タグ:ジャニーズの記事一覧

タグ:ジャニーズ
亀梨和也が太った!?ジャニーズの千葉ボランティア写真で発覚した現在の姿

[スポンサーリンク]

 

ジャニーズ所属タレントが千葉県館山市にキッチンカーとともに訪れ炊き出しをしたことがニュースになっています。

 

現地では写真撮影OKだったということで複数の写真が流出していますが、その中で亀梨和也さんの容姿の変化が…

 

 

 

 

ジャニーズが千葉で炊き出し

 

ジャニーズは元来ボランティアに熱心です。

 

阪神淡路大震災のときはJ-FRIENDSという関西出身のジャニーズタレンををメインに期間限定のスペシャルプロジェクトのユニットを結成し、毎年年末にCDリリースやジャニーズカウントダウンライブを行い収益の一部を被災者救済の義援金として寄付したり、募金の呼びかけなど社会貢献活動を行っていました。

 

そして東日本大震災のときはいち早くタレントのコンサート用のトラックで物資を運搬、Marching Jという復興支援プロジェクトを立ち上げチャリティイベントや募金活動、CDなどの売上で震災から1年間で8億2655万3991円を集め被災地に寄付しています。

 

その他、昨年の西日本豪雨でもジャニーズとして寄付をしていますし、所属タレントが個人的に現地で作業しているところが目撃されています。

 

そんな中、今回も一足先に滝沢秀明さんと先日不祥事で年内活動自粛となったジャニーズJr.が千葉で瓦礫撤去作業をしていたと報じられていました。

 

滝沢秀明がHiHi Jets橋本涼と被災地ボランティア!千葉で目撃情報続く

 

そして今回、大きく報じられたのが、嵐の松本潤さんやKAT-TUNの亀梨和也さん、NEWSの小山慶一郎さん、増田貴久さん、関ジャニ∞の丸山隆平さん、Kis-My-Ft2の玉森裕太さん、などが確認されている炊き出しです。

 

昨年ジャニーズは幅広い社会貢献・支援活動を行っていく「Johnny’s Smile Up ! Project」というプロジェクトを立ち上げており、その活動の一環のよう。

 

災害のたびになにか、ということではなく、とにかく継続的にできることをやっていく、ということなんでしょうね。

 

 

亀梨和也、太った?むくんだ?

 

[スポンサーリンク]

 

ジャニーズ公認の社会貢献ということなのか、通常はNGの写真撮影が今回はOKだったようで、ネットには話しかけてもらったというエピソードや写真がいろいろと出ています。

 

 

 

 

意外と皆さん、テレビで観るよりふっくらして見えるような…

 

中でも亀梨和也さん、端だからちょっと歪んだのかと思いましたが、別角度で見ても…

 

 

 

 

スリムなイメージだったので驚きましたが、ジャニーさんのお別れ会のときはスッキリしていたので、ちょっとむくんでるのかもしれません。

 

いずれにせよ多忙の中笑顔で皆さん立派です。

 

芸能人のこういう活動を偽善だ、アピールだ、ビジネスだと否定的に言う人もいますが、何であれ動いていて、現地の人が助かっているわけですから、そこは素直にすごい、ありがとうでいいんじゃないでしょうかね。

 

 

雨上がり決死隊の宮迫博之さんもボランティアに行きアピールすごいと非難されていましたが、それだって助かったと感じる人がいたならいいと思います。

 

まあ、間違いなく世間に明かしてくれるだろうインタビューマン山下連れで行ったのが余計ですが、行動がニュースになるのは有名人だからこそですし、それを通じて現地の状況が報じられるというのも一つの役目かなと。

 

何しろ、現地にプラスになってることがあるなら、いちいち難癖つけなくてもいいのでは。

 

 

◆亀梨和也の超辛口発言

こういうタイプだったとは。意外→ geinou ranking geinou reading

こういうタイプだったとは。意外→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山下智久さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

呆れたジャニタレT「なんで止められないんだよ」スキャンダルが報じられると事務所に逆ギレ

[スポンサーリンク]

 

先日、ジャニーズJr.のグループであるHiHi Jetsの橋本涼さん、作間龍斗さんの2名に対し、年内いっぱいの活動自粛処分が発表されました。

 

