パンくずリスト
  • ホーム
  • 兼近大樹
タグ:兼近大樹


格闘技イベント「BREAKING DOWN(ブレイキングダウン)」バンダム級王者である井原良太郎さんが大炎上しています。

 

 

後輩にお金を借りたことに関して詐欺疑惑が浮上した件はCOOの溝口勇児さんが介入し解決したようですが、過去の犯罪歴を告白していたことが収まりがつかないようです。

 

 

過去の犯罪歴で大炎上というと思い出されるのがあびる優さんで・・



[スポンサーリンク]


BREAKINGDOWNバンタム級王者井原良太郎とは




井原良太郎さんは1995年10月生まれの現在28歳。

 

 

BREAKING DOWN 10オーディションにて喧嘩最強決定戦の足立区のフェザー級代表として参戦して以降戦歴を積み、2024年2月にBREAKING DOWNの初代バンタム級王者となりました。

 

 

そして6月2日に初防衛に成功し、前途洋々、という感じだったのですが…




井原良太郎に浮上した詐欺疑惑は、解決?




6月7日頃から私人逮捕系のユーチューバーや犯罪撲滅活動家の方々が「井原良太郎選手に投資詐欺及び賄賂詐欺発覚」という内容を拡散し始めました。

 

 

それによると、約1年半前に投資詐欺70万、賄賂詐欺50万、貸金60万の、総額180万円を井原良太郎さんにだまし取られたという男性被害者がいるとのこと。

 

 

この件は、BREAKINGDOWNのCOO溝口勇児さんが関係者を集め解決したと宣言。

 

 

井原良太郎さんも5月20日に男性宛に20万円を送金している画像も公開しており、とりあえず金銭的には解決したのでしょうおそらく。

 

 

ただ、お金返したからいいよね?犯罪じゃないよね?でいいのでしょうか。

 

 

この男性以外に被害者はいないのでしょうか。

 

 

詐欺は親告罪ではありませんが被害者が訴えないと警察にはわかりません。

 

 

被害者はまず警察へ行くべきだったのでは。

 

 

なにしろ客観的な事実関係がまるで明らかではないので、この件で井原良太郎さんが罰せられるべきなのかどうかもよくわかりません。

 

 

しかしそれ以前にもっとダメな話があったようです。




井原良太郎が街録で自白していた犯罪歴




井原良太郎さんは防衛戦前日である6月1日に「街録ch」に出演。

 

 

そこで中学3年生の頃の以下の犯罪歴を赤裸々に告白しました。

 

 井原良太郎が自ら暴露した犯罪歴 

 

・友人や後輩ら数人と空き巣やひったくり、金庫泥棒をし、盗んだお金を山分けしていた

 

・自分は指示役だった

 

・窃盗団のリーダーを務め学童施設などからもお金を盗んだ(70万円くらい)

 

・皆が捕まったが自分は「知らない」と言って逃げきった

 

 

 

 

被害額は数千万円にものぼるとも語っていたよう。

 

 

え、中学3年生??

 

 

すでに動画は削除されていますが、このキャプチャだけでもちょっと…。

 

 

 




あびる優、EXIT兼近大樹、黒歴史思い出されてしまって大迷惑




しかし思い出してしまいますよね、あびる優さんとEXITの兼近大樹さんを。

 




窃盗歴を堂々告白したあびる優




当時深夜枠で『カミングアウト』という、芸能人が行う衝撃の告白の真偽をクイズにしたバラエティがありました。

 

 

あびる優さんは2005年2月、未成年の頃にこの番組に出演したときに、集団で倉庫荒らしを継続して繰り返し店舗を閉店に追いこんだ、というエピソードを披露し、「トゥルー」だとしました。

 

 

これは窃盗じゃないか、閉店に追い込んだなんてどういうことだと大騒動になり、番組やホリプロは謝罪し、あびる優さんを活動休止処分としました。

 

 

その活動休止は2ヶ月ほどでしたし、番組もさすがに犯罪だったら放送してなかったんじゃないか、つまりあびる優さんが話を盛っただけの可能性もあります。

 

 

でもずーーーっと言われていますよね、あびる優さん。

 

 

なんにしろこんな話を放送した番組もおかしかったです。

 

 

井原良太郎さんも、話を盛っただけかもしれませんが、ずっと言われるだろうし今後いくら前向きなことを言ってもなかなか難しいのでは。




金庫強盗をしていた兼近大樹




兼近大樹さんは北海道にいた未成年時代に、少女の斡旋や金庫強盗をして逮捕された過去があると文春に報じられました。

 

 

兼近大樹さんはそれらをいつバレるかとヒヤヒヤするより報じてもらって良かった、と爽やかに認めました。

 

 

そして、まとめると、あったかいご飯とお風呂、布団が用意されてぬくぬく育つ家庭ばかりではない、貧困だったり親の教育(というか知性でしょうか)によっては常識を常識だとわからないで育つ子どももいる、と、いうような内容をときどき発信しています。

 

 

過去が過去なだけに言い訳にも聞こえ、拒絶の声もありますが、問題的にはなったかも。

 

 

…もしかすると井原良太郎さんも、いつかバレるなら自分で言ってしまえと思ったとか?




BREAKING DOWNの正念場か




BREAKINGDOWNの大会のコンセプトは「1分間最強を決める」です。

 

 

参加者は喧嘩自慢、ボクサー、空手家、キックボクサー、柔道家、日本拳法、相撲、アームレスラー、プロレスラー、ラガーマン、陸上競技、YouTuber、TikToker、AV女優、ダンサー、など様々。

 

 

純粋にスポーツとも言えず、目標のために過去を積み上げてきた人ばかりではないのが危うくなる一因でしょうか。

 

 

井原良太郎さんも「路上に花咲く天才喧嘩坊や」などと名乗っていたようです。

 

 

今年3月、BREAKINGDOWN参加者に逮捕者が出たときに、武井壮さんが

 

 

「無法者に知名度与えて、さらに犯罪者生み出すコンテンツなどエンターテイメントとは言わない」

 

 

と苦言を呈し、井原良太郎さんは

 

 

「全員が全員そういうやつだけじゃねんだよ真面目にやってるやつもいんだよ、変わりたいと思い人生かけてるやつもいんだよ。テメェみたいなクソ著名人の発言で印象操作されるこっちの身にもなれ。バカが。俺らはお前のその発言に迷惑してるからよ二度と俺らの話題出すなクソ野郎」

 

 

等々と反論していました。

 

過去悪かったことがあったとして、だから今後も希望がないというのはさすがに良くないです。

 

 

セカンドチャンスは必要だと思うのですが、井原良太郎さんが『街録』で明かした内容が事実なのであれば、まずは罪を償うべきでは。

 




◆こちらもどうぞ◆

 

 

 

特殊詐欺事件の主犯格と過去に交流があったことで、過去の逮捕歴に再度注目が集まり芸能人生命がピンチだった兼近大樹さんですが、仕事は通常運転。

 

しかし先日、アマゾンプライムで放送されたWBCのMCがことのほか不評だったようです。

 

 

 

 

兼近さんは野球少年でポジションはショートでチームを盛り上げるムードメーカーだったそうで、中学生時代には地元・札幌市の大会で優勝経験もあったとか。

 

そういった経歴を買われ、WBC開幕前にもアマプラの直前特番にMC出演しては豊富な野球知識と芸人らしいトーク力で番組を回して盛り上げていたということですが、いざWBCの中継が始まると、SNSでは

 

《アマプラのWBC実況、マジで兼近いらない》

《兼近いらないんだけど球場音声だけとかにできないの?》

《たしかに兼近いらない。中居くんですらそんなにでしゃばってないのに》

 

という不評の声が集まったようで。

 

[以下引用]

「たしかに野球好きな気持ちは伝わりましたし、経験者らしく着眼点も鋭いように思えました。それだけならよかったのですが、例えば中国戦で“野生のパンダの数を情報として入れてください”、大谷選手らのペッパーミルパフォーマンスにも“下味つけて”などとちょいちょいボケを入れてきたんです(笑)。

 

またラーズ・ヌートバー選手のミドルネーム“タツジ”から、“タッちゃん”などと選手を馴れ馴れしく呼び始めるチャラキャラも出てしまった。終始冷静な口調で真面目に解説に務めていた、自身のWBCや二刀流エピソードを披露していた王さんもあって、兼近が余計に悪目立ちしてしまう格好でした」

[週刊女性プライム]

 

オリンピックや世界○○といったスポーツ関係のイベントで芸能人が不要と言われる最たる理由がコレですよね。

 

そしてその辺りをきっちり押さえているのが、地上波で放送されたWBCの中継で「侍ジャパン公認サポートキャプテン」を務めた中居正広さんです。

 

完全に普段のバラエティー番組とはキャラを分けていて、野球選手へのリスペクトを忘れず、真剣なのが表情からもよく伝わります。

 

今回は滑舌の悪さにも注目が集まってしまいましたが、同時に真っ白すぎる歯も話題で、どうやらインプラント治療もしたようなので、まだ慣れてないのかもしれませんが、そもそもそんなにグイグイこないので、個人的には気になりませんでした。

 

その辺、兼近さんはわきまえていないんですよね。

 

観なくなければ観ないだけでいいですし、兼近さんが受け入れられなければ今後はこういった仕事がなくなっていくはずで、なんだったら過去のことも含めて徐々に仕事がなくなっていってもおかしくはないのですが、そもそもなぜか兼近さんはこんなに仕事が順調なのでしょうか。

 

ネットでも兼近さんがこの状況で仕事が絶えないことに疑問を呈する声が多いです。

 

兼近さんには強烈な後ろ盾がある説、昔の仲間が吉本上層部の弱みを握っていて脅してる説、宗教に守られてる説、いろいろあります。

 

が、そういう話ではなさそうです。

 

 

[以下引用]

「結論からいうと、兼近がテレビ界で干されるという状況になることはないだろう。確かに兼近が過去に法に触れることを犯していたのは事実だが、どれも未成年の頃の話で、本人も事実を包み隠さず公表して悔い改め、人気タレントの地位まで上り詰めた。もしテレビ局が兼近を番組から降ろすようなことをすれば、未成年の頃に不遇の環境で育ったために悪行に手を染めてしまった人々が更生するということを否定し、更生の道を閉ざすことを肯定することにつながりかねず、そのほうが問題視される。ルフィによる強盗事件も、兼近が関与していないことは明白であり、10年以上も前に接点があったからという理由で兼近を降板させるようなことになれば、テレビ局のモラルのほうが疑われる」(テレビ局関係者)

 

また、別のテレビ局関係者はいう。

 

「一つのみならず複数の過去の犯罪との関わりを自ら公表しているにもかかわらず、ここまで高い人気と好感度を維持するタレントというのは、かなり珍しい。稀有なタレントといえる。極貧生活から這い上がり非行少年から更生し成功した人物のシンボルともなった兼近を切り捨てれば、テレビ局のほうが世間から批判にさられるのは目に見えているし、社会的にも許されない」

[ビジネスジャーナル]

 

そこまで高い人気と好感度があるのか?という思いはありますが。

 

これは先月の「ルフィ事件」のころの記事ですが、確かに現在進行形で交流があったわけではないわけですから、ルフィ事件を理由に干されるのはナシでしょうね。

 

暴力団排除条例の施行前に島田紳助さんが引退したのは、過去も現在も暴力団関係者と交流があり、さらに、今後、暴力団排除条例が施行されても関係を切るつもりはないと明言したからです。

 

さすがにこれでは無理だと吉本も引退を受け入れたということでした。

 

一方の兼近さんは、何とか更生し今後も正しく生きていきたいと希望しているわけで、そうなれば、吉本も切ることはしないでしょうね。

 

問題なのは、兼近さんがなぜかコメンテーターをしていたり、WBCのような大舞台で滑りながらMCをしていることで。

 

どんなにつまらなくても、どんなに適さなくても、きっと今後も干されることはないんだろうなと思うと、なんだか複雑です。

 

 

◆すっぴんのりんたろー。がなんか怖い件

 確かに[画像]→ geinou ranking geinou reading

 確かに[画像]→ geinou reading geinou ranking

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※兼近さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

TBS系の人気音楽番組「CDTV ライブ!ライブ!」(TBS系)に、番組サポーターとしてレギュラー出演しているおEXITのりんたろー。さんと兼近大樹さん。

 

しかし、1月30日の放送に二人は出演せず、番組内でも不在について全く言及されなかったため、

 

「やっぱり、芸能界追放は免れなさそうだ・・」

 

と話題になっています。

 



 

 

[以下引用]

なぜ「EXIT」が番組に姿を現さなかったのか、それは世間を賑わせている連続強盗事件が深く関わっている可能性が高い。

 

「特殊詐欺の容疑で逮捕状が出ているのは、フィリピン入管施設で拘束中の渡邉優樹容疑者を含む計4人。現在、次々に逮捕されている実行犯は、ネットの闇バイトで集められた単なる寄せ集めで、渡邉容疑者らが連続強盗事件の黒幕だと疑われています。

 

そして兼近といえば、過去に女子高生への売春斡旋や札幌で起きた強盗事件によって逮捕された前科がある。その札幌の事件で兼近と一緒に逮捕されたのが〝ルフィ〟と名乗る主犯格の渡邉容疑者だったと、週刊誌『FLASH』で報じられたのです」(芸能ライター)

 

ネットでは、

 

《芸能界をEXITしそうなのか》

《ルフィとの過去が掘り起こされて活動自粛はおかしすぎる》

《やっぱ過去のこと掘り起こされたから、EXIT出てないのかしら…》

 

とザワついているが、番組放送の翌31日に兼近はツイッターを更新。

 

《多少脚色されたデマもありながら、ほとんどが既に公表している事実です。当たり前とは程遠い想像を越えたイカれ少年期を過ごしていましたため、弁明の余地もありません》

 

などと言及し、「活動を控えるべきでは?」といった旨のリプライには、

 

《絶対に控えません!》

 

などと返信していた。

 

しかし、ネット上には「記者会見を開いて、もう一度、過去の過ちや渡邉容疑者との関係性などを説明するべきだ」などといった声も多い。

 

《彼は改心して今を頑張っているだろうけど、今後テレビには呼ばれづらくなると思う。会見を開き全ての質問に答えないと道は閉ざされてしまう可能性がある》

 

《刑罰を受ければそれで終わりというものではないと思う者からすると、メディアでへらへらとした姿を見かけるのは不快感》

 

《闇営業や多目的トイレ不倫などで、逮捕もされていないのにTV出演できなくなっている芸人との差が大きい。スポンサーの判断はどうなるでしょうか》

 

 

 

EXIT兼近大樹、ルフィとの関係を認めた!世間の反応は…

 

渡邉容疑者と今村容疑者は、かつて暴力団の〝周辺者〟として活動していたとの情報もある。

 

「ネット民の言う通り、半グレたちの宴会に出席して事務所を通さずにギャラを受け取った芸人が〝永久追放〟扱いで、ガチの犯罪者たちの〝共犯くずれ〟だった兼近がテレビに出まくっているのは違和感がある、という声も無視できないと思います」(芸能ライター)

[週刊実話、まいじつ]

 

ということですが、兼近さんは1月29日のトークライブで一連の報道について言及。

 

「ちょっと皆さんにも悲しい思いをさせているかなと思って、改めてその、ご迷惑をおかけして、本当、すいません」

 

と謝罪した上で、ネットで始まったバッシングについては、

 

「別にそんなに気にしていないよ。気にしなきゃいけないんだろうけど、まぁどうしようもないことというか。これから僕がどうしていくかということ」

 

と説明し、

 

「この先もずっと、ふざけ続けて皆さんを笑わせていこうと思っているので」

 

と前向きなコメントで締めていました。

 

ただ、いくら10年前の話とは言え、女子高生への売春斡旋に加えて現金約1000万円の窃盗事件で逮捕されたことがあるというのは、テレビの世界で生きていくのは厳しいかと。

 

テレビは国民の財産である公共電波を使って放送されているので、現実問題として犯罪歴のある人を「見たくない」という視聴者感情を無視して起用することは難しいはず。

 

また、民放のテレビ番組はスポンサー料で成り立っていて、各企業はタレントの人気や好感度に乗っかって自社の製品やサービスを宣伝しているわけです。

 

数千万円、数億円という莫大なおカネを払って。

 

それを考えたら、少しでもイメージの堕ちた芸能人をリスクを負ってまで起用するというのは、普通に考えたら「あり得ない」こと。

 

そういった事情を考えると、兼近さんがテレビの世界から退場させられたとしても、仕方ないと思います。

 

ただ、テレビから消えたからと言って、芸能生活まで終了となるわけではありません。

 

今後はお笑いコンビ・EXITを受け入れ、応援してくれる人たちだけを相手に、ライブ会場やネットを主戦場として活動していけばいいだけのこと。

 

彼らほどの実力と人気があれば、一時的には落ちたとしても、長い目で見ればきっと今以上に活躍できるはず。

 

ということで、さようならEXIT!

 

いつかまたどこかでお会いできる日を楽しみにしております。

 

◆出てきたときからこうなることは決まっていた・・



 

 

ちなみに、ですけど・・

 

今回の件で最も被害を被っているのは、「ONE PIECE」という作品と主人公のルフィ、そして原作者である尾田栄一郎さんなのではないでしょうか?

 

もし、渡邉容疑者が”キムタク”なんていうコードネームだったとしたら、マスコミは「キムタク、キムタク!」って連呼してたでしょうか?

 

するわけないですよね、ジャニーズ忖度まみれのマスコミが。

 

いつも「風評被害はイカン!」などとギャアギャア騒ぎ、どこかの国の人間には”配慮”して本名ではなく通り名で報じるくせに・・

 

対象がアニメキャラで「大丈夫じゃね?」と見るや、調子こいて悪ノリするのって、なんだかスゴく不愉快です。

 

マスコミの皆さん!

 

一連の犯行の指示役は他にも「キム」や「ミツハシ」などとも名乗っていたらしいですから、もうちょっと犯人グループの呼称にも”配慮”して頂けませんか?

 

って、もしかして”配慮した結果”が”ルフィ呼び”なんでしょうか?

 



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※兼近大樹さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

昨年から全国で10件以上も発生している連続強盗事件は、東京・狛江市では強盗殺人事件にまで発展し、実行犯が次々と逮捕される中、黒幕はフィリピンの刑務所に収監されている「ルフィ」こと渡辺優樹容疑者と今村磨人容疑者であることが判明しました。

 

そして、この渡辺容疑者がEXITの兼近大樹さんとの過去の付き合いをほのめかしていると話題になっていたのですが、本人が認めました。

 

※この本にも登場

 

 

[以下引用]

この日、トークライブ「EXIT陰パリトーク~お前らとの交流~Vol.22」を生配信。その中で「ちょっといいですか」と切り出した。10年以上前に兼近が逮捕された札幌での窃盗事件(兼近は不起訴)では、連続強盗事件の指示役「ルフィ」とされる渡辺優樹容疑者も逮捕されていた。これがインターネット上で大騒ぎになっている。

 

直接、ルフィなどの文言は口にしなかったものの「もともとそういう場所にいたので。それはもう4年前に、もともと出ていることなんでアレですけど…。ちょっと皆さんにも悲しい思いをさせているかなと思って、改めてその、ご迷惑をおかけしていますということを伝えさせていただきたいなと思いまして。本当、すいません、その件に関しては」とファンを悲しませていることを謝罪した。

[東スポ] 

 

 

SmartFlashによると、渡辺容疑者自身が

 

「俺は以前、札幌で窃盗をやって逮捕されたけど、そのときに俺に使われて共犯者として捕まったのが、あのEXITの兼近なんだ」

 

と吹聴していたとか。

 

こんな風に記事になってしまったら、兼近さんとしても言及しないわけにはいかなかったんでしょうね。

 

兼近さんからすれば、いつまでもついてくる過去の亡霊という感じでしょうか。

 

 

EXIT兼近大樹終了!過去の逮捕歴発覚!本人は笑顔で認めるも、世間は犯罪の内容にドン引き

 

 

渡辺容疑者や今村容疑者は収監されたフィリピンの刑務所内から、かけ子たちを「日本にいる恋人や母親をさらうぞ」と脅して言うなりに動かしていたそう。

 

兼近さんは文春に過去の逮捕歴について直撃されたとき、「やっと言える」なんて爽やかに認めていて「なんだこの人」みたいに言われていました。

 

しかし、こんな風に人の弱みを利用する渡辺容疑者と過去に縁があったなら、秘密を抱えていてはいつ脅しの対象になるかわかりませんし、割と本気でバレてよかったと思っていたのかも。

 

本人やファンにしたら、過去は過去、今まっとうなんだから、立ち直った後のことを見て、もう非難しないで、人はやり直すこともできると思うの、という気持ちもあるかもしれません。

 

が、ネットには、

 

「ドン引き」

「今どんなに仕事頑張っていても売春斡旋してきた人の人間性の根はそう簡単には変わらないよ」

「犯罪者がチャリティーマラソン走るって、終わってるわ」

「いくら過去とはいえ厳しいね」

 

といった声が多くあります。

 

もはやこれが兼近さんの役割なのでは。

 

小学生までは多少許された乱暴さや破天荒な行動も、中学生がやれば暴力になり警察沙汰にもなりえること。

 

深く考えずに楽な方、楽な方に流されていたら、女衒や強盗の片棒を担いでることにすら気づかない事態になってしまうこと。

 

そして一度でも犯罪をしたら、世間は忘れないこと。

 

こういうことを、子どもを含めて知らしめることも必要ですよね。

 

そして、過去悪いことをしてもきちんと立ち直ることができると示し続けるためにも、兼近さんは人の目の当たるところに居続けるべきなのかもしれません。

 

◆兼近大樹とルフィの過去

画像→ geinou ranking geinou reading

画像→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※兼近大樹さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー