も早く退所を、という流れになっているとも報じられています。

 

それが事実なら関ジャニ∞からは2年連続で脱退者が出ることになり、SMAP解散騒動から続くジャニーズのゴタゴタがまだまだ続く印象ですが、週刊女性によると、関ジャニ∞の崩壊はこれで終わりにはならなそうだとのこと。

 

[以下引用]

「実は大倉忠義もグループからの脱退を考えているそうなんです。というのも、“すばるがいてこその関ジャニ”という思いは彼も持っていて、彼が辞めるなら解散してもいいと思っていたとか。それに、グループのお笑い路線に対し、疑問を感じていた部分もあるといいます」(芸能プロ関係者)

 

昨年4月に行われた渋谷の脱退会見のときも、大倉は錦戸と同様に、

 

「大事な存在の1人が下した決断ということを、もちろん応援したいし、一緒に7人で夢を追いかけていきたかったですけれど、すばるくんがそういう夢を持ったのであれば、応援するべきなのかなということを思いました」

 

と、渋谷の決断に理解を示していた

(中略)

「もし、大倉も脱退したら、関ジャニ∞は4人体制になってしまう。そうなったら、さすがに存続させるのは難しいでしょう。それを見越してなのか、最近では村上と横山が関西ジャニーズJr.のプロデュースを始めたり、安田章大は舞台に力を入れたりと個人活動を強化していますよ」(前出・芸能プロ関係者)

[週刊女性]

 

大倉さんの場合、渋谷さんの脱退に加えて深刻なヤラカシ被害も影響していると週刊女性は指摘しています。

 

昨年、大倉さんは有料ブログでヤラカシファンによる迷惑行為がストーカー状態で消耗していることを明かし、「身勝手な行動が精神的に辛いです」「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」という激白しました。

 

しかし、週刊女性によると、その約1か月後に行われた『FNS歌謡祭』の会場ホテルに到着して車から降りた大倉さんをヤラカシが囲んで体当たりなどをしていたところが目撃されています。

 

その際、大倉さんは硬い表情のままだったとのこと。

 

ヤラカシはもともと「注意されたし嫌がられているから止めよう」というような思考回路ではなく、「顔を覚えてもらった!」と喜ぶような人たちであり、それがわかっているからジャニタレはだんまりを決め込んでいるといいます。

 

大倉さんも当然わかっていたはずなのにこうやってストーカーの存在を明かしたのは、「自分が辞めるならこれが原因だ」という証拠づくりなのでは、という指摘も当時からありました。

 

ギリギリのところで耐えているなら、渋谷さんは辞めてしまいましたし、この上錦戸さんが辞めたら、本当に大倉さんも辞めてしまうかもしれませんね。

 

そうなれば関ジャニ∞も継続は難しいでしょうから、個々の活動を、となるのも自然の流れです。

 

ちなみに関ジャニ∞はデビュー15周年。

 

周年記念の年にはなにかあると言う「ジャニーズの周年の呪い」、関ジャニ∞にも適用されるのでしょうか。

 

◆いくら酔っ払っていてもコレはない

錦戸亮の黒歴史→ geinou ranking geinou reading

錦戸亮の黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

現役ジャニーズに不穏な噂!いずれ酒で大トラブルを起こすかも…

昨年はジャニーズにとってお酒のトラブルが続いた年でしたが、もう既に次のトラブルメーカーを心配する声が上がっています。

 

 

 

 

[以下引用]

3日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に関ジャニ∞の大倉忠義が登場し、その姿に注目が集まっている。大倉は右足にギプスを巻いた姿で登場し、年末のカウントダウンライブ後にコケて足の骨を折ったと報告した。

 

番組では笑い話で済まされていたが、大倉の怪我には不安要素が残るのも確かだ。

 

「実は大倉はジャニーズタレントの中でも随一の酒好きとして知られていますからね。ライブ後に骨折ということは、当然打ち上げなどでお酒が入っていた可能性があります。もちろんこれだけならば、かつてならば単なるドジエピソードとなりそうですが、ジャニーズ事務所の現状を見る限り、酒にまつわるエピソードには悪い意味で注目が集まってしまうのは確かでしょう」(芸能関係者)

[サイゾー]

 

 

確かに言われてみれば、昨年大きな衝撃となった元TOKIOの山口達也さんのこともありますし、笑い事でもないかもしれません。

 

山口さんは2016年7月、『ZIP』に出演したときに眼帯をし顎に絆創膏をした姿で登場し話題になりました。

 →山口達也が顔面ボロボロでZIP出演の理由

 

当時は自転車に乗っていてコケたと説明していましたが、結局お酒による「自損事故」じゃないかと噂されていました。

 

そこに2018年4月に女子高生タレントへの事件と同時にアルコール依存的な症状が明らかになり、「やっぱりアレもお酒が原因だったのでは」と納得する声も上がっていました。

 

昨年夏にフライデーされたのも、ライブ後飲みに行ってそのままお持ち帰りして、という感じでしたから、今回怪我したときもお酒を飲んでいた可能性は否めません。

 →大倉忠義がお持ち帰りスキャンダル

 

今の所大倉さんの酒癖は誰かに絡むわけではなく、ひとりで大量に飲み、暴れ、トイレに閉じこもる、または寝るタイプのようではありますが、山口さんも若い頃はどうだったかはわからないですしね。

 

数年後、何かあったときに「ああそう言えば足を骨折していたな」とならなければいいのですが。

 

◆櫻井翔が酒で大失敗していた!

あの機密をバラすなんて→ geinou ranking geinou reading

あの機密をバラすなんて→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吉高由里子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

逆効果だった!関ジャニ∞大倉忠義の過激ファンに対する警告でエスカレートの危機!休業路線まっしぐらか

先日関ジャニ∞の大倉忠義さんが、ストーカーとも言える過激なファンの追っかけについて有料ブログで苦言を呈しましたが、これがもっともやってはいけない行為だったと報じられています。

 

 

 

 

11月8日、大倉さんは、「賛否あるだろう事をわかった上で書かせていただきます」と前置きした上で、番組観覧の募集などをしている収録の際、移動に使う駅や空港に女性ファンが待ち構えているが、その一部が大倉をしつこく追いかけ、周囲の一般客に体当たりしてまで近づいてきたり、カバンの中に物を入れたり、友人と食事をしていて気付いたら隣の席に同じ女性がいたりと、過激な行為を繰り返していることを明かしました。

 

 

そして、「身勝手な行動が精神的に辛いです。このまま耐え続けられるのだろうか」「ストーカー行為ではないのか」「無視することが最大の抵抗」と考えていたが「もう、ストレス以外のなにものでもない」「原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる」と、かなり切羽詰った状態であることを告白。

 

 →大倉忠義がストーカー被害告白で脱退も示唆

 

その真剣さに大倉さんのメンタル面が心配されましたが、「今回の告白は逆効果にもなりかねない」と警鐘を鳴らす人がいます。

 

[以下引用]

「大倉さんに嫌がらせしているのは、同じ女性ファンの集団で、彼女たちの脳内はほかのファンとは違う。過剰な付きまといをするのは、彼に振り向いてほしいから。そう考えると大倉さんは彼女たちにメッセージを送ってしまったわけで、彼女たちにしてみれば『私のためにコメントを出した』となる。常人には理解しがたい感覚ですが……」(ジャニーズ事情に詳しい人物)

 

警告のはずが、過激ファンにとっては「ご褒美」で、今後さらに嫌がらせがエスカレートする危険もあるという。同氏が続ける。

 

コメントを出すよりも、警察に相談した方がいい。危険を感じる付きまとい行為は、れっきとした犯罪。これは本人ではなく、事務所側が対応すべき問題です」(同)

[サイゾー]

 

よくよく考えたらそのとおりですよね。

 

こういうルールを守らないファンを「やらかし」と言いますが、「やらかし」はファンのはずなのに、タレントにモノを投げつけたり、後を付け回してみたり、郵便物を盗んだりと、嫌がらせにしか思えないことをするそう。

 

で、その昔はタレントがハイキックやらパンチやら、手に持っていた炭酸を投げつけたりと応戦することもあったようですが、それでしょんぼりするどころか、「”私に”感情を向けてくれた!」と喜んでいたとか。

 

大倉さんもそこはわかっていて、「無視することが最大の抵抗」と我慢していたというのに、それでも言いたかったんでしょうね。

 

でもそこまでの人たちが、ブログにやめてと言われたからって「はいやめます」というわけがないんですよね。

 

ここは黙って警察へ通報し、逮捕されたところで新聞が報じれば、さすがにストーカーも控えるようになったんじゃないかと思うのですが…

 

◆なんでこんなモンスターが…

恐ろしいやらかし事件→ geinou reading geinou ranking

恐ろしいやらかし事件→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※昔は戦った赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング