タグ:ジャガー横田
ホームPage 1 / 212

[スポンサーリンク]

 

ジャガー横田さんの夫・木下博勝さんに週刊文春が今度はセクハラを報じました。

 

木下さんは、勤務していた病院の職員に対し執拗なパワハラをしていたと週刊文春に報じられ否定していましたが、ついに発言を一部認め謝罪しておりますが、否定した「オンコール拒否」を追うと、新しい事実が見えてきたんだとか。

 

 

 

 パワハラ部分は認めた木下博勝

 

木下博勝さんのパワハラ第一報はこちら。

 

パワハラで慰謝料300万円請求!ジャガー横田の夫・木下博勝が法的措置の可能性

当初は指導のつもりだったとパワハラを否定するも、否定すれば二の矢三の矢を放ってくるのが週刊文春です。

 

文春砲が第二弾!パワハラ否定の木下博勝はジャガー横田を下僕に恐怖政治を行っていた

 

完全終了!ジャガー横田の夫・木下博勝が「障害者なんじゃないか」と恫喝していた

 

これはたまらんとばかりに木下さんは「私の発言で間違いありません」と認め、告発者の1人である束原康寛氏に対して「かけた言葉の中には、行き過ぎた表現もありました。一人の人間として反省しております」と謝罪しました。

 

しかし一方で、「事実と異なる点が多数あることについては申し添えておきます」と、病院の事務長のオンコールを拒絶したという件には反論しました。

 

 

 オンコールを拒絶した木下博勝は…

 

[スポンサーリンク]

 

オンコールというのは木下さんの勤務していた病院にあるシステムで、病院から電話連絡があればすぐに対応し、場合によっては病院に駆けつけなければならない医師の勤務形態であり、基本的には昼間患者さんを診た医者が対応するルールになっているそう。

 

それなのに木下さんは連絡をしても複数回拒絶した、理由は赤坂で飲んでいるというものだった、行っても不機嫌で患者に聴診器すらあてないこともあったというのが病院の主張ですが、木下さんはオンコールがあったのは一度で、断った理由は仕事だったと否定しています。

 

しかし文春が「赤坂で飲んでいる」という言葉をヒントに調べると、木下さんが赤坂の外国人クラブZの常連だったことが判明。

 

木下さんは多いときで週1ペースでZに通い、個室に入ると店員を追い払い、女性が嫌がってもキスをしたり体を触ったりやりたい放題セクハラしたため、半年ほどの間に木下さんと関わった女性が3人、辞めてしまい、出禁処分となったといいます。

 

文春には木下さんが女性の膝に手を伸ばしている写真が掲載されていたので、セクハラ疑惑は濃いかなあと思います。

 

チャージは1人2万円、平均単価は10万円をくだらないというこの高級外国人クラブに、木下さんは病院からなんやかやと出させたお金で通ったのでしょうか。

 

木下さんがオンコールを拒否したというところを否定したのは、医者としての今後に関わるからでしょうか。

 

医者が患者からのヘルプを夜遊びを理由に断っていた、なんて評判が立ってしまっては独立開業もムリでしょうし、雇われ医者も厳しいでしょうからね。

 

しかしそこを通そうとしたら、パワハラのみならず患者を放っておいてのセクハラがバレてしまうという。

 

悪いことはできないです。

 

◆え、これが木下博勝の若い頃?

痩せたつっちーみたい→ geinou ranking geinou reading

痩せたつっちーみたい→ geinou reading geinou ranking

 

※…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ジャガー横田さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

週刊文春にパワハラが報じられたジャガー横田さんの夫・木下博勝さんが文春報道を「事実と異なる点が多数あります」と否定しましたが、それを待っていたかのように文春が第二弾を放ちました。

 

それによると、木下さんはジャガーさんをコントロール下に置き職場以外でもものすごい銭ゲバぶりを見せているんだとか。

 

 

 

 ジャガー横田をモラハラでコントロールしてる木下博勝

 

今回パワハラを訴え300万円の慰謝料を求めているのはAさんですが、木下さんはAさん以外のスタッフにも日常的に暴言を吐き時には暴力をふるい、その言動が原因で勤務していた病院では医師2人、看護師3人、事務員2人が退職していると報じられたのがこちら。

 

パワハラで慰謝料300万円請求!ジャガー横田の夫・木下博勝が法的措置の可能性

木下さんのこのパワハラ気質は妻であるジャガー横田さんにも向かっていたとか。

 

 

仕事関係で食事をしたことのある人物が、ジャガーさんが口を出そうをしたところ、

木下さんが「お前はなにもわからないんだから黙っとけ!」と、かなり厳しい口調でと一喝したそう。

 

さらに、8月まで木下さんが勤務していた病院の管理職であるBさんもジャガーさんからこんな話を聞いたことがあるそうで。

 

[以下引用]

「ジャガーさんが木下先生のいないとき、私にポツリと漏らしたことがあるんです。『私は学もないし、家事も全く出来ない。収入もたくさんあるわけではないから、木下に養ってもらっているんだよね』と。ご夫婦がテレビで見せている顔は作られたもので、実際の家庭内での立場は木下先生のほうが上なんだなと思いました」

[週刊文春]

 

なんとなく、ジャガーさんより木下さんがかなり強いのはテレビを見ていても感じることはありました。

 

魚の骨を取らないと食べないとか、着ようと思っていた服がないと機嫌が悪くなるとか、ジャガーさんがポロッと口にすることがありましたし。

 

こうやってジャガーさんを完全にコントロールして、木下さんはなかなかえげつないことをしていたようです。

 

 

 「足代」という名のご機嫌代

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「木下先生はとにかくお金への執着が強い。木下先生とは業務提携契約を結んでいるのですが、契約書には医師としての業務のほかに広告塔としての役割も担っていただく、といった文言も入っています。そのため給与は他の常勤医師の約2倍の額をお支払いしてきました」(Bさん)

 

そのため木下氏やジャガー氏の写真が、颯心会のパンフレットやクリアファイルなどに掲載されている。しかしこの写真撮影が行われるたびに、木下氏は給与とは別に“足代”を要求してきたのだという。

[週刊文春]

 

2018年の撮影時に、木下さんは「足代は当然ありますよね?」と執拗に要求してきたため、病院は木下さん、ジャガーさんそれぞれに10万円ずつ、2人で20万円を支払ったそう。


にもかかわらず、後日ジャガーさんから「スタイリストの足代が入ってねーじゃねぇか! 恥をかかせるな」と電話がかかってきたため、スタイリストにも結局同額支払った結果、その後の撮影はもちろん会食などでも足代を要求してくるようになったとのこと。

 

一回ポスターを撮影したり食事をしたら1人10万ですからね。そりゃウハウハでしょうが

撮影場所はどこだったんでしょうね。相当高額だと思うのですが…

 

[以下引用]

「もちろん断ろうと思えば断れますよ。支払う義務も理由もありませんから。でも、それで木下先生の機嫌が悪くなってしまうと、Aさんをはじめ、現場スタッフへの当たりがさらにキツくなってしまう。スタッフがさらに追い詰められていく姿は見たくありませんし、これ以上スタッフに辞められては患者さんに迷惑をかけてしまうことにもなる。経営上層部も『お金で解決できるならそうしよう』と言って、泣く泣く支払い続けました」(同前)

[週刊文春]

 

いやもはやこれ脅迫です。スタッフの安全のため、患者さんのためにも木下さんの機嫌を損ねてはならないと、お金で解決してきたわけですから。

 

それがエスカレートし、最終的にはジャガーさんのプロレス興行のたびにチケットの大量買取を病院に強いるようになったとか。1回あたり20万円以上です。「ジャガー感謝祭」には無料でされたと思ったら、後で「こういったことにご祝儀を出さないのはおかしいだろ。芸能界では常識だ」と請求され、15万円包んだそう。

 

木下さんは何にそんなにお金が必要だったんでしょうね。また愛人でもいたのでしょうか。

 

「高卒・大卒は人間じゃない!」ジャガー横田の不妊治療中に超傲慢性格の夫・木下博勝が沖縄の愛人と子作り浮気していた!!

 

病院側は子育てで言うならワガママを助長した感じですが、子育てと違い途中で放棄しても問題ないことに気づいたのか、ついに今年5月に退職勧告し、反抗にあったものの8月末にやっと辞めさせることに成功しています。が、これもきっとしっかり退職金取られてるんでしょうねえ…

 

もう一つの勤務先である鎌倉女子大学ではおとなしくしていたのでしょうか。

 

ジャガーさんも足代を要求したり、木下さんがパワハラ発動できない理事長など偉い人が同席の食事会では傍若無人に振る舞ったりと、木下さんにうまく使われていた感じがあります。

 

そんな夫婦関係って、今後どんどん辛くなるのでは。

 

木下さんは長年パワハラしてきたAさんに300万円の慰謝料を請求されており、支払わなければ裁判を起こすと弁護士を通じて勧告されています。

 

木下さんは記事を「事実ではない」と言っている以上、300万円は支払わず、このまま裁判に突入するのは既定路線かと思われます。そこで全てが明らかになればいいのではないでしょうか。

 

ただ、音声データもありますし、被害者が多いため証言する人にも困らないと思われますが、はてさてどいういう判決になるのか…

 

◆え、これが木下博勝の若い頃?

痩せたつっちーみたい→ geinou ranking geinou reading

痩せたつっちーみたい→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ジャガー横田さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

文春オンラインが報じたジャガー横田さんの夫・木下博勝さんのパワハラ報道に対し反論した木下さんですが、近所の人はそのパワハラ要素を見ていたと、週刊女性プライムが報じています。

 

 

※今年は木下がキテると噂

 

 近所の人が見ていた木下博勝のマウント

 

[以下引用]

ジャガーの自宅近くに住む住民は、以前、夫と妻のこんなやりとりを目撃したという。

 

「ちょうど2人が出かけるところでした。雨が降る夜で、木下さんは屋根のあるエントランスで待っていて、ジャガーさんが外でタクシーを探していたんです。彼女はタクシーをつかまえると、小走りで木下氏を迎えに行き、彼が乗車するまでずっと傘をさしていて。まるで付き人みたいでした……」

[週刊女性プライム]

 

これはもう、付き人ですよね。

 

男女が逆だったとしても対等な関係ではありません。

 

その他、行きつけのバーでは常に上座に木下さん、下座にジャガーさんなんだとか。

 

また、こんな話も。

 

[以下引用]

「マンション前でタクシーを降りる際、運転手とモメている木下さんを何度も見かけています。特に酔っぱらった木下さんは横柄で、料金のことに不満なのか、赤ら顔で運転手を怒鳴りつけていることもありました。奥さんのジャガーさんはいつ会っても髪の毛はボサボサでため息ばかりついていて、ここ一年で急激に老け込んでしまったイメージです。恐妻家というのは夫婦でつくったテレビ用のイメージであって、本当はモラハラ旦那なのではと近所で噂していたんです。そうした時の今回の報道です。ジャガーさんの方がちょっと心配ですね」(近所の人)

[ゲンダイネット]

 

まあ、恐妻家的な感じがあくまでキャラなのは、テレビを見てるだけでも伝わってはいました。

 

何しろお子さんの大維志くんのジャガーさんに対する態度を見てもお母さんを下に見てる感じがあり、それはつまりお父さんである木下さんのふだんの姿なんだろなと。

 

不倫もあった上にこういう扱いで、なんでそれでも離婚しないかと言うと、「ジャガーにとっては“医師の妻”というステータスは何にもかえがたい。そのために、夫と子どもに一生懸命、尽くして必死に家庭を守ろうとしている」と週刊女性にはありました。

 

が、それよりはモラハラDVで、そういう扱いをされていることへの判断ができなくなってるような…

 

[amazon]

 

 木下博勝が「事実と異なる点が多数ある」と反論したパワハラ問題

 

[スポンサーリンク]

 

文春が報じた木下さんのパワハラ記事はこちら。

 

パワハラで慰謝料300万円請求!ジャガー横田の夫・木下博勝が法的措置の可能性

これに対し木下さんは反論しています。

 

[以下引用]

スタッフへのパワハラ疑惑について、木下氏は「暴言や、まして暴行など、事実無根です」と否定。Aさんへの“暴言”については「彼は指示を忘れることが茶飯事で、怒ったり、ほめたり、なだめたり、怒鳴ったり、注意したり、その日の終わりに確認したり、次回までの課題を出したり、何とか彼にとって有益になる方法を模索して試しました」と主張した。

 

木下氏は、週刊文春デジタルの9つの詳細な質問に対する回答も公開。多くの質問に「そのような事実もありません」などと反論しており、この日の「事実と異なる点が多数あります」というコメントにつながった。

[スポニチ]

 

それでも、車のドアの開閉音で「鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。お前、払えると思ってんのか慰謝料」と告発者Aさんに対し怒っている音声がありますが、このドアを閉めたのはAさんではなく、Aさんの後輩なんですよね。それなのにAさんに対し執拗に怒りをぶつけているのはどう説明するのでしょうか。

 

また、病院から退職勧告があったことはどう説明するんでしょう。ドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めたことは…

 

Aさんに求められている300万円を支払わなければ裁判になるようですから、いずれにせよ明らかになることなのでしょう。

 

◆え、これが木下博勝の若い頃?

痩せたつっちーみたい→ geinou ranking geinou reading

痩せたつっちーみたい→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木下博勝さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

ジャガー横田さんの夫・木下博勝さんが壮絶なパワハラを行っていたと週刊文春が報じています。

 

※お子さんのお受験で多少イメージアップしたところ

 

 パワハラで300万円の慰謝料を求められた木下博勝

 

[以下引用]
「木下先生と仕事をした約2年間、毎日のように高圧的に怒鳴られ続け、時には暴力を振るわれたこともありました。ビクビクしながら過ごし、心が休まることはありませんでした。この2年間で『木下先生とは仕事をしたくない』と言ってドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めています。

今、木下先生の度重なるパワハラに対して、訴訟の準備を進めています。弁護士さんに相談して、12月16日付で内容証明郵便も送りました。この2年間、僕がどういう気持ちだったか、どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。慰謝料300万円の損害賠償請求と、それに応じない場合には法的措置も辞さないということも通告しています」

[文春オンライン]

 

この告発をしたAさんは、木下さんが2017年4月から2019年8月31日まで働いていた「医療法人社団 颯心会」で木下さんの助手を務めていた人です。

 

颯心会が経営する病院は患者宅や介護施設へ医師が赴く訪問診療がメインであるため、常勤の訪問診療医として働く木下氏に常に同行する中で繰り返しパワハラを受けていたそう。

 

詳細は文春オンラインにありますが、頭を小突かれたり蹴られたりすることは日常茶飯事で、新人助手の教育を兼ねて訪問先へ行ったときは、その新人助手がトランクを閉めた音が気に食わなかったようで、Aさんに怒り出したとか。

 

その時の音声データの書き起こしが文春オンラインにはありますが、ドアを閉める音に対し怒った木下さんにAさんが謝ってるにも関わらず、「鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。お前、払えると思ってんのか慰謝料」と執拗に怒っています。

 

そんな感じのパワハラが原因で退職し「仕事するのが怖い」となり自殺未遂をした人もいるそうですが、それを聞いた木下さんは「これでもう一緒に回らなくて済むね」「訴訟とかでこっちに来なきゃいいけどなー」と言い放ったといいますから、人としての気持ちがあるのか疑いたくなります。

 

※このお茶がなくて訪問診療を拒絶したこともあるとか

[amazon]

 

木下博勝の嫌がらせは同僚医師、患者にも… 

 

[スポンサーリンク]

 

木下さんのハラスメントの矛先は同僚の医者にも向いており、他の医師が担当していた患者さんや家族に対し、「あの先生は何でこんな治療をしているんだ。あの先生はダメだから、信用してはいけない」と悪口を言い、患者さんが言うことを聞かなくなりノイローゼになってしまい辞めた医師が2人いるとか。

 

さらに、医師としての仕事も中途半端で、病院のシステムにある緊急呼び出しに応じないことは多々あり、特に夜中の呼び出しは「今飲んでるから」と、一切応じなかったそう。なんとか頼み込んで行ってもらっても不機嫌全開で対応で患者さんにも不評だったとか。

 

助手へのパワハラも頻繁に目にすることもあって、木下さんを担当から外して欲しいと言ってきたり病院自体を変える人も月に4,5人いて、病院にとっても損害が大きく、退職を求めてやっと今年の8月に退職したといいます。

 

 

「高卒・大卒は人間じゃない」木下博勝の傲慢発言

 

[スポンサーリンク]

 

木下さんが傲慢なことは以前フライデーが報じた不倫記事からもダダ漏れでしたが、ここまで嫌な奴だとは思いませんでした。

 

「高卒・大卒は人間じゃない!」ジャガー横田の不妊治療中に超傲慢性格の夫・木下博勝が沖縄の愛人と子作り浮気していた!!

 

これでよくテレビでは気弱なダンナキャラを演じていたものだとびっくりです。

 

この記事にある「高卒・大卒は人間じゃない」というのは不倫相手に言っていた言葉で、正確には「僕はいままで高卒、大卒の人を人間として見ることができなかった。でも家計を助けるために16歳でプロレスの世界に入ったジャガーに出会い、大学院卒だけが人間ではないと思えるようになった」ということでしたが、今回のパワハラ記事を見る限り、今も院卒以外は人間じゃないと思ってるような…。いや、もしかしたら自分以外人間じゃないと思っているのかも。

 

ちなみに木下さんは東大の院卒ですが、大学は杏林大学なので学歴ロンダリングです。

 

杏林大学でもなんでもちゃんと医者としての知識と技術があればいいですし、学歴ロンダリングも東大の大学院に入るということは大学でマジメに頑張った結果だと思うので立派だと思いますけど、木下さんのような学歴至上主義を見ると「何言ってるの杏林大学のくせに」と言いたくなります。

 

5年前の不倫のときも、今回のパワハラも、記者の取材に対しては事実無根と全面否定しています。

 

しかし被害者であるAさんは音声データを複数持っているようですし、被害者は複数います。病院の名前まで明らかになっていますし、裁判になれば証言してくれる人は多いのではないでしょうか。

 

300万円の慰謝料を払わなければ訴訟になるようですが、さて、事実無根と言っている木下さんは裁判で勝てるのでしょうか。

 

◆え、これが木下博勝の若い頃?

痩せたつっちーみたい→ geinou ranking geinou reading

痩せたつっちーみたい→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ジャガー横田さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ホームPage 1 / 212