タグ:ニコライ・モロゾフ
ホームPage 1 / 212

安藤美姫さんがテレ朝系「報道ステーション」で4月に3350グラムの女児を極秘出産していたことを告白してから、約2週間経過しました。いまだに赤ちゃんの父親の名前を明かしていないことから、各メディアでは予想合戦が繰り広げられていますが、ここへきてかなり決定的な報道がありました。

 → ranking

[楽天市場]

この記事の続きを読む

安藤美姫さんが未婚のまま極秘出産発表して約1週間が過ぎましたが、相変わらず週刊誌の「父親は誰?」報道が続いています。そんな中、週刊女性は“独走スクープ!安藤美姫「父親はあの超人気選手」急浮上”と報じ、その父親候補に織田信成選手とステファン・ランビエール選手の名前を挙げています。

 → ranking

※早くもとばっちりが…?

[楽天市場]

この記事の続きを読む

連日安藤美姫さんの父親探しが話題になっていますが、本人は口を閉ざし、同棲中と報じられていた南里康晴さんは父親であることだけでなく交際の事実も否定、モロゾフ氏も否定ということで、第3の男がいる、という報道まで出ています。

そんな中、スケート連盟には連日苦情が殺到し、最終的に大島由香里さんと小塚崇彦さんに厳しい目が向けられているとか。

ranking

フィギュアスケート日本女子ファンブック 2013
フィギュアスケート日本女子ファンブック 2013


[関連商品]

この記事の続きを読む

安藤美姫さんがテレビ朝日系の『報道ステーション』で未婚のまま出産したことを発表して以来、「父親は誰だ!?」と話題ですが、ご本人は改めて「父親の名を明かすつもりはない」と声明文を発表しています。一方で、明日のフライデーでは有力候補No1の南里康晴さんが「自分は父親ではない!」と否定し、週刊新潮は「子供の本当の父親はニコライ・モロゾフ氏だ」と報じています。

 → ranking

※この本の翻訳をした大野さんが証言しています。

キス・アンド・クライ [単行本] / ニコライ・モロゾフ (著); 大野 和基 (翻訳); 講談社 (刊)

キス・アンド・クライ [単行本] / ニコライ・モロゾフ (著); 大野 和基 (翻訳); 講...

[関連商品]

この記事の続きを読む

ホームPage 1 / 212