タグ:中田敦彦

オリエンタルラジオの中田敦彦さんが日経デュアル福田萌さんとの夫婦関係を赤裸々に暴露して話題になっています。

 

「(自分が夫としてやってきたことは)真逆だったのかもしれない」と、「良い夫をやめた」と言うのですが、要するに、良い夫として妻である福田さんの希望をどこまでも受け入れ続けていたら福田さんが助長したので良い夫をやめるということのようです。

 

 

 

 

 

中田敦彦の主張

 

日経デュアルに掲載された中田敦彦さんのコラム全文はこちら

 →方針変更!「良い夫」やめました

 

ながーいのでまとめると、妻の福田さんに「ワークライフバランスは?」「子育て手伝え!」と言われた中田さんは、拘束時間の長い仕事をセーブする一方で物販サイトを立ち上げ、在宅時間を増やしながらも収入も増やす、という「無理ゲー」に成功。

 

家にいる時間が増えたことで、家事育児をシェアでき大満足だったのに、福田さんからは「もう耐えられない」「あなたは一切変わっていないし、ただ成功したいだけの人」とカウンセリングを受けることを要求され、カウンセラーに言われて気付いたのが「妻に全部合わせてきたことが良くなかった」ということ。

 

中田さんが良い夫になりすぎた結果妻がマヒしてしまい、「あなたはこれをしてくれなかった」といわゆる「くれない族」になった、自分自身についても「無意識に『いい夫であろうとするフィルター』が働いていた」と分析。

 

「良い夫」としてやってきた仕事が終われば直帰、帰り時間などのこまめな連絡、在宅時間を意識的に増やす、朝早く起きることなど一切やめたそう。

 

「離婚してもいい」という立ち位置でもう一度見直してみないか?と話し合う中で、仕事が好きで稼ぐことが得意な男を夫に選んだのだから、「キミが負担に感じていることがあるなら、僕の利益で家政婦さんやシッターさんにアウトソーシングしてはいけないの?」とも提案し、結果福田さんから「これまでの自分の対応を反省している」といった趣旨の手紙をもらい一件落着した、というのが中田さんの主張でした。

 

 

「良い夫」だけでなく「良い父」も放棄?

 

福田さんはこの件につきツイッターで、

 

一方の私も「良き妻、良き母」像に縛られていたんだなぁって思います。料理も家事全般も完璧、子育ても完璧な人。話し合いの中で、「料理なんて誰でもできることをやらなくていいよ!」って夫に言われ、ほっと解放されました。

 

要求がエスカレートして、夫への態度が悪かったのは本当に申し訳ないとしか…笑。子供にはすっごい感謝したり褒めてたのに、夫への感謝、賞賛はなおざりにしてました。私が完全に夫に甘えてました。

 

とコメント。

 

夫婦のピンチも解決してよかったね、というところなのですが…

 

お金で楽になり喧嘩が減り笑顔が増えるならそれはそれ。実際、「我が家も家事育児を夫婦2人で回すのには限界を感じて、週に1回、料理を作ってくれる方を入れることにしたらかなり楽に」ともツイートしているので、潤沢なお金を有効に使えるようになったようです。

 

◆恐怖…ジップロックでグラタンを作る女・福田萌

マジです→ geinou reading geinou ranking

マジです→ geinou ranking geinou reading

 

ちなみにそのお金は、最近は中田さんが半ば教祖化して稼いでるようですね。

 →中田敦彦がゲス化しすぎてやるせない

 

「家事育児を夫婦2人で回すのには限界」って一般の共働き世帯はどうすりゃいいのとは思いますが、まあ一般と比べてもいけないんでしょう。

 

本人も認めてますし、福田さんが図に乗っていたのは確かなのでしょうし、それを助長したのは中田さんなんだと思います。

 

しかし、中田さんは「良い夫やめる」でマメな連絡を止め早起きも止め在宅時間を意識的に長くすることも止めたそうですが、同じことを妻がやったら大問題じゃないですか。

 

性別に関わらず人には特性があり、父母がまったく同じことをする必要はないとはいえ、やることが極端すぎます。帰宅予定の連絡とか朝の子供の準備の手伝いとか、一緒に暮らす人として、夫だけでなく父として至ってふつうのことですよね。

 

結局、中田さんにとっては家事育児は福田さんの仕事、自分はあくまで手伝ってあげてる、という意識だったのかなと思います。

 

ながーい記事にあった福田さんとのトラブルも、要するに会話不足なんじゃ、という部分もありましたし。

 

そんな中田さんは大前提として、「夫婦関係、親子関係は、絶対に維持しないといけないものではない」と位置付けた、つまり離婚もあり、親権もいらない、として福田さんと話し合ったといいますが、なんだかあまりに冷たいというか他人事というか脅迫じみてるというか。

 

これまでさんざん「#ウチの嫁は可愛い」とインスタにアップしてきたのに怖いなあ、と思いますが、所詮夫婦のことなので他人はわかりません。

 

ただ、結婚した時二人は「インテリ婚」と称しネットでは「いつかインテ離婚」なんて言われていたことを思い出しました。

 

 

◆中田敦彦・福田萌の引き出物に

ドン引き→ geinou reading geinou ranking

ドン引き→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福田萌さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

最近干されていると話題のオリエンタルラジオ・中田敦彦さんが自身の興した新ビジネスが当たりつつあることをラジオで明かした際、1日で諸先輩方の半年分以上のギャラを稼いだなどと放言し話題になっています。

 

※まあ天才なんですかね。

 

[以下引用]

中田は前回3日の初回放送の1日前にネット販売のTシャツ屋をオープン。「1番キービジュアルにしている1万円のTシャツ。前回の放送でリスナーに『1枚も売れてないぞ。ふざけんじゃねえ。ディープなファンだったら買えよ』って。『お前ら立ち上がれよ。俺のごりごりに恐ろしくて高いTシャツを最初に買うやつになれるんだぞ』ってあおったんです」と回顧し、「ふたを開けたらどうなったかというと、めちゃくちゃ売れました」と報告した。

 

「正直、ぶっちゃけな話、先週1日分のギャラは諸先輩方のギャラの半年分を上回っている。『ごめんなさい先輩!』と。俺は皆さんが半年分で稼ぐものを先週だけで稼ぎましたよ。それぐらいの大成功」と反響の大きさを明かしつつも、「ただ、俺はこんなことを言うためにやったわけじゃない。これは序章に過ぎない」と断言。

 

「『武勇伝』とか『チャラ男』とか『PERFECT HUMAN』とかバズを生んで僕たちは生き残っているんですけど、成功者の後日談っていうのは嘘くさくも感じる。物事がバズる、流行るってどういうことなのって、結局『やってみせてよ』ってことなんですよ」と続け、「中田は宝くじ3回当てた人じゃないの?中田は本当に狙って計算で当ててるの?ってことが証明できる半年間。この大実験を証明するぞって言って始めているところがエンターテインメントだと思う」と半年間限定でパーソナリティーを務めている同番組の見どころを語った。

 

さらに続けて、「このラジオで聞いた人が(Tシャツを)買いましたって以上のところまで(流行が)行った時に、『おれは(ラジオを)聞いていたから分かっているけど、あいつは何も知らずに(中田のTシャツ)着てやがる』ってなったら、めちゃくちゃ面白いですよ。僕はそういう笑いを作りたい」と熱弁していた。

[スポニチ]

 

長々引用いたしましたがいろいろびっくりしました。

 

まず1万円のTシャツを一枚も売れなかったからとリスナーに発破をかけたというところ。

 

そしてその結果、諸先輩方の半年分以上のお金を稼いだと言っちゃったところ。

 

あと最後の中田さんが作りたいという「笑い」がなんだかシュール過ぎるところ。

 

中田さんは最近レギュラーが減ったことで干され疑惑が浮上しましたが、本人は自分で仕事を整理しただけと言い、妻・福田萌さんも「ワークライフバランスは?子育て手伝え!と言い続けた結果、このようなことになってしまいました」とそれを援護するようなコメントを出していました。

 

が、こんな挑発的な発言を知ると、やっぱり干されたんじゃないのという気が…。

 

ちなみにこちらが10,360円で販売してるTシャツです。

 

 

これが10,360円。

 

今年3月に、中田さんが立ち上げた物販サイトで販売しているノートが6,000円という高額さで話題になりましたが、ノートが6,000円ならTシャツ10,360円は安いような気もしてきたり。

 →中田敦彦が驚異のボッタクリビジネス開始

 

他にも「悶絶天国」「独裁電波」「素人漁業」等々いろんな文字のTシャツがあり、複数の文字が書いてあるTシャツは15,360円でした。

 

※それなら3000円でこっちがいい

[Amazon]

 

中田さんのサイトでは「モノ」だけでなく中田さんの講演会の動画視聴権も販売しており、どこか自己啓発や宗教っぽさもにじませています。

 

自己啓発が悪いとはいいませんが、「お前ら立ち上がれよ。俺のごりごりに恐ろしくて高いTシャツを最初に買うやつになれるんだぞ」なんて煽って物販も含めると胡散臭さが出てくるというか。

 

中田さん本人が言っているように、中田さんが一発屋ではないのは「武勇伝」「チャラ男」「PERFECT HUMAN」と3つ当てたことでも明らかだと思います。

 

が、どんどん好感度を下げ支持層が狭まっている今、またバズることができるんでしょうか。

 

…3つで止めてたら良かった、なんてことにならないといいですね。

 

 

◆外国人の日本語タトゥーが笑える

マジです→ geinou reading geinou ranking

マジです→ geinou ranking geinou reading

 

※面白かったのになー武勇伝

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※中田敦彦さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

オリエンタルラジオの中田敦彦さんが大阪万博の誘致PRイベントで現在物販とデザインにハマっており、会社を立ち上げたことを明かしました。

しかし、中田さんの始めた物販サイトがボッタクリだと報じられています。

 

※天才だとは思っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天才の証明 [ 中田 敦彦 ]

価格:1512円(税込、送料無料) (2018/3/13時点)



 

 

 

[以下引用]

話題になっている『NKT』の商品ラインナップを見てみると、中田がさまざまな質問に答える1人ラジオの音声や、文具、後援会の動画などが販売されている。例えばラジオの場合は、収録時間40分の音源を1,000円でダウンロード販売。そして『NKT』のマークが入ったノートは、6,000円で売られている。そのほか、中田が行った講演会の動画視聴権は2,000円で購入可能。3月11日に行われた「大阪講演会映像」には、「大阪について」「中庸について」「質疑応答タイム」といった内容が収録されているそうだ。

 

ファンにとっては価値のある商品なのかもしれないが、ネット上では「典型的な信者向けビジネスというか……新手の宗教かよ」「想像以上にうさんくさかった」「こんな価格設定でも売り切れの商品があるの笑う。あっちゃんかっこいー!」と批判の声が上がってしまった。

[サイゾー]

 

6000円のノートがどんなものなのか、中田さんの物販サイト「NKT official shop」を見てみましたが、現在品切れなのか売っておらず。

 

こんなかんじの装丁がしっかりした、しかしB6サイズという小さめのノートのようです。

 

 

 

ペンの値段は不明でしたがオリジナル商品第一弾で、こだわり過ぎの超少量生産だったそうですが、販売開始20分で完売とのこと。

 

 

需要と供給があってモノが売れてるわけですから良いのですが、B6ノートが1冊6000円というのはなかなか衝撃的でした。

 

中田さんは独特の頭脳と考え方を持ち、それをビジネスに活かすのは自由です。

 

が、こういう形になると、ちょっと独特さに磨きがかかりすぎるというか…

 

講演会の映像を2000円、1人ラジオの音声が1000円とか、確かに新興宗教を連想してしまいます。

 

しかしやはり需要と供給。

 

大人が大人の判断で購入しているのであれば、ビジネスとして文句を言うようなことではないのでしょうが、こういった方向になると、今後お笑いはないのかなと思います。

 

◆中田敦彦がたった10分で憔悴

いったい何が→ geinou reading geinou ranking

いったい何が→ geinou ranking geinou reading


 

※妻も嫌われ路線…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆



人気ブログランキング

 

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

吉本興業の大先輩である松本人志さんを「暗に批判した」として注目を集めている中田敦彦さんですが、どうやら業界では「ヤラセだろう」という見方が多いようです。

※オレを利用すんなや。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM“完成” [ 松本人志 ]
価格:9136円(税込、送料無料) (2017/6/7時点)



この記事の続きを読む