タグ:ジャニーズの記事一覧

タグ:ジャニーズ
長瀬智也がジャニーズ崩壊のきっかけに!滝沢秀明の無責任発言が招いた不穏な噂

ジャニー喜多川さんが後継者に滝沢秀明さんが指名され、ジャニーズの新体制への以降が始まりました。

 

それにあたり滝沢さんが週刊新潮のロングインタビューに答えましたが、その内容がなかなか厳しかったために、長瀬智也さんが反発、TOKIOの別会社化を直訴し、同様に不満を持つ人が続出していくのではないかと報じられています。

 

 

※紅白はまず出られません

 

 

なぜかファンの間で長瀬智也の独立希望が話題

 

[以下引用]

「ファンたちの間で、TOKIO・長瀬智也(39)がジャニーズ側にTOKIOの事務所を設立したいと申し出たという噂が話題になっています。TOKIO・山口達也(46)の追放で『鉄腕DASH!』(日本テレビ系)は視聴率が低迷。彼らのメインである、音楽活動も山口なしでは休止状態です。

 

男気のある長瀬は、現体制よりも山口を復帰しやすくするため、自由に動けるTOKIO専門の事務所を作ろうと相談したというのです。正確には”独立”ではなく、エージェント契約を結ぶマネジメント会社のようなものだと思われます」(女性週刊誌記者)

[デイリーニュースオンライン]

 

なぜファンたちの間でそんな噂が話題になるんでしょうね。

 

長瀬さんと直接話した人でもいるのでしょうか。

 

山口さんも揃ってのTOKIOだから、と、もしかするとTOKIOファンの中には山口さんの復活を願う人がいて、長瀬さんもそう思っていて欲しい、という願望からの噂話なのかもしれません。

 

が、未成年にお酒を飲ませようとしてその上でキスとかそれ以上を求めようとした、というのは、いくら「未遂」であろうとアイドルとしてはもうムリだと思います。

 

なんと言っても、アイドルのターゲットは女性であり、未成年も大きな市場です。

 

そこに対する不当な行為ですから、もうTOKIOには戻れないというのは、ファンもメンバーもさすがにわかっているのではないでしょうか。

 

[Amazon]

 

長瀬智也の不満の背景と滝沢秀明の無責任さ

 

一応背景としては、滝沢さんが週刊新潮のインタビューで、元TOKIOの山口達也さんやNEWSの小山慶一郎さんなど不祥事が続出していることについて聞かれ、次のように答えたことがあるんだとか。

 

[以下引用]

「これらの件については、僕は誰もが思うのと同じ感情を抱いています。ダメなものはダメだ。反省すべきところは反省すべき。ただ、それは別に会社が教えるべきことでもないとも思いますが。自分自身が、社会人として当然、学ぶべきことだったんじゃないかな、と」

[週刊新潮]

 

この中の、”教える””社会人として”といった上から目線の発言が”先輩”長瀬さんにとって鼻につき、また、不祥事を許さない滝沢さんの元では山口さんの復帰がより厳しくなると考えての独立希望だったのでは、とのこと。

 

長瀬さんは外見はワイルドですが性格は穏やかで、随分前に浜崎あゆみさんと交際していたときは、交際を認めたり手をつないで空港を歩いたりおそろいのタトゥーを入れたりとアイドルらしくない行動をしたこともありますが、基本的には品行方正の常識人だと言われています。

 

それがこの程度で鼻につくものなんでしょうかね。

 

それとは別に、滝沢さんのこの「自分自身が、社会人として当然、学ぶべきことだったんじゃないかな」というのもどうでしょう。

 

相次ぐスキャンダルにジャニーズ事務所の管理体制を問う声が多く出ていたので、それに対して「自己責任」だというのがジャニーズ事務所の言い分なのかなと読み取りましたが。

 

しかし、芸能人がふつうの社会人とは違うのは当然です。小学生から活動を始めることが珍しくないジャニーズはなおさらです。

 

例えばJr.が多く出演する少年倶楽部では、番組収録後、観覧席に来ているファンがタレントに比較的自由にプレゼントを渡すことができるようで、そこには個人的な連絡先が書いてあることもあるんだとか。

 

一般企業で働いたこともなく、若いうちからジャニタレだということだけでモテて女性に困ることないまま大人になって。

 

小山さんなどは、取り巻きの人が女性を用意していたりもしたようで、そんな状況で一般的な社会人としてのあれこれを自己責任で身につけろというのもどうかと思います。

 

たまたま滝沢さんは常識的なようですが、Jr.含めて何百人もいるジャニタレ全員が同じように自主的に社会常識を身につけることを期待するのは無責任です。これはきっちりと会社が教えるべきことだったのではないでしょうか。

 

 

造反は長瀬智也だけでは終わらない

 

[以下引用]

「長瀬の提案は事務所にうまくかわされ無かったことにされるとは思います。しかし、問題は長瀬に続いて事務所に不満を持つ空気が蔓延してしまうことです。蟻の一穴のように、造反の声が続出することも懸念されます」(前出記者)

[デイリーニュースオンライン]

 

ジャニーズは世代交代が進まずアラフォーでもアイドルとして活躍している一方でデビューできないJr.が東西合わせて300人もいるといい、メリーさんとジュリーさんは新たなデビューを拒否していると言われ、そこをなんとかしたいと立ち上がったのが滝沢さんです。

 

滝沢さん体制がうまく回らなければ、期待された分、Jr.からは不満が出るでしょうね。

 

デビュー組は元飯島さん管轄のキスマイも落ち着いてきましたし、すぐにどうこうはないような気もしますが、実態がどうなのかはわかりません。

 

元SMAPの稲垣吾郎さんや草なぎ剛さん、香取慎吾さんのみならず、元KAT-TUNの赤西仁さんや田口淳之介さんなど、今は、ジャニーズを辞めたあとも芸能活動をする人はいますからね。

 

元SMAPの3人などは、あまりに順調な活躍ぶりからSMAP時代より収入が増えたのでは、なんて言われており、不満があった場合、我慢するだけが選択肢ではなくなりました。

 

ジャニーさん健在のうちはともかく、経営陣も高齢ですからね。「安泰」は遠いところにありそうです。

 

 

◆長瀬智也の食わず嫌いメニューが

超難解!→ geinou reading geinou ranking

超難解!→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ネタいろいろ浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニーズが創価学会の事務所に!滝沢秀明が次期社長決定と週刊文春が報じる

滝沢秀明さんがジャニーズ事務所の社長に指名されたと週刊文春が報じています。

 

 

 

 

[以下引用]

ジャニーズ事務所の社長をつとめるジャニー喜多川氏(86)が滝沢秀明(36)を後継者に指名していたことが、「週刊文春」の取材によって分かった。

 

今回、後継者に指名された滝沢は、1995年、13歳でジャニーズ事務所に入所。その直後から、ジャニー氏の寵愛を受け続けてきた。

 

今井翼とのユニット「タッキー&翼」でデビュー後も、ジャニー氏が演出する舞台を中心に活躍。2010年から公演を行っている「滝沢歌舞伎」では演出まで任されている。

 

「事務所が肥大化していくなかでテレビの仕事が主流になりつつありますが、ジャニーズ事務所の保守本流の仕事はあくまで舞台。その意味でも滝沢はトップリーダーの条件を備えているのです」(ジャニーズ関係者)

[週刊文春]

 

ジャニーズ事務所の経営陣であるジャニー喜多川さんは86歳、メリー喜多川さんは91歳と公表されており、後継者問題は早急に解決すべき問題だったと思います。

 

文春の取材に対しいジャニーズ事務所は「担当者不在」と回答しなかったとのことですが、滝沢さんはすでにテレビ局詣でをしているということなので、テレビ局関係者はもう知っているということなのでしょう。

 

しかし意外ですね。

 

以前メリー喜多川さんが珍しく週刊文春のインタビューに答えたときに、「私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの? “次期社長候補”って失礼な。“次期社長”ですよ。」とはっきり言っていたので、ジュリーさんが社長なのかと思っていました。

 

その他、「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。飯島は辞めさせます。それしかない。」「飯島がどんなに(仕事が)できても、私は娘の味方です。親ですから、当たり前のこと」「私にとって娘より大事なのはタレント。でも、その次はやっぱり自分の家族。社員も大事にするけれど、タレントで精一杯ですよ。」と、娘のことしか考えていないかのような発言を続けていましたし。

 →メリー喜多川週刊文春インタビュー詳細

 

まあ、ジャニーズ事務所はジャニーさんが社長で現場を管理しメリーさんが副社長で経営を見ていたので、ジャニーさんの後継者というのは「社長」という役職というよりは「舞台監督」という仕事内容ということなのかもしれませんけどね。

 

で、メリーさんの仕事である経営はジュリーさんと。

 

すでにジュリー体制への移行は始まっており、そんな中で多発するスキャンダル処理がうまくいかず、最近いろいろおかしいというい話もありますが。

 

それでもジャニーさんの後釜が滝沢さんということは、それなりの力を持つことになると思います。

 

そんな滝沢さんは創価学会員であることが有名です。

 

そういう人が上にいる事務所ってどんな感じになるんでしょうね。

 

先日松本潤さんが井上真央さんと結婚するために創価学会へ入ったと報じられましたが、滝沢さんが上に立つことがわかっていればその決断も容易かったかも。

 

明日の週刊文春には「スキャンダルに揺れるジュリー体制のきしみ、ジャニー氏とジュリー氏の路線対立、滝沢が後継者に指名された経緯、近藤真彦、東山紀之、中居正広、嵐との関係なども含め、詳報している。」とのことなので、内容が楽しみです。

 

※選考から漏れました

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※残念?工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニタレの激ヤバ夜の行動!要注意人物はNのTとK、KのN

このところジャニーズの飲酒トラブルが続いていますが、要注意人物3人の素行を暴露する記事が出ています。

 

 

1番:NのT

 

[以下引用]

そのドス黒すぎる実態を、ジャニーズ飲みへの参加経験もある港区のラウンジ嬢は、こう語る。「港区では“『N』のTに会わないとモグリ”って言われるほど(笑)。個室ダイニングで十数人規模の合コンをよく開いています。そこには、某人気アイドルグループの誰かが必ずいますね。1次会から男女ともテキーラをバンバン飲んで盛り上がります。その後、2次会でフラフラになった女子に、“俺、一人じゃ寝られないんだよね”と口説くのがお決まりです」

[日刊大衆]

 

他にも六本木4丁目の会員制バー・Aでの出来事として、「カーテンで仕切られたVIPルームで濃厚キスをするのが定番」という夕刊紙記者のコメントも。

 

これはもう手越祐也さんなんでしょうね。

 

手越さんが六本木で女性とキスしていたことがフライデーされ、それが週刊文春に後追いされたときは、酩酊状態の手越さんがカーテンを開けてキスをして、一般席にいてもその様子がわかるようだったと報じられていました。

 

◆周囲の人がバシャバシャ撮った「始まっちゃいそうな」画像

ranking reading reading ranking

 

鬼頭さんも当時未成年で飲酒、そしてその後を匂わす内容だったため文春はジャニーズに直撃していますが、飲みすぎていて状況を理解していなかったが一人で家に帰っていると「その後」は否定、飲酒についてはメリー喜多川さんが「手越もバカ!私も叱りましたし、彼も反省しています。店も初めての客にテキーラを出すなんて…」と、店に八つ当たりしつつ、処分は何もありませんでした。

 

そういう甘さが今につながってるんでしょうね。

 

※次もNです。

 

 

2番:NのK

 

[以下引用]

さらに、激ヤバ証言も。「私の知り合いが『N』のKくんと飲んだらしいんですけど、テキーラやワインを散々飲まされたあげく、連れて行かれたのは、彼が四ツ谷に所有している部屋。中に入るなり、甘い言葉もなく、いきなり……。制服とかコスチュームも常備してあったそうですよ」

[日刊大衆]

 

これはNEWSの小山慶一郎さんでしょうか。

 

小山さんは未成年を飲ませて家に連れ帰っていたと報じられたばかりです。

 →小山慶一郎の夜の生活は山口達也と大差なかった

 

昔は地方で年上女性をマジメに口説いたりしていたようなんですが、

 →小山慶一郎の元カノが馴れ初めから破局の一部始終を暴露

 

自分を「マジメすぎて芸能人としてやっていけるか心配」なんて言っていたこともありますが、もはやそんな事を言ったら笑われますね。

 

 

3番:KのN

 

[以下引用]

他にも、危ういメンバーは続々。「Sの脱退で注目を集めた『K』のNも、実は山口に負けず劣らずの酒乱。一時はクラブに通い詰め、フロアにいる美女と片っ端からキスする姿が目撃されていました。泥酔すると一般人でも構わず絡みまくり、男には“タイマン張れんのか!?”と大声で喧嘩を売り、女はひたすら口説く。そのあげく、店内で吐くなどの迷惑行為を繰り返し、常連だった恵比寿のカラオケバーは出入り禁止になったということです」(前出の芸能記者)

 

4月には、高級ラウンジで俳優の瑛太に殴られるという騒動が起きたが、「酩酊状態のNが瑛太に、中指を立てたポーズで、挑発したのが発端なんです」(前同)

[日刊大衆]

 

これは錦戸亮さんですね。

 

最後の瑛太さんに殴られたというのはフライデーが報じたものですが、タコ殴りしたという割にほんの数日後、渋谷さんの脱退会見に現れた錦戸さんの顔はきれいなものだったので、事件自体あったのか、という話もあります。

 →瑛太が錦戸亮をボコボコに

 

が、「タイマン張れるのか」は、山下智久さんがスマホを壊して書類「送付」されたときのきっかけだったと「被害者」が証言しています。

 

正確には、六本木で山下さん、赤西さん、錦戸さんを見かけた「被害者」が、「あ!赤西くんと山下くんと錦戸くんだ!」と思わず声を上げたところ、「なんだよ、こいつ。やろうぜ。タイマン張れねぇのか?」と絡んだのが錦戸さんだったということでした。そして絡まれ困って友人に電話しようとしたら、赤西さんと錦戸さんは「なになに?愚連隊でも呼ぶの?」と、笑いながら周囲をスキップしたとか。

 →ジャニーズ六本木窃盗事件の驚くべき真相

 

お酒ってコワイですね。

 

その件は、録画されていることに気づいた山下さんがスマホを取り上げたことで事件に発展、書類「送付」に至り、さすがにそこまでの事態になってしまったことで深く反省したと言われていますが、悪酔い体質はなかなか治るものではなく、心配なことには変わりありません。これからも要注意人物であることに変わりはなさそうです。

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※赤西仁さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

大波乱必至!2018年の紅白歌合戦にジャニーズは「出なくても…」とプレッシャー中

2018年の紅白歌合戦出場歌手に大幅な変化が見られそうだと報じられています。

 

過去多い年で7組も出場し、白組出場歌手の1/4を占めるとまで言われたジャニーズ勢が一切出場しない可能性が出てきたとか。

 

※TOKIOはまず出ないでしょう

 

だらしないジャニーズに苦言を呈したNHK

 

NHKとジャニーズの不穏な動きは、今年3月末、長く高視聴率を保ってきた朝の情報番組『あさイチ』から井ノ原快彦さんが降板したときから囁かれていました。

 

その後、『Rの法則』でMCを務めていた元TOKIOの山口達也さんが番組出演者の未成年に対しスキャダルを起こし番組終了、続いてNEWSの小山慶一郎さんが未成年に飲酒を強要したとして芸能活動を自粛しMCを務めていたBSの『ザ少年倶楽部プレミアム』が放送延期を余儀なくされています。

 

こういった状況につき、NHKの木田放送総局長が定例会見で「我々が直接、タレントさん個人についてコメントする立場にはない」としながらも、「事務所には責任を持ってコンプライアンスであるとか、教育を徹底していただき、タレント、アイドルである前に社会人ですから、自覚と責任を徹底していただくよう、お願いしたい」と苦言を呈しました。

 

[以下引用]

「NHKの総局長がジャニーズ相手にここまで言うのは、異例中の異例。翌日のスポーツ紙でも大きく扱われ、業界へのハレーションはことのほか大きいですよ。木田氏は『そんなつもりで言ったんじゃないのだけど……』と困惑していたそうです」(スポーツ紙記者)

[サイゾー]

 

NHKは山口さんの事件をきっかけに『Rの法則』が放送できなくなり番組も終了したことについて、受信料で成り立っていることを理由にジャニーズに対し損害賠償を請求する考えがあることを明かしていました。

 

そして、今回の苦言です。

 

ジャニーズタレントの不祥事でNHKの番組に支障が出ているわけですから文句が出るのも当然とは思いますが、NHKの放送総局長が定例会見で言えば影響が大きくなるのも当然で、「そんなつもりじゃ…」というのが本当なら考慮不足としか言えません。

 

ジャニーズとの関係が大事だったなら、苦情は直接言うべきだったかもしれません。

 

 

NHKが山口達也に未成年を献上していた

 

こういったある意味攻撃的なNHKの態度に対し、ジャニーズ事務所は…

 

[以下引用]

ジャニーズ事務所としては、納得いかない部分も多いようだ。小山の件は批判されてしかるべきだが、山口の問題はNHKもグル。週刊誌記者によると「番組出演者に手を出したのは山口だが、それを黙認してきたのは番組スタッフ。むしろ、山口がロリコンなのを把握した上で、未成年女性を“献上”していた感すらある。ジャニーズもそのあたりの事情を把握しているので、NHKだけが被害者ヅラするのは納得がいかないようです」という。

[サイゾー]

 

山口さんの被害者はNHKスタッフの支持で連絡先を交換していたとも報じられています。

 

もちろん悪いのは山口さんなのですが、未成年を預かるスタッフの責任として、山口さんを厳しく戒めることが難しいなら山口さんの手が及ぶことがないよう気を配るべきだったでしょうね。

 

事実山口さんと女性スタッフが一緒に泊まりのロケに出ることがないようにしていた局もあるといいますし。

 

NHKはそれどころか山口さんを助長させるようなことをしていたといいますから、悪いのは山口さんであり管理できなかったジャニーズだとわかっていても、あまりに上から目線で責められればイラッとくるだろうなとは思います。

 

ということでジャニーズも反撃に出ているよう。

 

 

2018年の紅白歌合戦は…

 

[以下引用]

前出スポーツ紙記者いわく「紅白にジャニーズは欠かせないが、今年は雲行きが怪しい。一部メディアでは『NHKがジャニーズ枠を減らす』と報じているが、真相は逆。現場を仕切る次期社長のジュリーさんが『いろいろ言われるんだったら、出なくても……』とプレッシャーをかけている」と明かす。

[サイゾー]

 

いくらスキャダルにあふれていようが、紅白からジャニーズがいなくなったらそこをどう埋めるか困っちゃうでしょうね。司会も長年ジャニーズ頼みでしたし。

 

ちなみに昨年はHey! Say! JUMP、嵐、TOKIO、関ジャニ∞、Sexy Zoneの5組が出場しました。

 

5年単位の区切りの年に初出場を果たすグループも過去多くあり、何もなければ15周年のNEWSも今年出てたんじゃないかと思いますけど、それはもうないでしょうね。

 

NHKは企画枠で元SMAPの3人を出すんじゃないかという話もあり、実現すれば話題になると思います。今年の紅白の出場者を見れば、NHKとジャニーズの関係性がよく分かりそうです。

 

◆ジャニーズじゃなくてもかっこいい芸能人はたくさん!

実際に見てかっこよかった俳優→ geinou reading geinou ranking

実際に見てかっこよかった俳優→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング