タグ:ジャニーズの記事一覧

タグ:ジャニーズ
国分太一の破格のギャラに衝撃!降板を希望するTBS内にはジャニーズと絶縁派も

[スポンサーリンク]

 

長く囁かれているTOKIO国分太一さんの『ビビット』降板ですが、それも致し方ないと言えるギャラ事情が報じられています。

 

 

※まさにコレ

 

国分太一に支払われるギャラ年間4億…

 

[以下引用]

視聴率が低迷する『ビビット』の番組制作費だが…。

 

「1日当たり、約1200万円~。ちなみに『スッキリ』は800万円~。『とくダネ!』が1000万円~。『羽鳥慎一モーニングショー』も1000万円~。『ビビット』だけ低視聴率なのに制作費が高いんです。局内外からバッシングされないわけがありません」(大手広告代理店関係者)

 

高額と言われる『ビビット』の制作費だが、中でもズバ抜けて高いと言われているのが国分のギャラだ。

 

「1日当たり150万円~。年間で約4億円近いギャラになるんです。『スッキリ』の加藤浩次は120万円~。『とくダネ!』小倉智昭はギャラを落として80万円~。『モーニングショー』の羽鳥は150万円~。結果を出していないのに、国分は羽鳥と同じギャラをもらっています」(テレビ事情通)

[週刊実話]

 

もうひとりの高額ギャラ取得者である羽鳥慎一さんの『モーニングショー』は、昨年度の平均視聴率が9.3%で民放首位です。これは16、17年度に続く3年度連続でした。

 

一方、『ビビット』の視聴率は常に2~3%台を推移しており、よくても4%台に達するかどうかという数字で、同時間帯の情報番組の中でダントツの最下位。

 

これが同じギャラだと思うと、TBSもツライでしょうね。

 

ただ、以前週刊新潮に真矢みきさんのギャラも1日80万円だと報じられたことがありましたが、それだど小倉さんと一緒ということに。

 

また、先月のフライデーには国分さんのギャラは年間1億と書かれおり、今回の実話の4億といういうのとずいぶんかけ離れています。

 

なんとなく信憑性としては、週刊実話<フライデー<週刊新潮かなと思うのですが、真矢さんの年間のギャラが80万×5×4×12で計算すると約2億です。それで国分さんが年間1億はさすがにないと思いますが、真矢さんのほぼ2倍というのも眉唾ものかもしれません。

 

が、まあたくさんもらってることは間違いなさそうです。

 

 

辞めたい国分太一と残したいジャニーズ

 

国分さんが朝の情報番組を担当するようになったのは、同時間に放送されていた『はなまるマーケット』が視聴率低迷を理由に打ち切りになったため。当初は『いっぷく』という番組が開始しましたが、1%台から抜け出せず早々にリニューアルし『ビビット』になりました。

 

『はなまるマーケット』は5,6%は取れていたのが2,3%に下がっての打ち切りだったのに、国分さんにMCが変わって5年経つのに延々と2,3%でと思うと、TBSもそりゃ国分さんを切りたくもなるでしょうね。

 

しかしジャニーズが納得せずそう簡単にはいかないよう。

 

[以下引用]

「アイドル路線が下火になり、CDも売れなくなっている今、ジャニタレのキャスター路線は死守すべき戦略なんです。それでなくても『TOKIO』は山口達也のスキャンダルの影響で人気が下火になりつつあるからです」(放送作家)

 

とはいえ、背に腹は代えられないTBS。ポスト国分として、現在、有力候補は2人に絞られたという。

 

「1人は落語家の立川志らく。もう1人は、視聴率が好調の『ひるおび!』でコメンテーターを務める八代英輝です。ギャラも立川が50万円~、八代が80万円~ほど」(制作関係者)

[週刊実話]

 

国分さんには降板の代わりに『世界くらべてみたら』を用意したと言われていますし、国分さん本人ももうやりたくないと言ってると週刊新潮が報じていました。

 →国分太一はビビット継続に消極的

 

本人が辞めたいならすんなりいきそうなものですが、ジャニーズからすれば、せっかく獲得した朝の情報番組という枠ですし、国分さんを下げるなら誰か他のジャニーズしてほしいのかも。

 

 

ジャニーズとTBSの難しい関係

 

そんな中、TBSが強い態度に出ることができないのは、過去のいざこざがあったから。

 

[以下引用]

「TBSは過去にジャニーズからドラマの主役に推された人を断ったため、連続ドラマの主演にすでに内定していたジャニーズの別のアイドルを引き上げられたこともあった。そんなトラウマがあったためか、局側としては番組終了の仕方にはかなりナーバスになっているようですね」(芸能プロ関係者)

[フライデー]

 

だからこそ、国分さんには『世界くらべてみたら』を用意したのに、でもジャニーズが…ということのよう。

 

つい最近も降板トラブルはあって、TBSが昨年11月に稲垣吾郎さん主演の舞台『NO.9-不滅の旋律ー』を主催したところ、すでに別で主催していた舞台に出演予定だったジャニーズタレントが出ないことになり、舞台そのものが無くなったと先月のフライデーが報じています。

 

その結果、TBS局内では「そんな条件を出されるくらいなら、ジャニーズ事務所とは距離を取るべきでは」という声があがっているそう。

 

それが先日の元SMAP香取慎吾さんの『人生最高レストラン』出演の実現に繋がったんだとか。

 

ジャニーズ不要派はジャニーズが出なくても元SMAPや中居正広さんが出れば数字は取れると豪語しており、もしもTBSがそちらに舵を切れば、中居さんの独立もあり得るとフライデーはまとめていました。

 

というのも、中居さんがジャニーズに留まる一因は東京オリンピックのキャスターであり、過去8大会連続でキャスターを続けてきたのがTBSの特番だったから、とのこと。

 

確かに、中居さんは司会がメインであるために、ジャニーズを辞めてテレビに出られなくなっては仕事がなくなるという危機感でジャニーズから出られないという話もありますから、TBSが今後を保証してくれるなら、ジャニーズを辞める決断もアリかもしれませんね。

 

ただ今はTBS局内には“ジャニーズ友好派”も存在し、今クールでも山下智久さんが『インハンド』で主演していますし、10月からは木村拓哉さんの主演ドラマが予定されており、勝負はついていないよう。

 

TBSがあっさりと国分さんを切ったら、もしかしたら新しい展開があるかもしれませんね。

 

◆国分太一はTOKIOメンバーにも嫌われている

本当?→ geinou ranking geinou reading

本当?→ geinou reading geinou ranking

 

※わかっ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※立川志らくさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

特大トラブルがキンプリを襲う?!メンバーの親族がやりたい放題だという噂

ジャニーズの人気グループメンバーXの男性親族が、Xそっくりの容姿を活かしナンパしまくり、実家へ連れ込みやりたい放題だと報じられています。

 

 

 

 

 

[以下引用]

ジャニーズ事務所の大人気アイドルグループの某メンバーが“とある深刻な問題”に頭を抱えているという。例によってイケメン揃いの同グループには、ジャニー喜多川社長も並々ならぬ期待を寄せているが、思いもよらぬトラブルの火種を抱えていることが判明した。

 

今ジャニーズを代表する人気グループで2019年も躍進を続けるとみられている彼らに、思いもよらぬスキャンダルが浮上する可能性が、業界関係者の中で噂されています。しかし、昨年ジャニーズで複数の炎上騒ぎがあったことから、グループの私生活を今まで以上にナーバスに管理しており、なかなかスキャンダル化しにくい状況にはなっていますが、もし表面化したら結構な騒ぎになるはずです」(スポーツ紙芸能担当記者)

 

特大の火種が思わぬところでくすぶっていた。ジャニーズに詳しい関係者がこう耳打ちする。

 

「同グループのメンバーXの男性親族が問題なんですよ。実は、その男性親族はXにソックリ。当然イケメンなんですが、それをいいことに繁華街で一般の女の子をナンパしまくっているんです。男性親族はマスクをしているので、傍目ではXそのもの。声をかければ『あれ? もしかしてXクン?』と女の子がときめいてしまう。もちろん本人ではないのですが、ただの親族だとわかっても、それはそれで自慢できると思って、ついて行ってしまう女子がほとんどらしい」

[トカナ]

 

引用元には「その男性親族は、自らの家、すなわちXの実家に女性を招待するのだという」とあったので、親族と言っても同居するレベルなら、普通に考えて父親か兄弟か。

 

さすがに父親ということはないと思いますが、そうだったら怖いですね。

 

実家ですからプライベートの写真やグッズも盛りだくさんあり、連れ込まれた女性も喜んでしまって男性親族の言いなりになっているとか。

 

気になるのがどのグループか、ということですが、「イケメン揃いの同グループには、ジャニー喜多川社長も並々ならぬ期待を寄せている」「今ジャニーズを代表する人気グループで2019年も躍進を続ける」なんて言われたら、思い浮かぶのはキンプリですよね。

 

で、兄弟がいるのは次の三人です。

 

平野紫耀さん→弟 

永瀬廉さん→弟 

岸優太さん→兄

 

まだ実家にいそうな年齢の兄弟がいるというと比較的若手、かつ「イケメン」「今ジャニーズを代表する」「2019年も躍進を続ける」が合うのは、Sexy Zone、関ジャニ∞、KAT-TUN、で、まあ一応嵐を入れると兄弟関係は次の通り。

 

Sexy Zone

菊池風磨さん→弟 

佐藤勝利さん→兄二人 

マリウスさん→兄 

 

関ジャニ∞

錦戸亮さん→兄二人

横山裕さん→弟二人

大倉忠義さん→弟二人

村上信五さん→弟

 

 KAT-TUN

亀梨和也さん→兄二人弟

 

櫻井翔さん→弟

相葉雅紀さん→弟

 

キスマイやA.B.C-Z、ジャニーズWESTも若手ですが、「イケメン」「今ジャニーズを代表する」「2019年も躍進を続ける」にこだわると、外してもいいかなと。

 

というか、「ジャニー喜多川社長も並々ならぬ期待を寄せている」でやっぱりキンプリ7日なあと…

 

まあメンバー本人が悪いことしてるわけではないので致命的なスキャンダルになるとは思いませんが、実家からなにかを持ち出されていたり、なにか情報が漏れたりとか、そういうことで悪影響があるかもしれません。

 

頑張ってるメンバーの足を引っ張らないように、男性親族の方は行動を改めてほしいですね。

 

◆ジャニタレの兄弟にSNSで兄弟アピールがすごい人がいた!

うわー→ geinou ranking geinou reading

うわー→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※平祐奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

長瀬智也がジャニーズ崩壊のきっかけに!滝沢秀明の無責任発言が招いた不穏な噂

ジャニー喜多川さんが後継者に滝沢秀明さんが指名され、ジャニーズの新体制への以降が始まりました。

 

それにあたり滝沢さんが週刊新潮のロングインタビューに答えましたが、その内容がなかなか厳しかったために、長瀬智也さんが反発、TOKIOの別会社化を直訴し、同様に不満を持つ人が続出していくのではないかと報じられています。

 

 

※紅白はまず出られません

 

 

なぜかファンの間で長瀬智也の独立希望が話題

 

[以下引用]

「ファンたちの間で、TOKIO・長瀬智也(39)がジャニーズ側にTOKIOの事務所を設立したいと申し出たという噂が話題になっています。TOKIO・山口達也(46)の追放で『鉄腕DASH!』(日本テレビ系)は視聴率が低迷。彼らのメインである、音楽活動も山口なしでは休止状態です。

 

男気のある長瀬は、現体制よりも山口を復帰しやすくするため、自由に動けるTOKIO専門の事務所を作ろうと相談したというのです。正確には”独立”ではなく、エージェント契約を結ぶマネジメント会社のようなものだと思われます」(女性週刊誌記者)

[デイリーニュースオンライン]

 

なぜファンたちの間でそんな噂が話題になるんでしょうね。

 

長瀬さんと直接話した人でもいるのでしょうか。

 

山口さんも揃ってのTOKIOだから、と、もしかするとTOKIOファンの中には山口さんの復活を願う人がいて、長瀬さんもそう思っていて欲しい、という願望からの噂話なのかもしれません。

 

が、未成年にお酒を飲ませようとしてその上でキスとかそれ以上を求めようとした、というのは、いくら「未遂」であろうとアイドルとしてはもうムリだと思います。

 

なんと言っても、アイドルのターゲットは女性であり、未成年も大きな市場です。

 

そこに対する不当な行為ですから、もうTOKIOには戻れないというのは、ファンもメンバーもさすがにわかっているのではないでしょうか。

 

[Amazon]

 

長瀬智也の不満の背景と滝沢秀明の無責任さ

 

一応背景としては、滝沢さんが週刊新潮のインタビューで、元TOKIOの山口達也さんやNEWSの小山慶一郎さんなど不祥事が続出していることについて聞かれ、次のように答えたことがあるんだとか。

 

[以下引用]

「これらの件については、僕は誰もが思うのと同じ感情を抱いています。ダメなものはダメだ。反省すべきところは反省すべき。ただ、それは別に会社が教えるべきことでもないとも思いますが。自分自身が、社会人として当然、学ぶべきことだったんじゃないかな、と」

[週刊新潮]

 

この中の、”教える””社会人として”といった上から目線の発言が”先輩”長瀬さんにとって鼻につき、また、不祥事を許さない滝沢さんの元では山口さんの復帰がより厳しくなると考えての独立希望だったのでは、とのこと。

 

長瀬さんは外見はワイルドですが性格は穏やかで、随分前に浜崎あゆみさんと交際していたときは、交際を認めたり手をつないで空港を歩いたりおそろいのタトゥーを入れたりとアイドルらしくない行動をしたこともありますが、基本的には品行方正の常識人だと言われています。

 

それがこの程度で鼻につくものなんでしょうかね。

 

それとは別に、滝沢さんのこの「自分自身が、社会人として当然、学ぶべきことだったんじゃないかな」というのもどうでしょう。

 

相次ぐスキャンダルにジャニーズ事務所の管理体制を問う声が多く出ていたので、それに対して「自己責任」だというのがジャニーズ事務所の言い分なのかなと読み取りましたが。

 

しかし、芸能人がふつうの社会人とは違うのは当然です。小学生から活動を始めることが珍しくないジャニーズはなおさらです。

 

例えばJr.が多く出演する少年倶楽部では、番組収録後、観覧席に来ているファンがタレントに比較的自由にプレゼントを渡すことができるようで、そこには個人的な連絡先が書いてあることもあるんだとか。

 

一般企業で働いたこともなく、若いうちからジャニタレだということだけでモテて女性に困ることないまま大人になって。

 

小山さんなどは、取り巻きの人が女性を用意していたりもしたようで、そんな状況で一般的な社会人としてのあれこれを自己責任で身につけろというのもどうかと思います。

 

たまたま滝沢さんは常識的なようですが、Jr.含めて何百人もいるジャニタレ全員が同じように自主的に社会常識を身につけることを期待するのは無責任です。これはきっちりと会社が教えるべきことだったのではないでしょうか。

 

 

造反は長瀬智也だけでは終わらない

 

[以下引用]

「長瀬の提案は事務所にうまくかわされ無かったことにされるとは思います。しかし、問題は長瀬に続いて事務所に不満を持つ空気が蔓延してしまうことです。蟻の一穴のように、造反の声が続出することも懸念されます」(前出記者)

[デイリーニュースオンライン]

 

ジャニーズは世代交代が進まずアラフォーでもアイドルとして活躍している一方でデビューできないJr.が東西合わせて300人もいるといい、メリーさんとジュリーさんは新たなデビューを拒否していると言われ、そこをなんとかしたいと立ち上がったのが滝沢さんです。

 

滝沢さん体制がうまく回らなければ、期待された分、Jr.からは不満が出るでしょうね。

 

デビュー組は元飯島さん管轄のキスマイも落ち着いてきましたし、すぐにどうこうはないような気もしますが、実態がどうなのかはわかりません。

 

元SMAPの稲垣吾郎さんや草なぎ剛さん、香取慎吾さんのみならず、元KAT-TUNの赤西仁さんや田口淳之介さんなど、今は、ジャニーズを辞めたあとも芸能活動をする人はいますからね。

 

元SMAPの3人などは、あまりに順調な活躍ぶりからSMAP時代より収入が増えたのでは、なんて言われており、不満があった場合、我慢するだけが選択肢ではなくなりました。

 

ジャニーさん健在のうちはともかく、経営陣も高齢ですからね。「安泰」は遠いところにありそうです。

 

 

◆長瀬智也の食わず嫌いメニューが

超難解!→ geinou reading geinou ranking

超難解!→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ネタいろいろ浜崎あゆみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニーズが創価学会の事務所に!滝沢秀明が次期社長決定と週刊文春が報じる

滝沢秀明さんがジャニーズ事務所の社長に指名されたと週刊文春が報じています。

 

 

 

 

[以下引用]

ジャニーズ事務所の社長をつとめるジャニー喜多川氏(86)が滝沢秀明(36)を後継者に指名していたことが、「週刊文春」の取材によって分かった。

 

今回、後継者に指名された滝沢は、1995年、13歳でジャニーズ事務所に入所。その直後から、ジャニー氏の寵愛を受け続けてきた。

 

今井翼とのユニット「タッキー&翼」でデビュー後も、ジャニー氏が演出する舞台を中心に活躍。2010年から公演を行っている「滝沢歌舞伎」では演出まで任されている。

 

「事務所が肥大化していくなかでテレビの仕事が主流になりつつありますが、ジャニーズ事務所の保守本流の仕事はあくまで舞台。その意味でも滝沢はトップリーダーの条件を備えているのです」(ジャニーズ関係者)

[週刊文春]

 

ジャニーズ事務所の経営陣であるジャニー喜多川さんは86歳、メリー喜多川さんは91歳と公表されており、後継者問題は早急に解決すべき問題だったと思います。

 

文春の取材に対しいジャニーズ事務所は「担当者不在」と回答しなかったとのことですが、滝沢さんはすでにテレビ局詣でをしているということなので、テレビ局関係者はもう知っているということなのでしょう。

 

しかし意外ですね。

 

以前メリー喜多川さんが珍しく週刊文春のインタビューに答えたときに、「私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの? “次期社長候補”って失礼な。“次期社長”ですよ。」とはっきり言っていたので、ジュリーさんが社長なのかと思っていました。

 

その他、「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。飯島は辞めさせます。それしかない。」「飯島がどんなに(仕事が)できても、私は娘の味方です。親ですから、当たり前のこと」「私にとって娘より大事なのはタレント。でも、その次はやっぱり自分の家族。社員も大事にするけれど、タレントで精一杯ですよ。」と、娘のことしか考えていないかのような発言を続けていましたし。

 →メリー喜多川週刊文春インタビュー詳細

 

まあ、ジャニーズ事務所はジャニーさんが社長で現場を管理しメリーさんが副社長で経営を見ていたので、ジャニーさんの後継者というのは「社長」という役職というよりは「舞台監督」という仕事内容ということなのかもしれませんけどね。

 

で、メリーさんの仕事である経営はジュリーさんと。

 

すでにジュリー体制への移行は始まっており、そんな中で多発するスキャンダル処理がうまくいかず、最近いろいろおかしいというい話もありますが。

 

それでもジャニーさんの後釜が滝沢さんということは、それなりの力を持つことになると思います。

 

そんな滝沢さんは創価学会員であることが有名です。

 

そういう人が上にいる事務所ってどんな感じになるんでしょうね。

 

先日松本潤さんが井上真央さんと結婚するために創価学会へ入ったと報じられましたが、滝沢さんが上に立つことがわかっていればその決断も容易かったかも。

 

明日の週刊文春には「スキャンダルに揺れるジュリー体制のきしみ、ジャニー氏とジュリー氏の路線対立、滝沢が後継者に指名された経緯、近藤真彦、東山紀之、中居正広、嵐との関係なども含め、詳報している。」とのことなので、内容が楽しみです。

 

※選考から漏れました

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※残念?工藤静香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング