タグ:剛力彩芽

[スポンサーリンク]

 

テレビ番組が制作される中で最も時間がかかるのが編集作業だといいます。

 

例えばバラエティ番組であれば、話が長い人、起承転結が上手でない人、いろんなタイプのタレントのコメントをうまくつなげ、撮影された素材を少しでも面白くするために作業するなかでなかなか苦労するタイプもいて、そんな人はどうしても編集さんに嫌われてしまうんだとか。

 

 

 

 

 嫌われその1:小倉優子

 

[以下引用]

「ひとりは小倉優子さんですね。メリハリのない喋りをするとでもいいますか、『〇〇でぇ~、それにぃ~』などと永遠と言葉を繋いで喋るんです。長いので切りたくても、言葉を途切れさせないので切れないんです。最終的な内容は放送時間に合わせて作りますが、その作業をおこなう際にディレクターや編集マンを泣かせることが多いですね」(テレビ番組制作会社プロデューサー)

[トカナ]

 

 

確かにのんびりと間延びした話し方ですが、あれはキャラだと報じられたことがありました。

 

素の小倉さんは頭の回転が速く、しゃべり方も機敏というのは業界で有名で、雑誌のインタビューのときなどは「今はそういう気分じゃないから」と一服しに行って帰ってくるとあのキャラになっているという話だったんですけどね。

 

小倉優子はタバコ一服でキャラ変え!椎名林檎は家庭壊しの達人!?芸能人のキャラと実像

今のような感じではない地声動画も出回っており、あの話し方がキャラなのは間違いないと思うのですが、こりん星はやめられてもあの話し方はやめられないのでしょうか。

 

確かに今更サクサク話されても、という感じもありますが。

 

◆これがゆうこりんの地声だ!

イメージが…→ geinou ranking geinou reading

イメージが…→ geinou reading geinou ranking

 

※このビジュアルですからね

[Amazon]

 

 嫌われその2:剛力彩芽

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「剛力彩芽さんは、短い言葉の受け答えが多いんです。トーク番組を編集する際にはその日のゲストがほぼ同じ分量で喋っているように調整したいものの、剛力さんは短いフレーズで喋る癖があるようで、ほかのゲストよりも喋っていない印象に見えがちです。それをどうにか調整していくのが大変なんです」(映像ディレクター)

[トカナ]

 

剛力さんはバラエティ向けじゃない感じはあります。

 

あくまで女優というか、ジャニーズでMCをする人にも一部いますが、周囲に気遣って盛り上げてもらう感じ。

 

よく言えば聞き上手なのかもしれませんが、仕事ですからねえ。

 

 

 

 

 

 

 

嫌われその3:相葉雅紀 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「自分の経験談で言えば相葉雅紀さんですね。とにかく編集点がない喋りをすることが多い人という印象です。喋ったときに一旦区切ってから次の言葉を喋ってくれると編集しやすいんですが、きちんと句読点をつけずに次の喋りを始めるので、切れないことがあります」(映像編集スタッフ)

[トカナ]

 

小倉さんとタイプが同じということのよう。

 

こう言ってはなんですが、頭を使ってないのかもしれません。

 

小倉さんの場合はキャラが捨てられないというのもあるでしょうけど、それでもどういう見られ方、聞かれ方をするのか、番組がどう作られるのかを想像していれば、そのへんうまくやるのでは。

 

トーク番組の未公開映像が放送されているのを見ると、中居正広さんなんかはそんなイメージがありますし、他の芸能人も割とそんな人がいますよね。

 

編集が面倒だとバッサリその一連をカットすることもあり、せっかく喋ったのにオンエアされないということもあるそうで。

 

それじゃタレントのしゃべるエネルギーも編集さんのエネルギーももったいないですし、テレビ業界の働き方改革的にはそこがポイントかもしれません。

 

◆スポンサーが相葉雅紀を公式にバカにした!

いったいなぜ?→ geinou ranking geinou reading

いったいなぜ?→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※それでも美味しそうな食事の小倉優子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

剛力彩芽さんと前澤友作さんの破局は昨日から複数の媒体に報じられ、剛力さんの所属事務所オスカーも認めたため確定となりました。

 

その理由がいろいろと噂される中、週刊文春が報じたのは人妻との脅迫絡みの驚くべきものでした。

 

 

 

 

 剛力彩芽との破局報道

 

昨年4月に熱愛が報じられて以降、SNSでサッカーW杯観戦やパリコレ見学の様子などを発信し、オープンな交際を続けてきた剛力さんと前澤さん。

 

最近は一時期のようにSNSで交際の詳細を発信することはなくなったものの、先月末にもゴルフをする前澤さんをロープの外で見守る剛力さんの姿が見られ、落ち着いた交際になったんだと思っていたところでの破局です。

 

NEWSポストセブンが報じた破局の理由は、前澤さんが剛力さんに月旅行を前にアメリカで行われるトレーニングに同行して欲しいと言ったところ剛力さんが女優業への影響を考え躊躇したため、ということで、話し合いを重ねた結果、円満破局、ということでした。

 

 

破局確定!剛力彩芽が実家に戻る。前澤友作が別れを決めた理由は…月旅行

 

まあ要するにお互い冷めたのかなと思っていたのですが、今日になってスポーツ紙が報じたのが前澤さんの女遊びと意外にキツイ言動です。

 

[以下引用]

剛力が前澤氏との恋に走った結果、事務所や仕事先との関係性も悪化。家族との間にも大きな溝が生まれてしまった。知人は「自分の築いたモノを捨ててまで、前澤氏との生活を優先した。だが女遊びは一向に変わらず、気持ちが保てなくなったのでは」と思いやった。また別の知人は「ゴルフのラウンド中に剛力さんがプレーでミスをすると、前澤さんが“おまえ、今すぐ帰れ!”と言い放つこともあった。同伴者はその様子に心を痛めていた」という。

[スポニチ]

 

まあ、過去交際した女性たちとの間に子供が生まれても結婚しない、生活の面倒はみる、自分は他の女性と交際するけど、子供たちの母親が他に恋人を作ったら関係はおしまい、という前澤さんのルールを思えば、このくらいのことはあり得る感じはしますよね。

 

結局このスポニチ報道が破局の原因だったんじゃないかなと思われるようなことが、文春オンラインで記事になっていました。

 

 

秘書志望の人妻との脅迫トラブル 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

A子さんの証言によれば、前澤氏とはSNS上で知り合い、直接、やり取りするようになったという。9月には前澤氏の新会社「スタートトゥデイ」が秘書を募集していることを知り、履歴書を送った。10月3日、A子さんは前澤氏にオフィスに来るように誘われ面談。秘書の採用面接を兼ねていると考えていたA子さんは、そこで前澤氏に求められ、関係を持ったという。だが、A子さんは秘書に採用されず、トラブルに発展。

[文春オンライン]

 

つまり、A子さんは枕営業的なつもりだったのに採用されなかったため、どういうことだ、謝罪しろと詰め寄ったよう。

 

それに対し前澤さんは「同席させていただいたX(仮名、前澤氏のアシスタント)からその合否に関わるような軽率な発言があったことは本人に代わりまして心よりお詫びします。A子さんの不信を招いた点についても真摯に反省しています」とまぎらわしいことをしたことは謝罪しています。

 

しかし採用面接であったことは否定し、「単純に僕が女性として魅力を感じたA子さんをお誘いしただけです」とLINEで説明していますが、A子さんは謝罪しないなら文春に言う、前澤さんは「文春に言う」のような恐喝が続くなら警察に被害届を出す、等のやり取りがあり、A子さんは話し合いの決着がつく前に文春にリークしてたんでしょうね。

 

ちなみに剛力さんと別れ話をしたのは10月初めということだったので、別れ話が早かったのか、A子さんと関係を持ったのが早かったのか、微妙です。

 

 

前澤友作とA子さんの大誤算

 

[スポンサーリンク]

 

「同席させていただいたX」から始まる文は謝罪に思えるのですが、それでコトが収まらなかったのはA子さんが求めていたものとは違ったということのよう。単純に言葉での謝罪を求めていたわけじゃなかったということなんでしょうね。

 

その後文春に、A子さんから「前澤さんと電話で話した」「なんか色々と良い事を言われました。文春さんに出たら、それはしないと言うので、とりあえず2人で会って、色々契約しようと思いました」と連絡が来たとのこと。

 

つまり、このトラブルを文春に言わないならA子さんにとって「良い事」をしよう、ということになっていたのでしょう。しかし文春が掲載したので、その「良い事」は成されないのでしょう。

 

文春が今回の件を報じた理由は次の通り。

 

[以下引用

だが、記事の掲載を小誌が見送り、 前澤氏がA子さんに金銭を払えば、 恐喝が成立することになりかねない。また、 前澤氏は日本を代表する起業家、経営者であり、 採用を巡るトラブルを報じる公共性、公益性は十分ある。

[文春オンライン]

 

確かにA子さんが文春に情報を出さないことを条件に「良い事」をするというのは前澤さんが恐喝に屈したということではありますが、前澤さんにとっては恐喝に屈したほうが良かったのかも。

 

なんせ、ZOZOを手放しまた新しく起業したところです。

 

剛力さんとの交際はやりすぎ感はありましたが、一人の女性と一年以上真剣交際していたなら誠実なイメージになります。

 

ところが実際には剛力さん以外の女性に手を出していた、しかもSNSで出会った女性と直接やり取りしたり、採用に応募してきた人妻に手を出していたというのは非常にマイナスです。そういえば子供たちの母親も、秘書だったり広報だったりと、前澤さんの会社の社員だったような。

 

前澤さんにとってはA子さんがすでに文春に情報を流していたというのは大誤算でしょうね。

 

結局月旅行がどうのじゃなくて、今回の件が報じられることになったから別れることになったのでは。

 

前澤さんがA子さんに対し送ったLINEのキャプチャが文春オンラインには掲載されています。

 

A子さんにとっても、人妻だというのに浮気したこともバレたかもしれませんし、簡単に文春にリークしたからもらいたかった「何か」はもらえず、失敗した!という感じかも。

 

剛力さんは別れてよかったとは思いますが、今後は前のように簡単に主演の座は得られないでしょうし、失ったものは多いですね。交際した相手がこういう人だと今後さらに厳しいことになりそう…

 

◆紗栄子の子供は本当はオレの子なんじゃ…と焦っていたのは

この俳優 → geinou ranking geinou reading

この俳優 → geinou reading geinou ranking

 

※あら、剛力さん

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※剛力彩芽さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

[スポンサーリンク]

 

熱愛発覚時からオープンな交際を続けてきた剛力彩芽さんと前澤友作さんが破局したと報じられています。

 

 

 

 

 

破局が報じられた剛力彩芽と前澤友作

 

[以下引用]

交際していた女優・剛力彩芽(27才)とZOZO創業者の前澤友作氏(43才)が破局していたことがわかった。

 

一時は前澤氏が暮らすマンションで同棲状態とも伝えられたが、剛力の知人はこう語る。

 

「彼女は今、前澤さんと暮らしていた都内のマンションを出て、実家に戻っています。短期の帰省ではありません。完全に別れを告げて帰ってきたんです」

[NEWSポストセブン]

 

 

同様の内容を週刊新潮のウェブサイトでも報じています。

 

NEWSポストセブンによると、破局理由は月旅行です。

 

前澤さんは2023年に月に行くことを公言しており、そのトレーニングのために来年渡米する予定です。

 

それに剛力さんも同行することを希望していましたが、剛力さんが今後の女優活動のことを考えて躊躇したため、話し合った結果、10月初めに別れたとか。

 

10月24日に開催されたZOZO主催のゴルフ大会の前日、前哨戦として行われたプロアマ戦で前澤さんが出場者のタイガー・ウッズ氏と孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長と3人でラウンドしましたが、その様子を剛力さんがロープ外から観戦する姿が報じられており、交際は順調だと思われていたのですが、その日はすでに破局していたことになります。

 

要するに円満破局だったということのよう。

 

破局について、剛力さんの事務所は「プライベートは本人に任せています」、前澤さんは回答せず、とのこと。

 

 

 二人の交際のいびつさ

 

[スポンサーリンク]

 

二人の交際は昨年4月に女性セブンが報じて発覚しました。

 

剛力彩芽の私服がヤバイ…ZOZO前澤友作は熱愛を認めるも昨年報じられた「新恋人」は?

 

そして静かに愛を育んでいるのかと思いきや、SNSでサッカーのW杯をVIP席で観覧したことを投稿したあたりからどんどんオープンになっていき、昨年の夏には剛力さんが公開ラブレターを書いたり、前澤さんの家で明らかに酔っ払っている状態で動画配信するなど、やりすぎと言われることも増えてきました。

 

 

本人に言ってあげて…剛力彩芽の彼氏・前澤友作への公開ラブレターが黒歴史確定

 

ほろ酔い動画配信で醜態!剛力彩芽のインスタが一般人過ぎてヤバイ

 

そして、そんなにラブラブなのに結婚はないといういびつさ。

 

前澤さんが当時社長を務めていたZOZOの株が下がった原因はいろいろあるでしょうが、明らかに交際をのろけるような行動をしていたことも一因だと言われています。

 

一方の剛力さんも女優業は開店休業状態で、それで良いと開き直っている風もありましたが、破局の原因は月旅行の前のトレーニングに同行することを躊躇したため、とは。

 

交際があまりにオープンであるため剛力さんを見るとZOZOが思い浮かぶと、CMもゼロになりましたし女優業もゼロなのに?もしその理由だとしても、遠距離恋愛に耐えうる財力はあると思うのですが。

 

そういえば紗栄子さんとの破局も、お子さんがイギリスに留学するにあたり、二人でイギリスに移住するのは現実的ではなかった、ということだったと思いますが、紗栄子さんは今もしょっちゅう日本に帰ってきていますし、お金がある二人なら超えられない壁ではなかったと思います。

 

要するに、そうまでして一緒にいたくないね、と、お互い冷めたということなんでしょう。どうせ結婚することはないんだし、と。

 

破局すると、その後困らないだけの手切れ金が支払われるという噂もありました。

 

ZOZO前澤友作の手切れ金がスゴイ!これなら剛力彩芽も破局しても大丈夫!!

 

実は多額の借金があることを本人も認めていますが、剛力さん、いくらもらったんでしょう。

 

次の恋はなかなか難しいでしょうし、これだけ突っ走ってしまったら事務所から仕事がくるかも厳しいでしょうし、何より贅沢に慣れてしまってふつうの生活に戻るのも大変でしょうね。

 

…もしかすると、前澤さんは次の彼女候補ができたのかも。新しく起業した「スタートトゥデイ」の社員を募集していましたし、

 

またすぐ誌面を騒がせるかもしれません。

 

◆紗栄子の子供は本当はオレの子なんじゃ…と焦っていたのは

この俳優 → geinou ranking geinou reading

この俳優 → geinou reading geinou ranking

 

※一皮むけた紗栄子さん

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※剛力彩芽さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

今週発売の週刊文春が、ZOZOをソフトバンクに身売りして社長を退任して注目を集める前澤友作氏が過去に狙ってフラれた”女優リスト”なるものを公開し、波紋を呼んでいます。

 

一方、現在交際中の剛力彩芽さんですが、前澤氏と付き合うようになってから仕事に身が入らなくなり、テレビ業界からも敬遠されてしまっていますが、そんな彼からポイ捨てされるタイムリミットが迫っているそうで…

 

※パート3の人生プラン、考えてますか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剛力彩芽 Part2【電子書籍】[ 剛力彩芽 ]

価格:432円 (2019/9/22時点)


楽天で購入


 

保証金代わりに億ションをもらってると噂の剛力彩芽

 

[以下引用]

「前澤氏の色が付きすぎたことで、CMスポンサーが離れ、ドラマのキャスティングにも名前が挙がらなくなっています。その責任を感じてか、前澤氏は『(剛力と)一生かけて付き合う』と言って保証金代わりに億ションをプレゼントしたとの説も流れている。それほどの思いがあるのなら、結婚してもよさそうだが、前澤氏の座右の銘は『一夫多妻』。”結婚という形に縛られずに、いつも自分の気持ちにありのままに、仕事や恋愛に打ち込めるほうがお互いに幸せ”という持論から、2人がゴールインする可能性は低いと見られています」(芸能記者)

 

そんな前澤氏には実は結婚歴があり、2人の女性との間に3人の子どもがいることも明らかになっている。

 

「過去、前澤氏といえば紗栄子との交際が話題となったが、当時、前妻や事実婚女性らは前澤氏に結婚されると自分の子どもたちの相続財産が減ってしまうため、結婚を許さなかったと一部で報じられている。もし、剛力がこのまま交際を続けるなら、同じ事務所の先輩である後藤久美子のように、未婚状態のまま子どもをもうける道を選ぶしかないでしょう」(前同)

[日刊サイゾー]

 

 

あらら、なんかヤバそうですね、剛力さん。

 

週刊文春によると前澤さんは剛力さんに飽きているといってるという話も載っていましたから、「一生かけて付き合う」もどこまで本当やら。

 

まあ、すでに手切れ金代わりに豪華な億ションを買ってもらっていますし、それはそれで仕方ない…のかな?

 

ZOZO前澤友作の手切れ金がスゴイ!これなら剛力彩芽も破局しても大丈夫!!

 

剛力さんも若いのに面倒な人と付き合ったものです。

 

 

前澤友作が狙っていた芸能人一覧

 

[スポンサーリンク]

 

剛力さんにしたら、週刊文春に掲載されていた「前澤氏が狙っていた芸能人一覧」も気になっていることでしょう。

 

記事によると、もともとの本命は元AKBの大島優子さんだったそうで、2015年10月にはZOZOTOWNのテレビCMに起用して口説こうとしたものの、見事にフラれてしまったんだとか。

 

総資産数千億円のサル顔のオジサマは好みじゃなかったようで…

 

そんな前澤さんの女優ハンティングの場となっていたのが、カルチャー誌「GOETHE」の連載「現代アート、聖地巡礼。」というコーナー。

 

これは前澤さんがコレクションする海外の著名アーティストのアトリエに、有名女優と訪ねるというもので、次から次へと女優さんに手を出してはフラれるという繰り返しだったといいます。

 

[以下引用]
「毎回自慢のプライベートジェットで行くのですが、女優の態度がつれないと前澤さんがヘソを曲げるので、スタッフはかなり気を遣っていたそうです。帰りも一緒にプライベートジェットに乗るかが好感触かどうかのポイントのようで、イギリスを訪れた広瀬アリスは別の飛行機で帰っていました」(幻冬舎関係者)

 

広瀬の他にも、米倉涼子、栗山千明といった美女が登場した連載。前澤氏がついに落とした相手が、一八年七月号に登場した現在の恋人・剛力彩芽だった。


「剛力さんを指名した前澤さんはロスでの取材を終えると、そのまま今度は『サインしに行くから、一緒に行かない?』とフロリダに誘った。数百億円かかるといわれる宇宙旅行の契約サインを目の前で見せられた瞬間、彼女は恋に落ちたそうです」(前澤氏の友人)

[週刊文春]

 

 

広瀬アリスさんに米倉涼子、栗山千明さん…ずいぶんなラインナップです。

 

しかしそうですか、あんなにお金をいっぱい持っていてもフラれちゃうって、ずいぶんツライ男性なんですね…

 

ただ、やっぱり剛力さん、カネの魅力に負けてたというのは、トホホな感じ。

 

 

ポイ捨て間近の剛力彩芽

 

そういえば、前澤さんの知名度が一気に高まったのは、2015年10月に報じられた紗栄子さんとの交際発覚がきっかけでした。

 

今思うと、ちょうど大島優子さんにフラれたタイミングと一致することに笑ってしまいますが、プライベートジェットで仲良く旅行する姿を紗栄子さんがSNSに載せるなど、セレブ生活をこれみよがしに自慢していたことで反感を買っていました。

 

まあ、紗栄子さんも銭ゲバとして有名ですし、今後もそういった女性たちを有り余る財力を武器にハンティングし続けることでしょう。

 

なにしろ「一夫多妻主義」を掲げ、今後も「結婚はしない!」と公言してますし。

 

となると、すでに飽きられたしまった剛力さんがポイ捨てされるのは時間の問題というのも、かなり信憑性が高いというか。

 

ちなみに、前澤さんは過去に二人の女性との間に小学4年の男子1人と奨学1年の男子2人をもうけていますが、その”妻たち”にはそれぞれ別々の高級マンションをあてがい、前澤さん名義の使い放題クレジットカードを持たせ、さらに専属ドライバー付きのロールスロイスなどの高級外車まで与えるなど、経済上は何不自由ない暮らしをさせているといいます。

 

しかし、その一方で「俺以外の男ができたら、今の援助は打ち切る」と、オレ様のもんだぜ宣告をしているんだとか。

 

先日の身売り騒動の顛末をみると、前澤さん、いうほどお金なかったり?それでも億単位だと思いますが。

 

そして、前澤さんまた新たに秘書など募集してましたね。新たな愛人候補だったり。

 

うーむ、剛力さんはどうなってしまうのか…

 

かつて、最多で12もあったCM契約数は現在ゼロで、テレビのレギュラーも1本となってしまった以上、自分で食べていくことはかなり難しくなってしまいましたし、一生、”前澤のペット”として生きていくしかない…のかもしれません。

 

◆前澤友作が剛力彩芽ととんでもないことを計画中!

 これはヤバイ、ヤバ過ぎる…→ geinou ranking geinou reading

 これはヤバイ、ヤバ過ぎる…→ geinou reading geinou ranking

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剛力彩芽 (初回限定盤A CD+DVD) [ 剛力彩芽 ]

価格:2404円(税込、送料無料) (2019/9/22時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※剛力彩芽さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング