タグ:ジャニーズの記事一覧

タグ:ジャニーズ
公取委からの圧力注意を報道されジャニーズ激怒!NHK紅白歌合戦から撤退の意向

[スポンサーリンク]

 

ジャニーズがNHK紅白歌合戦から撤退する可能性を報じられています。

理由は元SMAP3人がテレビに出演できないよう圧力をかけていたことに対し、公正取引委員会に「注意」を受けたことを報じたため、ということで…

 

 

 

 

[以下引用]

「各社とも、公取委がジャニーズ事務所を調査していて、“新しい地図”の3人とジャニーズの最高権力者であるメリー喜多川副社長を聴取していたことは把握していました。その結果、公取委が注意処分に留めたことも。『注意』は公取の処分の中では軽度で、ニュース価値としてはさほどでないと各社判断していたようです。公取委が処分を伝えたのもずいぶん前ですしね。それがこのタイミング、しかもNHKが真っ先に報じるとは思いもしませんでした

 

付け加えると、公取委は民放キー局の社員などから圧力と認定するに足る情報を入手しており、当初は注意ではなく、ジャニーズにワンランク上の「警告」処分を課したかった。ところが、ジャニーズの副社長でジャニー喜多川氏の姉であるメリー喜多川氏が頑としてそれを認めなかったため、注意処分に留めたという。

 

「公取委が堂々とオープンにできるのは警告から。まさか注意レベルで表に出るとは夢にも思わず、メリー氏は『なんでこんなことになるのよ!』と大荒れだったそうです」(スポーツ紙記者)

[フライデー]

 

 

確かに公取委がジャニーズに対して聞き取り調査をしているというのは以前から報じられていたので、その結果が「注意」だったというのもメディアは把握していたのでしょう。

 

 

ジャニーズが生贄に!公正取引委員会が聞き取り調査!実質的な経営トップとなった藤島ジュリー景子副社長の人望の無さが全ての混乱の原因か

 

公取委がジャニーズに対して「注意」したのはジャニーさんが亡くなった7月9日よりも前のことだったそう。

 

それが、7月17日の夜突然NHKで「速報」という形で報じ一気に話題になりました。

 

ジャニーズからすれば、そりゃ頑張って「注意」で済ませたのになんでこのタイミングで、しかもなんで速報で報じるのよという感じかも。

 

SMAPの解散騒動のときに『スマスマ』で公開謝罪が放送され、ジャニーズはブラック企業と言われましたが、メリーさんはそれをいたく気にしており、今回の元SMAPに関しての圧力問題を公に報じられたことも相当ダメージを受けるとともに怒ってるそう。

 

ということで考えられるのが『紅白歌合戦』への影響ということで…

 

[以下引用]

「NHKは民放と違って、報道が花形。紅白への影響など、さして考えなかったのでしょう。対照的に頭を抱えているのは、制作サイド。いまなお、メリー氏は怒り心頭状態と言いますから、スクープされた腹いせに紅白から撤退なんてこともないとは言い切れません」(芸能プロ幹部)

 

ジャニーズ事務所は大晦日に恒例のカウントダウンコンサートを行っている。

 

「今年はジャニー喜多川さんが亡くなったので、例年よりも盛大にやるそうだ。『原点回帰』をテーマに、所属タレントはカウントダウンコンサートに集中させ、紅白は二の次になるかもしれない」(テレビ局関係者)

[フライデー]

 

 

嵐は来年までメンバーが司会を務めると言われてますが、それすらも、となると、それはそれで嵐の花道に影がさすような…。

 

NHKにとっても、演歌勢だけでは視聴率が心もとなく、ジャニーズに頼りたいところもあるということ。活動休止を控えた嵐が出ない、というのはダメージ大きいでしょうね。代わりに秋元康さん系のグループや韓国系のグループを大量投入するのかもしれませんが、そちらも反発はあるでしょうし。

 

とはいえ、たとえ1週間以上前の「注意」だとしても、皆様のNHKは速報で報じたのはそれが公益だと判断したということですよね。

 

実際、その後民放もこの件について各局触れています。

 

それが各局のこれまでの抑制に対する反発なのか、ここで報道を控えたら圧力を認めることになるというジャニーズへの気遣いなのかわかりませんが。

 

また、事務所を辞めたタレントがしばらくテレビに出られない、というのは、元SMAPだけでないでしょうしジャニーズだけの話でもないのが本当のところだと思いますが、この公取委の注意が明らかになったことで、今後理不尽に苦しむタレントが減るのかもしれません。

 

◆とても豪華だと言われた1985年の紅白歌合戦出場者

へえ…→ geinou ranking geinou reading

へえ…→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

滝沢秀明がジャニーズJr.を引き連れて独立へ!ジュリー体制への不満が充満し退所者続出の恐れ

[スポンサーリンク]

 

先月18日に救急搬送されたジャニー喜多川社長の容態について、7月1日に「嵐を旅する展覧会」の会見の”ついで”に嵐メンバーが「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」と正式発表したことについて、業界では様々な憶測が流れています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャニーズで今、何が起きているのか? [ 常田裕 ]

価格:1296円(税込、送料無料) (2019/7/5時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

長年ジャニーズを取材してきたベテラン記者は、こうした見方を一蹴する。

 

「これはジャニーさんに“もしも”のことがあった後の、事務所分裂危機の予兆といえるでしょう。ジャニーさんは自宅をJr.たちに自由に使わせて、メンバーの話を親身になって聞き、個々人の才能や能力を信じて育ててきた。彼の存在があるからこそ、多くのタレントたちがここまで事務所を信頼してやってきたのです。それはマッチやヒガシ、タッキーも同じです。

 

一方、2020年いっぱいでの活動休止が決まっている嵐は、ヒガシやタッキーと“冷戦”状態のジュリーさんの申し子です。ジャニーさんの病状について嵐に事務所を代表して報告させることで、ジュリーさんは経営トップとしての威厳を示そうとしたのでしょう

 

また、別の記者も語る。

 

「今回、事務所が嵐に発表させたという対応について、反ジュリー派の人たちがどう思うのか。事務所退所説がくすぶり続けている中居正広や堂本剛などは、ジャニーさんにもしものことがあれば、いつ退所してもおかしくはないし、いくつかのグループの解散もあるでしょう。

 ジャニー喜多川社長がいなくなればジャニーズ事務所は空中分解必至!

 

さらに滝沢とジュリーさんの確執が表面化するなかで、ジャニーさん自身も若手育成軽視のジュリーさんの経営方針に不満を募らせていたこともあり、もしこれ以上ジュリーさんがジャニーさんの意思にそぐわない経営を続けるのであれば、Jr.を率いて独立する可能性もあるという見方も広まっています

 

滝沢とJr.の“独立説”について、テレビ局関係者もこう語る。

 

「これまでジャニーズは、メリーさんが経営全般とタレントのマネジメント、ジャニーさんが若手の発掘と育成、現場統括といった具合に棲み分けができて、それが両輪となって事務所を回してきました。その分担がジュリーさんと滝沢にも引き継がれていくと思われていましたが、最近、ジュリーさんが“私は現場もできる”といわんばかりに、ジャニーさんの管轄だった現場のことにも足を踏み入れる様子を見せていると聞きます。

 

今でさえ滝沢がジュリーさんの言うことを聞かない没交渉状態のなかで、さらに2人の分業体制が崩れることになれば、事態はかなり深刻です。そういうこともあり、将来的に滝沢がJr.を引き連れて事務所を出ていくのではないかという見方が浮上しているんです」

[ビジネスジャーナル]

 

ジャニーズを巡っては様々な憶測がいつも乱れ飛びますよね。

 

まあ、あそこまで世間の注目を集めたというのに、二週間近くもダンマリを決め込んだんですから、自業自得ではありますが。

 

また、事務所社長の病状を所属タレントに報告させるというのは、かなり異例のこと。

 

しかも、事務所の公式見解を任されたのがジャニタレの長男・近藤真彦さんでもなければ、現役タレントのトップである次男・東山紀之さんでもなく、ジャニー喜多川社長自らが後継者と認めた滝沢秀明さんでもなく、嵐のリーダー・大野智さんでもなく、いちタレントに過ぎない松本潤さんだったというのは、なんとも意味深。

 

「ジャニーズ事務所内の序列が明らかになった」と言われるのも仕方ないでしょう。

 松本潤がジャニーズ内タレント序列トップに浮上!

 

実際にジャニーズが分裂するのかどうかは分かりませんが、退所者が出てくる可能性は高いと思います。

 

そこで浮上してくるのが、元SMAPマネージャーで現在はジャニーズを退所した稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが所属するCULEN代表の飯島三智さんの名前。

 

もともと彼女はジャニーさんから次期事務所社長を切望されるほどの関係で、滝沢さんともかなり親密だと言われています。

 

また、ジャニーズ時代はJr.の育成・プロデュースを担当していたこともあります。

 

そのため、飯島さんが独立した滝沢さんとJr.の受け皿になるというウルトラCを予想する向きもあるそう。

 

豪腕で知られた飯島さんであれば、そんな離れ業も実現してしまうかもしれないと思ってしまうのが、なんとも怖いところ。。

 

果たしてどうなるんでしょうか、ジャニーズ事務所は。

 

◆ジャニーズ演技がうまいランキング

ちょっと意外なんですけど!→ geinou ranking geinou reading

ちょっと意外なんですけど!→ geinou reading geinou ranking

 



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※蚊帳の外にいる木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

中居正広は別会社、堂本剛も退所…次々タレントが離脱でジャニーズ帝国は崩壊の一途

[スポンサーリンク]

 

ジャニーズ事務所社長ジャニー喜多川さんが救急搬送されたと報じられて約10日。

マスコミ向けにはどうやら「心臓は動いている」と説明があったようですが、その病状について未だに正式な発表はありません。

 

情報は錯綜しているものの、ここまで来るとおそらく存命であるのは間違いないと思われますが、87歳という年齢を考えると何が起きても不思議はありません。

 

そんな中、ジャニーさんから藤島ジュリー景子さんに社長が変わったら、ジャニーズ帝国は崩壊するという話が週刊文春や週刊新潮で報じられています。

 

 

※賛否両論あれど、すべてを否定するわけにはいかない人です。

 

 

ジャニーさん離脱で起きる崩壊

 

以前から報じられていることですが、ジャニーズ事務所には独立や解散のチャンスをうかがっているタレントは複数いて、その最後の防波堤となっているのがジャニー氏です。

 

その点でずっと注目されているのが元SMAP中居正広さんで、2016年末のSMAP解散騒動で真っ先に独立を決めたはずの中居さんがジャニーズ残留を決めた最大の理由がジャニー氏への仁義であったと文春は報じています。当時ジャニーさんは「僕に残された時間は少ない。2年後に必ず後悔するよ」と話したといいますが、すでにジャニーさんが80代半ばだったことを考えれば、そこで思いとどまったというのもわからなくはありません。

 

中居さん以外にも事務所退所やグループ解散などの動きが活発化すると見られているのがこの方々です。

 

[以下引用]

「ジャニー氏の寵愛をうける堂本剛は、事務所の実質トップをつとめるジュリー氏と距離がある。以前から『ジャニーさんがいなくなったら事務所を出る』とまで周囲に漏らしています。またTOKIOは、昨年、山口達也がわいせつ事件で退所して以来、音楽活動を再開できないでいます。そのためボーカルの長瀬智也が不満を爆発させ、自然消滅寸前です。錦戸亮が脱退の意向を示す関ジャニですが、他のメンバーも脱退の意思を漏らしているといわれている。このようにジャニー氏の求心力でつなぎとめられていたグループの結束が崩壊する可能性が高い」(音楽関係者)

[週刊文春]

 

他にも、少年隊のうち東山紀之さん以外の二人である錦織一清さん、植草克秀さんも怪しく、特に植草さんは厳しいのでは、と。

 

堂本剛さんがちょっと意外でしたが、確かに音楽活動がメインであり、テレビで露出しなくてもすでに十分知名度があり、堂本さんの独特な世界観を受け入れた人がファンだと思えば、堂本さんがジャニーズに固執する理由はないのかも。そして堂本さんがジャニーズを離れれば当然KinKi Kidsも解散です。

 

嵐は2020年に活動休止を迎えることが決定していますし、加えてKinKi Kidsに少年隊、TOKIO、関ジャニ∞が怪しいとなると…そりゃジャニーズ帝国も崩壊ですね。

 

 

ジャニーズJr.も…

 

[スポンサーリンク]

 

こういったデビュー組にはジャニーさんに対し「原石だった自分たちを発掘し磨き上げてくれた恩義」があるから義理を立てていると言われていますが、ジャニーさんとの「濃い関係」はデビュー組のみならず、ジャニーズJr.とも確実に続いています。

 

ジャニーさんが倒れたマンションには日常的にジャニーズJr.が出入りしており、中には合鍵を持つ人もいるとか。

 

その豪華な室内にはルームシアターやカラオケがあり、Jr.たちはジャニーさんと一緒にテレビを見たり、本音で語り合ったり。ジャニーさん自身が偉ぶったところのない人で、自分でできることはするし、上からものをいうこともないため、少年たちは非常にリラックスして過ごしていたようです。

 

こういう話でジャニーさんの少年趣味を連想する人もいるでしょうが、個人的にはジャニーズに寮がなくなった後は、こうやってJr.たちをある意味教育していたんだろうと感じました。

 

そうやってJr.に親身になるジャニーさんに対し、メリーさんとジュリーさんはJr.を冷遇していたといいます。

 

最近はジャニーさんがタレントの売出しについて口を出してもメリーさんが「ジャニーはあっちへ行って」とのけものにしたり、Jr.のデビューも難しくなっていたりで、ジャニーさんは「もう僕の会社じゃない」「ここにいたらやりたいことはできない。こんな事務所は辞めたらいいよ」と話すこともあったとか。

 

今でこそ、滝沢秀明さんがJr.の売出しに専念し明らかにスポットがあたり始めていますが、次期社長ジュリーさんと滝沢さんはJr.の扱いを巡り折り合いが悪かったといいますし、ジャニーさんがいなくなっても今と同じように滝沢さんが動けるかは微妙でしょうね。

 

簡単に切り捨てられないよう、滝沢さんはものすごい勢いでJr.を売り出し結果を出そうとしているんでしょうし、ジャニーさんも先を見越してなんらかの手は打っていると思いますけど、歯車が狂えば滝沢さんとJr.がまるごと独立、というのもあり得るのかも。

 

◆チケットの売上から見るジャニーズ人気ランキング

Jr.はすごかった→ geinou ranking geinou reading

Jr.はすごかった→ geinou reading geinou ranking

 

 

中居正広の新しい道

 

[スポンサーリンク]

 

ジャニーさんへの恩義で踏みとどまっていると言われる中居さんですが、SMAP解散騒動後、基本的に新規のドラマやCMのオファーは断っているそうです。

 

確かにCMは何本かありましたが単発でしたし、演技の仕事はもともと頻繁ではありませんでしたが、ドラマも映画もまるでないというのも不思議といえば不思議です。

 

その他、MCの仕事も新しいものは受けないようにしていると言われていましたが、この春の改編で2つ終わり2つ始まっており、ここが微妙ではあるものの、とにかく身軽にして後腐れなく退所するための布石かも、というのは以前から言われてきました。

 

そして退所後は当然元SMAPの3人もいる飯島氏へ行くと思われていましたが、そんな単純なことではないよう。

 

[以下引用]

「最近になって大手事務所を辞めた元幹部が、新事務所を設立して中居の受け皿になるのではないかと囁かれている」(芸能プロ関係者)

 

このほか、“飯島派”だったKis-My-Ft2のメンバーも、新体制を機に中居に続くとの見立ても。

[週刊新潮]

 

中居さん自身、どこまで芸能界の仕事にこだわってるかわからないですよね。

 

先日も出演番組で「もし明日から仕事がバッタリなくなったら」と聞かれ、「どうにでもなるかな~」と答えていました。

 

実際貯金は使い切れないくらい持っているはずですから、生活に困ることはないのでしょう。

 

あとは自分の中の区切りの問題で、中居さんは以前から東京五輪のキャスターをやりたいからジャニーズに残ったという話もありますし、その辺りが一段落したら表舞台からは身を引いて、キスマイをプロデュースするなど裏方で活躍できればいい、と思っていても不思議はありません。

 

 

 

いずれにせよ、芸能界は変わっていきそうですね。

 

◆若かりし頃、中居正広がKinKi Kidsの二人に送ったメッセージが

深い → geinou ranking geinou reading

深い → geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山下智久さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

国分太一の破格のギャラに衝撃!降板を希望するTBS内にはジャニーズと絶縁派も

[スポンサーリンク]

 

長く囁かれているTOKIO国分太一さんの『ビビット』降板ですが、それも致し方ないと言えるギャラ事情が報じられています。

 

 

※まさにコレ

 

国分太一に支払われるギャラ年間4億…

 

[以下引用]

視聴率が低迷する『ビビット』の番組制作費だが…。

 

「1日当たり、約1200万円~。ちなみに『スッキリ』は800万円~。『とくダネ!』が1000万円~。『羽鳥慎一モーニングショー』も1000万円~。『ビビット』だけ低視聴率なのに制作費が高いんです。局内外からバッシングされないわけがありません」(大手広告代理店関係者)

 

高額と言われる『ビビット』の制作費だが、中でもズバ抜けて高いと言われているのが国分のギャラだ。

 

「1日当たり150万円~。年間で約4億円近いギャラになるんです。『スッキリ』の加藤浩次は120万円~。『とくダネ!』小倉智昭はギャラを落として80万円~。『モーニングショー』の羽鳥は150万円~。結果を出していないのに、国分は羽鳥と同じギャラをもらっています」(テレビ事情通)

[週刊実話]

 

もうひとりの高額ギャラ取得者である羽鳥慎一さんの『モーニングショー』は、昨年度の平均視聴率が9.3%で民放首位です。これは16、17年度に続く3年度連続でした。

 

一方、『ビビット』の視聴率は常に2~3%台を推移しており、よくても4%台に達するかどうかという数字で、同時間帯の情報番組の中でダントツの最下位。

 

これが同じギャラだと思うと、TBSもツライでしょうね。

 

ただ、以前週刊新潮に真矢みきさんのギャラも1日80万円だと報じられたことがありましたが、それだど小倉さんと一緒ということに。

 

また、先月のフライデーには国分さんのギャラは年間1億と書かれおり、今回の実話の4億といういうのとずいぶんかけ離れています。

 

なんとなく信憑性としては、週刊実話<フライデー<週刊新潮かなと思うのですが、真矢さんの年間のギャラが80万×5×4×12で計算すると約2億です。それで国分さんが年間1億はさすがにないと思いますが、真矢さんのほぼ2倍というのも眉唾ものかもしれません。

 

が、まあたくさんもらってることは間違いなさそうです。

 

 

辞めたい国分太一と残したいジャニーズ

 

国分さんが朝の情報番組を担当するようになったのは、同時間に放送されていた『はなまるマーケット』が視聴率低迷を理由に打ち切りになったため。当初は『いっぷく』という番組が開始しましたが、1%台から抜け出せず早々にリニューアルし『ビビット』になりました。

 

『はなまるマーケット』は5,6%は取れていたのが2,3%に下がっての打ち切りだったのに、国分さんにMCが変わって5年経つのに延々と2,3%でと思うと、TBSもそりゃ国分さんを切りたくもなるでしょうね。

 

しかしジャニーズが納得せずそう簡単にはいかないよう。

 

[以下引用]

「アイドル路線が下火になり、CDも売れなくなっている今、ジャニタレのキャスター路線は死守すべき戦略なんです。それでなくても『TOKIO』は山口達也のスキャンダルの影響で人気が下火になりつつあるからです」(放送作家)

 

とはいえ、背に腹は代えられないTBS。ポスト国分として、現在、有力候補は2人に絞られたという。

 

「1人は落語家の立川志らく。もう1人は、視聴率が好調の『ひるおび!』でコメンテーターを務める八代英輝です。ギャラも立川が50万円~、八代が80万円~ほど」(制作関係者)

[週刊実話]

 

国分さんには降板の代わりに『世界くらべてみたら』を用意したと言われていますし、国分さん本人ももうやりたくないと言ってると週刊新潮が報じていました。

 →国分太一はビビット継続に消極的

 

本人が辞めたいならすんなりいきそうなものですが、ジャニーズからすれば、せっかく獲得した朝の情報番組という枠ですし、国分さんを下げるなら誰か他のジャニーズしてほしいのかも。

 

 

ジャニーズとTBSの難しい関係

 

そんな中、TBSが強い態度に出ることができないのは、過去のいざこざがあったから。

 

[以下引用]

「TBSは過去にジャニーズからドラマの主役に推された人を断ったため、連続ドラマの主演にすでに内定していたジャニーズの別のアイドルを引き上げられたこともあった。そんなトラウマがあったためか、局側としては番組終了の仕方にはかなりナーバスになっているようですね」(芸能プロ関係者)

[フライデー]

 

だからこそ、国分さんには『世界くらべてみたら』を用意したのに、でもジャニーズが…ということのよう。

 

つい最近も降板トラブルはあって、TBSが昨年11月に稲垣吾郎さん主演の舞台『NO.9-不滅の旋律ー』を主催したところ、すでに別で主催していた舞台に出演予定だったジャニーズタレントが出ないことになり、舞台そのものが無くなったと先月のフライデーが報じています。

 

その結果、TBS局内では「そんな条件を出されるくらいなら、ジャニーズ事務所とは距離を取るべきでは」という声があがっているそう。

 

それが先日の元SMAP香取慎吾さんの『人生最高レストラン』出演の実現に繋がったんだとか。

 

ジャニーズ不要派はジャニーズが出なくても元SMAPや中居正広さんが出れば数字は取れると豪語しており、もしもTBSがそちらに舵を切れば、中居さんの独立もあり得るとフライデーはまとめていました。

 

というのも、中居さんがジャニーズに留まる一因は東京オリンピックのキャスターであり、過去8大会連続でキャスターを続けてきたのがTBSの特番だったから、とのこと。

 

確かに、中居さんは司会がメインであるために、ジャニーズを辞めてテレビに出られなくなっては仕事がなくなるという危機感でジャニーズから出られないという話もありますから、TBSが今後を保証してくれるなら、ジャニーズを辞める決断もアリかもしれませんね。

 

ただ今はTBS局内には“ジャニーズ友好派”も存在し、今クールでも山下智久さんが『インハンド』で主演していますし、10月からは木村拓哉さんの主演ドラマが予定されており、勝負はついていないよう。

 

TBSがあっさりと国分さんを切ったら、もしかしたら新しい展開があるかもしれませんね。

 

◆国分太一はTOKIOメンバーにも嫌われている

本当?→ geinou ranking geinou reading

本当?→ geinou reading geinou ranking

 

※わかっ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※立川志らくさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング