タグ:テレビ朝日

 

テレビ朝日系のニュース番組『報道ステーション』のメインキャスター・富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染した件が、予想以上に大事になりつつあります。

 

ウイルスに感染してしまったことは仕方ないにしても、発熱後も何事もなかったかのように番組出演を継続していたことが「報道番組としてあり得ない」として、すでに局内でも秋の改編での打ち切りを決定したそうで…

 

※国益のためにも新聞ともに消えてほしいという声多し。



 

テレ朝によると、富川アナは4月3、4日に発熱したものの、いったん熱が下がったため6日から9日まで番組に出演。

 

しかし、7日の本番中に痰が絡むようになり、9日には息苦しさを感じるようになったため緊急入院し、11日にコロナ感染が確認されたといいます。

 テレ朝絶望的か。富川悠太アナの新型コロナウィルス感染後の行動歴がやばい

 

[以下引用]

視聴者に対して何度も自粛や自重を訴えていただけに、あまりにも“悪質”と言わざるを得ない。かつてはテレ朝の看板として大きな役割を担ってきた同番組だが、近年は問題続き。いよいよ打ち切りへのカウントダウンが始まったと言っていい」(テレビ制作会社関係者)

 

富川アナの問題は、何度もコロナの“サイン”は出ていたにもかかわらず、番組出演を優先したことだ。

 

「報ステでも連日、コロナを取り上げていたのだから、自分も怪しいと気付かなかったわけがない。にもかかわらず『休む』という勇気を持たなかったことが最大のミス。無理して番組に出演したことによって、周囲に感染を広げた恐れがあるだけではなく、逆に報ステの立場を悪くした」(テレ朝関係者)

 

それでなくても、最近の報ステは窮地に追い込まれていたという。

 

「一昨年、小川彩佳を切って徳永有美を起用した際は、あまりにも不可解な人事で、番組スタッフ内からも反発が出た。その後、小川は恨み骨髄に徹してライバル番組のTBS系『news23』に移籍した。また昨年には番組チーフプロデューサーによるセクハラも発覚。今年に入っても長年携わってきた派遣社員のスタッフを“派遣切り”したと問題視された。番組では偉そうなことばかり言っておきながら、裏では問題続きだ」(前出の制作会社関係者)

 

『ニュースステーション』の後を受けて、2004年に始まった報ステ。まさにテレ朝を代表する番組だったが、これだけ問題ばかりが起きてしまうとさすがに厳しいようで…。

 

秋の改編での打ち切りがはっきりと見えてきた。幹部たちも一度終わらせて、タイトルやスタッフを変えた違う報道番組の立ち上げを見据えている」(前出のテレ朝関係者)

[週刊実話]

 

 

ネットでは今回の件について「痛快!」という皮肉コメントで溢れかえっています。

 

まあ、自業自得ですよね…

 

◆お友達だったはずのアノ国からも酷い言われよう!

 あらら→ geinou ranking geinou reading

 あらら→ geinou reading geinou ranking

 

世界中で猛威を振るっているコロナウイルスについて、テレ朝を始めとした日本の大手メディアによる酷すぎる偏向報道、事実を捻じ曲げて煽りまくるマッチポンプ報道、言うことがコロコロと変わる無責任報道、なんでもかんでも政局批判に利用する無節操報道、そして自分たちにとって都合の悪いことは一切報じない隠蔽報道などがどんどん明らかになり、もはや喜劇とも呼べる状態になっています。

 

すでにマスコミの報道を頭から信じている人なんて”テレビしか観ない一部の人々”だけになっていますが、いまだに世論など自分たちのさじ加減でいくらでも誘導できると思っているところがイタイというか。

 

「報道ステーション」の放送をこれ以上続ければ恥の上塗りになる恐れもありますし、制作スタッフ約100名全員が自宅待機となっているわけですから、秋まで待たずにすぐにでも打ち切りにしたほうが良いかも?

 

って、局内で感染爆発が起きているなら、新番組を立ち上げてる場合じゃないか…

テレビ朝日でクラスター発生か。赤江珠緒の夫も新型コロナ感染疑惑でPCR検査結果待ち

 

とりあえず、富川アナが復帰第一声でどのようなコメントを出すのか注目です。

 

って、このままキャスター降板なんてなったりして。

 

※国から支給される布マスク+国産抗菌フィルターでコロナを防ぐ!



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※富川悠太アナのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

先月8日、一般男性と結婚することを理由に3月末でテレビ朝日を退社し、4月からはフリーとして仕事を続けることを発表した小川彩佳アナウンサー。

 

昨秋まで「報道ステーション」のキャスターを務めていたテレ朝の看板女子アナで、さらに国民的アイドル・嵐の櫻井翔さんとの交際報道で大きな注目を集めていた彼女の”電撃寿退社”には、世間からも驚きの声が上がっていました。

 

※オレもビビったよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢 [ 櫻井翔 ]

価格:3782円(税込、送料無料) (2019/3/24時点)


楽天で購入


 

しかしその後、なんと「報ステ」のライバル番組であるTBSの「ニュース23」のメインキャスターに就任することが明らかになり、業界には激震が走ったといいます。

 

しかし、この裏には彼女なりの「生き残り戦略」があったようです。

 

[以下引用]

「小川アナが『NEWS23』のキャスターに就任するのは、6月か7月になるといわれています。テレ朝を退社してわずか数か月でライバル番組に禁断の移籍をする小川アナに対して、テレ朝の上層部はかなり憤っていると聞いています。

 

同時にTBSの女子アナも怒っているそう。局の看板報道番組のMCのイスを、数か月前までライバル局にいた女子アナにあっさり奪われるわけですからね。古巣からも新天地からも敵視され、四面楚歌状態の小川アナですが、自身を守ってくれる芸能プロダクションには所属せず、フリーランスとして個人で活動をしていくようですよ」(テレ朝関係者)

 

3月15日、同じく3月末でテレ朝を退社してフリーに転身する宇賀なつみアナがブログを更新。「自分なりに色々と考えた結果、4月以降は、個人でコツコツと活動していくことにしました」と、小川アナ同様、事務所に所属せず、個人で活動していくことを報告している。

 

「最近、フリー女子アナは飽和状態。そういうこともあり、事務所によっては特に営業をしてくれないところもあるといいます。宇賀アナは“大金を稼ぎたい”とか“女優になって映画に出たい”なんて思いはなさそうですから、芸能プロには入らないのかもしれませんね。

 

また小川アナに代わり、昨年10月から『報ステ』のキャスターを務めている徳永有美も、芸能プロに所属していません。実はこれは、テレ朝の早河洋会長の助言によるものだといいます。事務所に所属するとギャラを折半する必要があるため、必然的にギャラが高くなってしまうが、個人である場合、ギャラを安く抑えられるために仕事を振りやすい。だから早河会長は“事務所に入るな”と徳永に言っていたようです。徳永が『報ステ』に復帰できたのも、事務所に所属していなかったからだともいわれています。

 

小川アナもキャスター業への強い思いがあるようで、徳永のケースを参考にしたのかもしれませんね。ただ、小川アナの場合、あるマスコミ関係の大物がバックにいるという噂は聞こえてきますが……」(前同)

[日刊大衆]

 

これまで、局アナが退社後、他局の報道番組に出演する場合は、最低でも半年は間を開けるという業界の暗黙のルールがあったといいます。

 

NHKを退局した有働由美子アナも、日テレ系ニュース番組「news zero」に出演するまで、そのくらいの”冷却期間”をとっていました。

 

それなのに、小川アナはこうした掟を無視した“禁じ手”を使ったわけです。

 

裏切られた形になったテレ朝は、彼女を「永久追放処分」にしたとも言われていますが、それも当然かと。

 

また、受け入れる側のTBS局内から不満の声が上がるのも当たり前でしょう。

 

すでに「局アナはたくさんいるのに、どうしてそこまでして他局出身の人材を使うのか?」と猛反発が起きているいいますが、業界の掟を平気で破るような彼女にいい思いを抱いている人は少ないでしょうし、周りが敵だらけでは今後の活動は厳しいような。

 

ただ、彼女にとっては「私は報道一筋で頑張っていく!」という覚悟以上に、元カレである櫻井翔さんへの強烈な対抗心もあるんだとか。

 

「NEWS23」と同時間帯には、日テレで櫻井さんが月曜キャスターを務める「news zero」が放送されていますからね。

 

昨年3月に小川アナと破局したと言われる櫻井さんは、8月に15歳年下の女子大生との交際が報じられましたが、それについて「あんな年下と。気持ち悪い!」と知人に吐き散らしていたそう。

 

テレ朝退社と同時に一般男性との結婚を発表したのも、櫻井さんに対する”当てつけ”と見られていて、女の意地が業界の掟破りに走らせたーという見方も多いようです。

 

※さて、誰でしょう?

女の意地

女の意地

 

一方、「NEWS23」の制作側にとっては、内外からいかに批判されようとも小川アナを起用しなければならない切実な事情があったといいます。

 

[以下引用]

「一番は『NEWS23』の視聴率の低迷です。故・筑紫哲也さんがキャスターを務めていた時代は、二桁に近い視聴率を稼いでいた同番組も、最近では平均3~5%と低迷しています。これ以上、視聴率が下がると、番組打ち切りということにもなりかねません。小川アナの獲得に批判はあるでしょうが、スタッフたちは、掟破りだの禁じ手だのと言われても“起死回生のためできることはなんでもやってやる”と意気込んでいます」(制作会社関係者)


『NEWS23』スタッフが、なりふり構わぬ作戦に出た大きな理由の一つに「報道局の牙城を守りたい」という思いがあるといわれる。

 

「ホラン千秋がキャスターを務める、TBSの夕方のニュース番組『Nスタ』は、そこそこの視聴率をキープしているのですが、実は、この番組は報道局と情報局の共同制作。現在、報道局が単独で作っている“番組”は『NEWS23』しかありません。何がなんでも、この番組を維持したいというのが報道局スタッフの思いだといいます」(前出の制作会社関係者)

 

その背景には、「筑紫さんの作った番組を自分たちが潰してはいけない」という思いもあるという。

 

「番組の命運を保つために、それまで『NEWS23』と同時間帯のライバル『報ステ』のメインキャスターで評価が高かった小川アナを狙って“強奪”した、という話もありますからね。テレ朝への不義理なんて言われても、知ったこっちゃないというのが本音でしょう」(前同)

 

現在、「NEWS23」のメインキャスターは雨宮塔子アナが務めていますが、確かに”華やかさ”や”話題性”という意味では小川アナに軍配が上がります。

 

彼女は34歳と若いですし、家柄や育ちのよさ、知性あふれるクールビューティーな容姿から中高年男性からの支持は高いです。

 

制作側としては、かつてメインキャスターを務めていた膳場貴子アナのブレイクして、それを再浮上にきっかけにしようと考えているようですが…

 

果たして小川アナには、そこまでして獲得する”価値”はあったのかどうか、注目です。

 

◆「振られたことがない」と豪語した櫻井翔さんですが…

自ら「俺フラれたの」と暴露していた! → geinou ranking geinou reading

自ら「俺フラれたの」と暴露していた! → geinou reading geinou ranking

 

※大好きなパリに帰って、のんびり暮らしてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パリに住むこと、生きること【電子書籍】[ 雨宮塔子 ]

価格:1200円 (2019/3/24時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※女子アナのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

深夜23時15分スタートにも関わらず高視聴率を維持しているテレビ朝日系のバラエティ番組「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」で、ヤラセ演出が行われていることが明らかになりました。番組では"ナスD”と呼ばれる名物ディレクターが大きな注目を集めているのですが、どうやらその彼が原因らしいのですが…

※黄金伝説を手掛けていた人です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ココリコA級伝説/ココリコ【2500円以上送料無料】
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/8/2時点)



この記事の続きを読む

テレビ朝日が元SMAPメンバー4人の囲い込みを行いつつあるといいます。「アメトーク」「SmaSTATION!!」に続き、草なぎ剛さんとユースケ・サンタマリアさんが司会を務める「『ぷっ』すま」にも出演すると言われているようですが、果たしてその狙いとはいったい…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ありがとう!SMAP
価格:842円(税込、送料無料) (2017/4/25時点)



この記事の続きを読む