これは二人の女性スキャンダルと未成年飲酒が疑われるプライベート写真が流出したことが理由でしたが、今回のようにジャニーズJr.の不祥事で処分がしっかりと発表されたのは異例のこと。

 

その裏には滝沢秀明さんの並々ならぬ激怒と、守りすぎてしまったために手に負えなくなったデビュー組の存在があるといいいます。

 

 

※子育て同様、タレントを育てるのもたいへんなのかも。

 

 

 

HiHi Jets橋本涼、作間龍斗の大騒動

 

 

HiHi Jetsを一躍有名にしたのは今年の夏の『#日本破壊」騒動です。

 

 

大炎上!終戦記念日に「日本破壊」ツイート要求したジャニーズ猪狩蒼弥に非難殺到

 

メンバーの猪狩蒼弥さんが、HiHi Jetsの名を世間に知らせたく、なにかのワードをトレンド1位にしようとファンに呼びかけた結果、「日本破壊」という言葉がトレンド1位になり、その内容と風貌から反日疑惑まで持たれることに。

 

未成年であり、Jr.であるとはいえ、仕事をしている以上言動には気をつけないとという事案でありましたが、その騒動からわずか半月ほど後に再度HiHi Jetsが不名誉な形でネットを騒然とさせたのがこちら。

 

 

HiHi Jetsアウト!今度は作間龍斗の未成年飲酒疑惑と読モみうごんとのエグい女性スキャンダル発覚。デビューどころか退所危機か

 

相手女性がヤラカシ出身の読モで、自ら画像を流出した上に二人と関係を持ったことまで暴露し大炎上。

 

結果、仕事にも影響し、今回の年内いっぱいの活動休止処分となりました。

 

 

「#日本破壊」のHiHi Jets終了!週刊朝日の表紙を飾るはずが差し替えに!

 

これまではJr.がなにかやらかしても、ファンの間で、あれ?最近姿が見えない、いるはずの舞台にいない、みたいな感じでなんとなく「もしかして…」と噂になる程度でしたが、今回はしっかりと処分を発表したのには理由があるといいます。

 

◆え、HiHi Jetsの元マネージャーが裏側暴露?

いや…胡散臭い→ geinou ranking geinou reading

いや…胡散臭い→ geinou reading geinou ranking

 

 

滝沢秀明の激怒とこれまでの反省

 

[スポンサーリンク]

 

まずは、とにかく滝沢さんが激怒したということ。

 

[以下引用]

来年以降のCDデビューが決まっていたそうですが、これで白紙になりました。タッキーが一番嫌うのはファンに手を出すこと。ファンに対しては均等に接するべきという考えがあるからです。おまけに動画まで配信され、関係の有無まで暴露された2人はきつくお灸を据えられたそうです」(芸能プロ関係者)

[フライデーデジタル]

 

 

HiHi Jetsは故・ジャニー喜多川氏のお気に入りということで、メンバーのドラマ出演やCM出演、一般雑誌の表紙、そして夏の音楽特番への出演など、CDデビューという形は取っていないものの、やっている内容はふつうに「デビューした人」でした。

 

そのあたりの自覚なく、「日本破壊」という不用意な言葉選びやファンとの節度を超えた関係は、早めにお灸を据えられて逆に良かったのでは。

 

というのも、こんな困った前例があるようで。

 

[以下引用]

「今まで、事務所がタレントを守り過ぎていた部分がある。出版社に幹部が乗り込んでスキャンダルをもみ消したり、テレビに『その件は報じるな』と指示を出したり…。結果、所属タレントの一部は増長し『何をやっても大丈夫』と勘違いする者も出てきた。最たる例が“NEWS”の手越祐也で、マスコミにゴシップが出ると、事務所幹部に『なんで止められないんだよ』とブツクサ文句を言う。ジュニアの中にも風紀の乱れが出始めており、タッキーは橋本と作間を厳しく処分することで、組織の引き締めを図った部分はあるだろう」(テレビ局関係者)

[フライデーデジタル]

 

 

いやそんな人だろうとは思っていましたが…

 

2014年、山下智久さんが「書類送付」された六本木スマホ窃盗事件がありましたが、その被害者が週刊ポストに事件詳細を語ったことがあります。

 

 

被害者が一部始終を激白!明らかになった山下智久、錦戸亮、赤西仁のジャニーズ六本木窃盗事件での驚くべき言動とは?

 

そちらによると、山下さん、錦戸さん、赤西さんの3人に絡まれた被害者が「立場を考えたほうがいいんじゃないの」と言ったら、赤西さんが「関係ねーよ。何かあっても揉み消せるから」と答えたといいます。

 

実際はもみ消せなかったまでも、山下さんは書類送検されたのに「書類送付」と婉曲な報じられ方してますしね。

 

元TOKIOの山口達也さんも、あの未成年スキャンダルのときに、書類送検をNHKが報じるまでふつうに仕事していたことから、あんなことをしていてもバレないと甘く見ていたんだろうと言われています。

 

結局そういうことですよね。

 

何をやってももみ消せると思うから何でもやってしまう。

 

手越さんのように、自分が悪いのに「なんで止められないんだよ」と逆ギレするようなタレントは珍しくないんでしょう。

 

そういうのはJr.のころからの慣れだったと思うので、今回の処分は意味があったと思います。

 

そもそも、ジャニーズに人気タレントがいなくなればスキャンダル潰しもままならなくなることを考えると、このまま助長しては自分の首を締めるだけです。

 

ここまでいろいろとあったHiHi Jetsがそのままデビューできるのかは謎ですが、ジャニーさんお気に入りのグループでもダメなときはダメと示したのは、空気を締めるには効果大だったのでは。

 

◆こういうのだって甘やかし

手越祐也はあの事件の…→ geinou ranking geinou reading

手越祐也はあの事件の…→ geinou reading geinou ranking

 

※甘やかされてきた錦戸亮さん、今後は大丈夫?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※すっかり落ち着いた赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニーズは目玉になりえない!2019年紅白歌合戦の出場注目歌手はこの2人

[スポンサーリンク]

 

8月も終わりに近づき、ボチボチ年末に向けて紅白歌合戦の話題が増えてくる時期になりました。

 

今年はジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川さんが亡くなったことで、紅白で追悼企画が設けられることは確実視されており、日テレの『24時間テレビ』に続くジャニーズ祭りになりそうですが、なんと紅白の目玉はこのジャニーズ祭りではないんだとか。 

 

 

 

 

紅白歌合戦2019にジャニー喜多川氏追悼企画は確実。

 

[以下引用]

今年はジャニーズ事務所の創設者であるジャニー喜多川さん(享年87)が7月9日にくも膜下出血で他界。この流れから、紅白でジャニーさん追悼企画が設けられることは確実視されている。スポーツ紙音楽担当記者が語る。

 

「企画・演出は後継指名された滝沢秀明氏が務め、ジャニーさんが生み出した名曲をJr.のメンバー達がメドレー方式で歌い繋いでいくステージになりそうだ」(スポーツ紙音楽担当記者)

[フライデーデジタル]

 

ジャニーさんが亡くなって追悼企画があるのは、過去にも坂井泉水さんや阿久悠さんなど音楽界に影響した方が亡くなった年にもあったので、あり得るだろうなと思います。

 

賛否あるでしょうが、良くも悪くも日本の音楽界はジャニーズなしに語れませんからね。

 

そしてそのメドレーを歌うためにジャニーズが総出になりそうなのも想像の範囲です。

 

実現すれば昭和からの振り返りで楽しめる世代も多そうですし、そのメドレーを、今滝沢秀明さんがグイグイ押しており、実際に人気急上昇中であるJr.が担当するとなればそれなりの目玉企画になりそうなものです。

 

しかしフライデーによるとそうではないんだとか。

 

◆ジャニーズJr.の人気度はここでわかる

なんとチケットはデビュー組より人気→ geinou ranking geinou reading

なんとチケットはデビュー組より人気→ geinou reading geinou ranking

 

 

目玉は菅田将暉と米津玄師

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「1人は若者に絶大な人気を誇る俳優・菅田将暉。彼は‘17年6月に『見たこともない景色』でソロ歌手デビュー。今年5月に配信リリースした最新作『まちがいさがし』は、iTunesやレコチョクなどの各配信サイトのデイリーチャートで32冠を達成し、オリコン週間デジタルシングルランキングでも2週連続1位を記録しました。実績十分で、春の時点で出場は“内定”と言われていました」(前出・音楽関係者)

 

※ダウンロードできます

 

[amazon]

 

その菅田の新曲を手掛けたのが、昨年の紅白で初の“顔出し”生歌唱した米津玄師。もはや説明不要のヒットメイカーとなったが、NHKは今年も米津にラブコールを送っているという。歌うのはもちろん、あの曲だ。

 

「昨年の紅白で子どもユニット『Foorin』が披露した『パプリカ』です。米津が作詞・作曲したこの歌は2020年と、その先に向けて頑張っている全ての人たちを応援するプロジェクトの一環で、昨年7月に発表。NHKで流れるや、子どもたちを中心に瞬く間に広まり、いまや老若男女誰からも愛される代表曲となりました」(中堅レコード会社幹部)

[フライデーデジタル]

 

『パプリカ』は、まあわかります。

 

そもそもがNHKの「2020応援ソング プロジェクト」の一環で作られた曲ですから、来年に向けてアピールするのに目玉にしなくていつするんだという感じですし。

 

『パプリカ』は幼稚園児や小学生の間で人気でお遊戯にも取り入れられていますし、8月9日にYou Tubeで公開された米津さんバージョンの『パプリカ』は8月26日現在で2000万回を超えており、人気はあるんだろうなと思います。

 

が、これはどうなんでしょうね?

 

[以下引用]

「NHKと米津が組んで空前のブームを生み出した形。SMAPの代表曲『世界に一つだけの花』に匹敵すると言う人もいる。NHKとしては、何としても紅白に米津を引っ張り出して、子供たちとパプリカを生熱唱させたいんです」(前出・中堅レコード会社幹部)

[フライデーデジタル]

 

 

『世界に一つだけの花』に匹敵…それは初めて聞きました。

 

[Amazon]

 

しかし昨年、初めてテレビに出演し生で歌った『Lemon』でも歌手別視聴率はサザンが45.3%でトップで、米津さんは2番手の44.6%でしたが、『パプリカ』でどうでしょうね?

 

そして菅田将暉さん。

 

人気もあると思いますが、目玉候補と言われると違和感が。

 

それでもジャニーズよりも明らかに上とカウントされるということは、NHKにとってジャニーズってその程度なんだなあと。

 

まあ、ジャニーズのメドレーなんて特別なことがなくてもしょっちゅうやっていますから、確かにそれを「目玉企画です!」と言われても、はぁ、そうですか、な部分もありますし、そもそもNHKが公正取引委員会が元SMAPに対する圧力を注意したという問題を大々的に報じた時点で、切り捨ても可能という気配もありましたが。

 

こちらのアンケートの結果を見ても、ジャニーズがいるから観るという人よりもいないほうが観る人のほうが多いですしね。

 

 

ジャニーズ尻窄みの傾向を再確認した感じです。

 

◆菅田将暉の弱点教えて!

ふむふむ→ geinou ranking geinou reading

なるほど→ geinou reading geinou ranking

 

※米津玄師さん新曲。ダウンロードできます。

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※意外に明るい米津玄師さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

少年隊の紅白出場決定か。東山紀之「紅白出たい」はNHKへの公然の圧力だった

[スポンサーリンク]

 

 

夏の紅白歌合戦とも言われるNHK『思い出のメロディー』は、その年の紅白歌合戦司会者や出演者を予測する材料のひとつもなっています。

 

今年は8月17日に少年隊の東山紀之さん司会で放送されますが、関連した会見で紅白出場へ意欲を見せたことが「公然の圧力」と報じられています。

 

 

※妻・木村佳乃さんに続いての司会です

 

 

 

東山さんが紅白出場に触れたのは、記者に「紅白には出たいか?」と質問されたとき。

 

この質問に対して「それはやりたい!」「ジャニーさんの思いを引き継いで、心に残っている曲を表現できたら」と即答しています。

 

今年7月、ジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川さんが亡くなったときから、紅白でジャニーさんの追悼企画が設けられるのは決定的だと言われています。

 

それ自体は、これまでも音楽業界の偉人が亡くなった年にはあったことなので予想の範囲です。

 

問題は、公取委がジャニーズが元SMAP3人に対し圧力をかけていたことに対する注意を速報で報じたのがNHKという点です。

 

公取委がジャニーズに対し「注意」したのはジャニーさんが亡くなるより前で、マスコミ各社も把握はしていたものの「注意」は報じるレベルではないと沈黙していたのに、10日以上たった7月17日にNHKがよりにもよって「速報」で報じたため大きなニュースになったことについて、メリーさんは激怒し紅白撤退も辞さない構えだと言われています。

 

 

公取委からの圧力注意を報道されジャニーズ激怒!NHK紅白歌合戦から撤退の意向

 

そんな中での東山さんの「紅白出たい」発言は結構な意味があるようで。

 

[以下引用]

「全盛期の少年隊ならまだしも、いまは開店休業状態。メンバーの錦織一清さんと植草克秀さんが、東山さんほど俊敏に動けるとは思えない(笑)。何より、NHKが近年意識している若年層の視聴者は少年隊の存在自体知らないでしょう。北島三郎さんや和田アキ子さんという“紅白常連”の歌手を切って、新陳代謝を加速させたのに、このタイミングで少年隊を起用すれば、逆戻りになりかねない」(スポーツ紙記者)

 

裏を返せば、それをわかった上であえて東山はNHKにボールを投げた可能性がある。そこには公正取引委員会が元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人に仕事上の“圧力”をかけた疑いがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した一件の影響も見え隠れする。前出の音楽関係者は、

「公取委のニュースを真っ先に報じたのはNHK。ジャニーズの“女帝”であるメリー喜多川副社長は大激怒し、紅白への報復も辞さない構えだったと聞きます。今回の東山さんの逆オファーはNHKに『“ジャニーズ紅白”にするのか、しないのか』と踏み絵を迫るようなものですよ」と話す。

[フライデー]

 

確かに、錦織さんと植草さんがどんな現在になっているのか…

 

錦織さんは演出家として成功しジャニーズを出ても大丈夫と言われていますが、ネットで検索して出てくる近影を見る限り、ずっと表にいた東山さんとは違います。

 

※こういうギラギラ感もない

[amazon]

 

そんな二人を引き連れて、東山さんはどんなふうに紅白に絡むつもりかと言うと、

 

[以下引用]

「そりゃあ、少年隊として白組から堂々と出るつもりでしょう。東山クラスが紅白出場歌手とは別枠の、企画内ゲストで出演するとは考えづらいですからね」(音楽関係者)

(中略)

昨年の紅白はジャニーズから「嵐」「関ジャニ∞」「Sexy Zone」「Hey!Say!JUMP」「King&Prince」の5組が出場。今年も同規模を維持したいところだが、

 

ジャニーズ側は公取委の件でNHKに“貸し”を作ったと考えているので、強気の交渉をしてくる。極めつけが少年隊の単独出場ですよ」(同)

[フライデー]

 

これまでも、例えば近藤真彦さん35周年やKinKi Kidsの20周年、関ジャニ∞の8周年、Hey! Say! JUMPの10周年など、デビュー何周年という記念行事の前のタイミングで、え、今出るの?というジャニーズのグループが紅白に出ることはあり、関ジャニ∞やHey! Say! JUMPはそのまま連続出場を続けているということはありました。

 

少年隊は1985年のデビューです。

 

ジャニーズの長男・近藤さんが35周年のタイミングで出たなら、次男・東山さんも同じく35周年を迎える記念的な感じで、ほんとに出そうですよね…。

 

交渉と圧力は違うものではありますが、ジャニーズとNHKの交渉が決裂すれば、紅白の第二部あたりにジャニーズ総出演のカウコンの生放送を民放で流す、なんて荒業もあるかもしれません。

 

そんなことをしたら来年以降どうするの、というのも、「ジャニーさんが亡くなった年だから」と言えば、多少のイレギュラーの言い訳にもなりますしね。

 

今年の紅白に関する予想合戦は例年以上に激しくなりそうです。

 

 

 

◆過去、紅白のウラにぶつけて高視聴率を取ったのは

ジャニタレ絡みのこの会見→ geinou ranking geinou reading

ジャニタレ絡みのこの会見→ geinou reading geinou ranking

 

※ジャニー喜多川さんゴリ押しで連続出場していたNYC

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング