タグ:オダギリジョー
ホームPage 1 / 3123

 

コロナショックによってテレビ収録やドラマ・映画撮影が次々とキャンセルになり、仕事を失ってしまった芸能人たちが、その知名度を利用して次々とYoutubeやSNSを活動した動画配信への進出を計画しているといます。

 

そんな中、誰もが驚くような超大物芸能人も”発信の場”を求めてユーチューバー転身を目論んでいるようで…

 

※在庫処分特価だそう。買い時はいつなのか?

 

 

お金には困っていないが、喋る場を求めている二人 

 

「ここ最近よく名前が挙がっているのが島田紳助さんです。misonoさんの動画に出演されましたが、そもそも喋る能力は今も芸能界ナンバーワンです。そのスキルを持て余しているようです。お金には全く困っていないのでしょうが、とにかく喋る場が欲しいみたいですね」(芸能プロスタッフ)

 

今後生きていくだけのお金は十分にあると言われるだけに広告収入など不要だろうが、とにかくトークしたいとのことだ。ある意味では贅沢な願い事でもある。続いてはあの大物司会者の名前があがった。

 

「意外と言われるんですが中居正広さんです。すでに数多くの司会番組を持ち、これ以上負担を増やしてもしょうがないと周りは思っているみたいですが、本人は本音が喋れる場所、すなわち制約がない場所での本当に自由なトークを求めているみたいです」(ラジオ局関係者)

 

かなりのビッグネームであり、ユーチューバーの仲間入りを果たしたらとんでもない登録者数になりそうだ。しかし、こちらもお金にはほとんど興味がなく、活躍の場を手に入れたいという願いがあるそうだ。

[TOCANA]

 

 

なるほど…

 

お二人とも数百億円以上もの資産を持っていると囁かれているだけに、自身の動画チャンネルでテレビ局やスポンサーに忖度しない”本音”をバンバン発信するとなれば、とんでもない数の視聴者が殺到することは確実かと。

 

また、島田紳助さんの場合、芸能界は引退しましたが、テレビではなくYoutubeに出演するのなら問題はないはず。Youtuber=芸能人じゃないですからね。

 

misonoさんのYoutubeに出演した際のフィーバーぶりには本人も「こりゃ、すげえな」と驚いたと思いますし、すでにチャンネル開設に向けて動いているのでは?

 

一方、中居さんについては難しいかも。

 

なぜなら、コロナショックによって青色吐息になっているのは、芸能人だけではなくテレビ局も同じですからね。

 

先日、吉本興業が人気Youtuberを多数抱える「UUUM」と業務提携を発表した際には、テレビ局サイドから「何もこんな時期に提携しなくても…」「俺たちは泥舟か?そこからいち早く逃げ出そうってか?」など、恨み節が多く聞かれたと言われています。

 

中居さんがこのタイミングで「テレビの仕事がないから、動画配信するね〜」などとチャンネル開設しようものなら、「この裏切り者!」とばかりにテレビ業界から総スカンを食らう恐れがあります。

 

本人は以前、「ナカイの窓」にHikakinなどの人気Youtuberを招いてトークした際、「オレは一生テレビと運命をともにする」「オマエたちの方にはいかない」とも言ってました。

 

なので、島田さんは可能性あり、中居さんは可能性なしだと思いますが…

 

どうでしょうか?

 

 

 もう一人は超意外なアノ人!

 

[スポンサーリンク]

 

さて、業界ではもう一人、超意外なアノ人の名前も浮上しているといいます。

 

[以下引用]

「俳優さんでは、オダギリジョーさんですね。それこそ検察の定年法案では芸能人が意見を発信して話題になりましたが、オダギリさんは世の中に言いたいことが山のようにあるようです。ただ、テレビではそれは言えませんし、俳優ならば尚更です。そのため、今後はテレビの仕事は捨てて映画や舞台で生きつつ、同時にネットにも進出したいと考えているみたいです」(テレビ局関係者)

[TOCANA]

 

そ、そうですか、オダギリさんですか…

 

確かに何か言いたそうな顔はしてますが、これはどうなんでしょう?

 

俳優が政治色をオモテに出して発言することは、本業に何もいい影響は与えません。

 

最近は小泉今日子さんを筆頭に「コロナ禍に乗じた政権批判」を声高に繰り返す芸能人が多く出現していますが、ハッシュタグ付けて「反対です」を繰り返すばかりだったりトンチンカンだったりする発言にネットでは批判も多いです。

 

というか、特定野党の「政権打倒!」に利用されているだけだと思うのですが、本人たちにその自覚はあるのでしょうか?

 

正直、そういった人たちのファンはかなりガッカリしてると思いますし、芸能人の方々に求められているのは”エンターテイナーとして人々の笑顔を取り戻すこと”だと思います。

 

ラサール石井さんなんて、元はお笑い芸人だったはずですがいつも険しい顔をしていてグチグチ言っていて、もはやお笑いとは程遠いところにいます。

 

仰天!ラサール石井が「僕の噂ではコロナ死者の数も10倍」と公共の電波でとんでも発言

 

芸能人だって人間ですからいろんなことを考えているはずで、本気で世の中に対して思うことがあるなら主張したら良いと思いますが、中身のない批判ばかりだと否定したいだけなんだとがっかりしてしまいます。

 

なるほどなと思わせることができないなら、どこまでもエンターテイナーで…

 

◆この人も常に眉間にシワのイメージ…

冷静に!→ geinou ranking geinou reading

冷静に!→ geinou reading geinou ranking

 

※手に入るうちにどうぞ。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※見ていて暗くなるラサール石井さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

子供もいる個性派俳優夫婦が離婚間近だと報じられています。

ranking

※予約受付中

[楽天市場]

この記事の続きを読む

番組の当たり外れの目安とされる視聴率は、以前から実態に合わないと言われていました。

それを解消すべく、ビデオリサーチ社が録画視聴率を調査することになったとか。

それが実現すれば、綾瀬はるかさん主演の『八重の桜』も余裕で20%を超える可能性が高く、綾瀬さんも一息つけるというのですが…

ranking

※今からでも読めばついていける…かも

八重の桜 前編
八重の桜 前編


[関連商品]

この記事の続きを読む

『家族のうた』が民放連続ドラマで最低の視聴率を記録し、3話カットの末打ち切り、という憂き目にあったオダギリジョーさんが、9年ぶりの大河ドラマ『八重の桜』で新島襄を演じることが発表されました。

これを受け、オダギリさんと香椎由宇さんが年内離婚するのではと噂されています。

ranking

※仮面ライダークウガ時代のオダギリさんがてんこ盛り。

オダギリズム [単行本] / オダギリ ジョー (著); 美術出版社 (刊)

オダギリズム [単行本] / オダギリ ジョー (著); 美術出版社 (刊)

[関連商品]

この記事の続きを読む

ホームPage 1 / 3123